【やめとけ】ジェイックの評判は悪い?就職カレッジの実態をどこよりも詳しく解説!

ジェイック(JAIC)が運営する『就職カレッジ』は、主に20代のフリーターや第二新卒、中退者などを対象とした就職支援サービスですが、悪い評判や口コミが見受けられることもあります。

そこで本記事では、実際の口コミの評判を元に検証した上で、ジェイックを使うべきかどうかを解説していきます。

ジェイックとは

ジェイック

株式会社ジェイックは、就職支援や採用支援、社員の教育支援などを行う企業で、就職支援サービス『就職カレッジ』や『中途就職カレッジ』を運営しています。

実務経験豊富な経験者よりも、主に正社員未経験の20代を中心とした若い世代を対象とした就職支援をしているのがジェイックの特徴と言えます。

設立は1991年と古く、2019年に東京証券取引所グロース市場(旧マザーズ市場)に上場しています。

以下、ジェイックの会社概要です。

  • 会社名:株式会社ジェイック
  • 設立:1991年3月
  • 代表取締役:佐藤 剛志
  • 社員数:226名(2023年1月末時点)
  • 住所:東京都千代田区神田神保町1-101ビル6F

就職カレッジとは

就職カレッジ

就職カレッジは、フリーターや第二新卒、既卒者などの20代を対象とした就職支援サービスです。

一般的な就職支援サービスは正社員経験者が利用しているケースが多いですが、就職カレッジでは利用者の73%に正社員経験がありません。未経験者に特化した求人を紹介しているのも、他の就職支援サービスと大きく異なります。

就職カレッジは日本全国で利用でき、主要都市には拠点を置いているので地方での就職を考えている人にとっては便利なサービスと言えます。

就職カレッジの拠点は以下です。

  • 【東京本社】〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル6F
  • 【東北支店】〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町2-5-1 大一野村ビル5F
  • 【大阪支店】〒541-0043 大阪府大阪市中央区高麗橋4-2-16 大阪朝日生命ビル4F
  • 【名古屋支店】〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-3-6 NBF名古屋広小路ビル9F
  • 【福岡オフィス】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前2-19-17 トーカン博多第5ビル312号室
  • 【熊本オフィス】〒869-0606 熊本県宇城市小川町河江1007-1

中途就職カレッジとは

中途就職カレッジ

就職カレッジは既卒者や第二新卒を対象としていますが、中途就職カレッジは大学や短大、専門学校中退者、または中退を検討している方を対象とした就職支援サービスです。

中退者は面接で中退理由を質問されることが多く、学歴にも悩みを抱えがちです。そこで中途就職カレッジでは、中退者かつ未経験者に特化したサポートを行っています。

ジェイックがやめとけと言われる理由

ちょっと待ったをする男性の手

採用百科事典
採用百科事典
「ジェイック やめとけ」「ジェイック やばい」で検索すると、たくさんの口コミが出てきます。

そんなジェイックですが、やめとけと言われる理由を以下でそれぞれ解説します。

ブラック企業を紹介される

ジェイックの評判・口コミ

紹介される企業は中小企業かつお金に余裕がない、もしくは土建、不動産、IT系とブラック臭がする企業ばかりです。隔週休みの会社が多く、新卒が来ないような名も知らない会社が多いと認識して受けたほうがいいです。半年間時間を無駄にしました。

引用:google口コミ

就職カレッジで紹介される求人はブラック企業ばかり…という口コミがいくつか散見されました。

また、実際にジェイックの就職カレッジを利用して就職をした人の中には、以下のようなブラック企業だったという体験談もありました。

  • 毎日22時〜23時上がり
  • 20時半で退社=早いレベル
  • 退職までの1年半で1度も定時退社出来ず
  • 残業代0(※毎日サービス残業3〜4h)
  • 隔週で休日出勤が発生
    ※”完全”週休2日制と求人には記載
  • 手取り17万3,000円
  • 年2回のボーナスが0円と5万円
  • 1年半で離職者12名
  • 新人研修なし

引用:【体験談】JAIC(ジェイック)就職カレッジからブラック企業に入社した話

他にも、求人に偏りがあり、希望の職種や業種の求人が限られてしまう点が悪い評判・口コミで多く見られました。

営業職が最も多い一方で事務職やエンジニアなどの職種は少なく、中には希望していない営業職を紹介されたという声もあり、求人はあっても就職に至らないケースも少なくないようです。

アドバイザーが高圧的

ジェイックの評判・口コミ

体育会系の中で、意見言うのも強制にされ、講師を上司と思えって1発目に言われた。研修も営業や施工になれって、誘導尋問されてる内容だった。ほとんど洗脳に近い。営業や施工やりたくない人はまじで選ばない方がいい

