40代女性の転職は厳しい?資格なし・未経験から転職を成功させる方法を紹介

本記事にはプロモーションが含まれています。

転職を考えている40代の女性に向けて「転職を成功させるための具体的な方法」や「40代の転職において大切なポイント」について紹介しています。

また「40代女性の転職成功談・失敗談」や「40代で未経験からの転職ができるのか」「40代の女性におすすめの転職エージェント」についても解説しています。

40代女性の転職難易度は高い

「年収アップを目指したい」「やりたいことに挑戦したい」「働き方を変えたい」など、40代女性が転職を考える理由は様々ですが、40代になると転職する際の就職難易度は高くなっていくのが実情です

今まで主婦として育児に集中していて子育ても落ち着いてきたから再就職を考えている方もいると思いますが、40代から未経験の仕事で再就職を目指したり、ブランクのある仕事で転職する場合も転職難易度は高くなってしまいます。

ですが、厚生労働省「令和2年の働く女性の状況」の雇用者数の推移では40代は665万人と雇用形態には差があっても全世代の中で雇用者数が一番多いため、転職難易度は高くても仕事の選び方や希望条件によっては転職や再就職できる可能性は十分にあります

ですので、40代で転職や再就職を考えている方は、本記事で紹介している「40代女性が転職を成功させるための具体的な方法」や「未経験からでも挑戦できるおすすめの職種」の情報を参考にして、より最適なキャリア選択をしてもらえれば幸いです。

40代女性の転職難易度が高くなる理由

なぜ40代になると転職難易度は高くなるのでしょうか?40代女性の転職難易度が高くなる理由について具体的に説明していきます。

40代未経験から転職可能な求人の数は少ない

40代の女性が未経験の職種へ転職をするために求人を探す場合、未経験からでも正社員として働くことができる求人数は20代や30代よりも少なくなる傾向にあります。

企業としても未経験の40代を雇うよりも、未経験でも教育がしやすくて新しいことへの柔軟性のある若い人材を雇う方が採用メリットが大きいからです。

もちろん、業種や職種によっては40代でも未経験から雇用されるケースはありますが、40代女性の場合にはパート採用の割合も多いため、正社員として転職を目指す場合には一定のスキルや経験の有無で転職の難易度は変わってくるでしょう。

また、未経験の仕事には過去の経験やスキルとの親和性が重視されるケースも多いため、40代未経験の女性でも転職しやすい職種選びと希望する仕事との親和性を意識していくことが転職を成功させるためには必要です。

経験がある職種でも求人数は少なくなる

転職市場では40代になると、経験があっても求人数自体が少なくなってくることもあり、希望する条件によっては転職活動が思ったように進まない可能性もあるので注意が必要です。

40代の経験者に求められるのは、即戦力であることやチームの役割に応じた臨機応変な対応ができるかどうかだけではなく、マネジメント経験の有無や年齢に相応する経験や実績があるかどうかも転職市場では重要視されています

また、求人の傾向としても40代ではマネジメント有の管理職や、特定の仕事に関するプロフェッショナルとして役割が求められる求人の割合が増えてくるため、20代や30代と比較して数が少なくなってきてしまうのです。

経験がある仕事でも転職する際には事前に転職市場や求人の傾向を確認した上で、希望する転職が本当に可能なのかどうかをしっかりと確認してから転職活動を始めるようにしましょう。

年齢的な要因で懸念することが多くなる

中小企業やベンチャー企業では平均年齢が若いチームで形成されていることも多いため、年齢的な要因で採用のハードルが上がってしまう可能性も否めません

なぜなら、チームの年齢が若い場合にはリーダーが年下になることも多いため「社内の上下関係のバランスを取るのが難しい」「若いメンバーが気を遣いすぎて仕事の効率が落ちるかもしれない」ことが懸念材料となる可能性があるからです。

また、40代の女性だと育児や介護が必要になる方も多く、働いていく中で「育児や介護で仕事に支障が出るかもしれない」ことが懸念される可能性もあるため20代や30代と比べて転職におけるハードルが高くなってしまうのです。

そのため、転職活動をする際には採用担当者が40代の女性に対してどのような懸念を抱く可能性があるのかを把握した上で、自分なりの希望や対処法を考えておいて、面接時に伝えられるようにしておくことも必要でしょう。

40代女性が転職を成功させるための具体的な方法

40代になると、転職する際にはしっかりと事前に情報収集をすることが大切ですが、目的によってどのように転職活動を進めていくべきか、どのようなポイントを意識していけばいいのかは変わってきます。

