夜職(水商売)から昼職への転職におススメの仕事と転職成功方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は水商売とも呼ばれる夜職(キャバクラ・ガールズバー・ホステス・風俗嬢)からの転職方法をまとめました。意外に勘違いしている方が多い業界ですので、しっかりとした知識を身に着け、納得のいく転職活動をしてほしいと思います。

夜職の転職活動事情

昼職を希望する前に知ってほしいのが、ホステスやキャバクラ嬢の方で多い転職は、現在の夜職サービス業から居酒屋や販売職などサービス業への転職です。多くの方が「接客は好き」「コミュニケーションは得意」としているため相性も良いです。未経験からでも始めることができ、求人数も多く、かつ年齢不問の求人も多いため、転職ハードルは高くないと言っていいでしょう。

バイトル・タウンワーク・マイナビバイトなど様々な求人サイトを調べ、気に入った求人にいくつか応募することをおススメします。最初から正社員を目指さず、アルバイトや契約社員から正社員を目指す道もあります。選択肢は少し広めに考えて転職活動したほうが良い企業と巡り合える可能性が高まります。

正社員を目指すのであれば「正社員登用を積極的に登用」している求人を検索しましょう。なお「正社員登用あり」の求人でも「正社員登用できる制度はある(実際に正社員登用された実績はない)」ケースもあるので面接でしっかり直近3年内の実績(5年以上前の実績は信用しないこと)を質問するようにしましょう。

20代の夜職から昼職への転職活動

18歳~24歳までなら新卒または第二新卒と変わらない年齢なので難しくはありません。高望みさえしなければ未経験からでも上場企業やホワイト企業に入れます。高い年収が欲しければ不動産販売や保険営業という選択肢もあり、成功すれば20代で年収1千万円も達成できます。

25歳~30歳までも夜職から昼職への転職は可能です。若手中途採用枠として採用してくれる企業はたくさんあります。特に人材業界、インターネット業界、不動産業界は職業に偏見がない社長や採用担当者が多く、経歴不問が多いので転職候補に入れることをおススメします。

30代から40代の夜職から昼職への転職活動

30代や40代でも転職可能です。しかし、未経験からでは転職できる業種や職種が限定される現実も理解しましょう。

残業無しの一般事務で働きたい場合、正社員よりも派遣社員をおススメします。派遣社員になるためには派遣会社に登録して、一般企業に派遣される流れになります。事務処理やデータ入力など未経験でもできる仕事が多いです。

難しい夜職から昼職への転職活動の注意点

昼職への転職活動では履歴書や職務経歴書が必須です。経歴欄に「飲食店スタッフ」と書くまでは問題ありません。嘘ではありませんので。ただ①会社名(店舗名)は誤魔化さない。②面接では嘘偽りなく答えたほうがいい。です。

求職者の中には「資格をとったほうがいい?」「秘書検定や簿記検定は有効?」と疑問に思う方もいると思いますが、

パソコンができない(ワード・エクセル・パワーポイントなど)。難しいことではないので、スクールに通うほどではありません。最低限できるようになってほしいと思います。

ビジネスマナーを知らない(名刺交換・ビジネスメールなど)

夜職から昼職への面接・転職理由・志望動機

夜職を経験している方は(化粧も含めて)キレイな方が多いので、率直に言うと面接に有利です。表向きは顔で採用することがないと企業側は言いますが、本音では顔がいいと評価されます。もう少し具体的に言うと面接で評価されるのは「笑顔が素敵な人」です。

かわいらしい顔をしていても暗い顔の人は評価されません。明るく元気に笑顔でハキハキと話すと「お客様に好かれそうだな」と好印象を与えることができます。俗にいう『おじさんキラー』な人で、未経験でも大手企業に合格した方がいます。面接では意識的に上記のポイントを意識しましょう。

※もちろん顔だけで内定をもらえるわけではなく、志望動機や自己ピーアールも大事です。

夜職から昼職への志望理由の注意点

正直なのは良いことですが正直すぎないことです。例えば「未経験でも応募できたから」「とにかく昼職になりたかった」「生活スタイルが不規則なのが限界」などの志望理由だと不合格になります。

面接前に、なぜ〇〇業界なのか、その会社のどこに惹かれたのか、その会社でなにを実現したいのか、将来自分はどうなりたいのかを言えるようにしておきましょう。

本当に昼職に転職できるかなと不安に思う方もいると思いますが、不安な方はリクルートエージェントやマイナビ転職、パソナキャリアといった転職エージェントに相談しましょう。未経験でも問題なく採用してくれる企業を紹介してくれたり、現在の職務経歴書の問題点や面接での注意点も教えてくれます。

まとめ

今回は水商売とも呼ばれる夜職(キャバクラ・ガールズバー・ホステス・風俗嬢)からの転職方法をまとめました。意外に勘違いしている方が多い業界ですので、自分自身で「昼職は無理」と決めつけないで、しっかりとした知識を身に着け、納得のいく転職活動をしてほしいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

error: Content is protected !!