第二新卒からの失敗しない正社員就職・転職攻略方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

がんばって内定を取った企業だけど、働いてみたら思ってる仕事と違った。人間関係が悪くて仕事が楽しくない。入社して3年未満だけど退職したいと考えている人は、ここで紹介する転職方法を読んでから、検討してみましょう。

第二新卒とは

第二新卒とは、転職市場では学校卒業後に正社員として就業をして、入社3年以内に転職活動をしている人を第二新卒と呼んでいます。基本的には正社員経験のある人を指しますが、企業によっては契約社員や派遣社員経験を含むことがあります。

第二新卒には明確な定義はなく、企業によって若干の認識のズレがあるものの、おおむね新卒入社3年未満、年齢幅は22~25歳前後としている企業が多いです。25歳以上(社会人経験3年以上)になると中途採用枠に分類されると思ったほうがよいです。

中途採用ではスキル経験など能力面が最も重要視されますが、第二新卒は社会人経験も少ないことからスキル経験を重要視されません。人柄やコミュニケーション能力など新卒採用に近いポテンシャル採用されるのが第二新卒採用の特徴です。

第二新卒市場の転職動向や転職メリット

中途採用の難易度が高いことから、転職市場では若手20代のニーズが高まっています。30代の中途採用は一人あたり数百万円以上の採用コストがかかることも多いため、最低限のビジネスマナーが身についていて採用費用も安く済む20代前半の第二新卒が注目されています。

職種別では営業やエンジニアなどの職種が多く第二新卒では募集されています。首都圏の求人では上場会社や有名ベンチャー企業も通年募集しています。

一方で、大手サービスを運営している有名企業なら前職の実績を見られるため、ポテンシャル採用は通用せず、応募倍率も高く書類通過率も数%となります。入社後数ヶ月で退職した人を受け入れてくれる企業はさらに減少します。これらのリスクを踏まえたうえで転職するか、検討してください。

転職活動の時期とタイミング

転職活動の時期は特に気にする必要はありませんが、就職活動を始めるタイミングは在職中をおススメします。退職してから転職活動を行うと貯金が底をついて、ついブラック企業の求人に飛びついてしまいたくなるからです。転職活動は在職中に行い、自分でスケジュール調整ができない時は、転職エージェントを利用しましょう。

第二新卒の面接で絶対に聞かれる定番質問6選

・1社目の退職理由(転職検討理由)
・1社目の会社を選んだ入社理由
・1社目の仕事で何を学んだのか
・2社目の仕事探しの軸
・自分が得意で好きな仕事
・自分が不得意で嫌いな仕事

自己分析はしっかりおこなってください。特に離職期間が長い人または入社1年未満に退職している場合は「スグにまた辞めないか?」に対する回答など入念な準備が必要です。

面接では就職活動時と似たような質問をされますので当時を思い出しながら自己分析を振り返ってみましょう。それほど重要視されていませんが、大学時代のエピソードも聞かれることもあります。

求人探しのポイント

第二新卒ではリクナビネクストやマイナビ転職など中途採用求人サイトを活用しましょう。第二新卒特集など積極的に第二新卒を採用している企業を紹介しています。大手以外であれば採用ホームページから自らアクションを起こしてもいいでしょう。企業の採用ホームページでは新卒採用と中途作用しか分類されていませんが、採用情報が公開されていればダメ元で応募してもいいでしょう。

マイナビエージェントやリクルートキャリアなど大手人材紹介会社や、第二新卒専門の就職エージェントも効率的な求人探しになります。第二新卒は非公開求人も多いため人材紹介会社しか保有していない求人もあります。在職中だと面接のスケジュール調整が難しくなるので、エージェントに代行してもらうとスムーズに転職活動できるメリットもあります。

また転職エージェントなら求人探しや応募書類添削、コンサルタントによる企業への売り込みやフォローなど多くのサービスが使えます。転職エージェントは多くても大手エージェント1社、業種専門エージェント1社の合計2社に留めておきましょう。3社以上登録しても調整が面倒になってしまいます。

