スカウトマン(夜職)の採用・実態・仕事内容・求人情報まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夜(ナイトワーク)のお仕事に関係してくるスカウトマンについてまとめました。芸能界やスポーツ界でも人材発掘を目的にしたスカウトマンは存在しますが、今回は夜職のスカウトマンについて言及します。

スカウトマンとは

スカウトマンとは、女性にキャバクラ、デリヘル、ピンサロ、ファッションヘルスなど水商売や風俗店を中心に、アダルトビデオ・アロママッサージ店・デートクラブを紹介する職業です。キャッチと呼ばれることもあります。

これまで路上でのスカウトが主流でしたが、歌舞伎町など繁華街では路上キャッチと呼ばれる執拗な勧誘行為(スカウト)が問題視されるようになり、2013年9月に「新宿区公共の場所における客引き行為等の防止に関する条例」が施行され、路上スカウト行為が規制されました。大阪市や川崎市など主要都市でも同じように迷惑防止条例で客引きが規制され、違反者には罰則が規定されています。

そのため現在ではネットスカウトと呼ばれるスカウト方法もメジャーになりつつあり、ネットスカウト専門のスカウトマンもいます。ツイッターなどSNSで声をかける方法で、全国どこにいてもできる仕事なので、副業としてスカウト活動をする人もいます。

在籍スカウトマンとフリースカウトマン

スカウトマンは大きく「在籍スカウトマン」と「フリースカウトマン」がいます。在籍スカウトマンとはスカウト会社に所属しているスカウトで、スカウトバックが会社に抜かれるものの、集金担当が会社が担当してくれ、紹介できる店舗も会社経由で様々な店舗に紹介できるメリットがあります。主に未経験から始める方が在籍スカウトマンになります。

一方で、フリースカウトマンは契約金額を個人で交渉できるメリットがあるものの、契約店の新規開拓や集金業務を一人で対応しなければいけないデメリットがあります。主にスカウト歴が長い人間が独立するパターンが多いです。

スカウト会社について

スカウト会社と呼ばれていますが、正確には法人登記した会社(※)ではありません。様々なスカウト会社はありますが、頻繁に名称変更されるところもあるので、大手や老舗と呼ばれるスカウト会社は表面上は存在しません。

※一部は有料職業紹介事業を取得したクリーンな会社も存在しますが、そうした会社は法律上、風俗を紹介できません。逆に言えば風俗を紹介できるところは有料職業紹介事業の許認可を得ていない違法な組織と言えます。

大手スカウト会社になると、東京、名古屋、大阪、福岡に地域専門のグループを設けており、在籍人数は千人を超えます。北海道から沖縄まで日本全国に数千件の契約店舗があり、紹介先に困ることはありません。完全歩合で実力主義の側面が強いですが、一部では固定給制度や体験入社を導入している会社もあります。

どこのスカウト会社も通年募集しています。未経験から始められますが、とにかく人の入れ替わりが激しい業界なので福利厚生は入社祝い金、日払い、特別賞与、寮完備(無料)など手厚いのも特徴の一つ。

スカウト(キャッチ)の年収やアルバイト事情

日本全国に数千人のスカウトのアルバイトがいます。大学生やサラリーマンなど副業が多く、中には女性のスカウトもいます。スカウトの年齢層は10代後半から20代で占められており、高くても30代前半です。

トップレベルの年収は1千万円~2千万円クラスになります。幹部クラス(チームリーダー)になれば自分の部下の紹介手数料の数%が上司にもバックされるので、稼いでいる幹部は部下にエース級の人間が必ずいると言えるでしょう。

副業レベルでも月給100万円以上稼げる超高額アルバイトですが、安易に始める方も多いため離職率は激しいです。地道にコツコツ努力することが大切なアルバイトです。

スカウトマンの報酬システムは、主に「買取」と「在籍継続(永久バック)」の2種類に分かれています。買取とは、キャバクラなどに紹介した女性が入店後に一定期間(10日間)の勤務を達成した場合に紹介料が1度(数万円)だけ発生します。※女性のルックス次第で紹介料は変化します。

在籍継続(永久バック)とは、風俗店に紹介した女性が働き続ける限り半永久的に紹介料が発生し続けるシステム(1出勤に対して数千円程度)です。近年では1日だけの体験入店の場合でも1名1~2万円程度の報酬(体入バック制度)が発生する店舗が増えてきました。

ガールズバーやキャバクラの求人は普通の大手求人サイトでも掲載可能であり、スカウトを利用している店舗は少ないです。逆に風俗店や過激なガールズバー、過去に問題を起こした店舗、反社チェックに引っかかる店舗などは求人サイトに掲載できないため、求人募集のメインはスカウトに依頼することになります。

漫画『新宿スワン』を読むと新宿限定、渋谷限定といった地域によって縄張りがあるように書かれていますが、実際には縄張りはありません。

多くのスカウト会社は手渡しでお金を渡しています。近くの契約店の集金にいくタイミングで近くのアルバイトにも報酬が支払われます。地方になると稼いだ金額にもよりますが、数か月に一度の場合もあります。

基本的に社会保険料や税金を支払いたくないと考えている方が多いので、税務申告している方はほぼ皆無です。そのため本業の会社にバレることはありませんが、万が一の場合(例:18歳以下の女性を夜のお店に紹介した等)は捕まる可能性もあります。しつこい勧誘で警察沙汰にならないように注意しましょう。

正社員やアルバイトといった契約ではなく、あえていえば業務委託と同じような契約スタイルになります。ただし、どこのスカウト会社も雇用契約書(労働条件通知書)は持っていませんのでご注意ください。

スカウト(キャッチ)の仕事探し

大手であれば待遇は似たり寄ったりで大きな違いはありません。数名のスカウト会社もありますが、求人募集していないため気にする必要はありません。

バイトル・タウンワーク・マイナビバイトなど大手の求人サイトは利用規約でスカウトの求人を禁止しているため、ナイト系または風俗系の求人サイトで仕事探しをするか、ホームページから直接応募しましょう。

スカウト(キャッチ)の志望動機

特に志望動機は必要ありません。素直に稼ぎたいと話して問題ありません。面接では得意エリアがあるのか、どういった活動(路上もしくはネット)で女性を集めるのか質問されます。気になる方は面接時に入金方法や入金タイミングを確認することをおススメします。

まとめ

一攫千金の夢があるスカウト。二十代前半でも一千万円が稼げる夢のある仕事と言えるかもしれませんね。稼げるように頑張りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。