Webライターの始め方!未経験から在宅で稼ぐための方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本ページはプロモーションが含まれています。
webwriter

Webライターというキャリアはあなたにとって適しているか、興味がありますか?この記事では、Webライターの仕事内容から始め、未経験者でもスムーズにスタートできる具体的な方法、仕事の進め方、そしてWebライターになるメリットとデメリットを詳しく解説します。自分に合う仕事かどうか判断するための情報を提供しますので、ぜひ最後までお読みください。

Webライターの仕事内容

Webライターの主な仕事内容は、Web上で公開される記事を作成することです

サイト訪問者に有益な情報を提供し、読み手の関心を引くことが重要です。これを実現するためには、記事のテーマについて深く理解し、それをわかりやすく伝える能力が求められます。

例えば、専門的なトピックを一般の人々にも理解できるように書き換える、または複雑な問題をシンプルに説明するといった作業が含まれます。だからこそ、Webライターの主な仕事内容は「Web上の記事を作成すること」です。

仕事の種類

商品の魅力を伝えるための記事作成、ニュースの報道、専門的な情報をわかりやすく説明することなど、さまざまな案件があります。

これらの記事は、Webサイトの訪問者が求める情報を提供するだけでなく、そのサイトの評価を向上させるための重要な役割も果たします。

そのため、Webライターの仕事は、Web上の情報発信に欠かせない存在と言えるでしょう。

Webライターは未経験からでも始められる

Webライターは、未経験からでも始めることが可能です

その理由は、文章を書く基本的な能力と、必要な情報を調べて整理するスキルだけが求められるからです。具体的には、自分の得意な分野や興味のあるテーマについて記事を書くことから始めることができます。

また、様々なライティングのテクニックを学びながらスキルを磨くことも可能です。そういった経験を積んでいくことで、次第により大きな案件に挑戦することも可能となります。

Webライターの副業は何よりも大切なのは、自分自身の考えや情報を他人に伝える喜びを感じられるかどうかです。文章を通じて、自分の言葉が他人の理解や興味を深め、何か新しい価値を提供できるということは、非常にやりがいのあることです。それが、Webライターという仕事の醍醐味でもあります。

以上のことから、Webライターは情報伝達のプロフェッショナルと言えるでしょう。専門知識を持つ人たちが多く、その知識を活かして様々な情報を伝えることが求められます。

だからこそ、Webライターの仕事は多種多様であり、その中にはあなたが活躍できる場がきっとあるはずです。

未経験者必見!Webライターの始め方

Webライターとして成功するための最初の一歩は、適切な準備をすることです。理由は、準備が整って初めて、あなたの能力を発揮できるフィールドが広がるからです。

具体的には、ポートフォリオの作成、サービスの選定、案件の探索、執筆活動、そして継続的な発注を得ることが重要です。これらのステップを踏むことで、Webライターとしての活動を始めることができます。

ポートフォリオ・プロフィールを作成する

まず始めに行うべきことは、自身のポートフォリオとプロフィールを作成することです

その理由は、これらがあなたのスキルや経験を示す証拠や自己PRになるからです。例えば、自分がこれまでに書いた文章を集めてポートフォリオを作り、自己紹介文を書くことで、あなたが何を得意としているのか、どのような視点を持っているのかを示すことができます。

未経験であればプロフィールだけでも問題ありません。理想は狙っている案件から逆算したプロフィールを書ければベストです。例えば美容コスメ系案件の応募を考えているなら、普段使用しているブランドの美容コスメをプロフィールに記載したほうが受かりやすいでしょう。

そうすることで、依頼者に対して自分の能力をアピールするための基盤を作ることができます。

自分に合うサービスに登録して案件を探す

次に、自分に合うWebライティングのサービスに登録し、案件を探すことです

その理由は、あなたのスキルや興味を最大限に活かすことができる案件を見つけるためです。未経験からであれば無難に大手クラウドサービスのランサーズやクラウドワークスに登録することをおすすめします。

大手なら料理やスポーツ、ビジネスや趣味など、あなたが興味を持つ分野の記事を書く仕事を探すことが簡単にできます。これにより、自分の得意分野で活動することができ、初心者でも楽しみながらスキルを磨いていくことが可能となります。

案件受注・執筆を行う

案件を見つけたら、次は受注し、執筆を行うことです

その理由は、自身の能力を試し、経験を積むためです。具体的には、依頼者の要望に従って記事を作成し、期限内に提出するという作業が求められます。

これを通じて、実際のライティングの現場での経験を積み、あなたのスキルを磨くことができます。最初にテストライティングを依頼し、Webライターの実力を図る企業が多いです。

継続発注をしてもらう

そして最後に重要なステップとなるのが、継続的な発注を得ることです

その理由は、継続的な仕事があることで安定した収入を得られ、また長期的な関係を築くことで信頼関係を深められるからです。具体的には、初めての案件を順調に終えた後、依頼者に対して次回以降も依頼を受けられるようアピールをすることが重要です。

その際には、自分がこれまでに執筆した記事の品質を保つことを約束し、さらにはそれを上回る努力をすることを伝えるとよいでしょう。これにより、依頼者からの信頼を勝ち取り、継続的な発注を得ることが可能となります。

以上がWebライターとして始めるためのステップです。この道筋を辿ることで、未経験者であっても確実に一歩ずつ前進することが可能です。

Webライターの仕事の進め方

Webライターとしての仕事の進め方は、一貫したプロセスに基づいています。その理由は、体系的なアプローチを通じて高品質な記事を生み出すためです。

具体的には、競合記事の分析、記事構成の作成、記事執筆、校閲、納品というステップを順番に実行することで、仕事を円滑に進めます。そうすることで、Webライターとしての仕事を効率よく、かつ高品質に進めることが可能となります。

