未経験の30代女性でも諦めないで!高い転職難易度を乗り越える方法

本記事にはプロモーションが含まれています。

30代女性の転職難易度や具体的な転職方法について紹介しています。また「30代の女性が転職を考える理由」や「30代の女性が抱える仕事や転職への不安」「転職に成功した方の成功談」についても解説していきます。

目次

30代女性の転職難易度と転職方法

30代になると、女性は結婚・出産・育児といったライフイベントを意識したキャリア選択や転職活動をしていかなければいけない方も多いです。

ですが「30代から未経験の仕事にチャレンジしたい方」や「出産を控えている・育児をしながら転職を検討している方」の中には「私の場合どうやって転職していけばいいのかな?」と気になっている方もいると思います。

そのため、まずは「未経験の職種へチャレンジする方法」「出産や育児を控えている方」など転職を考えている30代女性に向けて、それぞれの状況に合わせてどのように転職活動をしていけばいいかについて紹介していきます。

未経験の職種へチャレンジする場合

30代女性が未経験の職種へチャレンジする場合の転職難易度は高くなりますが「どのような職種を選ぶのか」「スキルや経験との親和性のがあるかどうか」によって転職難易度は変わってきます。

例えば、未経験の職種へチャレンジする場合でも事務職や販売職、Webライターであれば30代未経験からでも転職できる可能性は十分にあり、人材営業のように特定の業界の専門知識や経験があれば未経験からでも採用している職種もあります。

そのため、未経験の職種へチャレンジしたい場合には転職活動を始める前に、以下のポイントを押さえた上で転職活動を進めていくことが大切です。

  • どんなキャリアを歩みたいのか明確にする
  • キャリアの実現に必要な職種を調べる
  • スキルやキャリアの棚卸しや自己分析をする
  • 希望職種への転職に必要なスキル・経験を調べる

また、未経験歓迎の求人や幅広い職種の求人を豊富に取り扱っているマイナビエージェントdodaといった転職エージェントを活用していくことも、未経験の職種への転職をするためには有効な手段となります。

経験のある職種へ転職する場合

経験のある職種で年収アップやキャリアアップ、働き方を変えるために転職を考えている場合には「リクナビNEXTリクナビNEXT」や、ハイクラス向けの求人を取り扱っている「ビズリーチ」を活用していくのがおすすめです。

年収アップやキャリアアップがしたい場合には、既存のスキルや実績の有無が重要になってきますが、同時に希望に沿う求人を多く取り扱っている転職エージェントを活用することも効率的に希望の求人を探すためには必要になります。

また、年収アップやキャリアアップ目的で転職活動を行う場合は、ライフプランとキャリアプランを考えてからキャリア選択をすることが重要なので転職活動を始める前に考えておくようにしましょう。

もし「ライフプランやキャリアプランを一人で考えるのが大変」という方は転職エージェントやキャリア相談サービスを活用すると効率的に情報整理や自己分析ができるので必要に応じて活用していくのもおすすめです。

そして、転職を考えている場合には「働きながら転職をするか」「辞めてから転職をするか」で悩む方もいるかもしれませんが、それぞれメリット・デメリットがあるため情報収集をして自分に合った方法で転職活動を進めていくようにしましょう。

出産や育児を控えている方が転職したい場合

出産や育児を控えている方の中には「今の会社では産休や育休を取りやすい環境ではない」「残業が多くて体に負担がかかる可能性がある」という理由から転職したいと考えている方もいると思います。

ですが、出産や育児を控えている方の転職では「転職後すぐに産休や育休をとるのではないか?」「産休や育休で代理の人材を探す手間がかかる」と企業にとってのデメリットが付き纏うため転職の難易度は高くなってしまうのが現実です。

もし出産や育児を1年以内に控えているのであれば可能な限り転職をせずに、今の会社でどうにか仕事量や残業時間の調整ができないか人事や上司に相談して体制を整える選択を検討する必要でてくるでしょう。

また「将来的に出産や育児をする予定だけど1年〜2年以上は働ける」方は、女性が働きやすい環境を整えている会社を探して転職活動をすると、出産や育児が必要になったときにもスムーズに産休・育休がとりやすくなるのでおすすめです。

育児中に転職がしたい場合

現在は育児中だけど「今の会社だとどうしても子育てと仕事の両立がしづらい」「年収的にもっと稼がないと生活費や教育費の捻出が難しい」などの理由で転職を考えている女性も多いです。

