【男女別】35歳からの転職|未経験でも成功させるポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

35歳の転職は今後の人生に大きく影響します。そのため、本当に転職するべきなのか、転職が成功するのか…様々な不安を抱いている人が多いと思います。年収を上げたい、キャリアアップしたい、ワークライフバランスを保って働きたいなど、そんな人に35歳の転職事情を徹底的に解説していきます。

さらに、35歳女性の転職についても説明していきます。結婚・出産・子育てといったライフイベントが影響してしまう「35歳女性を雇用する企業があるのか」についてもお話ししていきます。

35歳以上の転職は場合によっては難しい

専門的な経験や高い実績を持った上での転職であれば、35歳を超えても転職は可能です。ただ、未経験業界や職種への転職となると難しいです。

世間で言われている「35歳転職限界説」ですが、未経験業界・職種へ転職するのが難しい(厳しい)という意味です。ミドル層に当てはまる35歳以上でも、即戦力となるスキルやマネジメント経験があれば転職を成功させられます。

未経験業界・職種への転職は非常に難しい

未経験業界・職種への転職は非常に難しいです。なぜなら、教育コストがかかるためです。企業が中途採用するのは自社に利益をもたらしてくれることを期待しています。教育コストをかけずに、リターンを期待できる即戦力・経験者を採用した方が合理的ですよね?

ただし、事業が想定以上に拡大している、欠員補助の必要が出た場合は、経験者だけでは足りず未経験者を採用することがあります。この場合、コストが安く、若くて素直であり、吸収力が高い第二新卒、または20代を採用したほうが良いと企業は考えます。

第二新卒や20代よりも教育コストがかかる35歳の未経験者を採用するメリットってないですよね。だから未経験業界・職種への転職は難しいわけです。

35歳女性の転職事情

35歳女性の場合は、ライフイベントが大きく影響するため、男性よりもやや厳しいです。特に妊娠・出産を視野に入れての転職はしないほうが良い可能性があります。

なぜなら、産休・育休制度はすぐに利用できず、一定の勤続年数が必要になるからです。実際に産休・育休制度の適応条件は各企業によって異なっており、制度が整っているかどうかも曖昧な場合も多いので、質問をして確認したほうが良いでしょう。

女性にとっても働きやすい環境の確認方法は「35歳の転職で気をつけること」で説明しています。

35歳以上で転職を成功させるポイント

ミドル層に当てはまる35歳以上で転職成功させるポイントは、以下の5つです。

即戦力として活躍できるスキル・経験

希望している業界・職種での業務経験があるのか、あったとしても即戦力として活躍できるのかどうかが重要になってきます。さらに高い実績や深い専門スキルがあると、転職が有利に働きます。経験やスキルは業界よりも職務経験のほうが重視されます。つまり、職務経験さえあれば、未経験業界でも比較的チャレンジしやすいです。

また、自分の経験・スキルを客観的に評価してもらうために、業務に関連する資格を保有するのも有効です。資格は国家資格だと、アピール度は高くなります。保有している資格ですが、実際に資格を活かした業務ができることが条件です。取得して数年経過した資格であれば、面接時にその資格を活かして何をしてきたのか確認されます。

仕事のシチュエーションを具体的に話せる資格であれば問題ありませんが、あくまでその資格を活かして何ができるかが重要です。取得しただけで業務に活かせない資格は無意味なので、注意しましょう。

マネジメント経験があるか

マネジメント経験が必要になる理由は、新卒入社したマネージャーと比較されるからです。例えば、新卒23歳で採用したメンバーがプレイヤーとしても3年ほどで一人前に育っており、早いところだと26〜28歳くらいでマネージャーに抜擢されています。

