キャリアカウンセリングを受けたい人必見!相談先や相談方法を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本ページはプロモーションが含まれています。

今は仕事をしているけれど本当にこの仕事が自分にとっての適職かどうかわからない、もっと他に適職があるのではないか、現状維持で将来に不安があるなど、キャリアに関する悩みは人それぞれです。

自分だけでは解決できない悩みが多く、不安を抱えてしまう方におすすめしたいのが、キャリアカウンセリングです。専門知識や経験を持つキャリアカウンセラーとのカウンセリングを受ければ、悩みや不安を解消することができます。

本記事では、キャリアカウンセリングを受けたい、興味がある方に向けて相談先や相談方法、注意点などを解説します。

キャリアカウンセリングとは

話をする男女

キャリアカウンセリングとは、キャリアカウンセラーとの対話を通してキャリアに対する考えや価値観を見直し、キャリア形成を支援してもらえるカウンセリングです。

基本的に、キャリアカウンセリングではキャリア全般の相談に乗ってもらえますが、必ずしも仕事に関する相談だけに限ったカウンセリングばかりではありません。

そもそも「キャリア」という言葉は経験や経歴、出世などで使われることが多いため、仕事に限定した意味で捉えられがちですが、キャリアカウンセリングでは直接的に仕事に関わることではない内容が含まれることがあります。

例えば、学習や余暇時間、家族との関わりなど、一人ひとりの生活や生き方などのライフキャリア全般です。これらは仕事にまったく関わりがないとは言えないため、キャリアカウンセリングでは生活全般も含めたカウンセリングが行われることもあります。

キャリアカウンセリングが注目されている理由

従来、オフィスへ通勤して仕事をして帰宅する、という働き方がごく一般的でした。

しかし近年は、リモートワークの推進や副業、フリーランス(個人事業主)として働く機会が増えるなど、働き方が多様化しています。

このような環境の変化に伴い、働く人の考え方も多様化しつつあります。毎日残業して安定した収入を得るよりもプライベートを大事にしたいなど、ワークライフバランスを重視する傾向が強まっています。

そこで、もっと自分らしく働ける仕事を選ぶための方法の1つとして、キャリアカウンセリングが注目されているわけです。

キャリアカウンセリングを受けられる場所

納得をする女性

キャリアカウンセリングは、現在さまざまな場所で実施されていますが、受ける場所や有料か無料かによってカウンセリングの質や費用などの違いがあります。

無料のキャリアカウンセリング

無料で受けられるキャリアカウンセリングの代表格は、公的機関が実施しているキャリアカウンセリングです。

ハローワークをはじめとして、ジョブカフェサポステ、キャリア形成・リスキリング支援センターなど厚生労働省が運営する場所でキャリアカウンセリングを受けられます。無料であっても、公的機関が実施しているカウンセリングなので安心して受けられるでしょう。

また、NPO法人や地方自治体でも無料キャリアカウンセリングを実施していることがあるので、キャリアカウンセリングを受けられるかどうか居住自治体の機関へ問い合わせてみてもいいでしょう。

また、パソナやビズリーチといった人材派遣会社や求人サイト運営企業でもキャリアカウンセリングを実施しており、転職エージェントを利用する場合も無料でキャリアカウンセリングを受けられます。

採用百科事典
採用百科事典
無料でキャリアカウンセリングを受けたい人は以下のサービスがおすすめです。
おすすめ転職エージェント

  • ビズリーチ
    https://www.bizreach.jp/
    レジュメ登録だけでオファーが届く!CMでもお馴染みの最大手転職サービス
  • マイナビAGENT
    https://mynavi-agent.jp/
    全業界、職種の求人を網羅!IT業界や営業職の求人も多数

有料のキャリアカウンセリング

有料のキャリアカウンセリングは、サービスによってかかる料金が変わります。

対面でカウンセラーと直接話ができるタイプのカウンセリングもありますが、近年はオンライン上で受けられるキャリアカウンセリングサービスも多く、自宅にいながらキャリア相談が可能です。

有料のキャリアカウンセリングは料金が発生するだけあり、専門的な相談ができるのが特徴です。相談者に寄り添ってじっくりと相談に乗ってもらえる、質の高いカウンセリングが受けられます。

