ブライダルキッチンの採用・転職・仕事内容・求人情報・志望動機まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブライダル業界のブライダルキッチン(正社員)の採用・転職において基本的な仕事内容から仕事の評判・クチコミ・求人情報の探し方・志望理由の書き方をまとめました。

ブライダルキッチンスタッフとは

ブライダルキッチンスタッフとは、ブライダル業界の料理人です。結婚式には美味しいお料理がつきもの。そんな記憶に残るお料理を作る料理人の存在も、結婚式という華やかな空間にはなくてはならない存在です。約3時間の人生一度きりの瞬間のために集まった数十人~百数十人のゲストをもてなすための料理を手がけ、規模の大きな結婚式上であれば、1日で何百人ものゲスト分の料理を提供します。

日本では基本的にはコース料理を提供することが祝儀制の結婚式では多いですが、地域や結婚式のスタイルによってはビュッフェスタイルの料理を用意することもあり、フレンチ・和食・創作料理など会場によって手掛けるジャンルは様々です。

未経験からも採用される可能性がある

調理系の知識やスキルを学校で学び就職する人が多いですが、求人案件によっては調理スタッフの経験を社会人として積んでいなかったとしても、未経験で就業することは可能です。人材はいまや全国的に売り手市場となっており、多くの企業やレストランが調理職のスタッフを求めています。

ブライダル業界も例に漏れることなく、調理職のスタッフを求めている企業や式場は数多くあります。新卒・中途問わず、趣味や家事で料理をよくしている程度の経験でも応募資格のある求人は少なくありません。

ブライダルキッチンの仕事内容

結婚式場の調理スタッフは、結婚式に提供する料理を作ることはもちろんのこと、平日の宴会やパーティで提供されるお食事も手掛けます。またホテル内のブライダルキッチンスタッフであれば、ホテル内のレストランやカフェで提供されるお料理を担当する場合もあります。そのため、ブライダルキッチン担当であったとしても、結婚式だけの料理を担当する立場ではありません。

ただし、多種多様な料理を引き受けるとはいえ、キッチンスタッフ全員がすべての料理をまんべんなく担当するのではなく、担当の「持ち場」が与えられています。前菜担当、冷菜担当、温菜担当など、スキルや経験に合わせて主たる役割を持ち、そのセクションに対して責任を持つ存在をまっとうし、一つずつできることを増やしていくのです。

ブライダルキッチンの給与・平均年収

勤続年数や勤務先(企業・個人店など)にもよりますが、年収300万円~450万円がメンバークラスの料理人の主な給与帯と言われています。300万円台前半に関しては、入社してまだ間もないタイミングや見習いと呼ばれる方々が該当されます。

そこからキャリアアップを重ね、一つの持ち場を任されるリーダーポジションや、料理長・副料理長クラスになると上記の枠を超えた給与帯の収入が得られる可能性は十分にあります。有名店や大規模企業の上位職(総料理長、役員職など)になると、年収800~1000万円前後となるケースもあります。

ブライダルキッチンの入社後の流れ

入社後は先輩スタッフのサポートをしながら徐々に業務の流れやスキルを習得していきます。通常は仕込みの業務からスタートしていくことが多く、仕上げを行う段階の作業はシェフやリーダークラスの先輩がおこなっている作業を学んでいくことで徐々に任せられるようになっていきます。

各セクションのリーダーを任せられる程度になるまでの期間に関しては各企業によって基準が異なりますが、任せるのが早い企業であれば新卒3年目のスタッフが任されるケースもあるようです。リーダーポジションになれば、食材の発注業務なども週単位、月単位の状況を判断して決断することも求められることもあります。

ブライダルキッチンのやりがい

ほかのジャンルとの決定的な差は、結婚式という特別な空間や時間に自分の作った料理が大切なピースのひとつとして登場することです。多くのゲストに直接新郎新婦のおふたりの気持ちとして振舞われる料理は、新郎新婦のゲストに対する想いそのものです。料理が美味しければ、結婚式も一層素敵な思い出になります。

また、結婚式の料理で使われる食材の中には高級な食材が含まれていることも多くあります。そのため、既製品を使用している場合を除いては、仕込み段階から高級食材の扱い方を学ぶことができ、客単価の低い料理店や居酒屋では得られないスキルを身に付けることができます。

ブライダルキッチンの苦労・厳しい面・デメリット

勤務先の企業や式場によっては、結婚式で提供されるコース料理の内容が比較的固定のメニューやレシピになっていることがよくあります。そのため、まるでルーティン業務を行う感覚が日々強く感じるようになる可能性はあります。

いろんな技術を学び、スキルアップやキャリアアップを望んでいる人は、数年程度で成長や挑戦することが頭打ちになってしまうかもしれません。

ブライダルキッチンの就職活動・新卒採用

新卒採用市場において、ブライダル業界だけにとどまらず世の中全体的な傾向として料理人が不足しています。そのため、就職枠としては数が少なくはない業界ですが、人気の企業や就職先の倍率は数十倍の高い水準となっている反面、応募も集まらず採用予定数に達することができない就職先もあり、格差が生じている状況です。

他業界とブライダル業界との違いは、比較的雇用条件が良いことです。特にお休みや勤務時間の面においては、結婚式当日になることが多い土日祝日と、仕込みや平日の宴会・パーティ対応となるケースが多い平日で業務状況にメリハリがあるため、土日祝日は全員基本的には出勤となりますが、平日は上手く休みをシフトで取得できるような状況であることがほとんどです。

繁忙期(3~5月、9月~11月)や、クリスマス・バレンタインなどのイベントがある時期は多少業務量が増えますが、予測できる一時的なことのため、しっかりと対応すれば労働環境が過酷になるのは回避できます。安定的な勤務状況がキープできる場所で仕事がしたいという学生には、向いている業界と言えます。

仕事の探し方として、新卒採用対象の学生は学校に届く求人票を見て自分で企業を探す方法や、学校の先生や就職担当の方を介して、企業の評判や情報を集めるのが一般的と言われています。一方で、インターネット上にも料理人を目指す学生向けに新卒採用情報を提供している特化型の媒体もあり、学生が学校以外の情報源から就活の情報を得られる機会も年々増えている状況です。

関連記事:ブライダル業界(ウエディング)の企業研究・就職活動対策まとめ

ブライダルキッチンの転職活動・中途採用

料理人の中途採用市場のブライダル業界は、近年比較的人気を集めている業界です。その理由は、勤務時間やお休みに関する労働環境が比較的安定しているためです。スキルアップやキャリアアップを諦めたくはないが、家族や家庭の時間も守りたいという、安定した労働環境で働きたいニーズにしっかりと応えられる業界だと認知されているようです。

志望動機・志望理由・自己PRの例文テンプレート

志望動機の例文テンプレート、雛形、フォーマット、サンプルをまとめました。

志望動機その1

私はこれまで某ホテルに勤務し、主に冷前菜のセクションを担当してきました。これまではセントラルキッチンで、自ら手掛けた料理がどのようなお客様に渡り、果たして喜んでいただけているのかどうか、まったくわからない環境でした。

そこで、もっとお客様に近い距離感で料理を作り、喜んでいただける表情を間近で見られるような環境、そして結婚式という喜びや幸せ、感動の瞬間に携わる仕事に就き、たくさんのお客様の思い出に関わりたいと考えるようになり、御社を志望するに至りました。

まとめ

応募したい企業のクチコミ・評判情報(働く環境、社風・給与制度)を調べることをおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。