リファーラルリクルーティングと縁故採用の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リファーラル(referral)を直訳すると「委託、紹介、推薦」を意味します。つまり、リファーラルリクルーティングとは、自社の社員や社外の信頼できる人脈からの紹介や推薦による採用活動のことです。

例えば、自社の経営者や社員など会社の風土や価値観を理解した人間からの人材紹介や、社外の専門家から人材を推薦されることが、リファーラルリクルーティング(リファラル採用)です。

リファーラルリクルーティングと縁故採用の違い

広義ではリファーラルリクルーティングと縁故採用は同義語になり、どちらも個人のコネクション(結びつき)を利用します。ただし、縁故採用は、紹介者・推薦者の親族や兄弟など血縁関係者を中心とした採用、リファーラルリクルーティングは、仕事上の人脈や個人的な人脈からの紹介と解釈される場合が多いです。

アルバイト採用における友達紹介制度と仕組みは同じで手法自体は以前からありましたが、近年では採用単価が高騰する中途採用や新卒採用でリファーラルリクルーティング(リファラル採用)が再注目されるようになりました。

リファーラルリクルーティングのメリット

一番のメリットは紹介する側が、優秀かつ自社の企業文化に合うと思う人を紹介するため、採用候補者の質と信頼性を確保でき、採用のマッチング制度を高めることができる点です。

二番目のメリットに制度自体は基本的に無料で始められる点です。ただし無料で始められますが、多くの企業は採用につながった際に紹介料という報酬金(インセンティブ)を用意する企業が多く、紹介する人のメリットを増やすことで紹介数を増やせるようにしています。

リファーラルリクルーティングのデメリット

デメリットは求人や会社の魅力がなければ紹介が見込めない点です。また各自のネットワークやコネクション頼りになるため緊急性の高い求人や短期的な採用には不向きな採用手法です。他にも社内の協力体制の構築や紹介者の自社管理など手間のかかる採用手法とも言えます。

営業部や開発部にとって「採用を現場社員にもおしつけている」と思われてしまうなど一部では反発がおきる可能性があります。一方的におしつけると失敗する要因になるので、なぜそれをおこなうのか目的や理由を明確にする必要があります。また不採用になった際に紹介者への配慮が必要です。

関連記事:リファラル採用のメリット・デメリットと注意点

リファーラルリクルーティングと縁故採用の違いまとめ

日本ではまだ言葉のなじみがありませんが、アメリカなど海外では一般的に取り入れられている採用手法です。メルカリ・ビズリーチ・クラウドワークス・株式会社Speeeといったベンチャー企業が積極的に導入しており、成功事例も増えてきました。

近年ではフェイスブックやリンクトインなど実名制SNSや、ビジネス向けソーシャルネットワークサービスが増え、人と人のつながりが可視化されたことで、リファーラルリクルーティングによる採用活動の利便性や効率性が高まり、活用しやすくなっていると言われています。

リクルートキャリアやインテリジェンスなど人材系企業がリファラル専用サービスやクラウドツールを開発・提供しており、関連セミナーも増えています。人材紹介会社(転職エージェント)や求人サイトなど既存の採用チャネルに頼らないリファーラルリクルーティングに今後も注目です。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加