経理の採用・転職・仕事内容・求人情報・志望動機まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経理の採用・転職において基本的な仕事内容から仕事の評判・クチコミ・求人情報の探し方・志望理由の書き方をまとめました。

経理とは

経理とは企業活動で発生したお金を管理する人(職種)を指します。会社の活動を貸借対照表や損益計算書といった数字で表すことで会社の活動をサポートします。取引企業が多ければ多いほど煩雑になりがちな業務を支える縁の下の力持ちです。

一言に経理と言っても会社の業種や規模によって仕事の範囲が大きく異なります。経理は経理事務または経理総務と呼ばれることもあり、小さい会社であれば一般事務や総務労務と兼務して経理作業を担当しなければいけないこともあります。

経理の仕事内容

・経費精算や伝票入力
・帳簿作成や仕訳入力
・予算作成や原価計算
・月次決算や財務分析
・給与計算や年末調整
・見積書の作成や発注書の作成
・売上請求書の発行や入金確認
・領収書の発行や売掛金の管理
・年次・四半期・月次決算業務
・支払請求書の管理や財務諸表作成
・税理士や社労士への連絡や対応全般
・日次経理業務(伝票起票や債権債務管理)
・住民税・法人税・源泉所得税の対応全般
・金商法監査や上場審査対応
・資金管理業務や開示書類作成
・金融機関対応や税務申告業務
・有価証券報告書・短信決算書・任意開示資料の作成
・その他上記に付随する業務全般

経験者しか採用されないと思われがちですが、一般的な中小企業であれば簿記の知識も不要で、未経験からでも採用されるケースがあります。

経理での就職・転職を希望するなら即戦力としての実績(経験)が求められます。どちらかと言えば簿記1級の資格者よりも、資格はなくても会計事務所での経験がある方のほうが採用されやすい傾向にあります。企業によっては経理だけでなく、財務や会計の幅広い知識が求められることもあります。

最近は会計ソフトが普及したこともあり、一昔前のような紙での清算が減った一方で、会社が導入している会計ソフトの利用経験が求められるようになりました。請求フローやバックオフィスの業務効率化も評価されやすい経験です。

経理・会計・財務サービス一覧

・GAS(Google Apps script)利用経験
・クラウド会計ソフトfreee(フリー)利用経験
・クラウド経営管理ツールboard(ボード)利用経験
・クラウド人事労務ソフトSmartHR(スマートHR)利用経験
・クラウド人事労務ソフトウェアfreee(フリー)利用経験
・クラウド請求書・見積書サービスMisoc(ミソカ)利用経験
・請求書作成・管理クラウドMakeLeaps(メイクリープス)利用経験
・クラウド型企業向け顧客管理・営業支援ソフトウェアZOHO利用経験

経理の難しい点

日々の仕事は同じ作業が多いルーチンワーク業務が大半です。変化や刺激を求める人にはつまらないと思うかもしれません。

月末月初に作業が集中しやすいため、月末月初に残業が発生しやすい傾向にあります。

経費処理はミスが許されない仕事です。

また「営業が領収証をいつまで経っても登録してくれない」「部長が提出期限を過ぎてから忘れていた領収証を出してきた」といった人間関係の苦労が毎月続くので「辞めたい」「ツラい」「しんどい」といった意見もありました。

経理の仕事探し

リクナビネクストやマイナビ転職のような転職サイトや正社員サイトだけでなく、タウンワークやマイナビバイトといったアルバイトサイトにも多く掲載されています。複数の求人情報サイトをチェックしたほうが選択肢が広がります。

ある程度のスキルがあって係長・課長・部長クラス以上の正社員を目指すなら転職エージェント(人材紹介会社)を利用するのも有効です。管理部門に特化した転職エージェントや、経理に強い転職エージェントもあります。

経理は派遣や契約社員も求人も多く、上場会社や超有名な大手グループ会社も派遣や契約社員で募集されています。時給や日給も安くありません。リクナビ派遣やエン派遣なら未経験OKの仕事もたくさん掲載されています。

もしもしユーキャンやキャリカレなど通信講座で資格だけ取ったなら最初は派遣や契約社員で実績を積んでから正社員を目指すのも一つの方法です。

志望動機・志望理由・自己PRの例文テンプレート

志望動機の例文テンプレート、雛形、フォーマット、サンプルをまとめました。

前職はインターネット広告会社で経理事務を担当していました。売上10憶円の会社でしたが、約300社の法人取引の請求管理ならびに約100名の従業員の給与関連を上司(兼任)と2名で対応していました。現場の実務は私一人で対応していたため、幅広い経験を身に着ける事ができました。今後は経理だけでなく会計や財務の経験も身に着けたいと思い転職に至りました。

現在、東京都の小売業の会社に在籍し、売上5憶円の会社で経理を含めた事務作業全般を担当しています。従業員150名(アルバイト・パート含め)に対して経費精算や伝票入力、給与計算や年末調整を対応していました。また2019年からクラウド会計ソフトfreee(フリー)の導入にあたり経費処理の業務効率化に取り組んでまいりました。最初は現場からの配置転換で全くの初心者からでしたが、組織を支える重要な立場としてやりがいを感じるようになりました。しかし、重要な仕事は会社が契約している会計士や税理士が担当することも多かったため、今の会社ではこれ以上のスキルアップは望めない環境でした。次第に幅広い仕事に挑戦できる会社で働きたいと考えるようになり貴社を志望するに至りました。

まとめ

経理は30代・40代・50代といった年齢は関係なく採用されやすい専門職に近い職種です。またクラウド化が進んだおかげでリモートワーク(テレワーク)が可能になった職種でもあります。女性なら妊娠・出産・育児といった環境の変化が起きても続けられるので、今後は自宅勤務でも可能な仕事として経理を目指す人が増えるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。