本項では、40代の女性が転職を成功させるための具体的な方法について「未経験の職種への転職」「ブランクがある方の転職」「働き方を変えるための転職」「キャリアアップ・年収アップのための転職」の4つのパターンに分けて詳しく紹介していきます。

未経験の職種への転職がしたい場合

未経験の職種へ転職したい場合には、希望する職種の特徴や基本的な仕事内容、必要になるスキル・経験についてしっかりと事前に情報収集をしていくようにしましょう。

職種には「未経験からでも転職しやすい職種」「未経験でもスキルを身につければ転職できる可能性のある職種」「経験者や実績がないと転職が難しい職種」などいくつかの種類に分かれており、具体的には以下のような職種が挙げられます。

未経験からでも転職しやすい職種

-事務職・営業職・販売員職・作業員職 etc..

スキルを身につければ転職できる可能性のある職種

-Webデザイナー・Webライター・介護職 etc..

経験や実績がないと転職が難しい職種

-マネジメント系・マーケティング職 etc..

上記は一例ですが「スキルを身につければ転職できる可能性のある職種なのに、スキル取得をしなかった」や「未経験なのに経験や実績がないと転職が難しい職種を選んでしまった」場合には思うように転職活動が進まないことも多いです。

そのため、未経験の職種への転職を希望する場合には、希望する職種や未経験からその職種に転職するために必要なことをしっかりと調べた上で、転職活動を進めていくようにしましょう。

また、未経験の職種でも経験やスキルとの親和性次第で採用してもらえる可能性がある職種もあるため、職種選びをする際には自身の経験やスキルとの親和性を意識して希望の職種を探してみるのもおすすめです。

採用百科事典
採用百科事典
希望する職種について調べてもよくわからない場合は、マイナビAGENTのような転職エージェントを活用して話を聞いてみるのも良いです。スキルや経験を踏まえた上での転職難易度も聞くことができれば、転職するためには具体的に何が必要になるのかも明確になるので積極的に相談してみてください。

育児で仕事にブランクがある場合

育児で仕事にブランクがある方が転職する場合には、今までの経験とスキルの棚卸しをした上で、現時点で自分の保有するスキルや知識がどの程度なのかを正確に把握していくことが重要です。

特に、育児で数年間仕事にブランクがある場合、求められるスキルや知識が新しいものに変わっている可能性もあるため、転職活動で過去の経験や実績をアピールしてもブランクがネックになって転職活動が上手くいかない可能性もあります。

ですので、育児で仕事にブランクがある方は、退職前と今で仕事の進め方や求められるスキルに変化はあるのか、希望職種において40代の人材に求められることは何かをしっかりと調べた上で転職活動に取り組むようしましょう。

また、自分自身のキャリアの棚卸しやスキルレベルの把握が難しいと感じる方、現時点での市場価値を知りたい方は転職エージェントやキャリア相談サービスを活用していくのがおすすめです。

その他にも「育児のために勤務時間に融通が効く方がいい」「年収500万円以上がいい」など、転職における希望条件をしっかりと明確にした上で求人があるのかを事前に確認しておくと転職が失敗するリスクを減らすことにつながります。

働き方を変えたいと考えている場合

「今の職場と違う働き方ができる環境で働きたい」「育児や介護でフレキシブルに働ける環境がいい」といった理由で転職を考えている方は、具体的にどのような働き方ができる環境がいいのかを明確にしていくことから始めていきましょう。

例えば「在宅勤務(リモートワーク)で働きたい」「残業が少ない環境で働きたい」「フレックス制や時短勤務ができる環境で働きたい」など具体的な内容を思い浮かべることで自分が求める職場のイメージが明確になり、転職時の希望条件の軸を決めることにつながります。

コロナウイルスの影響から在宅で働く機会が増えたことから、在宅勤務(リモートワーク)で働ける環境が整っている企業も増えており、従業員満足度や効率的な働き方を実現するためにフレックス制や時短勤務制度を導入している企業も増えています。

ですが「在宅での業務が難しい業種」「残業時間が多くなりがちな業界」など、業界や業種の特性として希望する働き方が難しいケースもあるため、まずは希望する仕事が希望する働き方を実現できるのかどうかを確認することが大切です。

また、働き方を変えることへの優先度が高い場合には、未経験の職種への転職や雇用形態を見直すことも視野に入れていくことが大切なので、状況によって適切な選択ができるように転職エージェントを活用して相談していと良いでしょう。

