年収が低い職業ランキング一覧|特徴やデメリットも徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは、自分の就職活動や転職活動の際に、将来の年収または生涯年収について考えたことはありませんか?生活するにあたってお金は必要不可欠です。そのため年収の低い職種を避ける就活生は多いです。「就活に失敗してこのままだと、年収の低い職種にしか就職できないの?」と不安になる方もたくさんいます。

そこで今回は、世間一般的に呼ばれている年収の低い職業ランキングについて解説していきます。合わせて、年収の低い職業の特徴やデメリット、回避する方法について紹介していきます。この記事を読めば「就活に失敗してこのままでは年収の低い職業にしか就職できなくなる」という不安や疑問を解消できます。

目次

はじめに:年収の低さだけで仕事の軸を決めない

この記事を読む前に知ってもらいたいことがあります。実際に、年収の低い職業と呼ばれる仕事で介護職がよく挙げられていますが、現在の高齢化社会を支えているやりがいのある仕事です。年収が低い=やりがいがないと勘違いしないようにしましょう。

また、飲食店などサービス業も年収の低い職業(底辺職)として挙げられていますが、サービス業の方がいないと、日常生活に支障をきたしてしまいます。そのほかにも、年収が低くてもやりがいをもって仕事に取り組んでいる方は大勢います。

そのため年収だけで仕事を判断しないようにしましょう。年収の低い職業=価値のない仕事と馬鹿にすると「物事を肩書でしか見れない寂しい人間」だと自分でアピールしているようなものなので、止めておきましょう。

年収が低い職業ランキング一覧

平均年収は、厚生労働省「令和3年度賃金構造基本統計調査」をもとに算出しました。あくまでも平均値であり、地域や会社、役職によって大きく年収は左右されることを認識したうえで、参考にしてみてください。

年収の低い職業①警備スタッフ(平均年収313万円)

年収の低い職業ランキング1番目は「警備スタッフ」です。警備スタッフの平均年収は313万円となっています。警備スタッフが底辺職扱いされる理由は、スキルなしで何歳でもなれて高齢者が多い職業と思われているからです。

警備スタッフの仕事内容

  • 監視、誘導、出入管理、防災管理
  • 決められた場所で立って行う警備
  • 施設の出入り口での警備
  • 建物内の巡回警備
  • 人や交通の警備など

警備スタッフを底辺職だと思う方もいますが、警備スタッフがいるからこそ、皆さんは安全に通勤・通学できています。警備スタッフを底辺職として扱うのかは自由ですが、警備スタッフに守られているのだということを覚えておいてください。

年収の低い職業②飲食店スタッフ(平均年収317万円)

年収の低い職業ランキング2番目は「飲食店スタッフ」です。飲食店スタッフの平均年収は317万円となっています。飲食店スタッフが底辺職扱いされる理由は「飲食店スタッフ=誰でもできる仕事」と思われているからです。

飲食店スタッフの仕事内容

  • 来客、接客対応
  • レジ打ち、電話対応
  • 在庫管理、配膳など

飲食店スタッフの仕事内容はアルバイトの仕事と大きく変わりません。また、高校生や大学生でもアルバイトとして飲食店スタッフを体験できるので、底辺職と思う方も多いです。しかし、飲食店スタッフがいないと外食ができないので、店員の方には、感謝の気持ちを持ちましょう。

年収の低い職業③コールセンタースタッフ(平均年収320万円)

年収の低い職業3番目は「コールセンタースタッフ」です。コールセンタースタッフの平均年収は320万円となっています。コールセンタースタッフが底辺職扱いされる理由は、誰でもできて、スキルがほとんど身に付かない仕事だからです。

コールセンタースタッフの仕事内容

  • 電話を通してお客様とやり取りする
  • 商品やサービスの問い合わせ対応
  • 商品を売り込むなど

コールセンタースタッフを底辺職扱いする方は多いですが、コールセンタースタッフがいるからこそワクチンなどの予約ができるようになります。そのため、コールセンタースタッフは底辺職ではなく、社会インフラの一部です。

年収の低い職業④清掃スタッフ(平均年収328万円)

年収の低い職業ランキング4番目は「清掃スタッフ」です。清掃スタッフの平均年収は328万円となっています。清掃スタッフが底辺職扱いされる理由は、誰でもでき、汚い仕事で給料も少ないからです。

