引っ越しバイトの特徴・仕事内容・メリット・デメリット・志望動機まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

引っ越しバイトの求人情報の意味や特徴から仕事の評判・クチコミ・仕事内容・メリット・デメリットをまとめました。

引っ越しバイトの特徴

引っ越しバイトとは、生活する場所を他の場所へ移す作業をお手伝いする仕事です。主にドライバー、引っ越しアシスタント、荷造りスタッフの3職種が存在します。

トラックの運転ドライバーをアルバイトに任せる企業は少なく、正社員または準社員クラスの仕事となります。つまり引っ越しバイトは、引っ越しアシスタントが中心になります。荷造りスタッフは女性でもできるお仕事です。

引っ越しバイトは全国的に慢性的な人手不足のため、求人数は非常に多いです。特に3月から4月にかけて大学の入学や卒業、就職や転勤が集中するので繁忙期になります。

大手では株式会社サカイ引越センター、アート引越センター(アートコーポレーション)、日本通運株式会社、クロネコで有名なヤマトホールディングス株式会社などがいます。

引っ越しバイトの仕事内容

・家具の搬出・搬入
・荷造り・荷解き・梱包
・トラックへの積込作業
・段ボール箱の梱包、仕分けおよび運搬
・配送トラック誘導、荷物の積載サポート業務

引越作業全般のお仕事です。お客様対応は社員がおこなうのでアルバイトはおこなわないと思って問題ありません。個人宅以外にも、事務所の移転作業を手伝う場合もあります。移動距離によりますが、1日に3件程度おこなうことになります。

引っ越しバイトのメリット

第一のメリットで採用ハードルが低く、大量募集している点です。20代の大学生やフリーターは当然として、30代や40代の未経験者でも非常に採用されやすい仕事です。週1日から始めることができる事業所が多く、正社員に昇格することも比較的容易にできます。

第二のメリットは待遇面が優れている点です。代表的な福利厚生として副業・兼業可能・ダブルワーク歓迎、髪型髪色自由、寮完備、社員登用あり、日払いokを取り入れている企業が多いです。お金に困っている人を採用ターゲットにしていると言っても過言ではありません。

引っ越しバイトのデメリット

デメリットはキツイ点です。その日の現場によって大きく違いますが、エレベーターのないマンションや団地での家族の引っ越しは荷物が多く肉体的にハードなお仕事です。いわゆる体力重視のガテン系バイトの代表格と言え、部活動で鍛えている人でも初日の勤務が終了した翌日は筋肉痛に悩まされます。

またメリットが多い理由は非常に離職率が高い裏返しでもあります。ヤフー知恵袋やクチコミサイトではスタッフさんに乱暴な人が多く、ブラック企業の典型だと語る人も一定数います。

引っ越しバイトについて2chやブログに書かれている感想は「キツイからやめとけ」「しんどい割に稼げない」「ヤンキーが多くて理不尽に怒られた」「他にもっと楽なバイトはある」といった経験談がたくさん書かれています。

なお時給が高いかと言われれば東京都でも平均給与1200円となっており、とびぬけて稼ぎがいいバイトではありません。日給表記が多いため把握しづらいですが、稼ぐだけなら深夜の飲食店のほうが稼ぎやすいでしょう。

ご祝儀について

一昔前は引っ越し作業にはご祝儀(チップ)の文化がありました。しかし、現在では引っ越し業者によってはご祝儀の類の受け取りを禁止しているところもあります。

田舎のほうで年配の方だとご祝儀を出してくれる方もいまだにいるそうですが、期待しないほうがいいです。暑い日はジュース程度の飲み物を渡してくれる人もいます。

引っ越しバイトの仕事探し

インディード、タウンワーク、マイナビバイトといったアルバイト求人サイトにたくさん掲載されているため、仕事探しに困る事はありません。引っ越し系の会社は体育会系でブラック会社も多い業界なので、働く前に各会社の評判やクチコミ情報を調べてブラック企業で働かないようにしましょう。

引っ越し会社が直接募集する求人もありますが、派遣会社に登録する方法もあります。フルキャストなど派遣会社の場合、自分の都合に合わせて1日だけの単発バイトとして働くことができます。もしも引っ越しバイトを続けられるか不安を感じているなら派遣会社経由で1日だけ働いてみるのも一つの方法です。

志望動機・志望理由・自己PRの例文

人手不足の業界のため特に重要視されていません。派遣会社の場合は、面接はなく登録会になるため履歴書も必要ない場合が多いです。

もしも書く必要がある場合は勤続可能な曜日や時間帯を志望理由として記載しましょう。「副業として土日の勤務を希望」「週〇日の勤務希望」や、アピールポイントとして「体力に自信があるため」などで構いません。

引っ越しバイトの注意点

「アート引っ越しセンター」で知られる引っ越し会社グループ「アートコーポレーション」で働いていた元従業員の男性3人が10月10日、同社と同社の労働組合に、未払い残業代や、給料から天引きされた引っ越し事故の賠償金、天引き同意のない組合費の返還など計約376万円の支払いを求め、横浜地裁に提訴した。

引用:「アート引っ越し」給料から勝手に「事故賠償金」を天引きされた…元従業員が提訴

引っ越し作業に際して、破損してしまった場合はアルバイトでも弁償させる会社があります。アート引っ越しセンターは事故の損害賠償金を従業員に最大3万円を負担させる制度があります。

関連記事:アートコーポレーション、色々と控除した末にマイナスとなった給与明細が流出

まとめ

しんどいからと言ってバックレはしないように。引っ越しバイトやってみる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。