30代未経験のWebマーケティング転職は可能?求められるスキルや成功の秘訣を解説!

本記事にはプロモーションが含まれています。

Webマーケティング職は比較的高年収が期待でき、将来性がある職種です。転職市場においても人気の高い職種ですが、30代未経験者でも就くことはできるのでしょうか? 今回の記事は、Webマーケティング職に転職するときに求められるスキルや取り組むべき課題について、紹介します。

30代未経験でWebマーケティング職に転職することは厳しい?

結論からいうと、30代未経験者でもWebマーケティング職への転職は可能です

IT・Web業界は全体的な人材不足により、中途採用に対してもオープンな企業が多いからです。ただし、決して簡単ではないので、30代未経験から転職したい場合は準備が大切になります

Webマーケティング職に限った話でも、仕事内容は様々です。例えばSEO(検索エンジン最適化)やGoogle広告運用、SNSマーケティング、アフィリエイトなど多岐にわたります。また近年はSNSアカウント運用のニーズが高まっており、そうした企業はユーザー世代と近い20代の第二新卒採用に積極的な企業も存在します。

こうした傾向から、中途採用者に対してこれまでの実績や若さを重視している企業が多いと言えるでしょう。

Webマーケティング業界について

転職市場の具体的な内容に入る前に、業界についておさらいしておきましょう。Webマーケティングは、Webサイトやアプリを通じてユーザーに対して集客や購入促進のための施策を立案、実行する仕事です。

世界的に見るとGoogleやAmazon、Facebook、TikTokなどがWebサービスの代表的な企業です。国内ではサイバーエージェントや楽天、電通や博報堂、セプテーニやオプトなど大手広告代理店が代表格でしょう。

また、スマートフォンの普及に伴い、アプリや動画、AIなどを駆使して、多種多様なマーケティング施策が実施されています。その需要の伸びに伴って業界全体は拡大を続けています。パソコンがあれば始められる業務も多く、新規参入をする企業やスタートアップが多い点もこの業界の特徴です。

Web業界の主なビジネスモデル

Webマーケティングは、Webサイト(アプリも含む)を通じて行われる商業活動をサポートする仕事です。そのため、ビジネスモデルによってマーケティング手法も変わります。

Web業界のビジネスモデルは4種類に大別されます。

1つ目が広告モデルで、サイト内に広告を掲載して収益を得ます。GoogleやInstagram、YouTubeなどが代表的な例です。

2つ目が物販モデルで楽天やAmazonなどのECサイトがあたります。

3つ目がサブスク型で一定額の料金で継続してサービスを提供します。NetflixやSpotifyなどが代表的です。

4つ目がマッチング型でメルカリやAirbnbなど個人同士のニーズを引き合わせるサービスを指します。

Webマーケティング職の転職市場

Webマーケティング職、いわゆるWebマーケターの転職市場について考えてみましょう。スマートフォンの普及やSNSの隆盛から、この市場からは高いニーズが感じ取れます。市場の趨勢や将来性、企業の採用意欲などを多角的に検討します。

Webマーケティングの転職市場は伸びている

総務省発行の白書「情報通信に関する現状報告の概要(令和4年版)」の「放送・コンテンツ分野の動向」を見ると、Web広告の伸びは顕著です。伸びは年々加速しており、企業におけるインターネット広告費の投資モチベーションの高さがわかります。今後しばらく衰えることはないでしょう。

ネット広告の出稿が増えるということは、比例してWebマーケターのニーズも高まるということです。つまり、Webマーケティングの人材採用マーケットは、まだまだ伸びる将来性のある職種と考えられます。

企業も採用意欲が高い職種

急速なインターネット需要の拡大に伴い、Webマーケティングを含むデジタルマーケティング業界自体の採用意欲が高まっています。

近年、大学において情報システム系学部が次々に創設されているのをご存じでしょうか? その背景には、企業ニーズへ応えるべく人材供給の役割を果たそうという意欲が見て取れます。

マーケティングとひと言でいっても、その職種は営業、ディレクター、ライター、デザイナー、プログラマーと多岐にわたり、それぞれ多様な人材が求められています。

30代未経験でWebマーケティング企業に転職する条件

需要が伸びているWebマーケティング企業ですが、実績のない30代未経験者が転職するために必要な条件はなんでしょうか。 ここからは求められるスキルや仕事内容、求人情報や得られる年収について、具体的な例を踏まえて紹介します。

即戦力を求める求人がある

Webマーケティングの仕事は、売上を伸ばすための施策を考え、PDCAを回して結果を出していくというものです。

Webマーケティング職は売上に直結する職種で、実績を重視される傾向にあります。未経験者だと実力を証明する材料が乏しく、スタートラインから不利な状況に置かれるでしょう。

Webマーケティング職は「すぐに結果を出してほしい」という企業側の事情もあり、即戦力を望む求人が多いといえます。求人情報に「即戦力」と書かれている場合は、応募しても書類選考で落とされるかもしれません。

未経験で事業会社(メーカー)への転職は難しい

Webマーケターとしての就職を考えたとき、最初にイメージするのは自社のWebサービスを持つ会社ではないでしょうか。事業会社であれば直接、戦略立案に関われるうえ、規模の大きい会社が多いのが特徴です。

しかし、このような会社は求人そのものの数が少なく、あったとしても即戦力を求める傾向が強いといえます。

従って、未経験者の場合は、代理店からのスタートをお勧めします。代理店とは、顧客である事業会社へWebマーケティングの支援をし、事業戦略をサポートしながら業務を行う会社です。