清掃スタッフの仕事内容

  • 駅やビル、学校などの清掃全般
  • ホテルなどの窓拭き、ベッドメイキング
  • 床掃除やトイレ掃除など

清掃スタッフは誰でもできるため、底辺職と見なす人が多いです。しかし、清掃スタッフの方がいないと町や建物は汚いままなので、社会にとって必要な仕事だと言えます。

年収の低い職業⑤ゴミ収集スタッフ(平均年収329万円)

年収の低い職業ランキング5番目は「ゴミ収集スタッフ」です。ゴミ収集スタッフを底辺職扱いされる理由は、ゴミを扱う仕事で誰もやりたくないと思う方が多いからです。

ゴミ収集スタッフの仕事内容

  • ゴミ集積所を回ってゴミを収集車に詰め込む
  • 積んだゴミを清掃工場などの処分場に搬入
  • 分別されているかどうかの確認
  • ゴミ収集車の清掃など

ゴミ収集スタッフの仕事内容は上記のようになっていますが、意外と人気の職業でもあります。なぜなら、ゴミ収集スタッフの平均年収は329万円ですが、500万~600万円ほどは稼げると言われているからです。

皆さんの住んでいる町が綺麗なのも、ゴミ収集スタッフの方のおかげなので、底辺職だと思わないことが重要です。ゴミ収集スタッフの方がいないと、町はゴミで溢れかえってしまいます。

年収の低い職業⑥倉庫作業員(平均年収341万円)

年収の低い職業ランキング6番目は「倉庫作業員」です。倉庫作業員の平均年収は341万円となっています。倉庫作業員が底辺職扱いされる理由は、誰でもできて、中高年や高齢者が多いイメージがあるからです。

倉庫作業員の仕事内容

  • ピッキング
  • 検品、梱包、仕分け、不良品チェック
  • 出荷しやすいように荷物を分別など

倉庫作業員は働きやすく精神的に楽な仕事です。倉庫作業員を底辺職扱いする人は多いですが、倉庫作業員がいるからこそ、皆さんの元に綺麗に商品が届いています。

年収の低い職業⑦工場作業員(平均年収350万円)

年収の低い職業ランキング7番目は「工場作業員」です。工場作業員の平均年収は約300万円~400万円となっています。工場作業員が底辺職扱いされる理由は、単純作業が多く、学歴・年収が低く、きつい・汚い・危険な仕事だと思われているからです。

工場作業員の仕事内容

  • ベルトコンベアで流れてくる商品に対する単純作業
  • 食材のカットや盛り付け
  • 溶接や塗装、ピッキングなど

工場作業員の仕事内容は上記のようになっています。工場作業員でも土木・建設作業員よりかは楽な仕事が多く、結婚する人も多いので、底辺職ではありません。

工場作業員を底辺職扱いする方は、工場作業員がいるからこそ皆さんが物を普通に使えているのだと思ってみてください。

年収の低い職業⑧介護職(平均年収355万円)

年収の低い職業ランキング8番目は「介護職」です。介護職(看護補助者、ホームヘルパー、福祉施設介護員)の平均年収は355万円となっています。介護職の給与が低い理由は、介護報酬の上限が決まっており、介護保険法で厚生労働大臣が介護報酬の基準額を設定しているからです。

介護職の仕事内容

  • 利用者の方の身の回りのお世話
  • お風呂での洗髪、トイレでの介助
  • ベッドから車いすなどへ移動する介助
  • 食事、更衣介助
  • 洗濯や調理、掃除など

介護福祉士は国家資格で、介護職員初任者研修・介護職員実務者研修といった資格もあります。介護職は仕事量に対して給料が安いと言われていますが、ほんの少しずつ改善されてきています。手に職として資格を保持すれば、給与はともかく仕事には絶対に困らないので、おすすめの仕事の一つです。

年収の低い職業⑨保育士(平均年収363万円)

年収の低い職業ランキング9番目は「保育士」です。保育士の平均年収は363万円となっています。保育士の給与の低さは大きな退職理由の一つになっており、社会問題化されています。