引用:google口コミ

就職カレッジでは専任の就職アドバイザーが付いてサポートしてくれますが、その就職アドバイザーの当たり外れが激しい点が悪い評価となっています。

対応や態度が悪いアドバイザーも含まれているようで、不満を感じた声も少なくありませんでした。

また、ジェイックの就職支援サービスの大きな特徴である無料の就職講座は未経験者の就職活動で役立つ内容ではあるものの、体育会系で厳しい、雰囲気が合わなかったという口コミもありました。

厳しい内容である分、着実に知識を身につけられる内容となっていますが、人によってはそれがキツい、大変と感じてしまうようです。

集団面接会がやばい

ジェイックの評判・口コミ

酷い、とにかく酷い。人の就職したい気持ちを踏みにじるような発言、モラル欠如な人間が多い。求めてもいない職種やお得意様をガンガンに勧めてくる。他の方の口コミにも書いてあるように、勧められるのはほぼブラック企業。むしろ、星1もつけたくないくらい。実際に私は5日間の研修と2日間の集団面接に参加しましたが、企業は明らかに採用する気ない態度。どうでもいい身の上話をして13分が過ぎる。

引用:Google口コミ

就職カレッジでは就職相談、無料研修を終えたのち、集団面接会で就職先を決めることになります。

集団面接会

集団面接会では最大20社と書類選考なしで面接をすることができ、当日の流れは以下のようになっています。

  • 集団面接会で各企業のブースを回る
  • 企業側/参加者双方が「また話してみたい」と評価した場合個別面接へ
  • 個別面接を経て内定

一見、良いように見えるシステムですが、実際に参加した人の口コミによると「参加企業20社中15社が週一休み/平日休み、みなし残業制度を導入していた」とのことです。

そして拒否しようものなら、担当者から叱責やしつこい引き止めがあるとのことなので、強制的にその場で意思決定をしなければいけないことが分かります。

上記の口コミが真実であれば、集団面接会がやばいというのも納得ができますね。

採用百科事典
採用百科事典
ブラック企業に入社して後悔したくない20代の人は、以下のサービスを利用するのがおすすめです。

 

公式サイトはこちら

ジェイックを利用するメリット

パソコンを打つ女性

ここまでジェイックがやめとけと言われる理由を紹介してきましたが、以下では利用するメリットも併せて解説します。

最短2週間で内定獲得できる

就職カレッジでは、社会人として身につけておくべきビジネスマナーや面接対策や履歴書対策などを一通り学べる就職支援講座を開催しています。5日間の研修を行い、その後に集団面接会を2回実施します。

講座受講・面接会を通して、最短2週間で内定獲得も可能です。なお、就職支援講座を一度でも受講していれば、面接会に参加できます。

もし一度の面接会で希望の企業への就職ができなかった、希望する企業が見つからなかった場合でも再チャレンジは可能ですが、一度面接を受けた企業の面接を再度受けることはできません。

書類選考なしで面接が可能

就職活動では、応募書類として履歴書やエントリーシートを作成するのが一般的です。

就職カレッジでも面接対策の一環として履歴書作成支援・添削を行っていますが、集団面接会では書類選考なし、つまり履歴書の作成不要で面接が受けられるのがメリットです。

最大20社の企業と応募書類不要での面接が可能で、いずれも未経験者の採用を希望する企業なので就職カレッジの利用者とマッチングしやすいのも魅力です。

正社員求人のみを紹介

就職カレッジで紹介される企業はすべて就職カレッジが訪問・取材を行ってチェックした正社員求人のみです。

そのため、正社員として就職したにもかかわらず実際は契約社員のみだった、などの就業後のトラブルはほぼないと言えるでしょう。

入社後のトラブルが少なく、長く働き続けられる企業の正社員求人のみを紹介してもらえるのは、就職カレッジのメリットです。

入社後も手厚いサポートを受けられる

一般的な就職支援サービスでは内定や入社をゴールとしており、入社が決まればそこでサポートが終了となります。

たとえ就職に成功したとしても、入社後にさまざまなトラブルが起こる可能性もあり、それが原因ですぐに退職してしまってはまた1から仕事探しとなってしまいます。

一方、就職カレッジでは入社後に活躍してもらうことを最終目標としているため、内定や入社で専任のアドバイザーのサポートが終わることはありません。

入社後も専任のアドバイザーによる手厚いサポートを受けることができるので、就職カレッジのサポートで就職した人の定着率は92.2%という高い数字を誇っています。

独自研修が充実している

ジェイックの就職支援サービスの特徴といえるのが、無料で受けられる独自の研修です。

社会人経験がない方が就職活動をスタートしようとしても、何から始めればいいのか、何をすればいいのか迷ってしまうことがあるでしょう。

その点、就職カレッジは社会人経験がない人を対象にしており、正社員としての勤務経験がなく就職活動の知識がない場合でも、就職活動をする上で知っておきたいビジネスマナーや面接対策などをしっかりと身につけることができます。

結局のところジェイックの評判は?

