【就職活動】 面接の服装・髪型・身だしなみ確認ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

面接の第一印象は、身だしなみや見た目で5割程が決まってしまうと言われています。下記の『チェックポイント』を参考に、服装・髪型・身だしなみのマナーを確認しましょう。

◆身だしなみ
・髪に寝ぐせ、乱れがないか。
・ひげの剃り残し等がないか。
・素顔や厚化粧ではなく、健康的なメイクか。
・爪の手入れができているか。
・メガネが汚れていないか。
・鼻毛が出ていないか。
・派手なネイルカラーになっていないか。(女性)

◆服装(スーツ・シャツ・靴)
・スーツやシャツに汚れ、しわがないか。
・糸くずがついていたり、綻び等がないか。
・ボタンが取れかかっていないか。
・靴の手入れができているか。
・靴ヒモがほどけていないか。
・肩にフケがのっていないか。
・ほつれがないか確認する。
・靴のかかとがすりへっていないか。
・ダーク系の靴下が用意できているか。
・ストッキングが伝染していないか。(女性)

◆持ち物
・提出書類を持っているか。
・筆記用具や印鑑を持っているか。
・腕時計を忘れていないか。
・携帯電話を充電できているか。
・ハンカチにアイロンをかけてあるか。

家を出る前と会場に到着する前の2回チェックすることをおススメします。

一番重要なポイント

清潔感がある恰好をしているか

このポイントはどの会社の面接官に聞いても同じ答えが返ってくると思います。髭(ヒゲ)や長髪が悪いとは言いませんが、ただの無精ひげだったり、寝癖でボサボサの髪は悪い印象を与えます。どれだけ志望動機や熱意があっても落ちてしまう可能性が高いでしょう。

スーツは、新品であるかどうかは見られていません。しかし、染みがついていたり、しわだらけだとまず「NG(不合格)」だと思ってください。もちろん説明会や面接前の食事でミートソーススパゲティやカレーうどんは止めておきましょう。

まとめ

面接で見られるのは人柄や適性です。見だしなみで相手にマイナスポイントを与えてしまうのはもったいないですよね。きちんと身だしなみをチェックし、第一印象を良いものにしていきましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加