30代おすすめ転職サイト・転職エージェント比較まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30代におすすめの転職サイトを分野別に分けて、何を使えば良いのかを転職のプロがご紹介します。また、転職サイトを上手く活用する方法や転職活動における注意点などもわかりやすく説明します。

30代におすすめの転職サイト【分野別】

転職サイトだけでなく、30代の転職ではキャリア相談・企業研究・応募企業とのやりとり・応募書類の添削・面接対策など、転職に関わるあらゆることをサポートしてくれる転職エージェントも合わせて利用すると転職を成功させやすいです。

そこで、30代の転職に役立つ転職サイト・転職エージェントをケース別に分類し、以下で紹介していきます。30代でさらに年収をあげたい人、労働環境を改善したい人は、求人を多く持っている転職エージェントに登録し、担当キャリアアドバイザーに希望を伝えて、求人を紹介してもらうと良いです。

例えば「年収600万円以上」「家族との時間を大切にしたいからライフワークバランスを保って働きたい」など、希望する年収と労働条件を詳しく伝えるようにすると良いですね。転職エージェントの他に、高収入の求人を多く保有している求人サイトも合わせて利用すると、自分の条件に合う求人を見つけやすいです。

30代で年収をあげたい人、労働環境を改善したい人は以下の3社がおすすめです。3社の中でもリクルートエージェントとビズリーチを登録することをおすすめします。

リクルートエージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している国内最大の定番エージェント

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントで、高年収な求人からライフワークバランスを保って働ける求人を豊富に保有しています。

実際にリクルートエージェントで「年収600万円以上」と検索をかけてみたところ、2020年2月時点で公開求人が約76,140件、非公開求人が約90,820件ありました。

業界内でも圧倒的な求人数で、幅広い業界・職種の求人を保有しているので、年間休日120日以上の求人や転勤なしといった働きやすい企業と出会える可能性に高いです。年収をあげたい、労働環境を改善したい人、どちらにもおすすめの転職支援サービスなので、登録することをおすすめします。

ビズリーチ

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

ビズリーチは年収600万〜1500万円の求人を多く保有している転職サイトです。2020年2月時点で公開求人を約127,000件保有しています。取り扱っている求人の3分の1が年収1000万円以上なので、今よりも年収をあげたい人にはおすすめだと言えます。

ビズリーチの最大の特徴は経歴を登録するだけで、企業の人事やヘッドハンターからスカウトメールが届く点です。今はまだ転職は考えていないけど、自分がどれぐらいの市場価値なのかを知りたい人にもぴったりです。

en ミドルの転職

年収1000万円以上の求人が9000件ほど取り扱い!

en ミドルの転職はエン・ジャパンが運営する30代のハイクラス層向けの転職サイトです。2020年2月時点で年収1000万円以上の求人は約9,920件ほど保有しています。

また、各専門分野に精通したエージェントが在籍しており、難易度が高い転職活動をサポートしてくれます。en ミドルの転職にしかない独占求人も豊富にあるので、リクルートエージェントやビズリーチでは物足りなかった人は登録してみると良いかもしれませんね。

30代で大手企業へ転職したい人向け

学歴に自信がない人でも、大手企業が欲しいと思うようなスキルや経験を中小企業で身につけていれば、転職することは不可能ではありません。

30代で大手企業へ転職できる人は、20代でしっかり頑張った人です。あまり頑張れなかった…という人でも、大手企業に評価されるスキル・経験を身につければ、これから転職できる可能性があります。そこで30代で大手企業へ転職したい人向けに、おすすめの転職支援サービスを3社ご紹介します。

今すぐに大手企業へ転職できない場合でも、転職エージェントにキャリア相談をすることで将来的に実現できるケースがあります。自分が大手企業へ転職できるのかも含め、相談してみると将来のキャリアが開けるかもしれません。

リクルートエージェント

求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有

大手企業へ転職したい30代は、リクルートエージェントは押さえておくべきです。リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントなので、老舗の大手企業や有名企業はリクルートエージェントにしか求人を依頼しないケースがよくあります。

実際にリクルートエージェントで「従業員1000人以上」で調べてみたところ、2020年2月時点で約85,870件の公開求人と約72190件の非公開求人があります。「上場企業」だと約40,350件ほどです。

大手企業ほど、競合他社に会社の内情を知られないために求人を非公開にしていることが多いです。リクルートエージェントは非公開求人も非常に多いので、たくさんの大手企業の求人と出会うために利用することをおすすめします。

doda

CMでおなじみ!転職者満足度No1!