キャリアアップや年収アップで転職したい場合

キャリアアップや年収アップの目的で転職を考えている場合には「スキルの棚卸しと市場価値の把握」「目的に沿った転職エージェントの活用」が転職を成功させるためには大切なポイントになります。

キャリアップや年収アップを目指す場合には、市場価値と適正年収がどれくらいか把握しておかなければ、希望条件が適切なのかの判断が難しく、適正年収以上の希望年収を設定してしまうと転職難易度も上がってしまいます。

キャリアアップや年収アップの転職を考えている方は、まず転職エージェントで自身の実績やスキルを加味した市場価値や適正年収を把握した上で、希望の条件での転職は可能なのかどうかの相談をしていくようにしましょう。

また、キャリアアップや年収アップ目的で転職活動をする際には、ハイクラス求人を取り扱っている転職エージェントを活用することで、希望に沿う求人を効率的に探すことができるのでおすすめです。

採用百科事典
採用百科事典
ハイクラス向けの求人を探すなら「ビズリーチ」がおすすめです。転職サイトと転職エージェントでは使い方は異なりますが、具体的な特徴や口コミも紹介しているので関連記事も参考にしてみてください。

40代女性が転職を考える理由

40代の女性が転職理由として挙げられるのには以下のようなものがあります。

40代女性の転職理由

  • 仕事内容に対して不満がある
  • 給料や待遇に対して不満がある
  • 残業時間や休日出勤が多く体力的にしんどい
  • 会社の将来性や安定性に不安を感じた
  • ワークライフバランスを大切にしたい
  • 育児や介護のために柔軟に働きたい
  • 職場の人間関係が悪くてストレスを感じた
  • 新しいことに挑戦してみたいと思った

40代の女性の転職理由を見ると「仕事内容や労働環境に対する不満」「育児や介護のために働き方を変えたい」「人間関係のストレス」「新しいことに挑戦したい」の理由が多いです。

現代では初婚や初産の平均年齢30代となっているため、40代になっても子育てを続ける方も多く、40代になると両親の介護を視野に入れて柔軟な働き方を意識する必要が出てくるため、より柔軟に働ける環境を希望する方が増えています。

また、年齢を重ねるにつれて体力的にしんどいと感じることも増えてきたり、老後の資金をしっかりと稼いでおくためにもっと収入を上げたいと考えている方もいます。

40代女性でも未経験の職種へ転職はできる

転職を考えている方の中には「今の会社や仕事では将来大変そうだから仕事を変えたい」「将来のことを考えて安定した仕事に就きたい」と感じているが「未経験からでも転職できるの?」と疑問に感じている方もいると思います。

冒頭で40代になると転職難易度が上がってしまうので未経験の職種への転職は難しいとお伝えしましたが、職種や希望条件次第では40代未経験からでも転職に成功している方はたくさんいるので安心してください。

未経験の職種へ転職をする場合には「未経験でも転職しやすい職種を選ぶこと」「自身のスキルや経験との親和性がある職種を選ぶこと」「スキル習得が必要ならしっかりと事前に準備すること」が重要なポイントです。

また、40代で転職する場合には希望する仕事へのこだわり以上に転職目的を達成できるのかで仕事選びをしていくことも、転職成功のためには大切なポイントとなります。

40代で未経験の職種に転職する場合には必ずしも希望職種や希望条件で転職できるわけではありませんが、転職目的を満たす転職はできるため転職エージェントを活用しながらしっかりと準備をして転職活動に取り組むようにしましょう。

未経験転職したい40代女性におすすめの職種

40代の女性の中には「育児が落ち着いたことで仕事を再開しようと考えている方」「安定して働ける職種に転職したいと感じている方」も多いと思いますが、未経験から転職をするのであれば以下の職種がおすすめです。

未経験からでも挑戦できる!40代女性におすすめの職種

営業・総務・医療系の事務職

-PCスキルがあれば未経験からでもチャレンジできる

人材・保険・不動産の営業職

-コミュニケーション能力が高ければ未経験でも転職できる可能性がある

テレフォン・チャットオペレーターやコールセンター

-マニュアルも完備されていて安定して働くことができる

工場作業員の製造系の作業職

-未経験からでもチャレンジしやすく仕事や労働時間が安定している

ホームヘルパーの介護職

-需要が高く資格を取得すれば未経験から採用されるケースも十分にある

Webライター

-経験や知識を活かせてスキルを身につければ在宅でも働ける

将来性や安定性を考えるのであれば「営業・総務・医療系の事務職」「工場作業員など製造系の作業職」の仕事が特におすすめですが、専門的な知識や経験があるのであれば人材系の営業職やWebライターとして働いてみるのもおすすめです。

