中途採用の内定辞退・選考辞退理由と改善ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

景気回復によって有効求人倍率が上がり、新卒の就職活動生や中途の転職希望者にとって有利な売り手市場となりました。しかし企業側にとっては応募者の選考辞退や内定辞退率が増えてしまう悩ましい時代でもあります。

採用担当者にとってはせっかく良い人が来ても内定辞退や選考辞退になってしまい、悩んでいるという声をよくお聞きします。しかし内定辞退や選考辞退が増えている原因はけっして市場環境や景気の問題だけではありません。会社側にも原因が潜んでいるという事実をしっかり認識することで、改善につなげていってほしいと思います。その原因と改善策をまとめてみました。

選考辞退の理由

ある転職求人情報サイトのアンケート結果です。

面接前の辞退理由

第1位 応募後に再考し、希望と異なると判断した(41%)
第2位 希望に反したスカウトメールだった(32%)
第3位 ネット上でよくない評判や噂を聞いた(30%)
第4位 他社での選考が通過した・内定が決まった(20%)
第5位 就業中で面接日程の都合が合わなかった(15%)

面接後の辞退理由

第1位 仕事内容が希望と合わなかった(44%)
第2位 勤務地・給与など条件が希望と合わなかった(40%)
第3位 面接での説明と求人情報に齟齬があった(36%)
第4位 面接官の行動や態度が悪かった(34%)
第5位 社内の雰囲気が良くないと感じた(31%)

内定辞退の理由

内定後の辞退理由(複数回答可)

第1位 勤務地・給与など条件の折り合いがつかなかった(45%)
第2位 社風が自分には合わないと判断した(32%)
第3位 他社での選考が通過した・内定が決まった(31%)
第4位 求人情報や面接時の条件と齟齬があった(29%)
第5位 最終選考の面接官の行動や態度が悪かった(16%)

選考期間の見直し

面接辞退第4位と内定辞退第3位「他社での選考が通過した」がランクイン。これは自社の選考スケジュールが遅いことを意味します。選考の連絡が遅いことで競合他社が一足先に内定を出し、優秀な人材を奪われています。

中途採用の場合、約90%の企業が応募から1ヶ月以内に内定をだしています。応募から内定まで2週間以内が約30%です。選考スケジュールが1ヶ月以上かかっている企業は根本的な見直しが必要です。

1名から3名程度の採用人数が少ない場合であれば2週間以内を目標に選考スケジュールを組むことが理想です。「面接回数が多いのか」「面接スケジュール調整に時間がかかっているのか」「社内体制の問題なのか」一度選考フロー全体の見直しをおこなったほうがいいでしょう。

採用面接者の指導

面接後の辞退理由に「面接官の行動や態度が悪かった」が約30%もあります。特に役員・部長クラスは上から目線が多いと言われています。だからといって人事担当者が面接官を務めると「人事だと詳しい仕事の内容や流れを理解していない」として不安がられてしまいます。

あくまで転職者は現場担当者を希望しています。現場担当者に採用の重要性を理解してもらい、協力体制を整えておく必要があります。特に「面接では聞いていけないこと」は最低限のルールとして周知しておくべきです。

面接は一方通行ではなく相互理解

転職希望者が得ている情報は意外に少ないです。求人情報サイトの内容と採用サイトだけで入社意欲を高めてもらうのは難しいです。文章上の情報だけでは、深い理解など得られません。そのために自社のことを積極的に理解してもらう工夫をしましょう。

中途採用の場合は時間が限られていますから、選考期間中の対話を増やすのが重要です。例えば面接中に社内見学したり、内定後に面談として現場担当者とのセッティングの場を取り持っている企業もいます。当然のことながら社内の雰囲気や具体的な仕事内容の理解してもらうために採用ホームページの充実は必要不可欠です。

新卒採用であれば入社までの期間を会社理解の場として、社内メンバーとの定期的な懇親会や、簡単な入社前の事前研修をおこなってもいいかもしれません。内定承諾後だからといって安心しないで放置しないことが大切です。

ネットの口コミ・悪評対策

自社だけではなかなか改善できない原因があります。それは「ネットの口コミ・評判」です。厄介なのが内定辞退の理由の大きな割合を占めている点です。面接前の辞退理由にも第3位に応募先企業の口コミ評判を理由に辞退しているという結果が…。ブラック企業かどうかを選考前で判断していることがわかります。ネット上でブラック企業と批判されているとかなり影響されます。

こんなときは、説明会や面接で今おこなっている働き方改革などの取り組みを話す必要があります。下手に事実を隠したり喋らなかったりすると不信感が生まれます。例えば離職率が高ければ、なぜ高いのか。離職率を減らすための努力は何をしているのかを正直に話したがほうが納得してくれます。不信感を生ませない対応が大切です。

関連記事:好感を持たれる新卒採用面接官の対応5選

まとめ

よく採用担当者が口にする面接不合格の理由として「志望度が低い」と言葉にします。この言葉は今の売り手市場の時代には通用しません。転職希望者はホームページや採用サイトを拝見していると思いますが、それだけでどれだけの情報が得られるでしょうか。

複数の内定を得られるのが当たり前の環境の中で、積極的に自社のアピールをしないと良い人材は入社してくれません。応募者も売り手市場を背景に「条件面で妥協しない」「複数内定を得た中から、条件の良い会社を選んでいる」求職者が多いです。

志望度は相互で深めるものです。選考辞退や内定辞退の理由も最終的にはお互いのコミュニケーション不足が原因だと思います。欲しい人材に確実に入ってもらえるならばそれに越したことはありません。業種業態にもよりますが辞退率が50%以上だと改善の余地があります。今回ご紹介した選考辞退の理由に心当たりがあったら、改善するようにしましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加