ブライダルヘアメイクの採用・魅力・仕事内容・求人情報まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性に人気の高いブライダル業界(ウェディング業界)のブライダルヘアメイクスタッフの特徴や仕事のやりがい、採用情報についてまとめました。

ブライダルヘアメイクスタッフとは

ブライダルシーンで新郎新婦のおふたりのメイクアップ、ヘアセットを担当する人のことをブライダルヘアメイクスタッフと呼びます。ブライダルメイクアップアーティストなどの呼び方もありますが、同じ内容を指しています。

常に、新郎新婦のおふたりがキレイな姿でいられるように気を配るサポート役、それがブライダルヘアメイクスタッフです。ブライダルヘアメイクスタッフになるには専門学校に進学するのが一般的です。

ブライダルヘアメイクスタッフの仕事内容

結婚式の日だけではなく、事前にリハーサルをしてお客様の求めるイメージと似合うメイクアップやヘアスタイルを当日さながらにイメージする機会や、前撮り(結婚式前にタキシードやドレスを着た写真を撮影すること)などの場でも活躍する仕事です。

また、結婚式当日はメイクやヘアセット以外にも、新郎新婦の衣裳の着せ付けや、式中のアテンドも担当します。なお、ヘアセットを行う場合は国家資格である「美容師」の免許が必要です。

一般的なヘアメイクスタッフとの違い

この職業の特徴は大きく2点あります。何と言ってもブライダルシーンに関わるヘアメイクを担当するということ、そしてヘアメイク以外の技術も必要だということです。

1点目ですが、ヘアメイクをする相手が着ている衣裳が新婦様はドレスや和装のため、非日常的なコーディネートに会うヘアメイクであることの考慮が必要です。衣裳のイメージに合わせつつ新婦様の良さを引き出す工夫は、日常のヘアメイクセットとは違うセンスや知識、技術が必要になってきます。

2点目は、先述した衣裳の着せ付けや新婦様のアテンドが該当するポイントです。ドレスを綺麗に見せる為の技術は専門外とはいえ、ドレスコーディネーターが新婦様の着せ付けを行ってきた動作と同じクオリティで結婚式当日の着付けを行う必要があります。

アテンドに関しても、どのような状況で何に気をつけるべきなのかは、実際に結婚式の進行や雰囲気を熟知しなければ先回りした行動が取れません。これらのポイントにおいて、ヘアメイク以外にも幅広い経験や知識、技術がブライダルヘアメイクに関わる上では大切なのです。

ブライダルヘアメイクスタッフの給与・平均年収

ヘアメイクプロダクション企業に勤めるかフリーランス(個人事業主)で仕事を請け負うかにもよりますが、平均年収は300万円代です。

一般的に言う「専門職」にあたるため、技術や知識、経験を身に付け、評価を得られるようになるほど収入に直結してきます。フリーランスでも業務委託として仕事を任せてもらえるほどの立ち位置になれば、500万円以上の収入も現実味を帯びます。

ブライダルヘアメイクスタッフの就職活動・新卒採用

ブライダルヘアメイクのみの事業を行っている企業や事務所でも採用は行っていますが、中にはホテルや結婚式場の選考を受け、ヘアメイク部門として入社する方法もあります。ひとつの企業や事務所が数十人の大量募集をするケースはあまり見られないため、採用数はひとつの求人につき数名程度です。

人気の就職先は狭き門ですが、就職先を選ばなければ入社は叶う状況でしょう。女性割合も多く、結婚や出産にともない家庭に専念するために退職したり、独立してフリーで活躍したりする方も一定数存在するため、採用市場は近年ほぼ横ばいで推移しています。

ヘアメイク専門学校やブライダル専門学校で勉強した学生が有利で、全くの未経験から採用される可能性はほぼありません。ヘアメイク専門学校は東京や大阪など各地にあり、就職先を紹介してくれる学校もあります。

関連記事:ブライダル業界(ウエディング)の企業研究・就職活動対策まとめ

ブライダルヘアメイクスタッフの入社後の流れ

入社後は見習いとして、座学などの研修を受けながら実際の現場に先輩スタッフのサポートとして同行しながら見て学んだり、実際に研修生同士や先輩スタッフをモデルに着せ付けやメイク、ヘアセットをしてみたりしてスキルを磨いていきます。

少しずつ自分のお客様を担当していきますが、先輩スタッフがサポートにつきながら二人三脚でまずは担当しはじめ、徐々に独り立ちをしていきます。

ブライダルヘアメイクスタッフのやりがい・厳しさ

結婚式という人生でも特別な舞台に立ち会い、新郎新婦おふたりのそばで幸せのサポートができることが何よりのやりがいでしょう。自分自身が新郎新婦の晴れ姿に当日はすべての責任を持ち、おふたりが最も輝く瞬間を演出し、そんなおふたりが新郎新婦自身だけでなくゲストの記憶や写真、動画にも残るというのは、何事にもかえられないやりがいとなります。

しかし、自分が身に付けなければいけないスキルや知識、経験は一般的なヘアメイクスタッフよりも数多いため、その点は大変です。ブライダル業界全般に言える事ですが、土日が本番なため、休みが不定期になりがちなのも大変な点だと言えます。

ブライダルヘアメイクスタッフの転職活動・中途採用

経験者採用の枠において、中途採用の求人も複数見られます。求人内容にもよりますが、ヘアメイクどちらかの知識を有していれば応募資格のある求人もあるようです。

しかし、フリーとして活躍している個人に外注するケースも、結婚式場によっては多いため、自らのスキルやキャリア、知識に何か強みを持った状態でなければ好条件での転職は難しいかもしれません。

ブライダルヘアメイクスタッフの募集で面接官に評価される点

圧倒的に強みとできるオリジナリティのある方はブライダルヘアメイクスタッフでの転職においては有利です。その人でしか作り出せない雰囲気やアレンジメントが評判になっていたり、blogやInstagramなどSNSで発信している自らのスタイリングにファンがついたりしているような方は、企業のブランドや価値はさておき、その人自身のブランド力で集客できるからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。