保育園は認可外保育園や認証保育園を除き、基本的には福祉施設であるため、その収入を保育園側が決められないことが年収の低さにつながっています。

保育士の仕事内容

  • 子供の生活全般のお世話
  • 食事や睡眠のお世話
  • 子供たちの社会性を育むサポートなど

国の決める「公定価格」がベースの公費が収入源ですが、少しずつ改善されてきています。国家資格であることからも食べるには困らない職業とも言われており、おすすめの仕事です。

年収の低い職業⑩土木・建設作業員(平均年収369万円)

年収の低い職業ランキング10番目は「土木・建築作業員」です。土木・建設作業員の仕事は、きつい・汚い・危険の3Kが揃っています。また朝が早く、仕事現場が遠い際は朝が早いのも不人気の理由となっています。

土木・建設作業員の仕事内容

  • 道路や河川、ダムなどでの工事
  • 工事に必要な道具や資材の運搬
  • アスファルトを剥がして再度整備など

土木・建設作業員は、中学や高校で悪さをしていた人が多く、親方たちの荒い言動(ときに暴力)があります。建設業の現場作業員は、ベトナムやフィリピンなどの外国人が技能実習生として就労している会社も多いです。

ちなみに建設現場で家や建物の足場を組む「足場職人(親方)」は高収入となっており、20代で年収1千万円の人もいます。土木・建設作業員は若年層の人手不足が深刻化しており、頑張れば高収入になれる可能性があります。

年収の低い職業⑪コンビニ店員(平均年収374万円)

年収の低い職業ランキング11番目は「コンビニ店員」です。コンビニ店員の平均年収は374万円となっています。コンビニ店員の年収の低い理由は、誰でもできて、給料が安い仕事だからです。

コンビニ店員の仕事内容

  • 接客やレジ打ち
  • 品出し・陳列・
  • 商品の発注、簡単な調理など

コンビニ店員ですが、セブンイレブンやローソンといった本部に採用された社員と、フランチャイズの社員で大きく違ってきます。独立して上手くいけば2倍以上の年収をもらうことも不可能ではありません。求人票の年収例をよく読み、面接でも給与テーブルを質問してみてもいいでしょう。

年収の低い職業⑫トラック運転手(平均年収419万円)

年収の低い職業12番目は「トラック運転手」です。トラック運転手の平均年収は419万円となっています。トラック運転手が底辺職扱いされる理由は、賃金が安く、免許さえあれば誰でもできる仕事だからです。

トラック運転手の仕事内容

  • 大型/中型/小型のトラックを運転して配送や宅配、引越しの業務を行う
  • 集荷、荷積み、荷下ろし、配送、配達、梱包や伝票作成
  • ルート配送時に顧客や近隣へのセールスなど

トラック運転手を底辺職だと思う方もいますが、トラック運転手がいないとネットショッピングも実現不可能です。そのため、トラック運転手がいるからこそ、今の生活ができているのだと思いましょう。

年収の低い職業の特徴3選

それでは、年収の低い職業の特徴3つについて、それぞれ解説していきます。なお年収が400万円未満の職業を年収の低い職種と見なす方が多い印象です。

特徴①:肉体労働である

年収の低い職業の特徴1つ目は「肉体労働である」ということです。いわゆるブルーカラーと呼ばれる製造業や建設業など現場仕事は年収が低くなってしまいます。これは「つかう側」と「使われる側」の構造に問題があると言われています。

土木・建設作業員では、資材を運んだり組み立てたりして肉体的にきついことがたくさんあります。そのため、底辺職業の特徴として、肉体労働が挙げられます。ただし、ブルーカラーでも上位自動車会社など高い年収を得ている会社もあります。一部の業界では人材不足のため待遇が上がっていたりするので、就職・転職するなら口コミ評判をしっかりチェックすることをおすすめします。

特徴②:誰でもできる仕事である

年収の低い職業の特徴2つ目は「誰でもできる仕事である」ということです。コンビニ店員や清掃スタッフのように誰でもできる仕事は未経験でも採用される一方で、年収は低く設定されてしまいます。コンビニ店員などは、高校生でもアルバイトとしてできますよね。