dodaはリクルートエージェントの次に大手企業の求人を取り扱っている転職支援サービスです。

2020年2月時点で「従業員1000人以上」の求人が約11,150件、「上場企業」の求人が約17,470件あります。非公開求人の件数は公表されていませんが、同じぐらいだと思って良いでしょう。

dodaは担当キャリアアドバイザーが希望に合わせて、求人をある程度絞り込んでくれます。大手企業で、年収はどれぐらいなのかなど、一定数まで絞り込んでくれるので、自分で吟味する時間がない人にぴったりです。

また、リクルートエージェントが保有していない大手企業の求人もあるため、合わせて利用すると思いもよらない求人と巡り会う可能性があります。

doda:CMでおなじみ!転職者満足度No1!豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

マイナビエージェント

20代の登録者数No.1!20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェントは、dodaと同じぐらい大手企業の求人を保有しています。2020年2月時点で「従業員500人以上」の公開求人が約11,480件、非公開求人が10,750件となっています。「上場企業」の公開求人が約2,730件、非公開求人が約1,970件です。

リクルートエージェントに求人数では見劣りしますが、マイナビエージェントはキャリアアドバイザーのサポートが丁寧だと評判です。早いレスポンスや密に連絡を取り、利用者に寄り添ったサポートをおこなっています。

利用者にしっかりと寄り添うことで、書類選考通過率が約50%となっており、他の転職エージェントよりも高いです。丁寧なサポートを受けて大手企業へ転職したい人はマイナビエージェントを利用すると良いでしょう。

30代のハイクラス層向け

30代でハイクラス、いわゆる管理職や経営幹部、部長など、ワンランク上の役職へチャレンジしたい人におすすめの転職支援サービスを2社ご紹介します。ハイクラス転職は通常の転職よりも難易度が高いので、転職支援サービスを利用したほうが良いでしょう。

また、ハイクラス向けの求人は少ないので、以下で紹介する2社の他にリクルートエージェントも合わせて利用すると、少ない求人を網羅することができます。

ビズリーチ

企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!

ビズリーチは管理職やマネジメント経験を持っている人、専門性の高いスキルや経験を持っている人におすすめの転職サイトです。上記のようなスキルや経験は市場価値が高くなるので、グレードの高い求人でスカウトが届きます。実際に求人を調べてみると分かりますが、経営幹部や部長職、COOといった役職がすぐにヒットします。

スキルや経験は十分にあるのに、上が詰まっていてなかなか出世ができない、さらに上のポジションにチャレンジしたいと考えている人はビズリーチに登録することをおすすめします。登録してスカウトが来るのを待つだけなので、良いポジションがあれば転職したい!という人にもおすすめです。

JACリクルートメント

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント

JACリクルートメントは、管理職や専門職への転職に強いエージェントです。これまで43万人をサポートした実績があり、ハイクラス層向けの支援ノウハウを豊富に保有しています。また、JACリクルートメントは外資系企業への転職にも強みを持っています。語学力を活かしてグローバルに活躍したい人にもぴったりです。

JACリクルートメントは利用者満足度が非常に高いのも特徴の1つです。サポートを担当するキャリアアドバイザーが直接求人企業を訪問し、会社の風土や文化、事業戦略もしっかり把握しています。この詳細な情報を面接対策などで活かすため、選考通過率が高いと評判です。

アサイン

コンサル転職に特化したエージェント!

コンサルティングファームへの転職を考えている人は、コンサル業界の経営企画、事業開発、営業職などの求人を豊富に保有しているアサインがおすすめです。

アサインは10年後のキャリアを一緒に考えながら、中長期的な転職支援をおこなっています。内定獲得をゴールとするのではなく、入社後にどのように活躍できるのか、どのようなキャリアを形成できるのか、といった視点でサポートをしています。

利用者の希望や指向性をしっかりと把握した上で、支援をおこなっているため、内定獲得率が高いのも特徴の1つです。しっかりと利用者と向き合うことで、求人企業の信頼を勝ち得ており、他の転職サイトには掲載されない事業の立ち上げやマネージャーポジションといった、経営層に近い重要な求人を豊富に取り扱っています。30代でコンサル業界への転職を考えている人は、アサインを利用すると内定を獲得しやすいと思います。

30代女性向け

結婚、妊娠、子育て……30代女性は20代女性よりもライフイベントの影響を受けやすいです。そのため、もっと働きやすい環境で転職を考える女性も多いです。そこで30代女性におすすめの転職支援サービスとして、以下の3社をご紹介します。

