ライターとは?仕事内容・必須スキル・将来性・始め方まとめ

本記事にはプロモーションが含まれています。
writer

副業・兼業の方法としてウェブライターがおすすめしているサイトは多いです。在宅勤務(リモートワーク)しやすく、未経験の主婦や大学生でも始めやすい特徴があります。

そんなライターの仕事内容・必須スキル・将来性・初心者からの始め方についてまとめました。志望動機の例文テンプレートもあるので参考にしてください。

ライターとは

ライターとは、文字を使って情報やメッセージを伝える仕事をする人のことを指します。具体的には、雑誌や新聞、Webメディアなどの媒体や、企業の広報誌や商品カタログ、広告やプロモーションのためのコピーなど、様々な分野で活躍しています。

ライターには、以下のような種類があります。

ジャーナリスト

ジャーナリストは、報道機関やメディアで働く職業で、主にニュースや時事問題などについての記事を執筆することが求められます。彼らは、事実を報じ、調査し、インタビューを行い、独自の情報を入手することで、ニュースを提供することが求められます。

また、彼らは取材先を訪問し、事実を確認するために資料や証言を収集し、さまざまな人々に対してインタビューを行うことがあります。ジャーナリストは、ニュース記事、特集記事、報告書などを書き、公正かつ正確な情報を提供することが求められます。

ライターとジャーナリストに明確な定義はありませんが、ジャーナリストは事実を報じ、ライターは情報を伝えることに特化していると考える人もいます。両者の職務には重なりがあるため、ジャーナリストがライターとしても働くことがあり、また、ライターがジャーナリストとしても活動することもあります。

コピーライター

広告やプロモーションなどに使われるキャッチコピー、商品の説明文、Webサイトの文章などを執筆する仕事をします。電通や博報堂など広告代理店で働くことが多く、経験を積むと独立してフリーランスで働いたり、自分の事務所を立ち上げる人もいます。

テクニカルライター

製品の説明書やマニュアル、技術的な解説記事などを執筆する仕事をします。海外で作成された手順書や取扱説明書などの技術的な文書を翻訳する仕事も含まれています。

専門ライター

法律や医療、転職や旅行など専門分野に特化した記事を執筆する仕事をします。

脚本家・構成作家

映画・ドラマ・舞台などのストーリーを執筆する仕事をします。舞台の台本(脚本)を専門にしている人は脚本家(シナリオライター)と呼ばれ、テレビ番組の台本を主に手がける人は構成作家と呼ばれることもあります。

Webライター

Webライターは、インターネット上にあるウェブサイトやブログのために、記事やコンテンツを制作する職業です。Webライターの仕事は、ウェブページやブログ記事、メールマガジンの配信など、様々な形式でのコンテンツ制作があります。

様々なジャンルを書くWebライターとも呼ばれており、副業として、おすすめされているのはWebライターになります。Webライターには、以下のような種類があります。

SEOライター

SEOライターとは、検索エンジン最適化(SEO)の観点から、キーワードを含む記事やコンテンツを制作する仕事をします。

コンテンツライター

企業のウェブサイトやメディア記事などを制作する仕事をします。その他に企業や個人のブログ記事を制作したり、文字おこしをする仕事もあります。SEOライターの厳密な線引きはありません。

ライターは、情報収集や取材、執筆、編集、校正など、様々な工程を担当します。文章の表現力や構成力、正確な情報伝達能力、クライアントや読者の要望に合わせた表現力などが求められる職業です。また、フリーランスで活動する場合もあり、自分でクライアントを探し、案件をこなすことが求められます。

ゴーストライター

ゴーストライターとは、他人の名義で文章を執筆するライターのことを指します。覆面作家と呼ぶこともあります。明確な職業というわけではなく、役割的な意味合いで使われています。自分が執筆した文章が、そのまま他人の名前(ペンネーム)で発表されることになるため、クレジットを得ることはありません。代わりに報酬を受け取ります。

ゴーストライターの仕事は、小説やエッセイ、ビジネス書、自己啓発書、音楽活動など、様々なジャンルの文章を執筆することがあります。依頼者が自分で文章を書く時間やスキルを持たない場合、ゴーストライターに依頼することがあります。