有料のキャリアカウンセリングであれば国家資格キャリアコンサルタントWebサイト登録センターの「キャリコンサーチ」で、キャリアコンサルタントの居住地や所持資格、得意分野などから細かくキャリアコンサルタントを探せるので、このようなサイトを利用すれば自分に合ったキャリアカウンセリングを受けられます。

また、より時間をかけて本格的にキャリア構築を踏まえたカウンセリングを受けたいのであれば、転職支援も含めたキャリアコーチングサービスもあります。

採用百科事典
採用百科事典
1人のキャリアカウンセラーに付きっきりでサポートしてほしいという方はキャリアコーチングも検討してみてください。
おすすめキャリアコーチング

  • WorX
    https://worx.jp/lp/3/
    20代~30代の未経験転職に特化!今なら料金が最大70%オフの割引あり
  • ポジウィルキャリア
    https://posiwill.jp/career/
    業界最大手!どう生きたいか?でキャリアをきめるコーチングサービス
  • マジキャリ
    https://majicari.com/
    圧倒的な転職/自己分析サポートで顧客満足度92%!転職しない人もOK

キャリアカウンセリングで期待できる効果

考え事をしている女性

キャリアカウンセリングを受けたことがない方は、どのような効果が得られるのかよくわからず、そもそも受けようと思ったこともないのではないでしょうか。

キャリアカウンセリングを受けてみると、以下に挙げるような効果が期待できます。

キャリアに対する不安が解消する

今働いている職場でこのまま働き続けていてもいいのか、転職を検討した方がいいのか、自分一人では判断できない状況はあるでしょう。自分自身のことをよくわからず、自信を持てない方もいるでしょう。不安を持ち続けているそのような状況は、ストレスの原因になりかねません。

株式会社ラーニングエージェンシーが社会人2年目~4年目の900人に対して行なった意識調査では若手社員の約4割が「今の会社で働き続けることに不安を感じている」と回答しました。

ラーニングエージェンシーによる調査結果
参照:【若手社員の意識調査】社会人2年目~4年目の壁(上司とキャリア編)

キャリアカウンセリングは、転職を検討している方のほか、出産・育休後のキャリアに不安を抱えている方、定年退職後の生活に不安を感じている方など、さまざまな不安を抱える人が受けることができます。

キャリアカウンセリングでは、抱えている不安や決断しかねていることを相談でき、第三者からの視点でアドバイスをもらえます。一人ひとり異なる不安に対しても、キャリアカウンセリングを通して取り除き、安心感を得られる点はキャリアカウンセリングの大きな効果でありメリットといえるでしょう。

自分自身への理解を深められる

適職を見つけるためにはまず自分自身について知ることが必須ですが、なかなか一人きりで自己理解をするに至るのは難しいものです。

キャリアカウンセリングでは、過去の経験やスキルを整理し、さらにカウンセラーの第三者からの視点によって自分では気づかなかった強みや価値観に気づくことができ、自己理解を深められます。

自己理解が深まることにより、自分にどのような業界や職種が適しているのかが明確になるため、より自分に適した仕事を選ぶことが可能となります。

キャリアプランを立てられるようになる

今現在は特に目標もなく漠然と仕事をしていて、将来もこのままでいいのだろうか、と悩むことはないでしょうか。もしかすると、適していない仕事を長々と続けている可能性も考えられます。

キャリアカウンセリングでは、過去の自分の経験やスキルの棚卸しでこれまでのキャリアや価値観を整理して見つめ直せます。

これにより、自分が将来どのようなキャリアを積みたいのか、どのようなスキルを身につければいいのかなど目標や方向性を明確にしやすくなり、より具体的なキャリアプランを立てられるようになります。

これから転職をするべきか、現職にとどまるべきかを悩んでいる方にとっても、キャリアカウンセリングでキャリアプランを見直すことで今後するべきことが見えてくるでしょう。

また、仕事や転職だけに限らず、キャリアカウンセリングでは将来の生活のアドバイスももらえます。仕事を含めたライフキャリアプランを立てるためにも、キャリアカウンセリングは有益です。