腕を組む女性

口コミを元に検証した結果、ジェイックが提供する就職カレッジ・中途就職カレッジは研修の充実さと入社後までカバーする手厚いサポートが高評価を受けています。

一方で、ジェイックの売りの1つである就職支援講座そのものに悪い評価が集まっている傾向も見られます。

上記を踏まえてジェイックのメリット・デメリットを以下で比較してみました。

メリット
デメリット
  • 研修で社会人マナーなどが学べる
  • 書類選考なしで面接が可能
  • 入社後のアフターサポートが充実
  • 紹介される求人は営業職が中心
  • 集団面接会で就職先を決めさせられる
  • アドバイザーに当たり外れがある

特に就職アドバイザーに当たり外れがあり、対応や態度が悪いいわゆる「ハズレ」のアドバイザーに悪い口コミが集中していました。

しかしアドバイザーは変更が可能なので、もし合わないと感じたときは担当変更を申し出るのをおすすめします。

採用百科事典
採用百科事典
とりあえず自分に合った求人を探してみたい方は幅広い業界、職種の求人を取り扱っている転職サイトがおすすめです。

 

  • ビズリーチ
    レジュメ登録だけでオファーが届く!CMでもお馴染みの最大手転職サービス
公式サイトはこちら

ジェイックの就職支援サービスを上手に利用するコツ

スマホを指差す女性

ジェイックのサービスを利用して就職を目指すには、ただ利用しているだけでは結果がなかなか出ないこともあります。

そこで、以下では上手に利用するコツについて紹介します。

就職の目的を明確にする

まず、なぜ就職したいのか、就職したら何がしたいのかなど、就職の目的を明確にしておきましょう。目的が不明瞭では、働きたい職種や業種なども曖昧になってしまい、転職活動もうまく進みません。

仮に目的がしっかりと設定されていない状態で就職できたとしても、「思っていた職場ではなかった」「やりたいことがもっと他にある」などが不満となり、すぐに退職してしまうこともあるでしょう。

そのため、あらかじめ就職の目標をきちんと設定してからジェイックの就職支援サービスを利用することをおすすめします。もし自分でも目的が不明瞭と感じているのであれば、就職アドバイザーと相談しながら目標設定も可能です。

積極的に面接対策や履歴書添削を受ける

ジェイックの就職支援サービスで受けられる面接対策や履歴書添削は、積極的に利用することをおすすめします。

就職カレッジでは就職支援講座を受講した後に履歴書不要で面接が受けられますが、最終面接では選考書類を用意する必要があるため、就職を目指す場合はいずれにしても選考書類の準備をしなければなりません。

また、面接は就職するまでの過程で必ず行われます。当然ながら、就職カレッジを利用していたとしても選考書類の作成や面接は避けては通れません。そのため、面接対策や履歴書添削はできるだけ受けておくべきです。

ジェイックの就職支援サービスは、転職支援の豊富な実績で得たノウハウを持っています。それを活用した面接対策と履歴書添削を受ければ、自分1人で書類を作成して面接に望むよりも選考において有利に働くことが期待できるでしょう。

合わない就職アドバイザーは変更してもらう

就職アドバイザーは就職を目指す方をサポートしてくれる心強い存在ですが、一対一の関係では「合う・合わない」はどうしても出てくるものです。

合わないアドバイザーのサポートを受け続けていると、場合によっては就職活動に支障をきたす恐れもあります。

ジェイックの就職支援サービスでは、アドバイザーの変更が可能です。

求人をなかなか紹介してくれない、レスポンスが遅い、希望に合わない企業ばかりを紹介するなどの不満がある、アドバイザーが自分に合わないと感じた場合は、ジェイックのサポートへ連絡をして変更申請を行いましょう。

ジェイックの評判が心配な方へ

ジェイックの就職カレッジは、アドバイザーのサポートや充実した就職講座を受講できるなど、正社員未経験で初めて就職活動をする方にとっては強い味方となる就職支援サービスと言えるでしょう。

しかし、就職講座そのものに不満を感じている、求人の種類が限定されているなどの不満の声があることも確かです。

そのため、就職支援サービスを検討する際は複数に申し込んで初回面談を受けてから、最終的にサポートしてもらう会社を決めることをおすすめします。

採用百科事典
採用百科事典
筆者おすすめのサービスを以下で紹介するので、ぜひ検討してみてください。

マイナビジョブ20’s

マイナビグループが運営する
第二新卒・20代向けの転職エージェント

\ポイント/

  1. 大手マイナビグループが運営!
  2. 第二新卒・20代向けの未経験求人を多数保有
  3. 面接サポートなどが充実

>公式サイトはこちら

 

ビズリーチ
年収600万円以上の優良求人を多数掲載している転職サイト

\ポイント/

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 今より年収アップしたい人におすすめ
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

公式サイトはこちら

SNSでもご購読できます。