1.Type女性の転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートが特徴

Type女性の転職エージェントは女性に特化した転職支援サービスです。18年以上も女性専門に転職支援をおこなっており、これまで数千名のサポート実績があります。Type女性の転職エージェントは女性に特化しているため、女性を積極的に採用している求人のみを取り扱っている特徴があります。

2020年2月時点で女性向けの公開求人が約10,230件、非公開求人が約9,090件あります。女性に人気の経理や事務、人事などの求人も多数取り扱っています。

Type女性の転職エージェントのおすすめのポイントは、在籍しているキャリアアドバイザーのほとんどが女性だということです。男性には相談しづらいライフイベントを含めたキャリア相談が気軽にできると評判です。

ただ、Type女性の転職エージェントのサポート可能エリアが東京・神奈川・千葉・埼玉に限られます。それ以外の地域に住んでいる女性はリクルートエージェントやパソナキャリアを利用すると良いでしょう。

2.パソナキャリア

パソナキャリアを運営しているパソナは、40年以上も事務職の派遣に力を入れ続けています。40年以上かけて蓄積されたノウハウはパソナキャリアにも活かされており、そのため女性の転職支援実績も豊富です。

また、サポートを担当するキャリアアドバイザーには女性が多数在籍しており、女性ならではの相談もしやすい環境となっています。

パソナキャリアで特筆すべきポイントは、サポートの質が非常に良いことです。平均20時間にも渡る手厚いサポートをおこなっているため、利用者満足度が高いです。

ちなみに「女性が活躍の求人」を調べてみたところ、2020年2月時点で約2710件の求人を取り扱っていました。他にも「女性の転職特集」でおすすめの求人をピックアップして紹介しています。

3.リクルートエージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している国内最大の定番エージェント

リクルートエージェントは女性にもおすすめの転職エージェントです。業界最大手の転職エージェントなので、これまで多くの30代女性の転職支援実績があります。

また、リクルートエージェントは社内に通称「LEO」と呼ばれる女性向け事務職種に特化した部署があるため、非常に膨大な事務職の求人を紹介してもらえます。事務職以外の求人も豊富にあるので、転職先を決めきれない人にもおすすめです。

30代のエンジニア・デザイナー向け

エンジニアやデザイナーの転職は、IT業界・Web業界に特化した転職支援サービスを利用するのが1番です。なぜなら、特化しているサービスほど、エンジニアやデザイナーの求人を多く保有しているからです。そこでエンジニア・デザイナーの転職に役立つ転職支援サービスを以下で4社ご紹介します。

マイナビIT

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!

マイナビITはマイナビグループが運営する、IT分野に特化した転職支援サービスです。2020年2月時点でIT業界・Web業界の公開求人を約7,050件、非公開求人を約7,550件取り扱っています。サポートを担当してくれるキャリアアドバイザーがIT業界出身なので、IT企業と強いコネクションを持っています。

そのコネクションを活かして、求人紹介や企業情報を提供してくれます。IT業界出身なので、専門的な知識を持っており、面接でどのようにアピールすれば良いのかも伝授してもらえます。IT業界の求人数は群を抜いて多いため、どのような求人があるのかを把握する意味でも登録しておくと良いエージェントです。

レバテックキャリア

ITエンジニア経験者支援に特化した専門エージェント

レバテックキャリアはIT業界・Web業界の転職に特化しています。とくにエンジニアの転職に強く、30代エンジニアで転職を考えている人にはおすすめです。2020年2月時点でエンジニアの求人が約3820件、デザイナーの求人が約610件です。

求人数はマイナビITよりも少ないですが、サポートがきめ細やかだと利用者の評判はとても良いです。サポートを担当するキャリアアドバイザーは元エンジニアなのもあって、エンジニア視点での転職支援を受けることができます。また、技術的な知識も豊富にあるため、他の転職エージェントでは得られないような濃いアドバイスを受けることができます。

ギークリー

IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント

ギークリーはIT業界、Web業界、ゲーム業界に強い転職支援サービスです。ゲーム業界の求人は他よりも豊富にあるため、ゲーム制作に関わりたい人は利用すべきエージェントです。また、ギークリーを利用して転職を成功させた人の約75%が年収アップを実現しています。

IT業界・Web業界・ゲーム業界でキャリアアップ、年収アップを考えている人はギークリーを利用すると良いと思います。転職は内定が出るまでに最低2ヶ月かかると言われていますが、ギークリーは平均1ヶ月で内定を獲得している人が多いです。少しでも早く転職し、新天地で活躍したい人はギークリーがおすすめです。