ゴーストライターには、以下のような役割があります。

  • 提供・提案:依頼者から与えられたテーマやストーリーに基づき、アイデアを提供・提案する。
  • 取材・調査:依頼されたジャンルについて調査し、情報を集める。
  • 執筆・代筆:収集した情報やアイデアをもとに、文章を執筆する。
  • 編集・校正:依頼者や出版社からの指示を受け、文章を編集や校正する。

ゴーストライターは、依頼者のニーズに応じた文章を執筆するため、ライティングスキルに加え、コミュニケーションスキルが求められます。また、依頼された文章が依頼者の名前で発表されるため、依頼者の意図や要望を理解し、それを文章に反映することが大切です。

ライターの仕事内容

ライターの仕事は、文章を書いてコンテンツを制作することです。ライターには、様々な種類の仕事がありますが、以下に一般的な仕事内容を挙げてみます。

記事の執筆

雑誌や新聞、ウェブサイトの記事を書きます。記事の内容は、ニュース、トピックス、エンターテイメント、ライフスタイル、健康、ビジネス、科学など多岐にわたります。

コピーの執筆

広告や宣伝文、PR記事などのコピーを書きます。コピーは、商品やサービスを宣伝するための文章です。

ブログの執筆

自分でブログを開設し、自分の専門分野や趣味に関する記事を書きます。ブログには、広告収入やスポンサー契約で収益を得ることもできます。

マニュアルの執筆

製品のマニュアルや技術的な文書を作成します。

スクリプトの執筆

映画やドラマ、テレビ番組の脚本を書きます。

ライターは、自分で調査や取材を行い、情報収集や分析、執筆を行います。また、クライアントの要望や指示に沿って、文章の内容やスタイルを調整することもあります。

ライターの必須スキル

ライターに必要なスキルは以下の通りです。

文章力

ライターは、文章を書くことが主な仕事のため、優れた文章力が必要です。適切な語彙や表現力、文章の構成力など、文章を読みやすく、魅力的にする能力が必要です。

取材ライターの場合は、撮影もライターが担当するケースがあるため、カメラでの撮影技術も要求されます。

調査力

ウェブのトレンドや読者ニーズに敏感であることが重要です。

ライターは、書くテーマについての情報を収集し、正確かつ信頼性の高い記事を作成する必要があります。そのためには、調査能力が必要となります。情報源の選び方や収集方法、情報の信頼性を判断するスキルが必要です。

プロジェクトマネジメント能力

ライターは、複数のプロジェクトを同時に進めることがあるため、プロジェクトマネジメント能力が必要となります。納期を守り、クライアントとのコミュニケーションを円滑に行い、プロジェクトを効率的に進めるための能力が必要です。

例えば取材の場合はクライアントと取材対象者との調整どちらも担当することになります。取材日の日程調整、原稿の確認依頼など、コミュニケーション能力と合わせてスケジュール管理も要求されます。

コミュニケーション能力

ライターは、クライアントや編集者とのコミュニケーションが重要となります。自分のアイデアを説明したり、編集者からのフィードバックを受け入れたりするためには、コミュニケーション能力が必要です。

Webライターであれば、一般的にフリーランスで働く場合が多く、クライアントのニーズに応じたコンテンツを提供することが求められます。

柔軟性

ライターは、様々なテーマについて執筆する必要があるため、柔軟性が求められます。新しいトピックに対応するために、研究や学習を行い、自分自身を常にアップデートする姿勢が必要です。

SEO対策

Webライターは、記事やコンテンツを制作するだけでなく、ライティングスキルに加え、ウェブマーケティングやSEOの知識、検索エンジン最適化(SEO)に関する知識が必要です。SEOに対応した記事の作成、キーワードの選定、タイトル・見出しの最適化などが求められます。

営業力

フリーランスの場合、自分自身をマーケットするための営業力が求められます。クライアントの獲得、交渉、契約管理などを行うためのスキルが必要です。

ライターのメリット・魅力・強み

Webライターとして働くメリットや魅力は、以下のようなものがあります。

場所や時間に縛られない自由な働き方ができる

Webライターは、仕事の大半をオンラインで行うことができるため、場所や時間に縛られずに自由な働き方ができます。自宅やカフェ、旅先など、好きな場所で仕事をすることができます。