もちろん、パートナーに稼ぎがあれば金銭的な余裕はあるかもしれませんが、シングルマザーやパートナーの稼ぎが心許なければ、女性も家計を支えるために働いて稼いでいく必要あります。

育児中に転職がしたい場合には「女性が働きやすい企業を探す」「フレックスや時短制度があって育児中の女性でも柔軟に働ける職場を選ぶ」など育児中の女性でも働きやすい職場を選ぶことが転職時のポイントです。

また、年収アップを目指したいと考えている場合には、自身のスキル・経験や市場価値によっては年収アップが難しいケースもあるため、転職する際には自身の適正年収を把握しておくようにしましょう。

採用百科事典
採用百科事典
女性が転職活動を行う場合には、マイナビエージェントdodaといった女性向けの求人を中心に取り扱っている転職エージェントの活用がおすすめです。女性向けの求人を取り扱うエージェントであれば、女性に寄り添ったキャリアの悩み相談や転職に関するアドバイスなどの転職支援を受けることができるでしょう。

30代女性の主な転職理由7選

  • 残業が多すぎる
  • 仕事内容に対して不満がある
  • 給料(年収)が割に合っていない
  • 出産・育児のために働き方を変えたい
  • 会社の人間関係に対してストレスを感じた
  • 将来のキャリアの実現ができないと感じた
  • 新しい業界・仕事にチャレンジしてみたい

30代になると将来のキャリアや働き方だけではなく、結婚・出産・育児も考慮して働かなければいけない方も増えてくるため、ライフイベントを転機に転職して働き方を見直す方は多いです。

また、転職理由の中には年代に関わらず「ワークライフバランスのため」「給料や待遇に対する不満がある」「仕事内容に対する不満がある」「人間関係に対するストレスを感じる」などの転職理由も挙げられます。

30代女性の転職難易度は希望職種や経験によって変わってきますが、ライフイベントや希望を考慮して、より働きやすい環境が整っている企業への転職を考える方が多いです。

30代の女性が抱える転職の悩み・不安

30代になると仕事や転職など様々な不安や悩みを抱えている方も多いです。本項では、30代の女性が仕事や転職に対して抱える悩みや不安についてケース別で紹介します。

結婚したらスグ退職すると思われてしまわないか

30代で未婚(独身)の女性で結婚の予定がある場合には「結婚を気に寿退職してしまうのではないかと思われて転職が不利になるのではないか」と不安に感じている方もいます。

ですが、本人が寿退職をしたいと感じている場合を除けば結婚しても仕事を続けている方は多く、将来のキャリアプランや働く意志を明確に示しておけば結婚が転職で不利になる可能性は低いので安心して良いでしょう。

一方で、結婚の予定があって1~2年以内に寿退社をする可能性がある場合、寿退社も考えていることを伝えてしまうと企業にとってはリスクになり転職活動では不利になるため注意しましょう。

結婚後の退職について聞かれた場合、結婚しても仕事を続ける意志表示をすることや寿退職を考えていても実際に結婚してみないとわからないことが多いので採用面接のタイミングでは明言しないことが大切です。

出産・育児で会社を辞めると思われてしまわないか

30代女性で結婚している方の中には、転職活動の際に「出産や育児で会社を辞めてしまうのではないか?」「転職後すぐに産休や育休をとってしまうのではないか?」と思われて転職活動が不利にならないか不安に感じる方もいます。

特に、現在妊娠している方や1年以内に妊娠・出産を考えている場合には、入社しても半年~1年程度で辞めてしまう可能性があると思われてしまうため、転職が不利になる可能性もあります。

退職しなかったとしても半年~1年程度で産休・育休を取得して、職場復帰までに1年~1年半程度かかってしまうことを考えると企業側の採用メリットが少ないため採用される可能性が低くなってしまいます。

現在妊娠している方や1年以内に妊娠・出産を考えている方の転職は難易度は高くなってしまうため、働きながら中長期的に転職活動を行なっていき、場合によっては今の職場で働き続けることも視野に入れておくようにしましょう。

