タウンワークやフロムエーで募集が来なかった時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タウンワークやフロムエーでアルバイトの求人募集したけど応募がこない…。募集期間中に反響がなかった…。費用をかけても採用できなかった…。採用難の時代と呼ばれる昨今アルバイト・パート募集で苦戦している人も多いのではないでしょうか。募集しても応募がなかった場合の対処法や対応策をまとめました。

営業担当に聞く

直販もしくは求人広告代理店の営業担当に聞くのが一番です。タウンワークやフロムエーの求人広告費用が無駄になってしまったときの悲しいお気持ちはよくわかります。求人広告代理店の営業までもが嫌いになる気持ちもよくわかりますが、ここは素直にフィードバックをもらいましょう。

求人広告の営業担当は採用失敗の原因を知っているかもしれません。しかし営業担当は採用が失敗しているときに「〇〇が悪い」と理由を言いづらいものです。企業側から聞かれたら、伝えやすい環境ができるので、採用担当者が「今回応募の反響が少なかった原因の中で弊社側で改善できる部分はありますか?」と聞いてみるのも一つです。

なお単純に「反響がなかった原因は?」と聞くと、「媒体の力不足」「マイナビバイトやバイトルの媒体が合わなかった。」と言われる可能性があるので、会社側の改善ポイントを聞いてみましょう。※ちなみに弊社も他責にする人間に思われたくないので、まずは本来の理由を告げずに、自身の力量不足を伝えます。

10万円かけて失敗したら媒体を変更

主観的ですが10万円かけて応募がゼロの場合は募集条件を見直すか、媒体を変えることをおススメしています。理由はタウンワークでもバイトルでも10万円かければ、ある程度の大きさの枠や掲載順位で掲載できます。それで応募が少ないのは募集条件が悪い可能性が高いです。

とはいえ簡単に募集条件を変えるのは難しいですよね。その場合は同じ求人媒体(上位プランへの変更)を利用するのではなく、求人媒体を変更することをおススメします。例えばフロムエーで失敗したら、バイトルでも試してみる等。なおリクルート系求人広告代理店の場合はタウンワークやフロムエーは得意でも、バイトルやマイナビバイトは不得意なので、求人広告代理店も一度変更してみてもいいかもしれません。

次の採用募集に活かす

アルバイト・パート募集に10万円の費用をかけて採用に失敗したら中小企業にとっては結構痛いと思います。それなのに失敗をそのままにしてしまう会社が多いのも事実です。仮に募集条件が悪い場合でも、マイナス部分を理解していれば、次の募集広告で他の訴求ポイントに変更するなど募集テクニックはいくつもあります!失敗をそのままにせず、次の採用募集に活かすことを心がけましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加