Green

GreenはIT業界・Web業界に強い転職サイトです。2020年2月時点で3180社、約17,210件の求人を掲載しています。

ちなみに求人は、有名なメガベンチャーやスタートアップ企業が多い特徴があります。大企業よりもベンチャーやスタートアップで腕を磨きたいエンジニアやデザイナーは希望する求人を見つけやすいかもしれません。

専門職に強みがある転職支援サービス

専門職に強みがある転職支援サービスとして金融系、製造系の2つをピックアップして紹介します。特定の専門職に強いと、大手にはない求人を持っていたり、高い専門性を持ったキャリアアドバイザーにサポートをしてもらえるのでおすすめです。

希望する業界・職種がすでに決まっている人は、専門に転職支援をおこなっているところを利用すると良いでしょう。ただ、特定の分野に強みがある分、求人が少ないことが多いです。専門職ほど求人が少ない傾向にあるため、求人を網羅する意味でもリクルートエージェントやdodaも一緒に利用することをおすすめします。

マイナビ金融(金融系)

新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富

マイナビ金融はマイナビグループが運営する、金融業界の経験を活かした転職支援を専門的におこなっています。転職のサポートをおこなってくれるキャリアアドバイザーは、メガバンク・地銀・証券会社・生命保険会社出身者で、金融業界に精通しているため、専門的なアドバイスを受けることができます。

金融業界から金融業界へ転職する場合はもちろんのこと、金融業界から他業界へ転職する場合でも頼りになる転職サイトです。金融業界で培われた経験・スキルを活かすにはどうすれば良いのか、面接ではどうアピールすれば良いのかを伝授してくれます。金融業界から転職したい30代はマイナビ金融を利用すると、転職を成功させやすいと思います。

アサイン(コンサル・経営企画系)

大手コンサルティングファームへの転職決定実績多数

アサインはコンサル業界の経営企画や事業開発の求人を豊富に取り扱っています。コンサル業界への転職サポートに特化しており、また質の高いサポートによって他の転職サイトよりも内定獲得率が2倍になっています。

質の高いサポートがおこなえる理由には、コンサル業界出身で専門性を持ったキャリアアドバイザーが支援をしてくれるからです。業界の知識を持っているため、的確な面接対策を受けることができます。また、コンサルティングファームの選考に必ずあるケース面接の対策もしっかりおこなってくれるので、非常に心強いです。

マイナビメーカーAGENT(製造系)

メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント

マイナビメーカーAGENTはマイナビグループが運営する、製造メーカーに特化した転職支援サービスです。製品開発・研究開発、機械設計、半導体製造、生産管理、機械エンジニアなど、製造メーカーの求人を豊富に取り扱っているのが特徴です。

取り扱っている求人ですが、大手企業はもちろんのこと中小の優良企業やベンチャー企業もあるので、自分の希望に合わせて選ぶことができます。

また、製造メーカー出身のキャリアアドバイザーがキャリア相談から乗ってくれ、ぴったりな求人を紹介してくれます。しっかりとニーズを確認してから求人を紹介するので、入社後のミスマッチが発生しにくいです。30代で製造メーカーへ転職したい人は、マイナビメーカーAGENTがおすすめです。

市場価値が分かる転職サイト

自分の市場価値がわかる便利な転職サイトとして、以下の2つをご紹介します。すぐに転職するつもりはないけど、今の自分の市場価値を知りたい人はぜひ利用してみてください。

ミイダス

コンピテンシー・パーソナリティ診断あり

ミイダスは登録された経歴・経験・スキルといった情報から、今の市場価値がどれぐらいなのかを分析してくれるサービスです。7万人の転職データから類似した経歴・スキルや企業のオファー実績を算出し、そこから市場価値を出しています。

自分と似た経歴・スキルの人がどのような企業からオファーをもらったのかも分かるので、非常に便利です。また、市場価値の分析だけではなく「その市場価値を求める企業から直接面接確約オファーが届く」仕組みになっています。気になる企業があれば、書類選考なしで面接へ進むことができます。

ビズリーチ

企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!

