就職活動の履歴書/エントリーシートの書き方のコツ編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、人事泣かせの応募書類をご紹介しながら、どのように書けばいいのか就職活動の履歴書/ES(エントリーシート)の書き方のコツをまとめました。

書き方のコツ1:空白・空欄を作らない

空白・空欄が多い履歴書はすぐに切られます。相手に「やる気がない」という印象を与えてしまうからです。特に、志望動機が少なく、どの企業に提出しても問題ないように書いてある内容は、裏を返せば内容が薄く入社の思いが全く伝わってこない履歴書です。

履歴書は自己アピールのひとつであり、一番最初の選考です。入社意欲は企業が最も高く評価するポイントですから、自分の思いを込めて、全体の8割以上は埋めるようにしてください。もちろん、書き過ぎて枠からはみ出してしまうのもNG。履歴書を書く際には、文字の量を上手に調整しましょう。自分から不合格にされる理由を与えないようにしましょう。

書き方のコツ2:文字はていねいに書く

字が汚くて読めない人は多いです。特に男性。面接官は就活生の事を知ろうとするために、履歴書とエントリーシートのチェックは欠かせません。しかし、誤字脱字や読みにくい字で書かれていると、面接官が就活生を知ろうとする機会を奪ってしまうだけでなく、雑な印象を面接官が抱いてしまい、マイナスにしかなりません。

もちろん個人の癖もあるとは思いますが、相手が読めないと素晴らしいことが書いてあっても意味がありません。丁寧な字を心掛けて書くようにしてください。

書き方のコツ3:証明写真はいい写真をキレイに貼る

指定の枠からはみ出していないか。写真のネクタイが曲がっていないか。証明写真を貼り忘れている人もいるので注意しましょう。

就活用の証明写真は街中にある証明写真機でも大丈夫ですが、撮り直しが何回もでき、簡単なメイクもサポートしてくれる写真館や写真スタジオなど専門の店舗で撮影することをおススメします。就活シーズン中は学内に写真屋さんがきてくれる大学もあるので積極的に活用しましょう。

書き方のコツ4:書類をシワだらけにしない

必死に準備をしたかもしれませんが、ダメですよね。折り目がついてしまったり、少しだけ破いてしまった場合でもダメです。履歴書やエントリーシートは常にクリアファイルに入れて保管しましょう。書き直しを想定して最初から2部は印刷するようにしましょう。

書き方のコツ5:消えるボールペンで書かない

履歴書を書く時、緊張していつも間違わない漢字を間違えたりしてしまいますよね。消えるボールペンなら何度も書き直す心配もいらなくなりますが、履歴書は正式な書類なので、消えるボールペンはNGです!ダメな理由として、書き直されたりしたら大変だからです。絶対に黒or青のボールペンで書くようにしましょう。

番外編:リクナビOpenESの書き方・注意点

リクナビが導入しているOpenES(オープンエントリーシート)とは、1枚書けば、何社にも出せる新しいエントリーシート・履歴書の仕組みです。紙の履歴書と違い、データで提出するため手間とコストが軽減できる非常に効率的な機能です。証明写真もデータ提出なので出費も少なくて済みます。

OpenESは、希望する企業へ自分を売り込む重要な書類であり、SNSなどの自己紹介とは違います。中には苦労自慢や好きな事アピールなど、それだけを沢山書く学生も少なくありません。それホント?嘘じゃないの?といった内容も中にはあります。自分がしてきた事実を端的にまとめる。そして、その結果や今後に活かせる内容につなげる必要があります。

書き方の注意点一覧

・書き方が丁寧ではない
・用紙に折り目がついている
・指定文字数に対して記入が少なすぎる
・飲み物をこぼしたのか、シミがついている
・消印日や締切日を勘違いして提出期限に間に合わない
・下書きの筆圧が強すぎて、清書して消した後でも下書きの跡が残っている
・面接で同じような質問をした時にエントリーシートの記入内容と違う答えが返ってくる

エントリーシートの書き方のコツまとめ

就職活動で必ず作成する履歴書とエントリーシートですが、人事担当や面接官からしたら、これは高評価をつけられないと思われてしまう応募書類も多いです。仮に書類選考がない企業でも面接の際に履歴書やエントリーシートは見ます。その際にマイナス評価を与えてしまわないようにしましょう。

新卒採用の書類選考では学歴フィルターや顔採用が話題になることがありますが、それよりも当たり前のことができているかどうかが評価基準になっている企業が多いです。できていないエントリーシートは多いので注意しましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加