シニア採用のメリットや注意点まとめ

本記事にはプロモーションが含まれています。

「既存のアルバイトとは年齢層が違いすぎる」…シニア雇用を躊躇していませんか?そのメリットや注意点を解説します。

シニア採用のメリット

働く意欲の高さを持つ人が多い傾向にあります。

豊かな人生経験に裏打ちされた経験や技術を持ち、働く意欲も高いため、事業者にとって即戦力となる可能性が高いことがメリットのひとつだと言えます。以下は、シニアを採用する上で得られる可能性の高いメリットです。

働く意欲が高く離職率も低い傾向にあり、職場の活性化につながる

一般的に、シニアは若年層に比べ仕事を見つけにくい傾向にあります。さらに、シニアが働く理由としては「生活のため」という場合が若年層や中堅層より多く、結果としてシニアは「意欲的に働き、勤務態度が良く、辞めにくい」という、事業者にとって理想的な人材が豊富であると言えるのです。

豊かな経験や技術、人脈があり、事業者にとって即戦力となる

シニアの多くは、人生の中で培ってきたノウハウ、技能・技術、人脈を、若い世代や企業に還元することを望む傾向にあり、若年層や中堅層の従業員のモラル向上やモチベーションアップが期待できます。

また、経験豊富なシニアを採用することは人材育成のコスト削減になるうえ、年齢に関係なく個人の能力や成果を基準に処遇していくことにつながり、企業のイメージアップも図れます。

条件が揃えば、助成金の受給が可能となる

特定求職者雇用開発助成金

雇入れ日の満年齢が65歳以上の離職者をハローワークまたは民間の職業紹介事業者などの紹介により、1週間の所定労働時間が20時間以上の労働者として雇い入れる事業主(1年以上継続して雇用することが確実な場合に限る)に対しては、賃金相当額の一部が助成されます。

助成金を受け取るためにはいくつかの支給要件がありますので、厚生労働省が運営する以下のサイトを参考にしてください。

シニア採用の注意点

増加するシニアの労働力

役職を意識したうえで、敬意を払って接しましょう。

団塊の世代の定年ラッシュにともない、増えているのがシニアと呼ばれる人々の労働力です。彼らと良好な関係を築き、より良い職場づくりに努めることは、今後さらに必要な業務となります。

「年齢」ではなく「役職」を意識

まず、必要以上に年齢を気にしないことです。雇用主のほうが年下であっても、まずは自分の役職を意識し、責任を全うすることを優先しましょう。しかし、これは「偉そうにしても良い」ということではありません。

シニアの従業員に敬意を払うことはとても重要です。相手は目上の人間であるということを念頭に、きちんと敬語を使い謙虚な姿勢で接しましょう。

加齢による衰えに配慮を

シニアにとって、加齢による衰えは深刻です。小さな字が見えにくい、長時間の立ち仕事ができない、記憶力の低下などの「弱み」は、シニアであれば誰しもが抱えています。

こういった点に配慮し、大きな字のマニュアルを用意したり、質問事項を書き込める連絡帳を作成したりして、不明点をそのままにさせないようにしましょう。「全部の業務は覚えられない」という人には、例えば清掃専門の業務を用意するというように、シニアが快適に働ける環境を目指してください。

明確な目標を掲げる

シニアのアルバイトスタッフがある程度慣れてきたら、雇用者は職場をどういう環境にしたいのかを全従業員に伝えましょう。売上でも、職場の雰囲気でも構いません。

明確な目標が提示されたことで、シニアはこれまでの人生経験から自分に求められていることを察知し、率先して活躍してくれるはずです。

SNSでもご購読できます。