競合記事の分析

まず始めに行うべきことは、競合する記事の分析です

その理由は、自分の書く記事が他の記事と比較してどのような特徴や価値を持つべきかを理解するためです。例えば、同じテーマの記事が他にどれくらいあるのか、それらの記事の内容や角度、読者の反応などを調査します。

これにより、自分の記事が市場で目立つためのポイントを見つけることができます。通常のクライアントであればライバルサイトやライバル記事を参考記事として教えてくれます。

記事の構成を作成

次に、記事の構成を作ります

その理由は、読者が理解しやすい流れを作ることで、情報を効果的に伝えることができるからです。具体的には、記事の全体の流れを示すアウトラインを作成し、各節ごとの主要なポイントを列挙します。

これにより、文章を書き始める前に全体像を把握し、一貫性のある記事を作ることができます。構成はディレクターが作成するパターンや、まず構成を提出しなければいけない依頼主もいます。

記事執筆

そして、記事の構成ができたら、記事の執筆に移ります

その理由は、良質な記事を生み出すことが、Webライターの主な責任であり、価値であるからです。具体的には、作成した構成に基づいて文章を書き、情報を明確に伝えることに重点を置きます。

これにより、読者が求める情報を的確に、わかりやすく提供することができます。多くの媒体では「ですます調で統一」「引用は明記」「カタカナ表記」などルール(レギュレーション)があるので遵守しましょう。

校閲

記事を書き終えたら、校閲を行います

その理由は、誤字脱字や文法的なミスを見つけ出し、記事の品質を高めるためです。具体的には、一度書き終えた記事をじっくりと読み返し、必要な修正を加える作業を行います。

また、必要に応じて他の人にも校閲を依頼することもあります。こうすることで、より完璧な記事を作り上げることができます。誤字脱字が多い人は契約途中で終了されやすいので注意してください。

納品

最後に、作成した記事を依頼者に納品します

依頼者が指定した形式や方法で記事を提出します。そして、必要に応じて依頼者からのフィードバックを受け取り、その反応に応じて改善点を見つけます。

これにより、次回の記事作成時に向上点を意識することができ、自身のスキルをより磨くことが可能となります。

以上がWebライターとしての仕事の進め方です。このプロセスを一貫して行うことで、より良い記事を作成し、依頼者の期待を超えることができます。それが、Webライターとしての信頼と評価を得るための重要なステップです。

Webライターを始めるメリット・デメリット

Webライターとしてのキャリアは、多くのメリットとともにいくつかのデメリットも伴います。その理由は、この仕事が自由度と柔軟性を提供する一方で、自己管理と自己モチベーションが必要とされるからです。これらを理解した上で、Webライターとしてのキャリアを始めることが自分に合っているのかを判断してください。

Webライターのメリット

Webライターのメリットは場所に縛られずに行うことができ、自分のペースで仕事を進められる自由度があります。

また、様々なテーマについて学びながら書くことができるため、新たな知識を得る機会も豊富です。これらのメリットを享受しながら、あなた自身の生活スタイルに合わせて仕事を進めることができます。

Webライターのデメリット

WebライターのデメリットはWebライターは自己管理が必要で、自分自身で仕事の量を調整したり、締め切りを守る必要があります。また、ライティングのスキルを磨くための自己学習が必要で、時には厳しいフィードバックを受け入れることも求められます。

しかし、これらのデメリットをうまく乗り越えることで、成長とスキルの向上を実現し、Webライターとしての成功へと繋げることができます。

以上が、Webライターを始めるメリットとデメリットです。これらを理解した上で、自分自身の価値観や目指すライフスタイルに照らし合わせて、Webライターとしてのキャリアが適しているのかを検討してみてください。その結果、自分にとっての最良の選択を行うことができます。

Webライターに向いている人

自己管理能力が高い人はWebライターに向いています

これは、自分自身の時間を管理し、締切を守る能力が必要なためです。具体的には、自分でスケジュールを作成し、仕事の優先順位をつけ、必要な作業を計画的に進める能力が求められます。

次に、好奇心旺盛な人もWebライターに向いています

なぜなら、様々なテーマについて調査し、理解し、それを分かりやすく伝えることがこの仕事の中心だからです。具体的には、新たなトピックや知識を探求するのが好きな人、情報を整理し、そのエッセンスを伝えることに興味がある人は、この仕事に適していると言えるでしょう。

文章を書くことが好きな人、思考を整理し、それを言葉にすることが得意な人も向いています

理由は、ライティングはその仕事の中核であり、文章力はその品質を大きく左右するからです。具体的には、クリアで魅力的な文章を書くことができ、複雑な情報を簡潔にまとめる力がある人は、Webライターとして成功する可能性が高いです。

これらの特性を持つ人は、Webライターとしてのキャリアに向いていると言えます。それが、Webライターとして成功し、楽しみながら仕事をこなすための重要な条件なのです。

関連記事:ライターとは?仕事内容・必須スキル・将来性・始め方まとめ

まとめ

Webライターとしてのキャリアは、一人ひとりのライフスタイルや目標によって異なる形があります。そのため、自分にとっての最善の道を見つけ出すことが大切です。そして、その道を選んだとき、その選択があなた自身の成長と成功につながることを願っています。

自身のスキルを信じて、まずは一歩を踏み出してみてください。そして、Webライターとしての新たな旅を始めましょう。未経験からでも始められるこの仕事、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。