アルバイト面接のポイント・注意点・質問テクニック

本記事にはプロモーションが含まれています。

アルバイトの応募者の面接において、応募者の適正を公正に判断した上で採用決定するように心がけましょう。聞いてはいけないこと、後々クレームにつながるような質問をしないようにしましょう。

今回はアルバイト面接の前後で発生する悩みや質問について解説します。採用担当者であれば絶対に知っておきたい面接の質問に関する注意点やテクニックもまとめています。

面接時に注意すべき点

採用選考で最も大切なことは、以下の2点です。

  • 応募者の基本的人権を尊重すること
  • 応募者の適性・能力のみを基準として行うこと

採用面接の際にもこれらの点に留意し、応募者の適性・能力に関係のない事柄については質問(把握)しないようにしましょう。

家族状況・生活環境については尋ねない

採用選考は、応募者の基本的人権を尊重し、適性・能力のみを基準として行うことが大切です。具体的には、家族状況や生活環境といった、応募者の適性・能力とは関係ない事柄で採否を決めないということです。

以下の事項は、たとえ採用基準としないつもりでも、把握すれば結果としてどうしても採否決定に影響を与えることになり、就職差別につながるおそれがあります。

本人に責任のない事項

・本籍、出生地に関すること
・家族に関すること(職業、続柄、健康、地位、学歴、収入、資産など)
・住宅状況に関すること(間取り、部屋数、住宅の種類、近隣施設など)
・生活環境、家庭環境に関すること

本来自由であるべき事項

・宗教に関すること
・支持政党に関すること
・人生観・生活信条に関すること
・尊敬する人物に関すること
・思想に関すること
・労働組合、学生運動など社会運動に関すること
・購読新聞、雑誌、愛読書などに関すること

アルバイト面接の定番質問

アルバイトの応募者を面接するにあたり、採用担当者が心得ておくべき注意点・ポイントをまとめました。また、応募者のやる気や熱意を知るために有効な質問も解説します。

面接は対等な立場で

どんなことがしたいかを聞いてみる

面接は、応募者と会うことで業務適性や人となりなどを総合的に評価し、採用・不採用を決定する機会です。高圧的になることなく、応募者と対等な立場で接するように心がけましょう。

代表的な質問としては「いつから働けるか」や「シフトの希望はあるか」など、共に働くうえで必要なことを確認するものがあります。また、「深夜・早朝営業がある」といった、その職場特有の特徴がある場合も、面接の際にしっかり確認をとり、応募者の理解を得ましょう。

応募者のモチベーションを測る

仕事に対するやる気や意気込みを語ってもらう質問をしてみることも、面接においてはとても有効です。具体的には「アルバイトが決まったら、どんな業務をやってみたいですか?」あるいは「この職場で、自分のどんな能力を生かしたいですか?」などです。

これらの質問を投げかけることによって、アルバイトをする上で希望的かつ具体的なビジョンを描いているか、仕事へのモチベーションはあるかがわかります。

本人の能力に関係ない質問はNG

本籍や家族構成、宗教や支持政党など、適正や能力に関係のない事柄は質問しないようにしましょう。また、女性・男性どちらか一方の性に限定した質問も避けた方が無難です。

これらの質問は、場合によっては人権侵害やパワーハラスメントととられる可能性もあります。応募者の基本的人権を尊重し、適性・能力のみで判断しましょう。

すぐに辞めないか見抜く質問テクニック

アルバイトを採用しても、「想像していた仕事と違う」と言ってすぐ辞めてしまったり、こちらが求めるレベルの人材でなかったりすることがあります。このようなミスマッチを防ぐには、応募者にどんなことを訊けば良いでしょうか?

企業理念に沿った質問をする

企業理念や指針とリンクした質問をしてみることは、応募者がその職場に合う人材かどうかを見極めるためにとても有効です。「お客さまを“感動”させる」ことを第一目標に掲げている職場であれば、「感動」に関する話をしてもらえるような質問が良いでしょう。

どう感動させたいか、といった希望的予測よりは、これまで経験した出来事を話してもらう方がより具体的に応募者の人となりが判断できます。将来的な話はある程度大げさに話せたりするものですが、実際の体験談となると簡単には創作できないからです。

「これまでで感動したエピソードはなんですか?」「どんなことをして人を感動させたことがありますか?」といった質問に対する応募者の答えから、理念や指針がある程度一致していると判断できれば、その応募者が職場の戦力となってくれる可能性は高いと言えます。