キャリアカウンセリングを受ける流れ

ステップ

キャリアカウンセリングを受けたい人に向けて、一般的なキャリアカウンセリングを受けるための流れを解説します。

相談先を決める

まずは、どこでキャリアカウンセリングを受けるか、相談先を絞り込みます。有料または無料、対面またはオンラインなど、自分がカウンセリングを受けやすい方法を提供している場所を探してみましょう。

各自治体で行っている無料カウンセリングは対面形式が多い傾向があるので、アクセスできるカウンセリング開催場所かどうかもチェックしてみましょう。Webサイトが公開されているサービスが多いので、カウンセリング内容やカウンセリング形式、場所などを比較検討してみることをおすすめします。

有料のキャリアカウンセリングは会社によって料金やカウンセリング内容が異なるため、相談したい内容をあらかじめまとめておき、その内容に強い相談先を選ぶのが良いでしょう。

キャリアカウンセリングを申し込む

相談先が決まったら、早速申し込みを行いましょう。申込方法は、相談先によって異なります。多くのキャリアカウンセリングは予約制となっており、予約制の場合はあらかじめ予約が必須です。

申し込みはWebサイト上で申し込みが完了することもあれば、Web申し込み後に確認の電話でスケジュール調整を行ったり、電話で直接申し込みが必要だったりします。

相談先で設定されている方法に従って、申し込みを進めましょう。

キャリアカウンセリングを受ける

予約した日時に、いよいよキャリアカウンセリングを受けることとなります。カウンセリングの内容は一人ひとりが抱える悩みや課題などによっても異なりますが、一般的なキャリアカウンセリングは、対面とオンラインにかかわらず、主に以下のような内容で進められます。

  • 現在抱えている課題や悩みについて
  • これまでの経歴やスキル、仕事内容について
  • 課題や悩みの解決のために実践していること
  • 転職を検討しているか、転職の意向があるかどうか

行われる内容が同じであっても、オンラインではキャリアカウンセラーとの信頼関係の構築が難しくなることがあります。スムーズに相談をして的確なアドバイスをもらいたい場合は、対面形式でのカウンセリングの方が適しています。

カウンセリングの内容の振り返りと実践

カウンセリング終了後は、その内容を振り返って新たな気づきがあったか、目標が明確になったかどうかなどを確認しましょう。

採用百科事典
採用百科事典
キャリアカウンセリングを受けただけでは何も変わりません。その後に行動に移してこそ、自身の理想のキャリアに近づくことができます。

単発の無料キャリアカウンセリングではなかなか行動改善まで習慣化することは難しいですが、有料のキャリアカウンセリングであれば一般的に複数回行うものなので、カウンセリングを受けるたびに振り返りと実践を繰り返すことができます。

キャリアカウンセリングを受けるのに向いてる人

まる

キャリアカウンセリングを受けたいと思っている人の中で、向いてるのは以下のような人です。

  • 現在の仕事にやりがいを感じない
  • 自分に合った仕事を見つけたい
  • 将来のキャリアに不安を感じる
  • 自分の強みがわからない
  • 自信を持ちたい

キャリアカウンセリングはカウンセラーに過去の経験やスキルを整理してもらうことで、自分では気づかなかった強みや価値観に気づくことができ、自己理解を深められます。

さらに、その内容を元にどんな仕事が合ってるのかなどアドバイスをもらえるため、やりたい仕事を見つけたい人にとってはぴったりのサービスだと言えるでしょう。

おすすめキャリアカウンセリング

  • WorX
    https://worx.jp/lp/3/
    20代~30代の未経験転職に特化!今なら料金が最大70%オフの割引あり
  • ポジウィルキャリア
    https://posiwill.jp/career/
    業界最大手!どう生きたいか?でキャリアをきめるコーチングサービス
  • マジキャリ
    https://majicari.com/
    圧倒的な転職/自己分析サポートで顧客満足度92%!転職しない人もOK

キャリアカウンセリングを受けるのに向いてない人

ばつ

キャリアカウンセリングを受けたいと思っている人の中で、向いてないのは以下のような人です。

  • 既に行きたい業界や職種が決まっている
  • 面接などの選考対策をしてほしい

キャリアカウンセリングは転職活動における前工程(自己分析やキャリアプラン設計)に適したサービスなので、後工程(求人応募や面接対策)は転職エージェントなどの転職支援サービスを使うのがおすすめです。