産休や育休で周りの人に迷惑をかけてしまわないか

結婚をして子供が欲しいと考えている方の中には「出産や育児のために産休・育休をとってしまうと職場に迷惑がかかってしまうのではないか?」と感じてしまう方もいます。

また、職場で産休や育休が取りづらい雰囲気があったり、実際に産休や育休をとった人に対して不満を言っている社員がいたりすると「迷惑がかかってしまうからどうしよう」と不安に感じてしまう方も多いでしょう。

ですが、実際に産休や育休を取得する人に対して不満を言っているのは一部であり、産休や育休の取得は会社に所属して働く上での権利となっていて該当する人であれば誰でも取得できるものなので必要以上に不安に思う必要はありません。

もちろん、産休や育休を取得する場合には周りの方に負担をかけてしまうことになるため、できる限りの謙虚さと感謝の気持ちは忘れないことがお互いに気持ちよく働いていくためには必要です。

スキルや実績がないと転職ができないのではないか

転職を考えているけどアピールできるほどのスキルや実績がない方は「スキルや実績がないと転職できないのではないか?」と不安に感じている方も多いです。

PCスキルなど業務上で最低限必要になる知識やスキルがない場合の転職難易度は高いですが、実績がなくても未経験からでも可能な求人であれば採用してもらえるケースもあります。

その他にも、事務職のような明確な実績が示しづらい場合には経験年数や資格でスキルを判断するケースも多いため、経験があれば転職できる可能性は十分にあるでしょう。

ですが、スキルの有無は多少なり転職活動にも影響するため、スキルに自信がない方は希望する職種で必要なスキルの習得を優先したり、資格を取得してスキルを客観的に証明できるようにしておくのがおすすめです。

また、スキルや実績がないことで正社員への転職が難しいと感じた場合には、パートや派遣社員から始めて正社員登用を目指す方法もあるので、まずは転職エージェントに相談してみるのが良いでしょう。

経歴・職歴にブランクがあることで不利にならないか

結婚や出産を機に退職した方や育児のために仕事を休んでいた方の場合、経歴にブランク(空白期間)があることで転職が不利にならないか不安に感じている方もいます。

経歴にブランクがある場合には「経歴書に記載されている経験やスキルが低下していないか」「最新の業界の動向や技術に関する知識について来られるか」など、懸念点が出てくるため転職難易度は高くなってしまうのが実情です。

特に、出産や育児で仕事をしていない期間が長かったり、パートで働いていても前職や希望する職種との親和性がない場合には、実務レベルが低下している可能性があるため、企業でも採用するかは慎重に判断されることも多いです。

ブランクがあって転職活動をしている方は、正社員だけではなく派遣社員や契約社員として働いて感覚を取り戻しながら、スキルや知識のアップデートをした上で、正社員転職を目指していくことも検討すると良いでしょう。

30代女性が転職を考える上で意識してほしいポイント4選

  • 希望する職種と身につけるべきスキル
  • ライフイベントに対する自身の考え
  • 産休や育休前後の具体的な働き方
  • 今までのキャリアと将来のキャリアプラン

30代の女性が転職やキャリアについて考える場合には、今までのキャリアの棚卸しや将来のキャリアプランについて明確にしていくことが重要です。

また、希望する職種が未経験のものであれば必要になるスキルにはどのようなものがあるのか、転職を有利に進めていくために有効な資格はあるかどうかを事前に把握しておくことも転職を上手く進める上で大切なポイントになるでしょう。

その他にも、結婚・出産・育児のライフイベントに対する自身の考えや具体的な方針、産休や育休を取得する前後の具体的な働き方も意識しておくことで、転職活動の軸やキャリアプランを決めていく際にもスムーズに考えることができるでしょう。

30代女性はライフイベント込みのキャリア選択が必要

30代女性が転職する場合には、今後のライフイベントを考慮したキャリア選択が必要になるため、自身の希望や理想のキャリアを考えるときには、しっかりとライフプランも考えておきましょう。

特に、結婚・出産・育児は30代の女性にとって重要なライフイベントであり、キャリアや働き方にも大きく影響するので、自分なりにある程度プランを立てておくと、より現実的なキャリア形成をしていくことにつながります。

キャリアプランを立てる場合には、自己分析やライフプランニングも必要になるので、具体的なプランの立て方がわからない方は、キャリアコンサルタントやファイナンシャルプランナーに相談をしてみるのがおすすめです。

プロに相談するとお金はかかってしまいますが、プロを頼ることで客観的な視点からのアドバイスを受けることができて、より希望に沿ったプランを効率的に立てていくことができるので積極的に活用していくようにしましょう。