「営業・総務・医療系の事務職」「工場作業員など製造系の作業職」であれば未経験でも仕事をする中で慣れていけば良いと考える傾向が強く、比較的需要も安定しているため年齢を重ねても堅実に働いていくことができます。

また、人材系の営業やエージェントでは未経験でも特定の業界に関する専門知識や実務経験を持っていたり、コミュニケーション能力が高い方を採用するケースもあるため未経験でも採用される可能性は十分にあります。

その他にも、Webライターも経験や知識がお金になり、働き方も融通が利いて家庭の都合の調整もしやすいため、在宅で働くことができる可能性が高い職種としておすすめです。

40代女性の転職成功談・失敗談

40代の女性で転職をしたいと考えている方の中には、実際に転職に成功した人や失敗してしまった人はどうやって転職活動を進めていたのか気になる方もいると思います。

そこで、ブログやツイッター、ヤフー知恵袋の情報を参考に40代の女性が転職に成功した体験談や失敗してしまった体験談について紹介していきます。

成功談①未経験の職種への転職に成功した

私は今までインターネット企業の営業職として経験を積んできたのですが、仕事をしていくうちに外回りの仕事よりも社内で事務をしていた方がワークライフバランスがとりやすいのではないかと感じていました。

40代になってから外回りをするのが少し大変だと思っていたので、思い切って営業事務の仕事に転職するために転職活動を始めました。

転職活動ではなぜ営業事務をしようと思ったのか聞かれることが多かったですが、これからの働き方の希望や考えを話し、営業の経験を活かして裏方の仕事で貢献できることを伝えしたら採用してもらうことができました

成功談②ブランクのある状態から転職できた

私は28歳の時に出産して、そこから子育てのために主婦として仕事をしてきたのですが、子供も中学に進学し、そろそろ仕事をしてみたい気持ちが強くなってきたので転職活動を始めました。

昔は広告代理店で働いていたので、できれば同じ仕事をしたいと思っていたのですが、ブランクがあることがネックとなって転職活動が思うように進みませんでした。

その時に転職エージェントの方に相談したら「一度派遣で仕事をしてブランクを埋めた方が結果的に正社員への転職の近道になる」というアドバイスをもらったので、派遣で1年半ほど仕事をしてから改めて転職活動をしたら希望する仕事へ転職できました。

失敗談①軽い気持ちで転職活動をしてしまった

30代の時には未経験でも転職活動をしたらすんなり転職できたので軽い気持ちで転職活動をしていたら思うように転職活動が進まなくてびっくりしました。

30代に比べて少し大変かなと思っていたのですが、40代になると求人の数が思っていたよりも少なくて希望する求人に応募してもなかなか選考に通りませんでした。

転職エージェントに相談しても「希望する条件だと紹介できる求人に限りがある」という話だったので、条件が変わらないなら今のままでいいやと結局転職はしませんでした。

失敗談②転職できたけど思ってたのと違っていた

私は母の介護のために働き方を見直したいと思って転職活動をして、面接の時に柔軟に働ける環境があるという話だったので転職を決めたのですが、実際に働いてみると残業が多くて仕事と介護を両立するのが難しい状態でした

半年ほどは頑張ってみたのですが、やはり体力的に仕事と介護を両立するのが大変だったので、上司に相談して退職させてもらうことになりました。

今は夫の協力もあり介護に専念していますが、次に転職活動をする時にはしっかりと状況を説明してミスマッチがないようにしてきたいです。

====

上記のように転職に成功したケースもあれば、転職活動をしてみたけど上手くいかなかった、転職はできたけどミスマッチがあって結果的に退職してしまったケースはよくあります。

ですので、転職で失敗しないためには転職エージェントを活用して求人を紹介してもらったり、企業選びのアドバイスもらうことで、より効率的な求人探しやミスマッチのない転職ができるでしょう。

採用百科事典
採用百科事典
女性が転職活動について相談したり、女性向けの求人を探したい場合にはマイナビAGENTを活用していくのがおすすめです。女性の転職に強い転職エージェントであれば、女性の悩みや不安に寄り添ったサポートが受けられて、育児や介護の状況も加味して希望に合った求人を紹介してくれるでしょう。