採用百科事典
採用百科事典
とりあえず自分に合った求人を探してみたい方は幅広い業界、職種の求人を取り扱っている転職サービスがおすすめです。
おすすめ転職エージェント

  • ビズリーチ
    https://www.bizreach.jp/
    レジュメ登録だけでオファーが届く!CMでもお馴染みの最大手転職サービス
  • マイナビAGENT
    https://mynavi-agent.jp/
    全業界、職種の求人を網羅!IT業界や営業職の求人も多数

キャリアカウンセリングを受ける際の注意点

ちょっと待ったをする男性

キャリアカウンセリングを受けたいと思っている人に向けて、キャリアカウンセリングを受ける際の注意点を紹介します。

事前に準備しておくべきこともあるので、以下で紹介する注意点を踏まえてキャリアカウンセリングに望みましょう。

有料のキャリアカウンセリングは料金をきちんと確認しておく

キャリアカウンセリングには無料のものと有料のものがあると説明しましたが、有料サービスの場合は事前に料金を確認しておくことが大切です。

単発かコースかにもよりますが、コースの場合は30万円から100万円が相場となっているため、知らずに受けてみて驚いたという声もあります。

もちろん有料のサービスでも初回は無料でカウンセリング実施しているところが多いため、まずは体験で受けてみるのをおすすめします。

ですが、中には公式サイトに料金を掲載していなかったり、初回のカウンセリングでしつこく営業してくサービスも存在するため、怪しいと感じたら利用するのはやめましょう。

有料のキャリアカウンセリングに興味がある人は以下の記事も参考にしてみてください。

ある程度相談内容を決めていく

キャリアカウンセリングを有意義な時間にするために、まったく何も準備していない状態よりも、カウンセリング前にある程度自分で相談したい内容を決めておきましょう。

今どんなことに悩んでいるのか、どういったアドバイスをしてほしいのかなどをカウンセラーに伝えることで、その内容を元に的確なアドバイスをしてもらえるでしょう。

職務経歴書を準備しておく

転職を希望している方は、職務経歴書を準備しておきましょう。

口頭でこれまでの経歴について伝えるよりも、書類としてまとめていた方がカウンセラーが把握しやすく、限られたカウンセリングの時間を有効に使えます。

ただ面接ではないので、志望動機などは書かなくて大丈夫です。

合わないときはキャリアカウンセラーを変更する

一対一でのカウンセリングでは、話を進めていくうちに合わないと感じることは少なくありません。

どんなに優秀なキャリアカウンセラーでも、人によって「合う・合わない」はあるものです。

無理をして合わないキャリアカウンセラーとカウンセリングを続けていても、良い結果は得られません。もしカウンセリングを受けてみて「合わない」と感じた場合は、遠慮することなく別のカウンセラーに変更しましょう。

キャリアカウンセリングを受けたい人へ

キャリアカウンセリングでは、これから転職を検討している方やキャリアに悩んでいる方はもちろん、将来に不安を抱えている方やライフキャリアプランが定まっていないなど、仕事から生活に至るまでの相談ができます。

専門のキャリアカウンセラーによるカウンセリングで、自分ではわからなかった気づきを得られるのが、最大のメリットです。

キャリアに関する悩みを抱えている方は、一度キャリアカウンセリングでカウンセラーに相談をしてみてはいかがでしょうか。

採用百科事典
採用百科事典
最後に、筆者おすすめのキャリアカウンセリングサービスを紹介します。初回カウンセリングは無料なので、ぜひ一度相談してみてください。

ポジウィルキャリア

どう生きたいか?でキャリアをきめる最大手キャリアコーチングサービス
自己分析を通してあなたの生きる軸を作る

\ポイント/

  1. キャリア心理学に基づいた体系的なプログラム
  2. 採用通過率1%をくぐり抜けた認定アドバイザーが揃う
  3. 市場価値診断やコーチング認定講座もある

公式サイトはこちら

 

マジキャリ

2ヶ月で人生を変えるキャリアコーチングサービス
転職するか迷っている人も相談OK

\ポイント/

  1. 圧倒的な転職ノウハウ/自己分析サポートで顧客満足度92%!
  2. 転職するべきか悩んでる段階で相談できる
  3. やりたい仕事を見つけたい人におすすめ

公式サイトはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。