求人選びのポイントは下記の4つです。
・得意で好きな仕事ができる職種を選ぶ
・入社後に自分の希望が叶うか検討する
・業種や職種にこだわらずに幅広い視野で探す
・VorkeresやOpenworkなど口コミサイトをチェックする

これらのことに気をつけて応募先を選びましょう。

応募書類作成のポイント

応募書類は企業が求めていることを、把握したうえで作成してください。企業が求めている人物像と相違があると書類選考を通過することはできません。

【企業が第二新卒に求めること】
・ポテンシャルの高さ
・コミュニケーション能力
・仕事に対する熱意、やる気、学習意欲(失敗から学べるか)
・論理性
・責任感

これらのことを踏まえて志望動機や自己PRを作成しましょう。志望動機や自己PRの使い回しはNGです。使い回しをすれば「どこか受かればいい」と考えていると思われて、やる気や熱意が伝わりません。また、抽象的な内容ではなく社会人経験の中で得たことを、ベースにしたエピソードを盛り込みましょう。

第二新卒の応募書類で悩むのが職務経歴書です。インターネット上に多くの見本やフォーマットがありますが、自分の経験が一目でわかるような工夫をしてください。また、読み手の立場に立って、職務経歴書を作成できるのもスキルの1つです。

本来の職務経歴書は客観的な事実や過去の経歴を記載する資料ですが、第二新卒の場合は書くことが少ないため、より具体的な仕事内容を記載するようにしましょう。また在職中に学んだことや上司に褒められたことを記載してもいいでしょう。

もしも書くことが少なければ研修期間中に学んだことを記載し「最低限のビジネスマナーは備わっている」ことをアピール材料にしてもいいでしょう。これらの内容をA4用紙に1枚に納めるようにしてください。志望動機と自己PRは履歴書にも書きますが、履歴書ではスペースに限りがあるため簡潔にしか記載できません。企業への思いは職務経歴書に書きましょう。

面接のポイント

面接で注意したいのが面接前の行動や態度です。面接官の前だけで良い格好をしても、面接前の控え室でスマホを見ながら返事をする、ヘラヘラするなど態度が悪いと面接結果に響きます。

なぜなら、控え室までの案内は採用担当が行っているからです。つまり、控え室で悪い態度を取ると面接官に「控え室で言葉遣いが悪かった」と報告されることになります。注意しましょう。

【面接で気をつけるポイント】
・辞めた会社を悪く言わない
・他人のせいにしない
・ポジティブに話す
・退職理由と志望動機に一貫性を持たせる
・応募書類と一貫性を持たせる
・未経験の業界や職種に応募した時は今だからこそキャリアチェンジできると伝える
・質問には正確に応える
・明るくハキハキ程よいボリュームで話す
・論理的かつ簡潔に話す

面接では良い印象を持って欲しいと「あれもできます。これもできます。」と、自分を大きくみせたくなりますが、ありのままの素直な自分を見せるようにしましょう。

志望動機・志望理由の例文テンプレ

志望動機の例文テンプレート、雛形、フォーマット、サンプルをまとめました。

[営業⇒営業]大学卒業後、〇〇社に入社してから愛知支社の営業部に配属されインターネット広告営業を3年間経験してきました。主に名古屋エリアを担当し、年間で約40社/平均の企業獲得しました。営業スタイルはテレアポと飛び込み営業を合わせたスタイルです。単一商品しか扱っていないことやキャリアアップに時間がかかるため、将来的なキャリアに不安を感じ、転職を決意するに至りました。

[販売⇒営業]服飾の専門学校を卒業後、〇〇社に入社しました。入社後は大阪の店舗に配属され、接客販売を中心にレジ会計あ売上確認など店舗運営全般を担当していました。関西エリアの業績不振から店舗閉鎖を繰り返しており、転職に至りました。

まとめ

第二新卒の強みは少しでも社会人経験があることと、フレッシュさです。「新卒や既卒を採用するより自分を採用した方が、戦力になりやすい」「経験者を採用するより、若い自分を採用した方早く会社に馴染みやすく、仕事覚えもいい」これらの第二新卒のメリットを、採用担当者に感じてもらえるのかが勝負です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。