採用における誹謗中傷・風評被害対策の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット情報社会のいま、ブラック企業ということが浸透しており、インターネット掲示板の2ちゃんねるや「転職会議」や「みん就(みんなの就職活動日記) 」等のクチコミサイトでは企業や団体の悪評や誹謗中傷による風評被害が溢れています。それが真実であれば仕方がありませんが、事実無根の内容が書かれていることも多く、採用担当者の悩みになっていることもあります。

ネガティブな情報の影響力は大きい

求職者にとって誹謗中傷や悪評のネガティブな評判ほど信じてしまいます。企業が自ら発信している情報を信じていないユーザーも多いです。一度ネガティブな情報が広まってしまうと新卒採用や中途採用などの人材採用にも多大な悪影響が出てしまいます。

人材難のこの時代、新卒の就活時期にネット検索画面がネガティブ情報だらけになってしまうと、採用は困難をきたします。せっかく良い人が選考に来ても、ネット上でサービス残業やパワハラでブラック企業と書かれていると選考辞退や内定辞退という結果に終わります。

情報は悪い評判であればあるほど、押さえ込もうとすればするほど、その反作用として 炎上し、マイナスイメージ情報として残ってしまいます。

自作自演は炎上する

自作自演の口コミを上書きして風評被害を無理やり抑え込もうとしている企業も多いですが、バレる可能性(自作自演はわかりやすい)が高く、バレて“再炎上”してしまうと、採用募集において致命傷となるリスクがあるので、企業の倫理的にも止めるべきです。

弊社も採用ブランディング事業をおこなっていますが「ブラック企業とネットで書かれてしまっているのでどうにかしてほしい」という相談があります。「悪い噂が立って、内定辞退や選考辞退に影響しているから、すぐに消してほしい。」と言われても炎上対策に近道はありません。

掲示板に削除申請を送ってみてもいいと思いますが、あまり期待しないほうがいいでしょう。対応してくれるところはあまりありません。ネットユーザーや世論が相手なだけに会社の評判は完全に削除できると思わない方が良いと思います。

風評被害対策の失敗事例

株式会社DYM

2016年4月、WEBプロモーション事業や新卒紹介事業を展開している株式会社DYMが「タイでの全裸事件」を起こした際に、ネット上の悪評対策において、各ブログ管理者に弁護士をちらつかせながら削除依頼をだし、ネット順位の評価を意図的に隠ぺいしようとして大炎上してしまいました。

株式会社ウォンテッドリー

2017年8月、求人サイトWantedlyを運営している株式会社ウォンテッドリーは株式公開について分析・批評した記事に対してDMCAに基づく削除依頼をして問題になりました。代表取締役の仲暁子氏の著作権侵害を理由にしていますが、自社に不利益な記事の隠蔽に繋がってしまっている点が炎上の理由となりました。

まとめ

悪評やネガティブな情報を完全に消し去ることは不可能です。「じゃあ、どうすればいいの」と思う人も多いはず。あくまで当社の考え方ですが「悪い評判を消す」のではなく「良い評判を増やす」ことをおススメしています。そのためには地道な営業努力と採用ブランディングが必要です。

当社では通常の風評被害対策とは違い、採用に特化した独自の対策をおこなっており、もしも採用に影響が出て困っている場合は一度お問い合わせください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加