30代女性の転職における企業選びのポイント

30代女性が転職をする場合には、ライフイベントを考慮したキャリア選択が必要だとお伝えしましたが、転職活動においては企業選びも重要なポイントになります。

特に女性が働きやすい環境の有無や産休・育休の取得のとりやすさ、育児中でも柔軟に働けるかどうかは企業によって大きく変わるため、企業を選ぶ際には必ず確認しておいたほうが良いポイントです。

他にも30代の女性が転職をする場合に、自分にとって働きやすい企業を選ぶためのポイントには以下のようなものが挙げられます。

30代女性の転職における企業選びのポイント

ワークライフバランスがとりやすいかどうか
-残業時間・休日の日数・フレックス制度・リモート勤務の可否 etc..

希望のキャリアを実現できるかどうか
-仕事内容が希望に沿っているか・キャリアアップができそうか etc..

希望の年収を取得することができるかどうか
-業界や職種の平均年収と比較してどれくらいか・評価制度はしっかりとあるか etc..

産休・育休の取得や職場復帰がしやすい環境かどうか
-産休や育休の取得状況・男性の産休や育休の取得実績の有無 etc..

30代女性が転職をするの企業選びでは「ワークライフバランスのとりやすさ」「希望のキャリアや年収を実現できるか」「産休・育休などの福利厚生が整っているかどうか」といった要素が特に重要なポイントとして挙げられます。

転職活動において、企業の情報を確認する方法としては、求人情報から見分ける・転職エージェントに確認する・口コミサイトで検索する・面接で判断する方法がありますが「本当に環境が整っているのかな?」と疑問に感じる方もいると思います。

本当の意味で女性が働きやすい環境があるかどうかを見分けたい場合には「安全衛生優良企業マーク推進機構」で「ホワイトマーク」「くるみんマーク」「えるぼしマーク」に該当する企業から探してみるのも良いでしょう。

30代の女性が転職するのにおすすめの職種

30代女性がライフイベントや将来のキャリアを考えて転職をする場合におすすめの職種には以下のようなものが挙げられます。

未経験からチャレンジするのにおすすめ

不動産の賃貸仲介営業職

賃貸の仲介営業であれば未経験からでも募集をしていることが多い

生命保険営業

未経験者採用や地方採用もしており、地域密着型で働ける

無形商材の営業職・広報

転職難易度は高いが経験を積めばキャリアの幅が広がる

ワークライフバランス重視の方におすすめ

営業事務などの事務職

事務職ではPCスキルがあれば未経験でも採用していて安定して働くこともできる

Webライター・動画編集者

経験を積めば在宅ワークやフリーランスとして働くこともできる

Webデザイナー

スキル習得が必要だが経験を積めば安定して働いていくこともできる

上記以外にも未経験の方でもおすすめの職種やワークライフバランスを考えたときに働きやすい環境を作りやすい職種はたくさんあります。

どの職種もメリット・デメリットがあるので自身の希望のキャリアや働き方が実現できるかどうか、実際に求人がどれくらいあるのかは事前に確認して、必要に応じて転職エージェントを活用して相談していくと良いでしょう。

30代の女性で転職に成功した体験談

30代の女性が転職に成功した体験談について口コミサイトのオープンワークやヤフー知恵袋を参考にいくつか紹介していきます。

自身の経験や強みを活かせる仕事を選んで転職に成功

20代でずっと同じ仕事で経験を積んできたので、新しい仕事にチャレンジしてみようと思い転職活動を始めたのですが、経験がないとどうしても転職活動が上手くいきませんでした。

ですが、転職エージェントに相談して自分のやりたいことの中でも今までの経験や強みを活かせる仕事を中心に探し始めたら、以前に比べて書類選考も通過しやすくなりました。

また、自分の経験があることもしっかりとアピールできたため面接も上手くいき、無事に希望する仕事ができる企業に内定をもらうことができました。

転職前に産休・育休がとりやすい環境の会社を選んだ

今まで広告代理店の営業として働いていたのですが、その職場が残業時間も多くワークライフバランスが取りづらい環境でした。

ですが、将来のことを考えたときに今の環境だと仕事と子育ての両立が難しいのではないかと感じることが増えてきたので、広告代理店の経験を活かしてマーケターとして働くために転職をしました。