誰でもできる仕事は専門スキルが身につかないため、転職市場でも不利です。誰でもできる仕事は価値がなく、給料も安く設定されています。

特徴③:同じことの繰り返しであることが多い

年収の低い職業の特徴3つ目は「同じことの繰り返しであることが多い」ということです。なぜなら、同じことの繰り返しは単純作業と同じで、ロボットでもできる仕事だからです。倉庫作業員のように、単純作業の仕事は底辺職扱いされます。

単純作業の仕事は、将来人工知能やロボットに置き換わる可能性が高いため、より底辺と見られることがあります。単純作業はスキルが全く身に付かないので、転職することも難しくなります。

次は、底辺職で仕事をするデメリットについて解説していきます。

年収の低い職業で仕事をするデメリット3選

年収の低い職種で仕事をするデメリットはたくさんあります。そこでここでは、年収の低い職種で仕事をするデメリットを3つ紹介していきます。

デメリット①:スキルが身につかない

1つ目のデメリットは「スキルが身につかない」ことです。年収の低い職種は、誰でもできて、単純な作業が多いため、スキルが身につかない仕事が多く、異業種にチャレンジしたいときに難しい可能性があります。

例えば、コンビニ店員を5年働いてから転職しようとしても、転職市場では接客サービススキルしか評価されづらいでしょう。こうなると同業他社しか転職候補しかできず、異業種チャレンジが非常に難しいです。

デメリット②:結婚の時に苦労する

2つ目のデメリットは「結婚(子育て)の時に苦労する」ことです。なぜなら、年収の低い職業に偏見を持っている方が少なからずおり、結果的に社会的地位も低く見られてしまい、結婚時の不安要素になるからです。また、年収が低いと出産や子育ての選択肢が限られてしまいます。

そのため、年収の低い職業に就職すると、結婚の時に苦労する可能性が高くなります。特に女性は男性側の年収を気にする傾向が強いです。年収の低い職業の方と結婚すると、友達や家族に紹介できないと感じる異性もいます。

デメリット③:体力を消耗する

3つ目のデメリットは「体力を消耗する」ことです。なぜなら、年収の低い職業は肉体労働が多いからです。肉体労働が多い職業として、土木・建設作業員が挙げられますが、この仕事はかなり肉体労働がたくさんあります。

若い間は肉体労働をしても大丈夫ですが、歳をとると体力が消耗するため、少しずつきつくなっていきます。このように、年収の低い職業に就職すると、体力を消耗するデメリットがあります。若いうちは年収の低い職業と呼ばれる仕事に就職しても大丈夫ですが、歳をとった後のことも考えると早めに転職することをおすすめします。

次は、年収の低い職業に就かない方法や抜け出す方法について解説していきます。

年収の低い職業に就かない方法・抜けだす方法4選

年収の低い職業に就かない方法と抜け出す方法を4つ紹介していきます。

方法①:就活エージェントを利用する

年収の低い職業に就かない・抜け出す方法1つ目は「就活エージェントを利用する」ことです。今、就活生で就活に失敗してしまった方は、就活エージェントを利用することで、年収の低い職業への就職を回避できる可能性があるからです。

就活エージェントは、就活生の就職活動についてのサポートをしてくれます。就活生で就活エージェントを利用している方はたくさんいます。そこで、1番おすすめの就活エージェントは「キャリアチケット(career ticket)」です。

キャリアチケットはそれぞれの選考対策ができ、対策後の内定率が39%もUPしています。そのため、就活生で底辺職に就職したくない方は、「キャリアチケット(career ticket)」を利用してみてください。

方法②:逆求人サイトを利用する

年収の低い職業に就かない・抜け出す方法2つ目は「逆求人サイトを利用する」ことです。今就活生で、内定がもらえない方は、逆求人サイトを使うことで年収の低い職業を回避できます。

逆求人サイトは、企業側から就活生にオファーを出すサイトで、一部選考が免除になる特典がついています。逆求人サイトは以下の3つのサイトを同時に利用することで、就活の効率や内定取得効率を高められます。

