50代の失敗しない就職・転職方法まとめ

本記事にはプロモーションが含まれています。

50代で就職・転職を考えている方は、たくさんいるでしょう。また、50代で就職・転職を検討している方の中には「50代を採用する企業は少ない」「転職タイミングを逃した」と、就職・転職活動を諦めている方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、採用試験対策をしっかりすれば、50代でも転職活動を成功させられます。本記事では50代で転職活動を悩んでいる方に向けて、失敗しない就職・転職方法や、採用試験で求められることを紹介します。

就職・転職に関する役立つ情報を紹介しますので、50代で転職を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

50代の失敗しない就職・転職方法5選

最初に、50代の失敗しない就職・転職方法を5つ紹介します。

これまでの経験やスキルをまとめる

50代の就職・転職を成功させるためには、これまでに培ってきた経験やスキルをまとめておきましょう。なぜなら50代の採用試験では経験やスキルが重視されるからです。

例えば、人をまとめた経験があれば管理職として活躍できますし、専門職として活躍していた経験があれば、その分野の即戦力として活躍できます。即戦力として活躍してくれる人材であれば、企業側も採用を惜しまないでしょう。

転職エージェントを利用する

50代の就職・転職を失敗させないためにも、転職エージェントを積極的に利用しましょう。

転職エージェントを活用するメリットは、以下のとおりです。

・面接対策を実施してくれる
・履歴書・職務経歴書の添削をしてくれる
・希望条件に合った求人を紹介してくれる
・非公開求人を紹介してくれる
・あなたの強みを客観的な視点で教えてくれる

就職・転職活動は、年齢が上がるほど難易度も上がります。そのため、50代で就職・転職活動をする際は、転職エージェントを利用して選考対策をしっかりとしておくことが大切です。

担当アドバイザーは、50代の転職で意識すべき点を、アドバイスしてくれます。

過去の経験を活かせる仕事に応募する

50代を採用する場合、定年退職まで働いても15年です。そのため、長期的なキャリア形成を考えるのは難しいでしょう。長期的なキャリア形成が見込めないのであれば、即戦力として活躍できる人材を採用したいと考えます。

したがって、これまでの経験やスキルが、選考基準において高い割合を占めると言っても過言ではありません。50代の就職・転職で失敗しないためにも、これまでの経験を最大限活かせる仕事に応募しましょう。

正規雇用にこだわらない

50代の就職・転職では、正規雇用(正社員)にこだわらないようにしましょう。なぜなら、50代を正規雇用で募集している企業の割合は少なく、応募できる求人が限られてしまうからです。

キャリアアップを目指しての転職であれば、正社員にこだわるのは良いでしょう。しかし、無職から正規雇用を考えている方は、非正規雇用(契約社員やアルバイト・パート)で働きながら正規雇用を目指すのも一つの手段です。

年収アップに期待しない

年収アップに期待して転職活動を進めると、内定がなかなかもらえず、転職活動に行き詰まってしまう可能性があります。

50代の転職は、難易度が高いため内定が出にくいです。そのため、これまでの年収よりも高い求人ばかりに応募するのは得策ではありません。

入社初年度は年収が低かったとしても、数年勤めることでこれまでの年収よりも高くなるケースがあるため、高年収の求人ばかりに応募することは避けましょう。

50代の転職割合

次に、50代の転職割合を見ていきましょう。

厚生労働省の調査によると、50代の入職率は、男性「4〜6%」女性「9~10%」、離職率は男性「6~8%」女性「10~11%」という結果です。(2020年の調査結果)

男性よりも女性の方が、50代で転職する割合は高い、と言えます。

50歳以降入職率と離職率の割合

年齢男性の入職率男性の離職率女性の入職率女性の離職率
50~54歳4.7%6.4%10.5%10.1%
55~59歳5.4%7.3%9.2%10.9%
60~64歳13.4%17.0%8.4%14.8%
65歳以上12.5%25.4%6.2%18.7%

参照:厚生労働省「令和2年雇用動向調査結果の概況

上記の結果から、男性・女性ともに30代~50代の間は、入職率・離職率に大きな変化がないと言えるでしょう。

50代の就職・転職で求められること

50代の就職・転職で求められることは、主に2つです。

管理職の経験

50代であれば、これまでの社会人経験で管理職をしていた方は多いでしょう。そのため、応募先の企業からは管理職経験の有無が問われます。

管理職経験があると、マネジメント力や経営者目線で物事を考えられる力が身についていると判断できます。そのため、管理職経験は、重要なポジションを募集している企業であれば、選考基準に大きく影響するでしょう。

