リファラル採用の金銭報酬の違法性を回避する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リファラル採用が導入する企業が増えてきました。メルカリやクラウドワークスといった大手企業でも導入されており、NHKでも特集されるなど注目されていますが、リファラル採用にはメリットだけを考えて安易に導入すると違法性を問われる可能性があります。労働基準法や職業安定法としては問題がないか、違法性を問われないようにするにはどうすればいいか注意点をまとめました。

リファラル採用とは

リファラル採用(リファーラルリクルーティング)とは社員が自分の友人や知人を紹介・推薦することを意味します。日本では縁故採用が一部の企業でおこなわれてきましたが、海外ほど積極的に導入する企業が少ない傾向にありました。しかし、深刻化する日本の人材不足の問題、特にエンジニアは年々競争が激化している背景からリファラル採用を導入する企業が増えてきました。

またリファラル採用において社員の紹介を促進させるためにインセンティブ(報酬)を付与するのが一般的です。インセンティブ(報酬)とは多くの場合が金銭としており、企業によっては紹介者だけでなく被紹介者に支払う場合もあります。そのインセンティブ(報酬)において違法性を問われる可能性があります。

違法性に関わる部分

本来「ヒトを紹介して金銭を得る」ことは人材紹介や人材派遣に該当し、それぞれ人材派遣免許や有料職業紹介免許が必要になります。職業安定法でも労働者の募集を行う者に対して報酬を与えることは原則禁止と書かれています。

職業安定法 第40条(報酬の供与の禁止)

労働者の募集を行う者は、その被用者で当該労働者の募集に従事するもの又は募集受託者に対し、賃金、給料その他これらに準ずるものを支払う場合又は第36条第2項の認可に係る報酬を与える場合を除き、報酬を与えてはならない。

労働者の募集を行う者に対して報酬を与えることは原則禁止ですが、自社の社員が募集を行い、会社がその紹介してくれた社員に対して賃金や給料という形で紹介報酬を支払うことは例外的に認められています。

実際に東京労働局にリファラル採用でのインセンティブの是非について聞いた人は「就業規則に記載し、賃金で支払っていれば合法。ただし人材紹介などの生業(なりわい)に該当しないことが重要」という意見だったそうです。気をつけるべきポイントは2点ありますので、それぞれ詳しくまとめました。

就業規則や賃金規程に記載

第一に就業規則や賃金規程の一部としてインセンティブ(報酬)を追加記載することが必要不可欠です。支給額や支払条件を明確にしましょう。支給額の目安は30万円~100万円が相場かと思います。後述しますが支払条件次第ではもう少し抑えた金額の場合もあります。

支払条件は試用期間終了後に支払うのが一般的な条件ですが、金額次第では内定や入社を条件にしても問題ないかと思います。制度設計が具体的に決まったら、就業規則の改訂をおこないましょう。制度設計ができていれば実務上の問題はほぼ発生しません。もしも不安な点があれば社会保険労務士など専門家に相談するのが望ましいです。

高額にしない金銭報酬

二番目に高額すぎない金銭報酬の制度が重要です。高額の定義はありませんが、生業(なりわい)=人材紹介業として判断されないことが重要です。生業とは生計のための職業または生活を営むための仕事という意味です。「生業(なりわい)として判断されないレベル」とは抽象的な問題ですが、一つの判断軸として人材紹介会社に支払う金額よりも高額にならないことが条件だと思います。人材紹介会社経由で採用すると年収の30%が相場ですので、年収300万円だと90万円、年収600万円だと180万円になります。

そのため報酬が100万円以上になると人材紹介会社よりもフィー(手数料)が高い印象です。その意味ではリファラル採用を導入するメリットである採用コストの削減を考えると、人材紹介会社よりも高い費用を支払う会社はほとんどいないものと思われますが、もしも高額な報酬設定にしている場合は注意が必要です。

社外への報酬

リファラル採用において社外の人から紹介を受ける場合も想定されます。もしも「社外の人からもリファラル採用を受け付けています!」という制度であれば紹介の可能性はかなり広がります。※ただし受給できる範囲を広げすぎても運用ができない可能性が高いです。

社外への報酬は制度設計ができていれば問題ありませんが定期的に紹介を受けて支払いが発生する場合は人材紹介会社と同じ役割になるので少し注意が必要です。特定の人に毎月紹介報酬が発生しそうな場合は危険です。ときどき紹介してもらい、それに対して妥当な範囲で謝礼を支払うという考え方であれば、合法の範囲内と解釈されます。

まとめ

リファラル採用の違法性を回避する方法をまとめました。メリットだけでなく、リスクやデメリットも理解して導入を決めましょう。積極的にリファラル採用を活用するのであれば制度設計をしっかりおこない運用に繋げることが大切です。制度設計だけでなく、社員への紹介フローの説明などこまかい運用ルールも必要不可欠。リファラル採用を活用して採用成功につなげてほしいと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加