アルバイト募集の応募数獲得や面接率向上施策《履歴書と証明写真の廃止》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルバイト・パート募集において応募数の獲得に悩む担当者も多いと思います。また応募数はあっても面接率が低いのも悩みの種です。応募数の獲得や面接率向上させるにはいくつかの方法がありますが、今回は履歴書と証明写真の負担軽減(廃止)についてルールや方法についてまとめました。

履歴書や証明写真の負担は大きい

履歴書を手書きで書いて、履歴書の証明写真を撮影するのはアルバイトを探す大学生やフリーターにとっては精神的にも金銭的にも負担が大きいです。ある求人サイト運営会社が実施したユーザーアンケートでは面接の当日バックレの原因に、履歴書の準備が面倒になってしまい、結果的に面接をバックレるという声が多くありました。

求職者にとっては星の数ほどある求人数の中の1社を捨てても痛くもかゆくもありません。少子高齢化に伴い有効求人倍率が高い現在、募集企業側は応募者を選べる時代ではなくなりました。なんとしても競合他社ではなく、自社を選んでもらえるよう努力しなければいけません。

応募の心理的ハードルを下げる

しかし、時給などの募集条件を気軽に改善することは難しい場合も多いと思います。そのために必要なのが応募ハードルを下げることです。求人広告代理店では「応募の心理的ハードルを下げる」とも表現しています。様々な方法がありますが一つの方法が「履歴書の負担軽減(廃止)」です。

賛否両論ありますが「気軽に応募させる」ことで応募数を増やすことが可能です。「気軽に応募されては困る!」という採用担当者もいますが、「何としてでも応募数を増やす方法を知りたい」という採用担当者の立場で読んでくださいね。

履歴書改革を推奨

「履歴書は手書きじゃないとダメだ」とする採用担当者がいます。この考え方は企業(担当者)ごとのポリシーなので議論すべきところではありませんが、それが原因で応募者を獲得できていない一因になってしまっています。

ただし、履歴書を完全に廃止してしまうと、緊急の際の連絡先が分からず困ると思います。今回ご紹介する方法は「面接の際には不要」ということです。履歴書の負担軽減(廃止)は段階別に数パターンありますので参考にしてください。

履歴書の負担軽減策3つの方法

① 履歴書不要で面接場所で書いてもらう
② 履歴書不要で採用後の初出勤日に提出
③ 履歴書はいるが手書きじゃなくて問題ないと事前に伝える

① 履歴書不要で面接場所で書いてもらう

メリット:応募者の負担が少ない
デメリット:当日の面接時間(記載する時間)が多少かかる。

② 履歴書不要で採用後の初出勤日に提出

メリット:応募者の負担が少ない
デメリット:面接の際に情報不足で全部ヒアリングしないといけない。

③ 履歴書はいるが手書きじゃなくて問題ないと事前に伝える

メリット:面接がスムーズに対応できる
デメリット:応募者の負担は多少ある。

① はイベント登録会社がよく使います。面接といった形式的なモノがない場合に特に有効です。②はこまかいルールがない個人経営の企業や店舗におススメです。一番応募者の負担は少ないですが、面接のときに若干困ります。③は履歴書は絶対に必要だと考える企業に導入してほしい方法です。

おススメは③です。応募ハードルを適度に下げつつも、面接をスムーズに進められます。若い世代にとって「ネットで準備して印刷すれば便利なのに、なんでわざわざ手書きが必要なの?」と疑問に思う若い方も多く、今後ますます手書き文化は少しずつ廃れていく価値観だと思います。

履歴書の証明写真の廃止

積極的におススメしているのは証明写真の廃止です。履歴書はコンビニでも安く購入できますが、証明写真の準備は時間もお金もかかります。求職者にとってデメリット大きいだけでなく、「本当に証明写真は必要ですか?」と聞くと必ずしも必要ではないと答える企業が多く、必要性も低いです。

確かに写真はあったほうが、あとあと見直したりする際に思い出しやすいです。ただし、それぐらいしかメリットがなく、ほとんど不都合は生じない企業がほとんどではないでしょうか。新卒採用や中途採用といった書類選考がある企業ならまだしもアルバイト・パート採用では最初の選考が面接でしょうから、必要性も低いと思います。

証明写真の準備はもっとも負担が大きい

証明写真は面接時になくても問題ない場合が多い半面、求職者の負担が最も大きい部分だからです。証明写真がどうしても必要な場合は後日提出に変更してみてはいかがでしょうか。履歴書の廃止に抵抗がある企業は証明写真の廃止から導入してみることをおススメします。証明写真の不要を明言するだけでも多少は効果が現れます。

導入の流れ

求人広告の応募の流れの項目があれば「履歴書(写真不要)を持参のうえ、面接にお越しください」としましょう。応募後に面接日の調整をすると思いますが、その際に「履歴書は手書きでも問題ないですが、パソコンでも問題ないですよ。どちらでも構いません。面接時には履歴書の写真は不要です」と改めて伝えれば応募者も安心します。

まとめ

応募数獲得や面接率向上に効果のある履歴書と証明写真の廃止について導入方法からメリット・デメリットをまとめました。アルバイト・パート採用に苦戦している企業は参考にして頂けると幸いです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加