リモートワークの採用・転職・仕事内容・求人情報・志望動機まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リモートワークの採用・転職情報において知っておくべき仕事内容の注意点やおススメ志望動機の書き方をまとめました。

リモートワークとは

リモートワークとは、会社以外の離れた(リモート)場所で業務を遂行する勤務形態を意味します。在宅勤務またはテレワークと呼ばれることもあります。完全に会社に出社する必要がないものをフルリモートワーク(完全在宅勤務)と表現します。

リモートワークのメリットは通勤の手間がない点です。フルリモートワーク(完全在宅勤務)であれば東京の会社の募集に大阪や福岡に住んでいる人が応募することもできます。勤務地(居住地)に左右されないため、働き方改革の副業解禁に合わせて「平日の夜に自宅でできる仕事がしたい」「土日に短時間だけ働ける仕事がしたい」との要望からリモートワークの募集に注目が集まるようになりました。

リモートワークのメリット

一番のメリットが通勤の負担がないことです。片道1時間であれば、月間で40時間はプライベートの時間が増えます。睡眠時間にあてたり、子供の送り迎えが可能になります。私服で働けるのも特徴(企業による)です。自宅だからこそラフな格好で、自由に飲み物を飲みながらストレスなく働けることができます。

無駄な会話や会議が減ったことで大幅に生産性が高まった企業事例もあります。リモートワークによって必然的に仕事終わりの会社の飲み会がなくなったことが一番嬉しいと語る人もいます。

リモートワークのデメリット

自宅だと誘惑が多くて仕事に集中できない人や、モチベーションが上がらない人もいます。オンオフの切り替えが難しいとの声もあり、同居人がいれば集中が散ってしまうことも。ひたすら家で一人で仕事をするため「孤独」「寂しい」といったクチコミもあります。自由な部分が多いからこそ自分を抑制・コントロールしなければいけません。

リモートワークだと社内コミュニケーションがうまくいかないケースも多いです。報連相が下手な上司や、メールの返信が遅い人がいる会社は苦労します。なんらかの社内ルールまたは外部ツールを活用してコミュニケーションロスを防ぐ努力が必要になります。また家から一歩も外に出歩かなくなる可能性もあるので、運動不足を指摘する人もいます。

リモートワーク可能な職種

エンジニア・デザイナー・プログラマーといった職種の募集が大半です。いわゆる技術職が中心で、フリーランス(個人事業主)を対象とした募集と言えます。基本的に業務委託または完全歩合制での募集です。

次に多いのがライター・データ入力です。この2職種も時給や日給制ではなく、業務委託または完全歩合制の募集が多いです。ライターでは1記事〇円または1文字〇円の募集、データ入力では1件〇円の募集となります。スキルを特に必要ではない募集も多く未経験でもできる一方で、単価は非常に安いのが特徴です。

たまに一般事務・秘書・経理・財務といった募集もあります。基本的に経験者採用になり、未経験でも応募できる仕事ではありません。出産を機に退職した子育て中の主婦を採用ターゲットにしている会社が多いです。

最近ではテレアポ(電話営業)業務、受付電話対応を含めた秘書業務、人事・労務・総務のバックオフィス全般などアウトソーシング会社が、さらに個人に外注するケースも増えました。

リモートワークの求人・仕事探し

[正社員編]就職・転職系の求人・仕事探しの注意点

正社員の募集でリモートワークと書かれている場合は、週の何日かは出社するケース(いわゆるフルリモートワークではない)が大半です。エンジニア限定(営業はリモート不可)など職種で制限がされている場合もあります。

また「仕事を完全に覚えてからじゃないとダメ」や「妊娠・出産・育児・介護など特別な家庭の事情がある社員だけ対象」「特定の部署または職種だけが対象」といった様々な制約や条件があるケースもあります。

正社員募集で待遇や福利厚生欄に「リモートワーク可」とだけ書かれている場合は制度や運用ルールを面接または応募時に確認しましょう。もちろん会社の評判クチコミも確認しましょう。

[大学生・主婦編]バイト系の求人・仕事探しの注意点

リモートワークバイトのデメリットは給与が安い点にあります。完全歩合制(業務委託)の場合は最低賃金が適用されません。自身で効率的な仕事をするように心がけましょう。また対面ではないため発注先とのコミュニケーションに問題が発生しやすくなります。わからないことがあれば積極的に質問・確認するようにしましょう。

職種にもよりますが、リモートワークのお仕事はまだまだ少ないので、仕事をしたいときにタイミングよく希望通りの募集が見つかることは珍しいです。未経験でも応募できる仕事は募集開始とともに応募が殺到するケースが多いです。一般事務などオフィスワーク系であれば募集開始とともに数日で数十人から応募がくることもあり倍率は高いと思ったほうがいいでしょう。

そのためいつも求人情報を探すことが求められます。とはいえ毎日求人サイトを確認するのは大変なので、あらかじめタウンワーク・フロムエー、マイナビバイト、インディード等の求人サイトに会員登録しておき、リモートワークの案件が掲載開始されたら通知してくれるように設定しておきましょう。掲載開始直後に応募し、スグに面接調整してもらえるように履歴書や職務経歴書も合わせて準備しましょう。

一般的な求人サイト以外に副業系の求人サイトやツイッターの募集もチェックしましょう。ホワイトな募集の場合、ホームページに募集情報を掲載すれば応募が集まるので、求人情報にわざわざ掲載しないケースもあります。職種が決まっているなら積極的に企業のホームページの求人情報を探すのもおススメです。

志望動機・志望理由・自己PRの例文テンプレート

志望動機の例文テンプレート、雛形、フォーマット、サンプルをまとめました。志望動機では自身の立場を明らかにして、「なぜリモートワークに応募するのか」を答えられるようにしましょう。

志望動機その1

私は都内の不動産会社に勤める社会人です。平日の夜または土日に副業として働きたいため御社の求人を応募させて頂きました。

志望動機その2

私は大阪の金融会社で6年間営業として働いていましたが、出産のタイミングで会社を退職しました。子供が3歳になり保育園に預けているときに、これまでの知識と経験を生かした仕事をしたいと考えていた時に御社の求人を知りました。平日でも問題なく連絡のやりとりは可能ですので、選考に進ませていただければ幸いです。よろしくお願い致します。

志望動機その3

私は商社の広告制作部門でデザイナーとして5年間働いていましたが、夫の転勤のタイミングで所属していた会社を辞めなければいけませんでした。地方では私の専門を生かした仕事がないため、リモートワークでのお仕事を探していた時に御社の募集を知りました。

まとめ

新型コロナウイルス感染の拡大によって、リモートワークや時差出勤を推奨する会社が増えました。今後さらにリモートワークの求人数は増えていくものと考えられます。通勤がないのは精神的な負担が軽くなりますが「自宅勤務だからラク」と安易に考えるのではなく、メリットデメリットをしっかり理解して働いてほしいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加