40代女性の転職において大切なポイント

40代の女性が転職活動を進めていくには、以下のポイントを意識しておくことで、転職の成功率を上げたり、より最適なキャリア選択をすることにつながります。

自己分析や情報収集の準備は怠らない

40代の女性が転職をするには、自己分析をして今までの経験や実績、保有スキルや専門知識の有無など、強みやアピールポイントについてしっかりと情報をまとめておくようにしましょう。

また、未経験の職種へ転職がしたい場合や仕事にブランクがある場合には、職種に関する情報や企業選びをはじめとした関連性が高い情報は転職活動を本格的に始める前に確認しておくことが大切です。

転職を成功させるためには事前準備が非常に重要なので、収集をした情報を参考に「希望する転職が可能なのか」「もし難しければどうすれば転職を成功させることができるのか」も考えて計画的に転職活動を進めていくようにしましょう。

また、40代になると転職難易度も上がっていくため、転職の計画を立てる際には中長期的な転職活動も視野に入れて時間やお金に余裕を持っておくと、精神的にも安心して転職活動に取り組めます

転職目的や条件の優先順位を明確にする

40代で転職をする場合には「どのような目的で転職をしようと考えたのか」「希望する条件の中で優先度が高い条件は何か」といった点を明確にしておくことが大切です。

転職目的を明確にしておけば条件を設定するときの優先順位も決めやすく、転職活動を進める際にも転職の軸を明確になり面接でも自分の考えを伝えやすくなります。

また、40代の転職では希望する条件にこだわりすぎると紹介できる求人が少なくなるため「希望条件の優先順位」「譲れない条件と妥協できる条件」も明確にしておいて、必要に応じて希望条件を緩和していくようにしましょう。

その他にも、自身の市場価値や適正年収を把握することで希望条件の設定がしやすくなるため、転職活動をする際には転職エージェントで適正年収や希望条件で紹介できる求人の有無をしっかりと確認しておくようにしましょう。

女性が働きやすい環境がある企業を探す

女性の転職では「希望の働き方や条件を満たす企業を選ぶこと」「女性が働きやすい環境が整っているかどうかで企業を選ぶこと」が重要ですが、どうやって見つければいいのかわからない方は以下の方法を参考にしてみてください。

  • 女性向けの転職エージェントを活用する
  • 求人や口コミの情報から見分ける
  • 安全衛生優良企業マーク推進機構で調べる

40代の女性が希望する働き方や、条件を満たす企業や、女性が働きやすい環境が整っている企業を探す場合には、女性の転職に特化した転職エージェントを活用したり、求人や口コミの情報から見分ける方法が一般的です。

求人や口コミ評判の情報を見る際には「残業時間」「フレックス・時短勤務制度の有無」「産休・育休の記載及び取得状況」を見ていくことで、柔軟な働き方や働く女性への配慮ができているかどうかを見ることもできます。

その他にも、安全衛生優良企業マーク推進機構では、ホワイト企業の基準を満たすことを証明する『ホワイトマーク』。出産や育児の支援体制が整っている企業を認定する『くるみんマーク』。女性の活躍推進に積極的な企業を認定する『えるぼしマーク』の認定をおこなっています。

安全衛生優良企業マーク推進機構は国から委託を受けて認定を行っており信頼性も高いので、ホワイト企業や女性が働きやすい企業を探す場合には、認定企業になっているかどうか検索してみるとよいでしょう。

転職の際には資格の取得も検討する

転職活動において資格を取得することは転職の成功率を少しでも上げるためには有効な方法として考えられています。

特に、40代未経験の場合には希望する職種に関連する資格を取得することで転職活動でもアピールにつながったり、一定のスキルがあることを証明することにつながります。

また、キャリアアップや年収アップを目指す場合にも、仕事に関連する上級資格を取得していれば、専門知識や高いスキルがあることを客観的に証明できるため、キャリアアップや年収アップの転職にも役立ちます。

もちろん、資格を取得すれば必ずしも有利に働くとは限りませんが、事務職や介護職などの未経験でも転職しやすい職種では、資格の有無で採用される確率が変わることもあるため、必要に応じて資格の取得も検討していくことをおすすめします。

派遣・契約社員・パートも検討する

40代から転職を検討している方の中にはブランクがある方もいると思いますが、もしブランクがあることで正社員への転職活動が難航している場合には、派遣や契約社員、パートの働き方も検討してみてください。

