転職での直接応募は不利?それとも有利?メリット・デメリット比較まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職の際に、直接応募や求人サイト経由、転職エージェント経由など、さまざまな応募方法があり、どれが一番いいのか疑問に思う方も多いはず。今回は求人サイトや転職エージェントを通さない直接応募のメリット・デメリットや、直接応募をする際に注意点をご紹介します。

直接応募とは?

直接応募とは、企業の採用サイトまたは問い合わせフォーム経由で自ら応募することを意味します。転職エージェント経由での応募を間接応募とは呼ばないものの、間接的な応募になるため、対比の意味として直接応募という言葉が使われています。

インターネット上では「中途採用は直接応募したほうが良い」「転職エージェント経由は不利」といった様々な噂があります。これらには一定の根拠があるものの、間違っている情報も含まれています。むしろ転職エージェント経由のほうが有利なケースもあります。

直接応募が有利説(メリット)の真実

①入社意欲が高いと好印象を持たれる

本当。ただし好印象を持たれるものの選考結果まで影響されることはありません。当たり前ですが、中途採用ではスキル実績が評価されます。直接応募のほうが有利と言えるほどの効果はありません。

②直接応募は書類選考が通りやすい

嘘。結論から言うと本人次第です。落ちる人は落ちますし、受かる人は転職エージェント経由だろうと書類通過します。中途採用ではスキル実績が評価されるからです。

③熱意で採用される場合もある

嘘。繰り返しになりますが、中途採用ではスキル実績が評価されます。もしも熱意だけで採用を決めてしまうような会社であれば、余程の人手不足か、または「誰でもいい仕事」なのか、またはブラック企業を疑ったほうがいいでしょう。

④企業側の採用コストが節約できる

本当。ただ採用コストが安いからと言って合格ラインを下げる企業はありません。採用コストがかかってもスキルが高い人を採用するのが一般的な考え方です。採用コストが節約できるという理由だけで合格ラインを下げるような会社はブラック(以下略)

⑤何度もチャレンジできる

嘘。直接応募でなくても再挑戦できます。ただし、一定の期間が必要になります。まずどうして不合格になったのかを分析してみましょう。例えば資格が必要であれば、資格をとれば再挑戦できます。経験値が足りていないのであれば、別の会社で働く必要があります。

なぜ不採用になったのか、相手の採用基準がわかれば、2回目は合格できる可能性が高まります。ただ空白期間を置いただけでは意味がありません。努力して自身のキャリアを積むようにしましょう。

⑥直接応募でしか募集していないことがある

本当。たまにいます。ただし採用熱は高くありません。「応募きたらラッキー」くらいの気持ちで募集しています。本当に切羽詰まっていたら転職サイトや転職エージェントに依頼します。

例外として超大手企業は事情が違ってきます。グーグルやアップルになると勝手に応募者が世界中からエントリーしてくれるため直接応募でしかエントリー方法がない企業も。

直接応募は不利説(デメリット)の真実

①採用率が低い

嘘。直接応募だろうが、転職エージェント経由だろうが採用率に変化ありません。あえて言えば直接応募には「実は募集終了していた」場合も起こりうるため結果的に採用率は低くなってしまう可能性があります。

②求人内容が不明確

嘘。確かに採用ホームページが情報不足の企業も多いが、転職サイトや転職エージェントの場合でも求人内容が不明確なケースも多い。ただし、転職エージェント経由で応募していると転職エージェントが代わりに聞いてくれるメリットがあります。

③スケジュール調整が大変

本当。みずから企業の採用担当者と連絡をとりあい、職務経歴書の送付や面接日程調整をおこなう必要があります。とはいえ、結局はあいだに転職エージェントをはさむだけなので、結局は自分のスケジュール管理をしなければいけません。

結論

転職エージェントより直接応募のほうが有利説は嘘です。結論は「状況による」と言えるでしょう。本当に行きたい企業があるなら(且つ内定をもらえる自信があるなら)、転職エージェントなんて紛らわしいフローを踏まず直接応募したほうがいいと思います。

一方で、「自分の職務経歴書にアドバイスしてほしい」「面倒な日程調整は任せたい」「面接の傾向を知りたい」「異業種含めて色々と検討したい」といった考えなら転職エージェントを利用したほうが良い転職活動ができます。

直接応募の裏技の注意点

転職エージェントで紹介してもらった求人を直接応募していいのか疑問に思ったことはありませんでしょうか。ある意味賢い方法だと言えますが、この行為は暗黙のルール違反だと言えます。法律違反にはなりませんが、転職エージェントのビジネスモデルを否定するため、バレるとブラックリスト入りしてしまいます。

また、非公開求人(ホームページに載っていない求人)の場合、企業側からも「どこで知ったの?」と疑われてしまいます。常識的な企業であれば本件のような応募者を対応すると、転職エージェントへの裏切りに加担してしまうため、選考してもらえないか、転職エージェント経由の再応募を促すでしょう。

バレてしまって「問題ない」とする企業がいるとすれば、その企業は倫理観(モラル)が低いと言えます。

直接応募したほうが良い企業・業種・職種

転職エージェントでは取り扱いが少ない業種・職種に関しては直接応募をおすすめします。

転職エージェントでは取り扱っていない業種や職種

ブルーカラー系

ブルーカラーと呼ばれる肉体労働系の職種を取り扱っている転職エージェントは少ないため、直接応募をおすすめします。代表的な例として漁業・農業・林業が該当します。これらは年収も低い傾向にあるため不人気職種ですが、どうしても行きたい会社があるなら直接応募という方法が良いでしょう(というか、その方法しかない)。

その他にも工場作業員、建設現場作業員、土木作業員、タクシードライバーといった職種はそもそも転職エージェントでは取り扱いが極端に少ないので、直接応募するしかないケースも。

一般事務・契約社員

一般事務は転職サイトや転職エージェントに掲載されている可能性はかなり低いです。仮に掲載されていても超人気職種になるため、採用倍率が非常に高いです。年収も低いケースになるため、紹介手数料で稼ぐ転職エージェントからは敬遠されるからです。

一般事務の場合、バイトル、タウンワーク、マイナビバイト等のアルバイト求人サイトで探すか、リクナビ派遣や派遣会社に登録して探したほうが見つかりやすいです。

また、地方(田舎)の求人も転職エージェントが取り扱っている求人は少ないです。地方に関してはホームページがない会社も多いので直接応募は難しいですが、ハローワーク等で求人探しすることをおすすめします。

まとめ

直接応募だから選考自体に有利・不利になるわけではありません。直接応募はあくまでも手段ということを理解し、自分に合った方法を選択してほしいと思います。

参照:転職エージェントより直接応募が有利なのはウソ?採用側視点で解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

error: Content is protected !!