具体的にはWebコンサルティング会社が挙げられるでしょう。代理店の方が大小さまざまで、求人数も多く事業会社よりも未経験者を受け入れられる環境下にあります。

全くWeb業界の知識が無い場合、転職は難しい

Webマーケティング職は未経験者でも受け入れているとはいえ、Web業界の知識が全くない場合、転職は難しいでしょう。

未経験者を受け入れるには社内教育が必要です。20代であれば個人のポテンシャルで採用されるかもしれませんが、30代を越えると前職の経験を重視して、社内教育の負荷を低減したいと考えるでしょう。

Webマーケティングの仕事の経歴がなくとも、前職でWebに関連した業務を経験していれば転職がうまくいく可能性があります。経験がないときは、転職の準備段階からWeb業界の勉強をしっかりとして、備えておくようにしてください。

未経験の場合、年収は下がる可能性がある

未経験は、異業種からの転職を意味します。転職市場において、未経験者としての就職は収入の低下を招く可能性が高いといえます。スキル重視のWeb業界であればなおさらです。

現在給与水準の高い会社に勤務している方は年収の低下幅が大きくなる可能性があります。自分の人生設計を踏まえた上で転職活動に臨みましょう。年収が下がっても生活できる蓄えがあるかも考えてください。

Webマーケティング職の求められる人物像

Webマーケティング職の求人例を、事業会社と代理店に分けて確認してみましょう。どちらの会社もWebマーケティングにおける施策を実施するという点では同じですが、事業会社はひとつのサービスをじっくり育て、代理店はさまざまな会社の案件を横断して取り組みます。

事業会社のWebマーケティング職

事業会社のWebマーケティング職は、転職サイトに多くの案件が上がっています。

事業会社の求人は、自社Webサイトのコンテンツについて、企画から販売までトータルでの立案・運用を求める傾向が強いといえます。事業成長のために、Web運用ノウハウを持っている人やリーダーとして事業展開をできる人など、Web業界の深い知見を持つ人を求めています。

ほとんどの案件で、30代は経験者を即戦力として求めていて、30代の未経験者をターゲットとする案件はあまり見られません。

代理店でのWebマーケティング職

コンサルティング会社やSIerなど、代理店による求人は、スタートアップに近い会社によるものも多いといえます。Web広告の仕組みを一から教える研修システムを備える会社もあります。

従業員の平均年齢が20代の会社も多く、Web業界未経験者もチャレンジしやすい求人も存在します。

代理店は支援会社とも呼ばれ、事業会社の業務やプロジェクトを支援する存在です。顧客となる事業会社は、特定業種に特化していることは少なく、さまざまな業種の仕事に関われるでしょう。

30代未経験でもWebマーケティング職に転職するための準備・行動

Webマーケティング職は、今後ますます業界の拡大が期待できます。しかし、これまで見てきたように転職の壁が高いことも事実です。30代未経験者で飛び込みたいときは、転職に向けた準備と行動が必要です。

なぜ、Webマーケティング職への転職したいのかを整理する

転職活動の準備としてやっておきたいことは「なぜ、Webマーケティング職へ転職したいのか?」を整理することです。Web業界ではスキルや実績を重視されます。面接で夢ややりたいことだけを語っても、企業側を納得させられないでしょう。

Webマーケターになってからやりたいことは、これまでの自身の実体験に紐づけると説得力を持つことができます。これまでの実務に基づいて自分のスキルをアピールし、今後どのように業務で活かしたいかを語ると採用される可能性が高まるでしょう。そのためには自分の業務経験、職務経歴を棚卸しする必要があります。

履歴書、職歴書にPRする

転職活動で避けて通れないことが、履歴書および職歴書の作成です。マネジメント経験やプロジェクト管理力など、アピールできるポイントがあれば書きましょう。自分のブログやSNSの運用経験などもアピール材料として使えます。

Webマーケティング職といっても、企画・分析職だけではなく、営業系の職種もあります。営業系の求人に申し込むときは、これまでの営業実績が立派な職歴となります。

Web業界の勉強を自身で行う(資格・スクール)

転職成功率を高めるためにも、Web業界の勉強や資格取得に積極的に取り組みましょう。Webマーケターとして活動する場合資格の取得やスクールに通うこともおススメです。

例えば「Web解析士」「SEO検定」などのwebマーケターが取得をすることで転職活動を有利に進められる可能性があります。勉強方法としては、本の購読やオンライン講座などがあります。

求人サイトでWebマーケティングの職種を調べる

自分が培ってきた社会人としての職歴を棚卸しできたら、それをベースに求人サイトの案件を調べましょう。

代理店での業務の場合、業務内容は多岐にわたります。SEOやSNS運用、リスティング運用など、事業会社の業務形態に応じてさまざまです。自分の目指すべき方向性を軸に、応募する案件を精査しましょう。

転職エージェントに相談をする

自分のスキルやできることを、客観的に判断することは難易度が高いといえます。

面接に臨んだとき、思わぬ質問に面食らってしまうかもしれません。そうしたアクシデントを防ぎ、自信を持って転職に取り組みたければ、転職エージェントに相談することが得策です。

転職エージェントは転職の専門家であり、第三者の目線で自分を評価してもらえます。足りていないスキルや経験、目指す方向性を指摘されるだけでなく、自分では気づかなかった可能性を発掘できる可能性もあります。

まとめ

Webを活用したビジネスは拡大していて、今後も伸びていくことは間違いないでしょう。それに伴いWebマーケティング職の需要は、伸びる一方だと考えられます。

求人サイトを見ると、Webマーケティング職の求人においては、30代未経験者に対するニーズも少なくはありません。ただし、職を求める需要は増していて、未経験者の中での競争は激しくなるでしょう。

そこで重要になることが、企業が求める人材像の分析です。自身のスキルや経験の棚卸しをしていきましょう。

SNSでもご購読できます。