ビズリーチは登録された経歴やスキルを見て、大手企業や中小の優良企業の人事またはヘッドハンターから直接スカウトが届く転職サイトです。一般的な求人サイトは転職者が自分で気になる求人に応募するのですが、ビズリーチは登録したら、企業の人事やヘッドハンターからスカウトが届くのを待つだけです。

どのような企業からスカウトが届くのかによって、自分の市場価値がどれぐらいなのかを客観的に把握することができます。しかもビズリーチで取り扱っている求人はハイクラスなものが多く、年収やキャリアアップを目指せます。今よりも年収やキャリアをあげたい人は利用すると良いでしょう。

企業のリアルが分かる転職サイト

Open Work

現役・元社員の口コミが890万件以上

企業のリアルが分かる転職サイトとして、Open Workを紹介します。Open Workはかつて「Vorkers」というサービス名でしたが、2019年5月23日にOpen Workに変更しています。

Open Workは転職支援をおこなっているのではなく、社員による会社の口コミを掲載しています。社員の口コミ・評価スコアですが、約890万件も登録されており、転職活動をおこなう際に非常に役立つサイトです。求人票やコーポレートサイトからでは分からない社風や労働環境など、現役社員や元社員の口コミから知ることができます。

また、求人も取り扱っており、約9万件を保有しています。保有している求人は評価スコアから検索でき、企業選択をする上で重視する項目で求人を探せるメリットがあります。

Open Workの他にも口コミサイトはありますが、コンテンツの品質基準がゆるく、生の情報なのか判断しづらいです。企業選択の際に参考にするのはOpen Workが良いと思います。

30代が転職サイトを上手に活用する方法

転職エージェントに相談すべき

転職では、なぜ転職するのか、転職してどうなりたいのかといった自分の転職軸を明確にする必要があります。この転職軸がブレてしまうと、なかなか応募企業を選べなかったり、転職後に「思ってたのと違う…」といったミスマッチが生じやすくなります。

また、転職活動では転職軸を明確にするだけでなく、自己分析をおこない、自分にどのようなスキルや経験があるのかを棚卸ししなければなりません。これらができて、やっと応募する企業を選べるのですが、働きながら自分1人でやるのはなかなか大変です。

しかし、転職活動をサポートしてくれる転職エージェントを利用すれば、キャリア相談で自己分析をおこなってくれるので、どういう企業へ応募するべきなのかを客観的にアドバイスしてもらえます。リクナビNEXTといった求人サイトだけで良いのは、自分ですべてできる人です。心配な人は転職エージェントを利用するようにしましょう。

複数の転職サイトに登録すべき

転職サイトは複数登録するようにしましょう。なぜなら、転職サイトはそれぞれ特色や得意分野が違います。複数の転職サイトを使えば、それぞれを比較することができるので、効率よく転職活動を進めることができます。

おすすめなのは大手転職サイトの中から2〜3社、特化型転職サイトの中から1社程度、複数登録して最終的に相性の合う1社に絞り込む方法です。

気軽に中途採用に応募しない

求人サイトや企業の採用ページから自分で応募してお見送りになってしまうと、転職エージェント経由でもその企業に応募することはできません。自分で直接応募する人の中には、転職エージェントのサポートを受けていれば絶対に採用されていた!という人が多いです。

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書の添削、応募企業に合わせた面接対策をおこなってくれるので、実際、転職エージェント経由のほうが選考通過率は高いです。

また、面接で思ったようにアピールできなかったとしても、キャリアアドバイザーが人事に掛け合い、もう1度面接のチャンスをもらえて無事に内定を獲得したというケースもよくあります。せっかくのチャンスを無駄にしないためにも、最初に転職エージェントに相談するようにしてください。

30代の転職活動における注意点

30代で未経験分野への転職はおすすめしない

30代で未経験業界・職種への転職はおすすめできません。なぜなら、30代になると即戦力になるスキル、経験を持っているかで判断されるからです。しかも同じく未経験ならなんでも吸収する20代を採用して育てたほうが良いと企業は考えます。

20代がライバルになってしまうため、30代で未経験業界・職種へ転職するのは、それだけ転職難易度が増してしまいます。どうしても未経験分野に転職したい場合は、同じ職種で違う業界へチャレンジしたほうがまだ可能性があります。

30代フリーターは転職エージェントに対応されない可能性高い

正社員としての就労経験がない30代は、転職エージェントで対応してもらえない可能性が高いです。転職エージェントは正社員としての就労経験がある人をメインにサポートしています。

正社員として働いていた経験がある人や30代前半であれば、転職エージェントでサポートしてもらえる可能性があるので、1度相談してみると良いでしょう。それ以外の人は残念ですがハローワークで地道に採用してくれる企業を探したほうが、就職先が見つけやすいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

error: Content is protected !!