転職先は女性の割合が大きくて産休や育休を取得している方も多い職場で、私自身が出産や育児が必要になったときも協力してもらうことができたのでよかったです。

出産・育児後に転職して仕事に復帰できた

私は家事や育児に専念するために出産した時に会社を辞めていて、子育ても落ち着いてそろそろ働こうと考えていたのですが、数年のブランクがある状況で転職ができるのか不安でした。

実際に転職サイトで応募してみても書類選考で不合格になってしまって、どうしようと考えていたときに一人では難しいと感じて転職エージェントを利用してみました。

転職エージェントは初めてだったのですが、私の状況を説明して相談したら親身に相談に乗ってくれたり、いろんなアドバイスをしてくれたことで無事に営業事務として転職することができました。

30代の女性が転職に成功した体験談では「経験や強みを活かせる仕事を選んだら上手くいった」「産休や育休がとりやすい会社へ転職して協力してもらえた」「転職エージェントに相談したことでブランクがあっても転職できた」というものがありました。

転職エージェントを活用することでキャリアや転職に関する悩み相談ができたり、希望に沿った求人の紹介や面接のアドバイスなどの転職支援もしてくれるため、転職活動の際にはエージェントは積極的に活用していくと良いでしょう。

採用百科事典
採用百科事典
女性の転職に関する相談や女性向けの求人を探したい方は、女性の転職に強いエージェントを活用していくと良いでしょう。女性の転職に強いエージェントにはマイナビエージェントdodaがあるので、まずは一度どんな求人があるか確認してみると良いでしょう。

女性の転職で30代から求められるスキル

20代と30代では転職市場において求められるスキルは変わっていき、希望する職種によっては高いスキルや実績を求められることもあります。

特に、キャリアアップや年収アップのために転職をする場合には年収に相応するスキルが求められることも多いので、具体的にどのようなスキルが求められるようになるのかについて見ていきましょう。

30代前半から求められるスキル

30代前半になると転職市場において求められるスキルレベルの中では「即戦力として業務を遂行していくだけのスキルがあるかどうか」が評価としての優先度は高くなります。

具体的には「経験のある職種において即戦力として仕事を進めていくことができるか」「今までの経験やスキルを活かしてチームと円滑にコミュニケーションをとって仕事を進めていけるか」が重要になってくるでしょう。

未経験の職種にチャレンジする場合にも「周りと円滑に仕事を進めていくためのコミュニケーション能力」や「新しい仕事へ適応する能力や柔軟性」「必要な知識やスキルを習得するための努力」を求められることも多いです。

経験者の場合は業務遂行能力や実績を中心にアピールしていき、未経験者でも汎用性の高いスキルや今までの経験と、希望する職種の親和性を意識してアピールしていくと面接でも良い印象を与えることにつながるでしょう。

30代後半から求められるスキル

30代後半の女性の場合には、仕事を進めていく中で「主体的にPDCAを回して成果に結びつけること」「管理職としてまとめていく能力(チームマネジメント)」が求められることも増えてきます。

また、経験者の場合には即戦力となるスキルや実績の有無以外にも、企業にどれだけ貢献できるのかも採用基準となることが多く、30代前半よりも求められるスキルや経験のレベルは高くなってきます。

そのため、未経験の職種へチャレンジしたい場合の転職難易度は30代前半よりも高くなることが多く、未経験歓迎の求人数も減ってしまうのが実情です。

30代後半の女性が未経験の職種への転職を考えている場合は、派遣や契約社員で業務経験を積んだ上でステップアップして正社員を目指すことも視野に入れるようにしましょう。

30代の女性が転職を成功させるために必要なこと

30代女性が転職をする場合にはライフイベントを考慮したキャリア選択が必要になますし、年齢を重ねるにつれて転職難易度は上がっていきます。

そのため「転職が上手くいかなかったらどうしよう」と不安に感じる方もいると思いますが、転職活動の際には以下のことを行うことで転職の成功率をグッと上げることにつながります。

30代の女性が転職を成功させるために必要なこと

  • ライフプランやキャリアプランを明確にする
  • 転職準備をして計画的に転職活動を進める
  • 懸念事項に対する考えをしっかり伝える
  • 転職エージェントを積極的に活用する