同時に使うべき逆求人サイト3選

OfferBox

  • オファーの質が良く、上場企業からもスカウトが来る
  • 人気No.1、利用学生数125,000人

キミスカ

  • オファーの量が多く、多様な企業からスカウトが来る
  • かなり詳細な自己分析ができる

dodaキャンパス

  • オファー受診率98%、大手企業からもスカウト
  • 利用学生数35,6000人、企業数6,200社

これらの逆求人サイトからくるオファーは優良企業が多いです。年収の低い職業への就職を回避したい就活生は、上記の逆求人サイトを利用してみることをおすすめします。実際に利用した口コミ評判を確認したところ、ほぼ毎日オファーが来ているとのことです。また、書類選考免除やSPI免除、一次面接免除が多い印象です。

方法③:ハローワークを利用する

年収の低い職業に就かない・抜け出す方法3つ目は「ハローワークを利用する」ことです。ハローワークを利用することで、年収の低い職業から抜け出せる可能性はあります。しかし、ハローワークはブラック企業が多いです。

そのため、ハローワークを利用する時は年収の低い職業を回避できる可能性はありますが、ブラック企業の可能性があるので、しっかりと検討することが重要です。ハローワークを利用する時は、ブラック企業かどうかを意識しながら探してみてください。

方法④:稼ぐスキルを身に付ける

年収の低い職業に就かない・抜け出す方法4つ目は「稼ぐスキルを身に付ける」ことです。自分で稼ぐスキルを身につければ、年収の低い職業を抜け出せるからです。スキルがあれば転職もできます。

稼げるスキル例

  • Webライター
  • プログラミング
  • マーケティング
  • Webデザイン
  • Youtuber
  • 動画編集スキル
  • 資格取得など

上記をおすすめする理由として在宅勤務(リモートワーク)可能なスキルだからです。これらのスキルを身につければフリーランス(個人事業主)としても稼ぐことができます。

また、副業としても稼げるので、本業と副業をダブルワークすることで、年収の低い職業を脱出できます。そのため、自分でも稼げるスキルを身につけておくことをおすすめします。

未経験でも採用されやすい職種

次は、未経験でも採用されやすい職種について解説していきます。

職種①:営業

未経験でも採用されやすい職種1つ目は「営業」の仕事です。なぜなら、商品を販売する時に必要となる知識や技術は、就職してから身に付けることができるからです。

また、営業職は求人が多いため、就職できる可能性が高くなります。そのため、年収の低い職業が耐えられない方は、営業職を目指せるようにしましょう。営業職で身に付けたコミュニケーションスキルは違う分野でも活かせるのでおすすめです。

職種②:現場系統の仕事

未経験でも採用されやすい職種2つ目は「現場系統の仕事」です。現場系統の仕事は、求人が多く、最初のうちは単純作業が多いからです。

また、教育制度が整っている場合は、未経験採用に積極的です。そのため、年収の低い職業から抜け出したい時は、現場系統の仕事を狙うことをおすすめします。現場系統の仕事は、資格を取って経験を積めば年収UPも目指せます。

未経験でも採用されやすい業種一覧

次は、未経験でも採用されやすい業種を一覧で紹介していきます。「職種未経験歓迎」の割合が多い職業は以下のようになっています。

職種 割合
美容・ブライダル・ホテル・交通 94.7%
販売・フード・アミューズメント 93.6%
技能工・設備・配送・農林水産 90.3%
保育・教育・通訳 90.1%
医療・福祉 84.9%
管理・事務 83.3%
公共サービス 83.1%
企画・経営 81.4%
医薬・食品・化学・素材 80.1%
コンサルタント・金融・不動産専門職 79.8%
営業 78.4%
クリエイティブ 73.1%
電気・電子・機械・半導体 70.0%
建築・土木 69.2%
WEB・インターネット・ゲーム 57.1%
ITエンジニア 48.6%

未経験でも採用されやすい職種は上記のようになっています。年収の低い職業と呼ばれている職業に就いている方で、転職しようと思っている時は、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ:年収の低い職業は誰でもできるような仕事が多い

この記事では、世間一般的に呼ばれている年収の低い職業ランキングについて解説しました。合わせて、年収の低い職業の特徴やデメリット、年収の低い職業を回避する方法、未経験でも採用されやすい職種や業種についても紹介しました。就活に失敗して年収の低い職業と一般的に呼ばれている職業に就きたくない方は、ぜひ最後に復習してみてください。

参照:厚生労働省-令和3年度賃金構造基本統計調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

error: Content is protected !!