その彼らと比較して、一回り年齢が上の人であれば、業界・職種経験はもちろん、マネジメント経験もさらに追加で求めたいのが企業側の論理です。

また、企業の人事制度や等級制度、給与テーブル的に35歳からは管理職以上の等級役割や給与テーブルを定めていることも多い、のも理由の1つです。

希望条件にこだわりを持たない

希望条件にこだわりを持たないほうが良い理由は、即戦力性の高い経験やスキルを持っていない限り、自分の希望や主張が通らないからです。

例えば「年収を少し上げて欲しい」という希望を出しても、経験やスキルが不足していると、利益貢献してもらえる可能性が低いと企業側が判断します。

もちろん、即戦力性の高い経験やスキルを持っている人なら、その能力に応じて多少なりとも希望条件を許容してもらえることがありますが…。

内定を得やすい企業を選ぶ

小規模で知名度の低い会社を選ぶ理由は、採用力がそこまで高くないので、人柄と熱意が高ければ一定広く検討してもらえる場合があるからです。有名大手は採用時に即戦力になる人材を自由に選べるので、まず採用してもらえないと思ったほうが良いでしょう。

ですから、あまり知られていない小規模会社を選ぶのがおすすめです。また、入社を希望する企業の事前調査は、必ず行ないましょう。「名前を聞いたことがある」程度で安易に選考を受けて入社してしまうと、後悔することになります。

「その企業が業界でどのような位置づけか?」「売上規模や従業員数は?」「具体的な業務内容は?」など。これらを確認するプロセスで、自分が活躍するイメージが持てない企業への転職はおすすめしません。

具体的な実績をまとめておく

転職活動をする前に自分がこれまで何をして、企業の業績にどのような貢献をしてきたのか。これらを職務経歴書より詳しいレベルにまとめておくと、自分の「売り」になるスキルを再確認することができます。

「資格の保有」や「内定を得やすい企業を選ぶ」ともリンクする内容ですが、資格や業務を通じて、自分のスキルの棚卸しを行なえば、それをアピール材料に自分と相思相愛な企業を選択できる可能性が上がります。

また、自分でも気がついていなかった能力を発見する機会にもなりますし、考えてもいなかった企業が候補に挙がるかもしれません。

35歳で転職しても良い人の特徴

次は35歳で転職しても良い人の特徴についてご紹介します。

今の会社で出世することが難しい場合

今の会社で出世することが難しい場合、転職をするのは間違っていません。もちろん、転職先で出世できる可能性があるかどうか、きちんと見極める必要があります。その理由は、他の会社に転職したからといって、必ず出世できる保証はないからです。

また、出世して年収を上げたいと考えている場合は、転職エージェントに相談してみるのが良いですよ。キャリアアドバイザーが同業界・職種、世の中の相場と比較して、あなたの相場が恵まれているかどうか教えてくれるので、転職についてじっくり考えられます。やっている仕事は変わらないのに、転職したら年収が100万円UPしたなんて話はざらにあります。

会社の将来性が不安な場合

転職先が将来有望とは限りませんし、自分自身が有望な会社で活躍できるとも限りません。成長業界や企業では、それ相応にストイックな働き方や成果が求められることも多いです。

会社の将来性が不安…という気持ちも十分わかるのですが、転職理由としては曖昧な理由なので、もう少しだけよく考えてみることをおすすめします。よく考えてみても不安が拭えないようなら、リクナビネクストやマイナビ転職などの転職サイトで求人を探すのもアリです。

明確な目標がある人

実際の転職成功事例で、ネット業界大手で経営企画をやっていたものの、ネットへの関心が低く経営企画という職種にやりがいを感じない方がいました。

年収1,000万円を超える恵まれた条件でしたが、条件やキャリアアップよりも、非合理であってもやりがいを重視したいと年収を500万円まで下げて、人材業界の営業・コンサルタントに応募し転職されました。

現在はとてもやりがいを感じて活き活きと働き、成果も出て活躍しているので、年収も前職近くまで戻ってきています。合理性ではなく、ご自分の中でやりがい軸を重視した転職は幸せ・成功する可能性が高いかもしれません。

35歳で転職しないほうが良い人の特徴

一方で、35歳で転職しないほうが良い人の特徴についてもご紹介します。以下の特徴に当てはまる人は、1度冷静になって考え直してみることをおすすめします。

転職理由がネガティブな場合

転職理由がネガティブな場合は、転職しないほうが良いです。なぜなら、35歳以上の人でこれを理由に他の会社へ転職できない可能性が高いですし、転職しても改善する問題でないケースが多いからです。