転職活動においてライフプランやキャリアプランは非常に重要な要素であり、転職の軸や希望条件もライフプランやキャリアプランで大きく変わってくるため事前にしっかりとプランを明確にしておくことが大切です。

また、転職活動を行う場合には「自己分析」「キャリアの棚卸し」「希望する条件の明確化」「具体的な転職活動の計画」などの転職活動に必要になる準備はしっかりと行なっていくようにしましょう。

他にも、30代女性に対して企業としても「出産や育児で会社を辞めてしまうのではないか」「転職後すぐに産休や育休をとってしまうのではないか?」といった懸念事項があり、面接でもライフイベントに関する質問がされる可能性はあります。

ですが、懸念事項に対する自分の考えを示した上で面接担当者野中の懸念点を解消することができれば逆に良い印象を与えることもできるので、懸念事項に対する自分の考えは明確にしてしっかりと伝えられるようにしていきましょう。

そして、転職活動を行う場合には転職エージェントを活用していくことで、キャリア相談や自己分析のサポート、希望に合う求人の紹介もしてくれて、効率的に転職活動を進めることができるので積極的に活用していくようにしましょう。

30代女性の転職におすすめのエージェント

30代女性の転職では目的に合った転職エージェントを活用していくことが、希望の求人を見つけて転職を成功させるために重要なポイントとなります。

特に、女性向けの求人や転職支援に力を入れているエージェントを活用すれば、ライフイベントや女性の悩みに寄り添って転職活動のサポートをしてくれるため、安心して転職活動に取り組んでいくことができるでしょう。

また、幅広い求人や未経験歓迎の求人を探したい場合には「大手転職エージェント」年収アップ目的で転職活動をしている方やキャリアアップを目指したい方は「ハイクラスの転職におすすめの転職エージェント」を活用していくのがおすすめです。

転職エージェントを活用する際には複数のエージェントを利用することでより希望に沿った求人を見つけやすくなるので、まずは2社~3社程度に登録して希望に沿う求人を紹介してくれるエージェントを優先的に活用していくと良いでしょう。

マイナビAGENT

20代の登録者数No.1!
全業界、職種の求人を網羅!IT業界や営業職の求人も多数

\ポイント/

  1. 20代など若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. メーカーエンジニア・営業職・金融系職種などの転職支援が得意
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

公式サイトはこちら

30代女性の転職でよくある悩みや質問

最後、30代女性が仕事や転職において抱える悩みや疑問に関する質問をまとめました。

質問)30代になると女性は転職で不利になると聞いたのですが本当でしょうか?

回答)30代の女性の場合にはライフイベントを機に退職してしまうことを懸念する企業もあるため、男性に比べたら多少不利になってしまう可能性はありますね。ですが、しっかりとライフイベントに対する考え方を伝えて懸念事項を解消できれば不利になることは少ないので安心してください。

質問)出産や育児を考えているのですが、その場合の企業選びで意識するポイントはありますか?

回答)出産や育児を考えている女性が企業を選ぶ際には「ワークライフバランスのとりやすさ」「希望のキャリアや年収を実現できるか」「産休・育休などの制度が整っているかどうか」を意識して探してみると良いでしょう。また、女性が働きやすい環境があるかどうかを見分けたい場合には「安全衛生優良企業マーク推進機構」で「くるみんマーク」「えるぼしマーク」に該当する企業から探すのもおすすめです。

質問)30代で新しい仕事にチャレンジしたいと考えているのですが、未経験からでもおすすめの職種はありますか?

回答)30代の女性でも未経験からチャレンジやすい「不動産の賃貸仲介営業職」「生命保険営業」「営業事務などの事務職」「Webライター・動画編集者」がおすすめです。また、転職難易度は上がりますが経験を積めばキャリアの幅が広がり安定して働ける「無形商材の営業職や広報」「Webデザイナー」も選択肢としては良いでしょう。

質問)女性のキャリアや転職のことについて相談したいと考えているのですが、誰に相談すれば良いのでしょうか?

回答)女性のキャリアや転職のことについて相談するのであれば。転職エージェントやキャリア相談サービスを活用するのがおすすめです。特に、女性向けの転職支援に力を入れいている転職エージェントやキャリア相談サービスであれば、女性ならではの悩みでも気軽に相談することができるでしょう。

参考:すべらない転職「【30代女性】スキルなしの転職は厳しい?資格なし未経験でも成功するには

SNSでもご購読できます。