多様なジャンルの記事を書くことができる

Webライターは、クライアントや依頼者から様々なジャンルの記事を依頼されることがあります。そのため、様々なテーマについて調査を行い、知識や経験を広げることができます。

コミュニケーション能力や文章力が向上する

Webライターは、クライアントや依頼者とのやりとりや、読者に向けた文章を書くことが多いため、コミュニケーション能力や文章力が向上するというメリットがあります。

フリーランスとして働ける

Webライターは、フリーランスとして活躍することができます。自分でクライアントを探したり、仕事のスケジュールを自由に調整したりすることができるため、自分自身のペースで働くことができます。

創造性を発揮できる

Webライターは、依頼されたテーマに沿って記事を書くことが多いですが、自分のアイデアを取り入れた記事を書くこともできます。自分の創造性を発揮することができるため、やりがいを感じられます。

以上のように、Webライターとして働くメリットや魅力は多岐にわたります。ただし、競争が激しい業界でもあるため、コツコツと努力を続け、自分のスキルアップに取り組むことが大切です。

ライターのデメリット・注意点

Webライターとして働くデメリットや注意点は以下のようなものがあります。

仕事の安定性が低い

Webライターは、クライアントや依頼者から仕事を受注するため、仕事の安定性が低いというデメリットがあります。また、クライアントのニーズや市場の動向によっては、仕事が減ることもあります。

また、書くスピードが遅いと効率が悪くなります。時給制のアルバイトよりも、固定報酬の業務委託型の求人が多いライター業界。契約によっては記事納品数や文字数が決められています。

つまり、3000文字の記事を1時間で書いても、10時間かけて書いても稼げる金額は同じです。いかに効率よく質の高い記事を書けるかが重要になってきます。

記事のテーマが偏る可能性がある

クライアントの要望に応じて記事を書くため、自分が本当に興味のあるテーマやジャンルについて記事を書けないことがあります。そのため、偏った知識や経験しか得られない場合もあります。

業界全体が競争が激しい

Webライターは多くの人が活躍しており、新規参入者も多いため、競争が激しいというデメリットがあります。そのため、スキルアップやマーケティング能力を磨くことが求められます。

単価が低い案件も存在する

Webライターは、クライアントや依頼者によって単価が異なるため、単価が低い案件も存在します。そのため、自分が受注する仕事の単価について、適正な相場を知り、自分自身が納得できる範囲で働くことが大切です。

ストレスを感じることがある

Webライターは、クライアントや依頼者とのやりとりや、デッドラインに追われることもあり、ストレスを感じることがあります。そのため、適度な休息やストレス解消法を取り入れることが重要です。

以上のように、Webライターとして働くデメリットや注意点も存在します。ただし、適切な対策を取ることで、そのデメリットを回避することができます。

仕事の安定性を高めるためには、複数のクライアントや依頼者を抱え、仕事量を確保することが大切です。また、自分の興味のあるテーマやジャンルについても勉強を続け、知識や経験を広げることが重要です。

ライターの将来性

現代社会では、デジタルメディアやコンテンツが爆発的に増加しており、ライターに求められる需要も高まっています。また、SNSやブログ、ニュースサイト、マーケティングに関するコンテンツ制作など、多岐にわたるライティングの需要があり、多様化するニーズに応えるためのライターの需要も高まっています。

一方で、競争も激化しており、単に文章を書くだけでなく、SEO対策やコンテンツマーケティングの知識など、より高度なスキルが求められるようになっています。そのため、ライターとして成功するためには、多様なスキルを持ち、常に学び続け、自己啓発に努める必要があります。

また、AIの発展により、自動文章生成技術が進化しているため、単純な文章作成のみを行うライターは、今後、需要が減少する可能性があるかもしれません。しかし、クリエイティブな能力や、文章を書くことで人々の心を動かす力、そして新たな価値を提供する能力は、今後も需要が高まることが予想されています。

キャリアアップとしてマーケター、ディレクター、編集長といったキャリアステップがあります。

総じて、ライターの将来性については、需要がある一方で、より高度なスキルを身につけ、常に自己啓発に努めることが求められます。

ライターの平均年収

ライターの平均年収は、経験やスキル、働く場所や業界によって異なりますが、一般的には以下のような範囲となります。

  • 新聞社・出版社::300万円〜700万円程度
  • 広告代理店・制作会社:300万円〜500万円程度
  • フリーランス:年収100万円〜1000万円程度

