「仕事で何がしたいかわからない…」と悩む30代向け!やりたい仕事を見つける転職術を解説

30代で仕事で何がしたいかわからないと悩む人は実は多いです。

しらべぇ「やりたいことについての調査」によると、30代でやりたいことがわからないと回答した男性は45.2%、女性は55.5%となっています。

そこで、この記事では転職したいけど何がしたいかわからない…という30代向けにやりたい仕事の見つけ方を紹介します。

仕事で何がしたいかわからない30代の特徴

落ち込む男性

「仕事で何がしたいかわからない…」と悩む30代にはいくつかの特徴があります。

以下でそれぞれ解説していきます。

キャリアについて深く考えてこなかった

これまで自分のキャリアについて深く考えてこなかった人は30代になって「何がしたいかわからない…」となりやすいです。

20代のうちはそれでもよかったかもしれませんが、30代になると周りが出世したり自分の道に進み出したりして「自分は今のままで良いのか?」と考えるようになる人も多いです。

また、30代は結婚や出産などのライフスタイルの変化も多く、それまでの生き方や価値観が変わる方も多いです。

採用百科事典
採用百科事典
キャリアについて考えるのに早いも遅いもありません。先手先手で考えておくのに越したことはないでしょう。

もしも今、20代の方は以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事:仕事で何がしたいかわからない20代必見!転職してやりたい仕事を見つける方法を解説

年収などの条件面だけを重視してきた

これまで年収や労働環境などの条件面だけを重視してきた30代の方の中には「今の仕事は本当に自分に合っているんだろうか…」と悩んでしまう方もいます。

20代の頃は条件面だけでも良かったかもしれませんが、30代になり大切にしたい価値観などが変わったときに仕事のやりがいを重視したいと考える方もいるようです。

例えば、「年収の高い仕事に就きたい」という理由でインセンティブの高い不動産業界に転職しても、「残業時間やノルマがきつい」という理由で再び転職される方が一定数います。

もちろん年収が高いことに越したことはありませんが、あなたにとって何が一番大事なのか?を長期視点で考えないと、目先の条件に惑わされてしまうため注意が必要です。

転職を繰り返してきた

20代のときに転職を繰り返してきた人は、30代になってから「仕事で何がしたいかわからない」「自分に向いている仕事がわからない」となりやすいです。

採用百科事典
採用百科事典
石の上にも三年という言葉がありますが、ある程度年数を経験しないと仕事の面白みは感じられません。

なので、仕事の面白みを感じる前に転職をしてしまう人は次の職場でも面白そうな仕事を求め「青い鳥さがし」をしてしまうのです。

また、転職の理由が前向きならまだしも、仕事内容がつまらない、人間関係をリセットしたいなどの理由で転職をしてきた場合は転職=環境を変える手段となっているため、転職=自分のやりたいことを実現するという発想になりにくいです。

強みを活かせた経験がない

30代でこれまで仕事で強みを活かせた経験がないと、転職しても何がしたいのかわからないとなりやすいです。

自分は何が得意なのかを把握していないと自信が持てず、興味のあることが浮かんでも「どうせ自分にはできないんだ…」と無意識に選択肢から排除してしまうこともあります。

その結果、想像の範疇で「何がしたいのか」を考えるため、なかなかわからないのです。

採用百科事典
採用百科事典
そんな方は、まずは自分の強みをしっかりと把握することをおすすめします。
 
以下のサービスでは初回カウンセリングで自己分析のサポートを手伝ってもらえるため、一度相談してみると良いでしょう。
おすすめキャリアコーチング

  • ポジウィルキャリア
    https://posiwill.jp/career/
    業界最大手!どう生きたいか?でキャリアをきめるコーチングサービス
  • マジキャリ
    https://majicari.com/
    圧倒的な転職/自己分析サポートで顧客満足度92%!転職しない人もOK

関連記事:キャリアコーチングは怪しい?騙されないために確認するべきことを徹底解説!

仕事で何がしたいかわからない30代が迎える末路

落ち込む女性

「仕事で何がしたいかわからない…」と悩む30代が今の状態を放置してしまうとどうなるのかを以下で解説します。

転職することが難しくなる

前提、30代になると20代に比べて転職の難易度が高くなります。

なぜなら、ポテンシャルが重視される20代に対して、30代は経験やスキル、マネジメント能力などが求められるからです。

そのため、仕事で何がしたいか迷っていると、気づいたときには転職できない年齢になっていたということも珍しくないです。

では、なぜ30代は経験やスキル、マネジメント能力が求められるのでしょうか?

