ADHDおススメの天職!仕事の探し方から転職方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ADHDとは、「注意欠陥・多動性障害」のことです。以前は、子供に見られる発達障害だと考えられていましたが、近年は「仕事で躓くことが多い、大人の発達障害」として注目されています。

「ADHDの自分には、今の仕事が向いていない気がする」「ADHDの人におすすめの仕事が知りたい」「ADHDの人の具体的な転職方法は?」ADHDの人の中には、このように考えたことがある人も多いのではないでしょうか。

この記事では、ADHDの方に向けて、おススメの仕事や仕事の探し方、転職方法を紹介します。本記事を読み、これからの仕事探しや生活に役立ててもらえればと思います。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは、主な特性として「不注意」「多動性」「衝動性」が見られる発達障害の1つです。ADHDの特性は、短所にも長所にもなり得ます。

ADHDの短所

  • 不注意…気が散って集中できない、確認作業が苦手、ケアレスミスや忘れ物が多い
  • 多動性…長時間じっとしていられない、座っていられない、黙っていられない
  • 衝動性…思い付きで行動する、思ったことをすぐ口に出す、マルチタスクがこなせない

ADHDの人は、その短所ゆえに「仕事でミスを頻発し、仕事をすぐ辞めたくなる」「人間関係が上手くいかない」「仕事が辛い」といった悩みを抱えることが多いです。

ADHDの長所

  • 不注意…感受性が豊か、好奇心が強い、クリエイティブで自由な発想ができる、興味があることには没頭する
  • 多動性・衝動性…行動力がある、リスクを恐れず挑戦できる

ADHDは、短所に目が行きがちです。しかし、ADHDの長所に注目してみると、実は仕事で重宝される特徴も多いことが分かります。

ADHDの人におすすめの仕事

ADHDの人が仕事をする場合、短所を克服しようとするよりも、長所を活かした仕事を選ぶ方がおすすめです。長所を活かすことができれば、ADHDの短所に由来する多少のミスを穴埋めすることができたり、仕事が長続きできたりする可能性があります。ADHDの長所を活かせる仕事を以下に解説します。

細かい規則が少なく、発想力が必要な仕事

ADHDの人におすすめの仕事1つ目は、「細かい規則が少なく、発想力が必要な仕事」です。ADHDの中でも、特に不注意傾向が強い人におすすめです。

  • デザイナー全般
  • イラストレーター
  • 作家
  • 漫画家
  • 脚本家
  • ミュージシャン

裁量が大きく、変化が多い仕事

ADHDの人におすすめの仕事2つ目は、「裁量が大きく、変化が多い仕事」です。ADHDの中でも、特に多動・衝動傾向が強い人におすすめです。

  • 起業家
  • 歩合の営業職
  • ジャーナリスト
  • 記者

関心事を追求していく仕事

ADHDの人におすすめの仕事2つ目は、「関心事を追求していく仕事」です。ADHDの中でも、没頭できる好きなことがある人は特におすすめです。

  • 職人
  • スポーツ選手
  • アーティスト
  • プログラマー
  • エンジニア
  • 研究者
  • 学者
  • 農家 など

ADHDの仕事の探し方と転職方法

一般雇用枠で障害を開示せず働く場合

一般雇用枠とは、障害が無い人と同じ条件で働くための雇用枠(いわゆる普通の働き方)です。障害がある人が一般雇用枠で働く場合、障害を周囲に開示するかどうかは本人が選ぶことができます。「ADHDの短所が、仕事をするうえで許容できる範囲である」「自分なりにADHDの短所をカバーできている」などの場合、ADHDを開示せず一般雇用枠で働く人も多いです。

★一般雇用枠・障害非開示のメリット

  • 様々な地域、業界、職種、仕事内容から求人を選べる
  • 給与水準が高くなる傾向がある

★一般雇用枠・障害非開示のデメリット

  • ADHDに対する配慮を受けづらい
  • 健常者と同じ水準の成果が求められる
  • 仕事が辛くなり、早期退職の可能性がある

一般雇用枠で障害を開示して働く場合

一般雇用枠では、障害を会社に開示して働くこともできます。障害者手帳の有無や雇用形態(正社員か非正社員か)に関わらず、障害により仕事に困難を抱えていることを相談したり、配慮を求めたりできます。

「一般雇用枠で働いている仕事の在職中に、ADHDの診断を受けた」という場合、転職を検討する前に、ADHDであることを開示して配慮を求めることも選択肢の1つです。

一般雇用枠・障害開示のメリット

  • ADHDに対して、仕事内容や職場環境に配慮が受けられる可能性がある
  • 様々な地域、業界、職種、仕事内容から求人を選べる
  • 安心感が得られ、長く働き続けられる可能性がある

一般雇用枠・障害開示のデメリット

  • 会社によっては、ADHDへの配慮が十分でない可能性がある
  • 健常者と同じ水準の成果が求められる
  • 職場の人から、障害者として見られることにストレスを感じる人もいる

障害者雇用枠で働く場合

障害者雇用枠とは、「障害者を雇うことを前提にした雇用枠」です。障害者雇用枠で働くためには、障害者手帳が必要になります。職場では、自分の障害を明かして仕事をすることになります。

障害者雇用枠のメリット

  • 選考時に自分のADHD特性について相談できる
  • 障害者雇用に積極的な大手企業で働ける可能性がある
  • ADHDに対して、仕事内容や職場環境に配慮が受けられる
  • 安心感が得られ、長く働ける

障害者雇用枠のデメリット

  • 求人の業界や職種、仕事内容が限られる
  • 給与が低い場合がある(※近年改善も見られる)
  • 昇進に影響する場合がある
  • 職場の人から、障害者として扱われることにストレスを感じる人もいる

まとめ

ADHDは、「不注意」「多動性」「衝動性」が特徴の発達障害です。ADHDの人におすすめの仕事は、「細かい規則が少なく、発想力が必要な仕事」「裁量が大きく、変化が多い仕事」「関心事を追求していく仕事」だといえます。

ADHDの人が仕事を探す場合、「一般雇用枠で障害を開示する」「一般雇用枠で障害を開示しない」「障害者雇用枠」という3つの働き方から選ぶことができます。障害者雇用枠で働く場合は、障害者手帳が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

error: Content is protected !!