Webデザイナーの仕事内容・やりがい・労働環境まとめ

本記事にはプロモーションが含まれています。

Webデザイナーは、具体的にどのような仕事を任されるのでしょうか?今回は、これからWebデザイナーを目指したい方向けに、仕事内容ややりがい、労働環境などについてご紹介していきます。

Webデザイナーとは

Webデザイナーとは、文字通り「Webサイトのデザインを行う」職種を指します。Webサイトは、簡単に説明すると以下のような流れで制作が進みます。

1、Webサイトの企画

主にWebプロデューサーやWebディレクターが担当します。制作するWebサイトの目的やターゲット層、機能などの仕様を決める段階です。外部から委託したものであれば、クライアントと打ち合わせを重ねて各項目を決定し、企画としてまとめます。

2、設計図の作成

ここからがWebデザイナーの出番です。Webディレクターと共に「ワイーヤーフレーム」と呼ばれるWebサイトの設計図を作成します。

3、デザインの作成

Webデザイナーが主に担当するフェーズです。前段階で作成した設計図の通りにデザインを図として作成します。

4、Webサイトの実装

デザインが完成したら、いよいよ実装作業です。Webデザイナーは、画像やアイコンを作成したり、HTMLやCSSを使ったコーディングを行います。

5、リリース(納品)・保守

Webサイトの全ての実装が完了し、チェックが済んだら一般公開されます。外部からの受託案件の場合には、クライアントへ納品して完了となります。

これ以降も、Webサイトの保守にあたっては、デザインの改修やサポートなどでWebデザイナーの作業が必要な場合もあります。この流れからもわかるように、WebデザイナーはWebサイト制作において大きな役割を果たす存在です。

Webデザイナーの仕事内容

Webサイトのデザイン

Webサイト制作において、Webデザイナーがまず行うのがやはり全体の構成、レイアウトを含めたデザイン作業です。まず、全体のボリュームを考慮しながらサイトの構成や大まかなレイアウトを設定していきます。

次に、サイトの色合いや装飾を決め、グラフィックソフトを使ってロゴやアイコン、画像などを美しくレイアウトし、実装した時の完成図のとしてデザインを作成していきます。

バナー、ロゴ、画像の作成

サイトに掲載する画像素材を作成するのもWebデザイナーの仕事です。画像処理ソフトを使用して、デザインに基づいたバナーやロゴ、背景画像などのグラフィックを作成、加工します。

コーディング

作成したデザインを元に、インターネット上でWebページとして正しく表示されるように書き出す作業がコーディングです。HTMLやCSS、JavaScriptなどを使ってページを実装していきます。

Webデザイナーのやりがい

Webサイト制作の大きな部分を担うWebデザイナーは、モノづくりのやりがいを感じることができる仕事です。最初に設定した目的やクライアントの要望に沿ったものを完成させることができた時の達成感は大きなものでしょう。

デザインのみならず、素材の作成やコーディングを経て、自らの手で一つの成果物が完成していくのを直に見ることができるので、モノづくりが好きな人には向いている職業です。そして、Webサイトがリリースされた後、ユーザーから大きな反響が得られれば、さらに製作時の苦労が報われた実感を味わうことができます。

また、Web制作技術は現在も発展しており、今後も新しい技術に触れる機会が多くあります。常に新しい技術に触れ、それを自らの制作物に応用できるのも、Webデザイナーの魅力です。現在ある技術だけでなく、新しく開発された技術をうまく使ってよりクオリティの高いWebサイトを制作することもできるでしょう。

Webデザイナーの労働環境

Webデザイナーと一口に言っても、会社員として働く場合、その労働環境は会社によって大きく異なります。基本的にIT業界は、夜型の企業が多く、フレックス制を導入している企業も多数あります。

そして、仕事の内容上、Webデザイナーは納期によって残業時間が多くなったり、休日出勤の必要も出てくる場合の多い職種ではあります。どうしても労働時間が長くなりがちな仕事ではありますが、残業の多い会社もあれば、定時終了が当たり前な会社もあり、あくまで会社の方針によるところが大きい、と言えます。

フリーランスとして働く場合は、決められた曜日、時間帯に出勤する会社員とは違い、仕事をする時間帯は割と自由に調整することができます。場合によっては、作業をしない日、2~3時間だけ作業をする日、長い時間作業をする日を作るなどの調整が可能ではあります。

Webディレクターなど、直属の上位職から直接の指示があるわけではないので、作業も自由に進めることができます。その反面、Webデザイナーとしての仕事の他に、顧客側の納期に合わせた調整や交渉なども自身が窓口になって行う必要があります。