正社員転職において同年代の応募者が複数いる場合には、より会社に貢献してくれる方を優先的に採用するケースが多いため、ブランクがあるとどうしても転職活動のハードルが上がってしまいます。

ですが、派遣や契約社員、パートとして働くのであれば正社員転職よりもハードルが下がるためブランクを埋めて仕事に慣れるためには有効な手段です。

また、派遣や契約社員、パートとして働いていく中で正社員登用される可能性もあれば、経験を積んでから改めて正社員転職を目指して転職活動をすれば、以前よりも転職のハードルが下がるため正社員として転職できる可能性も高くなります。

派遣や契約社員、パートとして働くことに抵抗がある方もいると思いますが、転職活動では一度遠回りすることで希望する転職を実現している方も多いため、転職活動が上手くいかない方や能力的に不安がある方は一度検討してみてください。

転職エージェントを活用してしっかりと相談する

40代の女性が転職活動を進めていく場合には、転職エージェントを活用していくことが転職成功への近道となります。

転職エージェントでは求人紹介だけではなく、経歴書の添削、面接時のアドバイスの転職支援も行ってくれるため、効率的に転職活動を進めていくことが可能です。

また、本格的に転職活動を始める前でもキャリア相談に乗ってくれるため、自身の状況を話して希望する転職ができるのか事前に確認したり、転職活動を始める場合にどのようなことから始めればいいのかアドバイスをもらうこともできます。

転職活動では自己分析や事前の情報収集が重要だとお伝えしましたが、転職エージェントを活用することで転職に効率的な情報収集や自己分析を行うことにもつながるため積極的に活用していくようにしましょう。

40代女性におすすめの転職エージェント

40代女性が転職活動をする場合、希望の条件に沿う求人を探すためには目的に沿った転職エージェントを活用していけるかが重要なポイントになります。

例えば、女性向けの求人を豊富に取り扱っているエージェントであれば、女性の転職に関するプロからアドバイスをもらうことができたり、多数の求人の中からあなたにの希望に合うおすすめの求人を紹介してくれるでしょう。

他にも、幅広い求人の中から探したいときは大手転職エージェントのキャリアアップ・年収アップのために転職活動をしている場合には「ハイクラス向けの転職エージェント」を活用することで効率的に希望の求人を探すことができます。

また、転職エージェントに登録する際には複数のエージェントを利用することで、より効率的に求人を探すことができるため、2~3社ほど登録して希望の求人を紹介してくれるエージェントを優先的に活用していくようにしましょう。

マイナビAGENT

20代の登録者数No.1!
全業界、職種の求人を網羅!IT業界や営業職の求人も多数

\ポイント/

  1. 20代など若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. メーカーエンジニア・営業職・金融系職種などの転職支援が得意
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

公式サイトはこちら

40代女性の転職でよくある質問

最後に、40代の女性からよくある転職に関する質問についてまとめました。

質問)40代になる転職が難しくなると聞いたのですが本当でしょうか?

回答)年齢を重ねていくにつれて男性も女性も転職市場における有効求人倍率は下がっていく傾向にあるため、30代の時に比べて40代の方が転職の難易度は高くなってしまうのが実情です。

質問)40代からでも未経験の職種へ転職することはできますか?

回答)事務職や工場作業員といった未経験からでも積極的に採用している職種であれば転職できる可能性は十分にあります。

質問)子育てのために仕事を辞めてからブランクがあるのですが、転職することはできますか?

回答)ブランクがあっても転職することは可能です。ですが、ブランクがあることで転職活動が上手くいかない場合には派遣や契約社員、パートでブランクを埋めてから正社員転職を目指すのも有効です。

質問)育児や介護があっても転職することはできるでしょうか?

回答)育児や介護をしながら働きたい場合でも転職できる可能性は十分にあります。育児や介護をしながら働く場合にはフレックス制度や時短勤務制度を導入している企業を選ぶ必要はありますが、転職活動時にしっかりと育児や介護が必要な状況だと伝えておけば問題はないので安心してください。

質問)キャリアや転職のことについて相談したいのですが、誰に相談すればいいですか?

回答)キャリアや転職のことについて相談するのであれば、転職エージェントや転職相談サービスを活用してキャリアや転職のプロに相談するのがおすすめです。キャリアや転職のプロであれば、あなたの状況に適したアドバイスをしてくれるため積極的に活用していくと良いでしょう。

参考:すべらない転職「40歳からの転職は遅い?40歳の転職事情や成功する人の特徴

SNSでもご購読できます。