2020年人材業界の話題やニュース振り返りまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年も残すところ4カ月になりました。人材ビジネス業界(求人広告・人材紹介・人材派遣・HR系)は、この1年間どんな話題・問題・出来事・ニュースが注目されたのか業界動向・業界分析の振り返りをまとめました。

※随時追加修正中。

2020年の雇用関連ニュースや話題の振り返り

新型コロナウイルスの流行に伴い、日本各地で様々なイベントが中止または延期され、一斉休校も実施されました。宿泊業・旅行業・観光業が大打撃をうける中、中国から部品をうけていた様々な工場も生産調整や稼働停止といった対応を迫られました。

コロナウイルス感染対策として、全国的に外出自粛要請やソーシャルディスタンスの実施を余儀なくされました。居酒屋やレストランなどサービス業や外食業界も営業休止や営業時間短縮といった措置をとらざるをえなくなり、国内の採用市場にも雇い止めが発生しました。

感染拡大を抑制するために自宅勤務でのリモートワーク(テレワーク)や時差出勤を推奨する企業が増えました。新卒採用ではリクナビやマイナビの合同説明会が中止され、インターネットを活用した企業説明会が実施されるようになりました。ウエブ面接・オンライン面接ツールの導入が一気に増えることに。

20年3月、全国求人情報協会に属するマイナビやリクルートキャリアなどは、自社の情報サイトで十分な就業体験が確保されない1日完結の「ワンデーインターンシップ」の廃止を表明。一方で、就業体験プログラムが担保される1日インターンについては「ワンデー仕事体験」などの名称に改めて掲載することを発表しました。

東京都を中心に仕事を失った人が食事宅配サービス(シェアリングエコノミー)のウーバーイーツの宅配員をする姿を見かけるようになりました。コロナ禍で自宅で過ごす人が増えたことから、デリバリー需要が激増。

20年8月、トランスジェンダーに配慮して性別欄のない履歴書を文房具メーカーのコクヨ株式会社が発売する方針であることが分かりました。主要メーカーの履歴書では初めての試みながら今後は履歴書の様式として標準化されることが予想されます。

数年前から盛り上がりを見せている給料ファクタリング貸金業で、闇金が増加。業者が「貸金ではなく債権譲渡」と謳っていても、貸金業法の登録が必要だと金融庁は正式な回答を述べています。給料前払いサービスを展開している株式会社ペイミーの今後の動向が注目されています。

20年9月、パソナが兵庫県淡路島に本社移転を発表。

採用・雇用関連の事件・不祥事

20年6月、ベビーシッターマッチングアプリ運営の株式会社キッズラインが、登録者による性被害を理由に一方的に男性登録者を排除したことに、保育現場における男性差別ではないかと、疑問や批判の声があがりました。

20年8月、厚生労働省による地方創生関連イベントで、委託先のパーソルテンプスタッフが現金を配りサクラを動員していたことが発覚。委託企業のパーソルテンプスタッフが外注管理していなかったことや、複数回実施されたセミナーにはサクラ率が90%を超えているセミナーもあったことが問題視されました。

20年8月、新卒採用に関する記事でパーソルキャリア株式会社はたらクリエイティブディレクターによる「そのままだと落とすけどどうする」発言が炎上。過去には採用面接で「2億円で片腕を切り落とせるか」などの発言があったことが就活生に暴露され合わせてプチ炎上。

大型倒産・上場廃止・事業再生・国内リストラ

スマートフォン決済サービスをおこなう株式会社Origamiは、1月にメルペイに会社を丸ごと売却すると発表しました。事実上の経営破綻で社員9割にあたるリストラも実行されました。

山梨県特化のフリーペーパーと求人サイトを運営している株式会社エールが、3月に資金繰りの悪化により自己破産申請にいたりました。

飲食業界専門の求人サイト「クックビズ」を運営するクックビズ株式会社は、8月に希望退職者の募集による50名(従業員の25%)の人員削減を明らかにしました。

地域情報誌「ぱど」や求人サイトを運営している株式会社ぱどは、5月に希望退職者の募集による100名の人員削減を明らかにしました。さらに追加募集として70名の希望退職者を募り総勢178名を削減することになりました。

株式会社ペッパーフードサービスは、7月に「いきなり!ステーキ」を114店舗を閉店し、希望退職者の募集による200名の人員削減を明らかにしました。またペッパーランチ事業を売却し、再建を図っています。

アパート賃貸大手の株式会社レオパレス21は、6月に希望退職者の募集による1000名の人員削減を明らかにしました。その結果、経理担当者が希望退職に想定以上に殺到してしまい決算再延期を発表しました。

20年3月、ステーキハンバーグチェーン店を展開している株式会社エムグラント・フードサービスが破産手続開始決定を受けました。創業社長の井戸実氏はロードサイドのハイエナとしてメディアに登場する機会も多かった経営者でした。

2020年の人材系の新規上場ニュース

02月07日 株式会社ジモティー(ジモティー運営)
03月06日 株式会社ウイルテック(機電系・建設系技術者派遣事業)
03月09日 株式会社フォーラムエンジニアリング(エンジニア人材の派遣事業・紹介事業)
03月13日 フォースタートアップス株式会社( スタートアップ企業が対象の人材支援サービス)

まとめ

世界規模のコロナ感染症の影響で東京オリンピックが延期。2020年はコロナ禍またはアフターコロナと呼ばれ、各社とも営業戦略を見直すターニングポイントとなりました。

求人広告掲載件数は4月以降に40%~50%減に推移。一方で、各社の第一四半期の速報では、人材派遣や人材紹介領域はコロナの影響を感じさせない会社もありました。しかし、アフターコロナの環境がいつまで続くのかは不透明で、楽観視できない状況が続きます。

コロナ禍でも巣ごもり需要を商機とした通販やデリバリーなど生活様式の変化を捉えた企業が利益を伸ばしました。漫画で大ブームを巻き起こした『鬼滅の刃』は今年を代表するヒット作品となりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。