古着屋アルバイトの特徴・メリット・志望動機まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リユース文化が浸透してきた中、若者だけでなく、30代や40代でも古着好きな人が増えてきました。そのおかげで各地に古着屋も増えてきていますが、販売職の中でも少し特殊な古着屋の求人情報についてまとめました。

古着屋アルバイトの特徴とメリット

様々なブランドに携わることができるのが最大の特徴です。男性(メンズ)、女性(レディース)、幼児服(キッズ)まで幅広く、国内から海外まで様々なブランドに精通している必要があります。店舗によっては通販サイトの活用や時計やシューズも陳列している店舗もあります。

アパレル販売職との最大の違いは販売だけでなく買取作業があることです。そのため楽な仕事ではありません。段ボール単位で持ち込みする人もおり、業務の種類が多いので、柔軟性が問われ、要領よく動くスキルが求められます。買取査定では店舗独自の料金表(査定表)が基準になりますが、ある程度の知識は必要です。

「○○ブランドはありますか?」「この洋服に合う服はありますか?」とお客様から衣服コーディネートやサイズ・価格に関する質問もされるため、深く広い知識が必要です。買取作業も多いことから個別の販売ノルマを設定している企業はほとんどありません。

古着屋アルバイトの魅力

様々な古着屋でのスタッフインタビューでは「自分が並べた商品が買われたときは嬉しかった」「通販で自分が撮影した商品が売れた時は感動した」「お客様が《こんな良い商品をこんな安い商品で買えるなんて!》と嬉しそうにしている姿を見て自分も嬉しくなった」などの回答をもらいました。

一般的なアパレル販売職と違い、従業員が自社商品を購入する必要性もなく、勤務する際の服装は自由な点が一番のメリットだと答える人もいます。もしも時間があれば実際に店舗に行ってみてスタッフの服装をチェックしてみることをおススメします。

古着屋アルバイトの仕事内容

・接客販売、レジ会計、買取作業、店内清掃
・商品整理、商品補充、商品陳列、レイアウト変更が中心です。

通販サイトやネット買取も並行している店舗では梱包・配送作業もあります。店舗によりますが、シフトは早番と遅番に分かれており、午前(開店)から夕方までのシフト、昼過ぎから夜(閉店)までのシフトに分かれていることが多いです。

古着屋アルバイトの仕事探し



古着と言えば渋谷や下北沢が中心地となっており、吉祥寺や高円寺にも店舗が揃っていますが、東京都の各沿線上での店舗も増えてきました。大手総合リサイクルショップのジャンブルストアやセカンドストリートなら全国に展開中。首都圏を中心に展開しているBAZZSTORE(バズストア)であれば三鷹店や千歳烏山店にも展開しています。

アルバイト探しなら「タウンワーク」や「バイトル」がおススメです。販売カテゴリのアパレルで探せば様々な会社の求人募集が見つかります。バイトルなら制服写真や動画機能で職場環境が事前に分かりやすいですよ。

求人サイト【アルバイトEX】ならたくさんの求人サイトの情報が集まっているのでお仕事探しに便利です。

規模が小さい企業が多いため、新卒採用や中途採用はリクナビやマイナビなどナビサイトには掲載されていないこともあります。最初から正社員採用ではなく、アルバイトからの正社員登用も多いです。

古着屋アルバイトの志望動機

過去の接客経験が好まれますが、未経験での採用率も高いです。どれだけシフトの融通ができるかが重要視される傾向にあるため、短い時間でもたくさん出勤できる人の採用率が高く、接客の経験者でも週一程度では不合格になってしまう可能性があります。

働いている人はシンプルに「古着が好き」という方が多いですが、「洋服を見ているのが好き」「自宅から近くて面白そうだった」という人まで十人十色。決してファッションセンスが重要視されているわけでないので、ユニクロ好きでも問題ないとしている企業が多いです。

志望動機の例文テンプレート

参考例1:洋服が好きで、高校生の時から古着屋で買い物をするようになりました。御社の新宿店を利用することも多いのですが、オシャレなレイアウトや豊富な品揃えに惹かれ、私も働きたいと思うようになりました。飲食店での接客経験がありますので、その経験を生かしながら、今後はさらにファッションの知識を広げたいと思っています。

参考例2:洋服は好きですが、特定の好きなブランドはなく、安い洋服が好きです。いかにお金をかけずにカッコいい服を見つけられるかにこだわっているため、メルカリは頻繁にチェックしたり、自分でも出品した経験があります。自宅に近い京王線の沿線で働きたいと考えて仕事探しをしていたところ今回、バイトルでの求人情報を見かけ応募させて頂きました。接客経験はありませんが、イチから学んでいきたいと考えています。よろしくお願い致します。

参考例3:服そのものよりも色々なモノに溢れている古着屋やセレクトショップの雰囲気が好きです。ファッションセンスには自信がありませんが、古いものに新しい価値を見出すリユース文化に魅力を感じています。貴社の募集条件なら学業との両立が可能だと考え、ぜひ働いてみたいと考えて応募させていただきました。

古着屋アルバイトの面接質問

・どんなブランドが好きか
・服をどこでどんな服を買うのか
・メルカリなどのネットは利用するのか

定番の質問以外に上記のような質問をされることがあります。面接の選考基準よりも人柄や趣味を知りたいことから質問をする企業が多いです。

応募者が大学生ならテスト期間中の対応が気になる面接官が多く、「テスト期間中は3週間程度は出勤が難しい」となるとシフト調整が難しいので敬遠されてしまうことがあります。逆にテスト期間中でも最低限の出勤は確保できるなら伝えたほうが好印象につながります。

古着屋アルバイトまとめ

店舗の口コミ・評判・レビュー情報はあっても求人情報の口コミ情報は少ないので、機会があれば一度店舗に行って、スタッフの年齢層や男女比など見てもいいと思います。店頭ポスターやチラシで求人情報があるかもしれません。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加