<採用>求人広告の掲載写真の撮影マニュアルガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

求人広告において写真はアルバイト・パート希望者に働くイメージを伝える重要な要素です。基本プランとして写真を掲載できる求人情報サイトが多いですが、最大限活用できていない企業も多いです。どのような写真を掲載すべきか効果的な写真撮影・掲載写真をまとめました。

おススメ写真

求人広告の写真で重要なのは「働くイメージ」を伝えることです。飲食店・外食企業など店舗型ビジネスであればスタッフ同士の写真・外観・内観・料理の写真が最もポピュラーです。IT/WEB企業であれば自社サービスの写真・実務エリア、休憩エリアの写真ががオーソドックスです。

請負派遣の撮影写真

請負派遣など作業現場での写真撮影がNGとされている企業があります。そういった場合にどのような写真を撮影すればいいのか質問されますが、下記のような写真をおススメします。

スタッフ同士の写真
休憩時の写真
移動時の写真

スタッフ同士の写真では、仕事着のイメージや、一緒に働くメンバーの年齢層を伝えます。休憩時の写真では、どこで食事をするのか?コンビニ?それとも休憩所あるの?みんな何をたべているの?という疑問が解決できます。移動時の写真では、移動はみんなで移動?個人で移動?何で移動する?という疑問が解決できます。同業種・競合他社の求人広告を参考にして自社用にカスタマイズするのも一つの方法です。

おススメできない写真

たまに「無料素材から選んでください」と指示をいただきます。無料素材やイラスト写真は募集企業や募集店舗に関わり合いがない為、ユーザーに正しい情報を伝えているとは言い難く、できれば遠慮したいと思います。

例えばbarの募集の場合、どんなにキレイな無料素材・広告写真があっても、本来の募集しているbarとは内装や雰囲気が違いますよね。また「こんなキレイなbarで働けるんだ!」と応募者が勘違いする原因にもなります。

オフィス系職種の募集で「喫茶店で紅茶を飲む美女」を載せたり、営業職の募集で明らかにフリー素材だとわかる写真を載せたりしても、応募効果は期待できません。

無料素材はできれば何も掲載できる写真がないときに利用して頂きたいと思います。なんらかの事情があって写真に準備がかかるときに一時的に掲載するときのみと考えたほうがいいと思います。

求人広告用の写真撮影のポイント

クライアントにスタッフ同士の写真をお願いすると、左のタイプの写真が送られてくることが多いです。左のタイプだと上下左右に無駄なスペースがあり、求人サイトで見ると非常に見えづらい場合があります。なぜなら求人サイトの場合、閲覧はスマホが中心で、画面が小さくなるからです。

また縮小してアップロードされるケースがあるので、画素数が粗くなることも考えられます。そういった事情も考慮すると右のような上半身だけのパターンが見やすいのは確かだと思います。好みの問題もありますが、応用編として理解しておくと少しだけ差別化できるかもしれませんよ!

料理写真だけでもOKですが、スタッフと一緒でもOK!ポーズをとってもらえると、よりGOOD!

まとめ

4枚掲載できるサイトで1枚しか掲載していない企業を見かけることもあり、凄く勿体ないなと感じます。せっかく掲載できるなら、良い写真を選んで掲載してほうが応募効果も期待できます。文字では伝えられない情報を伝える手段として写真は有効活用しましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加