マイナスの事柄もきちんと伝える

「残業することがある」「能力テストを実施する」など、応募者にとっては魅力に感じられない事柄がある場合、面接の際に伝えておきましょう。

採用側はなるべく多くの人材を採用したいあまり、実際の勤務体系を伝えなかったり、応募者のモチベーションが下がる話を避けたりしてしまいがちです。

しかし、このような伝達不足は「聞いていた話と違う」という採用後のミスマッチを招き、採用者に不信感を抱かせ、早期に退職されてしまうきっかけにもなるのです。

厳しい話は「なぜそうなるのか」を明確にして話す

良い話や希望に溢れた話も大切ですが、応募者にとってマイナスの可能性がある話もしっかりと伝えておきましょう。その際は「なぜそうなるのか」も同時に伝えてください。

「人気の店舗でお客さまが殺到しているから、残業の可能性がある」「お客さまにより良いサービスを提供するために、能力テストをする」など、厳しい話をした時の相手の反応も含め、しっかりと応募者を見極めることが重要です。

面接の辞退を防ぐ方法

アルバイト募集でよくあるケースとして面接を無断キャンセルがあります。面接を辞退されないためのポイントをまとめました。

対応の遅れが面接辞退を招く

迅速な対応がカギ

残念なことですが、面接の日程調整を行ったにもかかわらず、面接前に辞退されてしまう事態もあり得ます。

理由としては「仕事内容が嫌になった」「他での採用が決まった」「応募じたいを忘れていた」「ネット上での評判が悪い」などさまざまですが、「応募した際の対応が遅い・悪い」という「雇用側の対応の遅れ」を理由に挙げる辞退者も少なくありません。

リマインドの電話も有効

求職者におけるその仕事への関心度は、応募したタイミングがピークであるとも言えます。採用担当者は、応募があったら迅速に応募者と連絡を取り、なるべく早い段階で面接できるようにしてください。インターネット経由での応募者に対しても面接の日程調整は電話で行い、直接対話をしておきましょう。

さらに、面接前日までに再度連絡を入れ、面接があることを確認するのも有効です。万が一、すでに他での採用が決まっているなどの理由で辞退の意思を固めていた場合にも、お互いに無駄な時間を費やすことがなくなります。また、時間や場所を忘れてしまったために面接会場に来ない、というケースも防ぐことができます。

ネットでの悪評に注意

応募後にインターネットなどで調べた結果、面接を辞退する応募者も存在します。ネットの世界では「炎上」と言って、ささいなことから思わぬ悪評が立ち、拡散してしまうこともあります。日頃からしっかり情報収集しておき、対策を練っておきましょう。

さらに、履歴書などの書類作成や、面接へ出向くことを面倒くさがる応募者も存在します。応募書類の簡略化や面接連絡時のきめ細やかなフォローによって、可能な限り応募者のストレスを軽減できるようにしましょう。

採用した人に辞退されないようにする工夫

アルバイトの募集をして、せっかく面接をして採用したのに辞退されたり、何の連絡もなく職場に現れなかったりすることもあります。このような「ドタキャン」を防ぐ方法を解説します。

面接後の対応は迅速におこなう

せっかく採用したのに採用辞退を申し出る、もしくは出勤予定日になっても職場に現れない、というケースも残念ながら存在します。辞退者が挙げた理由としては「別の仕事の方が好条件だった」「求人広告に載っている条件が実際と違った」「職場や従業員、面接官の感じが悪かった」があります。

求人広告との食い違いを避ける

条件等が求人広告と異なるという印象は採用辞退の要因になるため、まずは入口である求人広告で誤解を招く表現は避け、仕事内容や条件を正しく、かつ分かりやすく伝えましょう。面接では、その広告と異なる説明をしないよう、広告を持参すると安心です。

可能であれば、面接終了後に採用を決めたうえで書類を交わすことも有効です。応募者の不安を取り除くとともに、辞退しにくくするという効果もあります。

面接から採用連絡までの期間が空くことで、応募者の仕事に対する興味が薄れるケースも多く見られます。採用連絡を速やかに行うことも大切です。

応募者の熱意を無駄にしない

面接担当者や職場の印象も、採用辞退の大きな要因です。応募者は面接前に企業や店舗をインターネットで検索したり、実際に出向くなどして「自分が働くことになるかもしれない職場の雰囲気」の情報を集めています。つまり、多少なりとも関心や熱意があるわけです。

条件の良い別の仕事が見つかったのであれば話は別ですが、その職場や仕事に興味を持ち、期待と不安の中で面接に来ているわけですから、その期待に応える必要があります。応えられなかったからこそ、辞退されてしまうのです。

企業や店舗は、求人広告や面接時の対応だけでなく、普段から職場の雰囲気を良くするなど、「外部からの見え方」を意識することが重要です。

SNSでもご購読できます。