即戦力としてのスキル

50代の採用選考では、即戦力として活躍できるスキルがあるかが問われます。50代の中途採用を考えている企業の多くは、経験者採用です。

企業が必要としているポジションで即戦力として活躍できる人材であれば、前向きに採用を検討してくれます。

50代の就職・転職を成功させやすい人の特徴

50代の就職・転職を成功させやすい人の特徴は、2つです。

条件を妥協させられる

50代で就職・転職を成功させやすい人の特徴は、応募先企業の条件を妥協できる人です。なぜなら、中途採用を募集している企業のほとんどが20代・30代を対象としているからです。

新しい人材を採用する場合は、長期的なキャリア形成を考えます。50代を採用しても20年以上のキャリア形成は考えられないため、書類選考の時点で落とす企業もあるでしょう。

したがって、50代で就職・転職を成功させやすい方は、広い視野で応募先企業を決められる人です。

焦らずに転職活動できる

焦って転職活動をしてしまうと、転職に後悔する可能性があります。

50代まで働き続けると、何かしらの役職を会社から与えられる人が多いでしょう。しかし、転職すると多くの場合で一般社員からスタートし、新しく人間関係を構築しなければなりません。

そのため、転職先の会社は、慎重に決める必要があります。

50代だからといって焦って転職活動をしてしまうと、「転職しない方が良かった」と後悔する可能性が高いため、焦らずに転職活動できる人ほど転職を成功させやすいです。

50代の就職・転職で失敗しやすい人の特徴

50代の就職・転職で失敗しやすい人の特徴は、自分自身を過大評価している人です。なぜなら、過大評価している人は、今の自分に満足してしまい、新しいことを吸収する意欲がないからです。

就職・転職すると、新しい仕事やルールを覚える必要があります。そのため、謙虚な姿勢と学ぶ姿勢が必要です。採用担当に好かれるためにも、面接では謙虚な姿勢と常に新しいことを学ぶ積極性をアピールしましょう。

50代の就職・転職を有利にする転職サイト

最後に、50代の就職・転職を有利にする転職サイトを3つ紹介します。積極的に活用しましょう。

ハイクラス転職に特化した「doda X」

キャリアアップを考えた転職をするなら、「doda X」です。

「doda X」は年収800万~2000万円の非公開求人を多く取り扱っています。そのため、これまでの年収が800万円以下の方は、転職で年収アップに期待できるでしょう。

他にも、「doda X」では自分で求人を探すこともできますが、約4000人の厳選されたヘッドハンターがあなたに合った非公開求人を紹介してくれます。

さまざまなヘッドハンターに転職活動をサポートしてもらいたい方は、「doda X」がおすすめです。

優秀なヘッドハンターが在籍している「ビズリーチ」

「ビズリーチ」が取り扱っている求人の3分の1は、年収1000万円以上です。そのため、年収1000万円を目指して転職活動しようと考えている方は、理想の求人が見つかりやすいでしょう。

「ビズリーチ」は登録しておくだけで、優良企業や一定の基準を満たしたヘッドハンターからスカウトがくるため、仕事が忙しくて転職活動の時間が取れない方におすすめです。

転職支援実績が豊富な「JACリクルートメント」

「JACリクルートメント」は、転職支援実績が豊富な転職エージェントです。

これまでの転職支援には30年以上の歴史があり、およそ43万人の求職者を転職支援しています。

また、転職支援実績が豊富なだけではなく、支援された方の満足度では、4年連続で第1位を獲得しています。(ハイクラス・ミドルクラスの2019~2022年の転職オリコンランキング)

「JACリクルートメント」は、転職経験が少なく、充実した転職サポートを受けたいと考えている方の強い味方になるでしょう。

まとめ

今回は、50代の就職・転職を失敗しないための方法を紹介しました。50代の転職は20代・30代の転職に比べて、求められることが増えます。そのため、これまでのスキルや経験をまとめて、即戦力として活躍できることを採用担当にしっかりと伝えなければなりません。

また、一人で転職活動をするのが不安な方や、採用選考の通過率を上げたい方は、ハローワークだけでなく、転職サイトや転職エージェントを積極的に活用することが大切です。

本記事で紹介した転職サイト・エージェントは、50代のハイクラスに特化しているため、理想の就職・転職活動に導いてくれるでしょう。

参考:すべらない転職「50代におすすめ転職サイト・エージェント比較!求人数を徹底解説

SNSでもご購読できます。