また、意外と現職は恵まれた待遇を得ており、井の中の蛙であることが多いことも理由の1つです。

実績や成果がない場合

実績や成果がない場合も、転職はしないほうが良いと言えます。なぜなら、現職や業界・職種で語れるだけの実績や成果がないと、評価してもらえないからです。

30代前半からそうなのですが、特に35歳以上の転職では、即戦力や専門スキル、マネジメント経験が求められ重視されるので、実績や成果がないと転職するのは厳しいです。

35歳の転職で気をつけること

転職を考えたら、まず「なぜ転職したいのか?」を整理してみましょう。これが整理されていないと、転職先で「こんなはずではなかった…」といった思わぬミスマッチに繋がります。

転職市場で評価の高い企業が、必ずしも自分にあった企業であるとは限りません。「何を優先して、何を捨てるのか」を明確にした上で転職活動を始めれば、後悔しない転職に繋げることができます。

このことを踏まえつつ、転職先に求める条件について、1つだけ触れておきます。この点においても、人によって働きやすさの基準は異なります。よくある転職理由として「人間関係」「ワークライフバランス」「キャリアアップが困難」があります。

特に「ワークライフバランス」と「キャリアアップ」を両立できる職場が少ないのは現実です。ここで自分で考えた「転職の優先順位」が大切になってきます。女性の場合は自分の優先順位を大切にしつつ、以下のことも最低限確認して「自分にとって働きやすい環境であるか」を判断してください。

従業員の男女比率

35歳女性の転職で押さえておきたいポイントが、従業員の男女比率です。男性の比率が多いと、それだけ女性の働き方に対する理解度が低くなりがちです。女性従業員の比率が高ければ、女性が働きやすい制度の導入が積極的であったり、いざという時にも相談できたりします。

子供を抱えている女性が在籍している会社であれば、その理解度も高くなると言えるでしょう。男性の場合でも、育休が取りやすかったりするので、事前に確認しておくと良いです。

結婚・出産後でも働き続けることができるか

長期的に働くためには、結婚や出産に理解がある企業であることが望ましいです。再雇用制度や、産休・育休制度が充実していれば安心ですよね。

会社から結婚や出産に対する考え方を聞かれた際には、結婚・出産を経ても仕事を続けていきたいという思いを伝えるのが大事です。

出勤時間や退社時間に柔軟性はあるか

共働き世代が増え、男女で協力して子育てをしていると、子供の世話で早退や遅刻をしてしまうこともあると思います。その際、出勤時間や退社時間に柔軟性があるかどうか、これが重要なポイントになってきます。

入社を希望する企業の実際の労働環境について、可能なかぎり調べておくのが大事だと言えるでしょう。例え、女性管理職の割合が高くても、独身女性中心の場合は理解度が低い傾向にある可能性があるため、注意が必要です。

育児は夫婦が協力して行うものなので、子供がいる場合には、夫婦共々協力をして育児に臨む旨を、会社にしっかり伝えるのが重要です。

35歳の転職を成功させるには?

35歳以上の人は転職できる人/転職できない人の差がかなりはっきりします。管理職やプロフェッショナルプレーヤーとして活躍していた人は引く手あまたで、転職先に困ることはないでしょう。(逆に即戦力として活躍できるスキルや経験がないと厳しいです)

なので「多くの求人をチェックし、比較検討を重ねること」が納得して転職する鍵となります。転職エージェントを利用することで、企業のHPにすらない求人をチェックできます。なぜなら、企業は全ての求人をHPに載せていないからです。

転職エージェントに、企業の非公開の求人を紹介してもらうことで、HPにない求人を確認できます。(非公開求人は全体の9割と言われています)

長くなりましたが、まとめると、転職エージェントに登録しないとチェックできない求人が存在あることです(35歳以上のミドルやハイレイヤー層の求人は特に非公開になりやすいです)。オススメの転職エージェントをいくつかご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

error: Content is protected !!