理由は簡単で、年齢が上がれば上がるほど給料を上げなければいけないと企業が思っているからです。

そのため、経験やスキル、マネジメント能力がないと即戦力として活躍できず、給料を多く払えない=採用できないという順番なのです。

転職市場はある意味出来レースであり、キャリアは戦略的につくることができるため、「何がしたいかわからない」と立ち止まっている時間は非常に勿体ないと言えます。

やりがいを感じないまま仕事をすることになる

仕事で何がしたいかわからず転職できる年齢を過ぎてしまうと、現職でやりがいを感じないまま仕事をすることになります。

やりがいを感じなくても年収さえ高ければそれでいいという人も中にはいるかもしれませんが、お金のためだけに働くというなら会社員はコスパが悪すぎます。

また、仕事で何がしたいかわからないと、代わりにプライベートを充実させようとする人が一定数います。

もちろん、プライベートが充実していることに越したことはありません。

しかし、仕事の現実から目を背けてプライベートを充実させようとすると、「仕事=苦痛」が当たり前となってしまうため、注意が必要です。

日々の生活では、プライベートの時間よりも仕事をしている時間のほうが長いので、せっかくならば自分に合った仕事に就いてどちらも充実させることをおすすめします。

30代が仕事で何がしたいかわからない状態から抜け出す方法

スマホを見る男性

仕事で何がしたいかわからない状態を放置するのは30代という貴重な時間を無駄にしてしまうため、あまりおすすめしません。

そこで、以下では仕事で何がしたいかわからない状態から抜け出す方法を解説します。

目の前の仕事で成果を出すことに集中する

前提として、仕事のやりがいとは、仕事内容だけで決まるものではありません。

お客様を騙すような商売なら話は別ですが、それ以外であればどんな仕事でも成果を出せば周りに評価され、おのずと自分の仕事に自信が持てるようになるでしょう。

採用百科事典
採用百科事典
仕事のやりがいとは後付けでついてくるものです。

そのため、仕事で何がしたいかわからない状態であれば、まずは目の前の仕事で成果を出すことをおすすめします。

成果を出して周りに認められてもなお、仕事が自分に合っていないと感じるのであれば、転職を視野に入れると良いでしょう。

転職活動をしてみる

仕事で何がしたいかわからない場合、転職活動をしてみるのも一つの手です。

目の前の仕事で成果は一定出せたけど、それでもやりがいを感じられない、なんか違う気がするという場合は環境が合っていない可能性が高いです。

そのため、転職活動をしてみることで「自分が本当にやりたい仕事は何か?」について深く考える時間を設けてみることをおすすめします。

その際に、今の自分の市場価値を確かめたい!という人はビズリーチのような転職サービスを利用してみるのが良いでしょう。

おすすめ転職サービス

  • ビズリーチ
    https://www.bizreach.jp/
    レジュメ登録だけでオファーが届く!CMでもお馴染みの最大手転職サービス
  • マイナビAGENT
    https://mynavi-agent.jp/
    全業界、職種の求人を網羅!IT業界や営業職の求人も多数

30代が転職してやりたい仕事を見つける方法

スマホを指差す女性

転職したいけど何がしたいかわからないという30代の方に向けて、転職してやりたいことを見つける方法を解説します。

自己分析をする

この記事を読んでいる人の中には、新卒時の就職活動で自己分析をされた方もいると思いますが、今こうして転職を考えている時点で「自己分析ができた」とは言えないはずです。

新卒時の就職活動でしっかり自己分析をしたように思えても、結局は志望先企業に受かるために都合の良いように解釈した自己分析になっていたケースも多いです。

採用百科事典
採用百科事典
ですが、自己分析の本来の目的は「自分のやりがいや苦痛、強みや弱みを言語化すること」です。

間違った自己分析をしてしまうと、入社後にミスマッチを感じてしまう原因となってしまうため、自己分析は「企業に受かるため」ではなく「自分が生き生きと働くため」にするのが良いでしょう。

ただし、自分1人で自己分析をしてしまうと客観性に欠け、都合の良いように解釈してしまうのが人間の性ですので、新卒時にできなかった人はキャリアコーチングを活用してプロと一緒に自己分析をすることをおすすめします。