フリーランス(個人事業主)の場合は、クライアントや案件によって報酬が異なるため、年収の範囲が広くなります。また、ライターによっては、複数のクライアントと契約を結びながら、幅広い分野の執筆を行うことで、収入を増やすことができます。

ただし、ライターとしての収入を増やすためには、執筆スキルや知識を高め、ポートフォリオを充実させることが大切です。また、多様化するメディアやニーズに合わせて、新しい技術やスキルを学び、アップデートしていくことが求められます。

ライターの始め方

ライターになるには、以下のステップを踏むと良いでしょう。

読書をする

まずは、様々なジャンルの書籍や記事を読むことから始めましょう。良質な文章を読むことで、文章の構成や表現方法を学ぶことができます。

執筆経験・実績を積む

最初は1文字1円の低単価になりますが、経験値をたくさん積みましょう。そこから経験を積み、少しずつ単価を上げられるようにしましょう。

なおWebライターにおいては基本的に記名記事は難しいですし、外部に対して実績公開は不可とされるケースがあります。ただし、個別の記事は無理でも社名や運営サイトだけは実績公開を承認してくれるケースがあるので相談してみてもいいでしょう。

学習や資格取得をする

ライターに必要なスキルや知識を学ぶため、講座やセミナーに参加したり、書籍やオンライン講座を学習することができます。また、SEO検定や専門分野の民間資格も一つの手段です。

ポートフォリオを作る

執筆の経験やスキルをまとめたポートフォリオを作成しましょう。ポートフォリオは、自分の作品をまとめたサンプル集であり、クライアントからの依頼や求人募集時に提出することができます。

SNS・ブログを始める

自分でブログを開設したり、TwitterなどSNS投稿をおこなったりなど、広報プロモーション活動をしましょう。自分の興味や専門分野に関するテーマを選ぶことで、文章を書く練習をすることができます。

Twitterなどでインフルエンサーになれば影響力が増し、拡散力も増えるので単価が上がりやすいですし、営業活動にも良い影響を与えます。

またブログで記事を書けば「どんなジャンルが得意なのか」「どんな書き方が得意なのか」「SEO対策はできるのか」がクライアントに判断しやすく、採用可否の判断基準にもなります。

求人情報を探す

実績が少ない段階ではランサーズやクラウドワークスで探すことをおすすめします。案件数が多いことや、実績が少ないライターでも応募することができるためです。

実績を積み始めたらindeedやバイトルなど求人サイトやSNSで探してみましょう。また、ライター向け求人サイトもあるので併用することをおすすめします。自分から企業の採用ホームページを探して応募する方もいます。

以上のステップを踏みながら、執筆の経験を積み、スキルや知識を身に付けていくことが、ライターになるための一般的な方法です。

ライターの志望動機の書き方・自己PR方法

実績が少ないWebライターは興味関心の高いジャンルからチャレンジしてみましょう。どんなメディアで、どんな記事が求められているのかリサーチし、それを志望動機に加えてみましょう。

志望動機の例文テンプレート

私は美容関連には興味があり応募させていただきました。シャンプーは様々な種類・メーカーを買って比較しながら使うのを毎日の楽しみにしています。また、永久脱毛の経験もあるので貴社のメディアにおいても体験談を交えながら書くことができますので、ぜひ一度テストしていただければ幸いです。

その他に就職・転職ジャンルの募集なら志望動機に自身のアルバイト経験を交えて書いてもいいでしょう。上記は志望動機の例文テンプレート、雛形、フォーマット、サンプルなので、自分用にアレンジして志望動機を作成してみてください。

関連記事:Webライターの始め方!未経験から在宅で稼ぐための方法

まとめ

未経験歓迎の求人も多く、副業として始めやすい一方で、ライバルは多いです。しっかりとした文章をかけるのは1割程度と言えるでしょう。最初は文字単価1円からになりますが、文字単価3円・5円とステップアップしていってほしいと思います。

参考:【例文付】未経験Webライター志望動機の書き方と自己PRの秘訣-すべらない転職

SNSでもご購読できます。