【採用ノウハウ】求人広告での求める人物像の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

求人広告のキャッチコピーの中に「求める人物像」という項目がある求人媒体も数多くありますが、上手に活用できていない企業が多いように感じます。どのような内容だとユーザーに伝わりづらいのか、伝わりやすいのかまとめました。

求める人物像とは

求める人物像とは、企業・店舗・事業部がどういった人に入社・応募してほしいか具体的なイメージを表現する項目です。「協調性のある方」「責任感のある方」などスキル経験以外に関することを記載する必要があります。

応募者が企業風土・企業文化・労働環境を理解する項目であり、その企業が自分自身に合っているのかを知る重要な判断材料となります。応募者にとっては入社後のイメージを膨らます項目であり、自己PRや志望動機にも繋がる項目です。募集企業は上手に活用することで、入社動機を高められミスマッチの少ない採用が出来るようになります。

重要な項目だからこそ曖昧な表現は避けるべきですが、「どんな表現方法がわかりやすいのか」「どんな表現方法があるのか」「書き方がわからない」と悩んでしまう採用担当者も多いようです。この項目は採用ターゲットの設定以外にもキャッチコピーのセンスが求められます。今回は広告センスがなくても簡単に伝わりやすい求める人物像の書き方を伝授します。

伝わりづらい書き方

元気な方
明るい方
挨拶が出来る方
責任感がある方
コツコツ働ける方
チャレンジ精神のある方
チームワークを大切にする方
コミュニケーション能力のある方

よく見かける内容を並べてみました。よくある失敗として「どの仕事にも共通して同じ事」を書いてしまうことです。上記の中では「明るい方」「挨拶が出来る方」「協調性」「チームワーク」が該当します。もちろん書くこと自体は悪い事ではありませんが、働くイメージがしやすいかと言われれば難しいと思われます。

例えば「挨拶ができる方」と書いている企業も多いですが、最初から最後まで一人で作業する「挨拶が不要な仕事」は少ないと思います。これらは応募者が企業や店舗の仕事イメージをしづらく、求める人物像の活用方法としては少し勿体ないですよね。同じように「明るい方」を求める人物像に書いても応募者にとっては「なにをもって明るいとするか」が難しいですし、面接で見抜くのも難しいでしょう。

伝わりやすい書き方

コミュニケーション能力のある方・・・当社では社内スタッフ以外にも協力会社や下請け会社・フリーランスの方々と日々コミュニケーションをとりながら仕事を進めています。一つのプロジェクトに関わる人数も多い為、立場の上下関係なくパートナーさんとコミュニケーションがとれる方を募集します。

責任感のある方・・・今回募集する仕事は請求書発送や入出金管理などミスのない細かい仕事となっています。ミスが起きないようにダブルチェックをする習慣など自発的な責任感が必要になります。決して表舞台の仕事ではありませんが、クライアントからの信頼に関わってくる重要な仕事です。縁の下の力持ちとして活躍してくれる方大歓迎!

募集媒体の最大文字数にも影響されますが、補足や追加説明を記載することをおススメします。なぜコミュニケーション能力が必要なのか、なぜ責任感が必要なのか、を3回くらい自問自答すると自社の求める人材を客観的に理解できます。

まとめ

信頼性、協調性、好奇心、向上心、忍耐力、創造性、公平性、計画性、集中力、責任感、専門性、正確性、誠実、チームワーク、リーダーシップ、企画力、・・・などが評価要素になります。表現方法に困ったときはキーワードとして参考にしてください。

ちょっと難しいなと感じたら付き合いのある採用関連の業者に「改善できるポイントはないかな?」と質問をするのも有効です。特に求人広告系の担当者であれば、ノウハウもあるでしょうから的確なアドバイスをしてくれます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加