おすすめキャリアコーチング

  • ポジウィルキャリア
    https://posiwill.jp/career/
    業界最大手!どう生きたいか?でキャリアをきめるコーチングサービス
  • マジキャリ
    https://majicari.com/
    圧倒的な転職/自己分析サポートで顧客満足度92%!転職しない人もOK

長期視点で考える

仕事で何がしたいかわからないと悩む人の中には、転職=魔法の杖とイメージする方もいるのですが、1回の転職で理想をすべて叶えることはなかなか難しいです。

転職は一足飛びではなく、最終的に理想の仕事に就くために必要な経験を1社〜2社で積むという長期視点で考えるのが良いです。

ハッシュタグ

引用元:末永雄大著『成功する転職面接』

例えば、「年収の高い仕事に就きたい」という理由でインセンティブの高い不動産業界に転職しても、「残業時間やノルマがきつい」という理由で再び転職される方が一定数います。

これは前項の自己分析がしっかりおこなえていないことに加え、短期的な「年収の高い仕事=幸せ」という軸で転職をしてしまったことが原因です。

もちろん年収が高いことに越したことはありませんが、あなたにとって何が一番大事なのか?を長期視点で考えないと、目先の条件に惑わされてしまうため注意が必要です。

採用百科事典
採用百科事典
今のあなたの市場価値を把握し、長期視点でキャリアアップするために転職をするなら以下のサービスがおすすめです。
おすすめ転職サービス

  • ビズリーチ
    https://www.bizreach.jp/
    レジュメ登録だけでオファーが届く!CMでもお馴染みの最大手転職サービス
  • マイナビAGENT
    https://mynavi-agent.jp/
    全業界、職種の求人を網羅!IT業界や営業職の求人も多数

何がしたいかわからない30代が仕事探しをするときのポイント

スマホを見つめる男性

転職したいけど何がしたいかわからない30代が仕事探しをするときのポイントを以下で解説します。

目先の条件で選ばない

仕事で何がしたいかわからない30代が転職するときにやりがちなのが「目先の条件面で選んでしまう」ことです。

というのも、家庭を持っている場合はどうしても自分よりも家族の生活のことを優先しがちです。

ただ先ほど述べた不動産業界の例のように、年収と労働時間はトレードオフする可能性があるので、目先の条件だけで選んでしまうと後々ミスマッチに繋がる可能性があります。

そのため条件面ではなく、あくまでも自分にとって一番優先したいことは何か?で選ぶようにしましょう。

自分が得意なことベースで探す

ここで言う自分が得意なことというのは、これまでやってきた業務や職種ということに限りません。

むしろ自分が普段無意識にやっていて、かつ苦痛でないものなら何でも良いです。

例えば、もともと家計簿をつけるのが好きで30代でファイナンシャルプランナーになった友人がいますが、彼曰く「家計簿をつけるのが得意なことだとは思わなかった」そうです。

自分が本当に得意なことというのは主観ではなかなか気づきにくいものです。

だからこそ第三者のプロに相談してみて、客観的に判断するのをおすすめします。

仕事で何がしたいかわからない30代へ

採用百科事典
採用百科事典
30代で仕事で何がしたいかわからない人は実際多いです。

しかし、その状態を放置してしまうと転職がしにくくなるどころか、ますますその悩みにつきまとわれることになります。

ですので今30代で何がしたいかわからないと思っている方は、ぜひ一度キャリアのプロに相談し、自分に合っている仕事を見つけていくことをおすすめします。

ポジウィルキャリア

どう生きたいか?でキャリアをきめる最大手キャリアコーチングサービス
自己分析を通してあなたの生きる軸を作る

\ポイント/

  1. キャリア心理学に基づいた体系的なプログラム
  2. 採用通過率1%をくぐり抜けた認定アドバイザーが揃う
  3. 市場価値診断やコーチング認定講座もある

公式サイトはこちら

 

マジキャリ

2ヶ月で人生を変えるキャリアコーチングサービス
転職するか迷っている人も相談OK

\ポイント/

  1. 圧倒的な転職ノウハウ/自己分析サポートで顧客満足度92%!
  2. 転職するべきか悩んでる段階で相談できる
  3. やりたい仕事を見つけたい人におすすめ

公式サイトはこちら

 

ビズリーチ
年収600万円以上の優良求人を多数掲載している転職サイト

\ポイント/

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 今より年収アップしたい人におすすめ
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

公式サイトはこちら

SNSでもご購読できます。