就職活動で失敗しないための会社選びの軸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就活生が一度は必ず考えなければいけない「会社選びの軸」。志望業界を選んだ理由、職種を選んだ理由、会社を選んだ理由、様々な軸がありますが正しい考え方とはなんでしょうか。後悔しないために失敗しやすい考え方をまとめました。

正しい会社選びの軸とは

会社選びの軸は大きく二通りあります。「エントリーの軸」と「内定の軸」です。エントリー軸は「どんな興味関心があって就職活動で企業を受けているのか」、内定の軸は「なにをもって内定先企業を決めるのか」です。これらは面接の定番質問の一つです。

エントリー軸は就活途中で修正できますが、内定承諾(内定の軸)は一度しか選ぶことはできません。会社選びの軸は非常に重要ですが、毎年間違えてしまう人が多くいます。残念ながら新卒の入社3年以内の離職率は約30%なのが事実であり、様々な原因はあるものの退職理由に「会社選びが間違っていた」のも大きな原因だと思います。間違えやすい会社選びの軸を2つご紹介させていただきます。

1. 採用担当の人柄で決める

採用担当の人柄で内定の軸を決めてはいけません。なぜなら入社後に採用担当者と一緒に仕事をすることはないからです。配属先が人事部であれば問題ありませんが、多くは営業部など違う部署になるはずです。採用担当者は人柄や性格が素晴らしい人が多いだけに、「人事の雰囲気=会社の雰囲気」と間違えやすいです。例えば現場の営業部長は短気な性格で数字ノルマの厳しい人かもしれません。

同じように先輩社員と会う機会もあると思いますが、一人の先輩と会っただけでその会社全体を判断してはいけません(10名以下の会社で直属の上司が決定しているケースを除く)。良くも悪くも企業には様々な人がいますので、一人の先輩と会っただけで判断しないようにしましょう。ただし会社の雰囲気や現場の温度感は実際に入社してみないとわからない部分なので、ある程度は割り切って考えることも大切です。

2. 経営理念で決める

経営理念で内定の軸を決めてはいけません。これには経営者のメッセージが含まれます。なぜなら経営理念はどの会社も素晴らしいからです。素晴らしいだけに現場とのギャップが生まれている会社もあります。

例えば顧客優先主義や、社会意義をモットーにしている経営理念でありながら、営業部では数字主義の会社もあります。営業部は売上を作るのが組織の役割なので仕方がありませんが、経営理念を会社選びの軸にしてしまうとギャップに悩んでしまう新入社員がいます。

また新卒説明会では当たり前ながら良い事を中心に話します。たまに「悪い部分もお話ししますね」という方もいますが、多くは「見せても問題ない悪い部分」です。本当に悪い部分はわざわざ伝えません。

成功させるための軸

「将来どんな仕事をしていきたいか」「具体的な仕事のイメージ」が最も重視すべき軸ではないでしょうか。ただ多くの学生は将来何をしたいか決まっていないまま就職活動をしていると思います。もしも具体的な将来像がなければ、具体的な仕事のイメージに専念してもらいたいと思います。

例えば営業であれば、新規開拓なのか既存顧客が中心にしているのか、サービスは法人なのか個人どちらが対象なのか、営業手法は飛び込みなのか電話なのか、営業ノルマはどのレベルなのか、高額商品なのか低額商品なのか、サービスの強みや弱みはどこにあるのか、市場規模はどれくらいなのか、そういったことをしっかり理解することが大切になってきます。

これらを十分に理解しておけば「自分には無理」「なんとかできそうだ」という判断ができ、入社後のギャップも少なります。なお会社のリアルな雰囲気を知る上でクチコミサイトを調べるのは非常に有効な手段です。「就活会議」や「転職会議」などが有名ですので、一度調べてみてもいいと思います。ただ古い情報だったり、ネガティブな意見の場合もあるので参考程度に留めておくほうがいいかもしれません。

関連記事:転職口コミ評判サイト比較まとめ

まとめ

理想を見すぎないで現実で考えると失敗しないようになります。現実を考えて就職活動をすると地に足のついた行動がとれます。就職活動では様々な意見や情報を耳にすることがありますが、どれが自分に合っているのか考えることが大切です。「確かに一理あるが、自分には合っていない」「この考え方は共感できる」自分の意見をしっかり持つことが大事です。就職活動の参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加