Webデザイナーの需要

現在のインターネットは、企業紹介や人材募集、商品紹介やショッピングサイトなど、私たちの生活に直結するモノとなりました。

その窓口となるのがWeb画面です。 これは、街中で見る企業やお店の外観(デザイン)と同じ役割を果たします。インターネットを通じて会社やお店を調べた時、表示されたWeb画面で第一印象が決まりますよね。

常にインターネットの情報に触れている現代の私たちは、Webサイトの画面や作りを見るだけで、”興味”と”信頼性”を瞬時に判断しています。 外観がボロボロの会社よりも、洗練された受付を構える会社の方が”印象が良い”のと同じですね。

一昔前に求められていたWebデザイナーのスキルと、現在求められているWebデザイナーのスキルには、大きな違いがあります。

現在求められるWebデザイナーのスキルは「機能するWebデザイン」です。 企業ホームページに関しても、ショッピングサイトにしても、”インターネットからアクセス出来れば良いだけの時代”は終わりました。 今、Webサイトに必要な事は、そのWebサイトが”機能する”事です。

Webサイトに訪問するユーザーが興味を惹かれ、ユーザーが想像する以上にスムーズに目的を達成できる事です。更に重要なのは、Webサイトを提供してる側が意図する結論にユーザーを導く「機能的なデザイン」が不可欠であり、「機能的なデザイン」を提供できるWebデザイナーの需要は更に高まる事は間違いないでしょう。

Webデザイナーの将来性

もインターネット業界は発展を続けており、Webデザイン関連の仕事については今後もなくなることは考えにくいでしょう。 しかし、現状Webデザイナーとして仕事をしている人が、例えば数年後に順調にキャリアを築くことができているかと考えると、一概にそうとは言えません。

というのも、従来のWebデザイナーが行ってきたデザインの作成、コーディングなどのスキルは、Webの発展や豊富な情報の供給に伴い、習得しやすくなっています。 同じスキルを習得している人材が増加すれば、デザインやコーディングのみ行ってきたWebデザイナーの人材的な価値は相対的に低下してしまうと言わざるを得ません。

また、現在では子供の頃から当たり前のようにパソコンなどの電子端末に触れて、様々なITスキルを身につけた若い世代が次々と業界に進出してきます。このような状況やWeb技術の進歩の速さ、移り変わりを考慮すると、従来のままではWebデザイナーとして業界についていけなくなる可能性があります。

今後もWebデザイナーとして生き残っていくためには、Webの発展とともにこれから高まっていくであろうWebデザインの重要性に対応できるデザイン力が必要です。 現状のデザイナースキルに活かせる知識や技術をプラスアルファとして身につけていくと良いでしょう。

Webデザイナーに必要なスキル

前項で触れたように、これからWebデザイナーとしてキャリアを築いていくのであれば、ただ指定されたデザインを作ったりコーディングをしたりするだけでなく、より優れたデザイン制作のために、他の知識やスキルを習得しておくことが重要です。

Webデザイナーとして突出するには、制作するデザインによって本質的な課題を解決できる知識や技能が求められます。
例えば、マーケティングの知識があれば、よりユーザーの目を惹きつける、ターゲット層に刺さるようなデザインに活かすことができます。

医療や不動産など、扱う案件の多い業界の専門知識を身につけ、Webデザイナーとしての得意分野を作っておくのも良いでしょう。昨今では、スマホやタブレットの所有率が増加し、Webサイトがパソコン以外の端末で閲覧される機会もかなり増えました。

それに伴い、各デバイスでの閲覧、マウスだけでなくタッチでもストレスなく操作できるようなレスポンシブデザインに対応できるデザイン力が身についていると市場価値をあげることができます。

Webデザイナーの年収

会社員として働く場合、平均年収としては約360万円(月収30万円程度)となっています。 この年収額は、目安としてはSEOを意識したコーディングがある程度できるレベルと考えて良いでしょう。

他に、WordPressを自在にカスタマイズできる、JavaScriptもさくさく書けるなど得意分野を持つ事で、年収400万円から500万円も期待出来ます。フリーランスのWebデザイナーの場合には、営業や仕事の単価で左右されますが、一般的には300万円程度と言われています。

仕事の単価もある程度自分で設定でき、会社を挟まないため、手元に入る収入は増えますが、通信費など諸経費は自分で管理、支払いをしなければなりません。 継続的な受注がなければ年収200万円を切ってしまう場合もありますが、実績を積んでコンスタントに仕事を受けることができるようになれば、自分次第で年収アップを目指すこともできるでしょう。

SNSでもご購読できます。