製造バイトの特徴・仕事内容・メリット・求人情報・志望動機まとめ

本記事にはプロモーションが含まれています。

数あるバイトの中から、製造バイトに挑戦してみよう、と考えている方もいるでしょう。製造バイトは、主に工場の作業員として働きます。軽作業で簡単にできる仕事であると考えられがちですが、実際は体力を使うケースが多く、危険ととなり合わせの仕事です。

本記事では、未経験で製造バイトに応募しようと考えている方に向けて、仕事内容や働くメリット・デメリットについて紹介します。製造バイトについて理解を深めたい方は、ぜひ参考にしてください。

製造バイトの特徴

製造バイトは、商品の箱詰めや不良品がないかなどの単純作業です。そのため、コツコツと地道に作業を進められる人に向いています。

また、細かい作業が多いことから、働いている従業員の割合は男性よりも女性の方が多い職場も珍しくないでしょう。

他にも、製造バイトであればフルタイムよりもシフト制を取り入れている企業が多いため、学校や家事育児などの時間を優先して働ける特徴があります。

製造バイトの仕事内容

製造バイトの仕事内容は、主に2つです。

ライン作業

ライン作業とは、流れてくる商品を組み立てたり、不良品がないかを確認したりする作業のことです。

ライン作業にはいくつかの工程があり、1つの商品に対して複数の作業員が関わります。例えば、スマホ設定のライン作業であれば、以下の流れで作業をします。

【スマホの設定作業の流れ】

①1人目:スマホをケースから取り出し、電源を付ける

②2人目:電源が付いたスマホをホーム画面まで進める

③3人目:設定画面で必要な設定をする

④4人目:最後の工程で、指紋などを拭き取って箱に戻す

このように、ライン作業は複数の工程に別れており、1つの商品に対して複数名が対応する仕事内容です。

ピッキング作業

ピッキング作業とは、ライン作業などで製造が終わった商品を倉庫から出荷するために、出荷場所ごとに商品を仕分ける仕事です。

工場や倉庫には、さまざまな商品が定位置に保管されています。そのため、商品を出荷する際は、店舗ごとに必要な商品を仕分けなければいけません。

台車を動かし、各店舗の伝票から商品名と個数を間違えないように商品をピッキング(取り出す)します。

倉庫内にはたくさんの商品が保管されているため、ピッキング担当は商品の位置を把握しておくことが大切です。

製造バイトをするメリット

次に、製造バイトをするメリットを4つ紹介します。

単純作業で覚えやすい

製造バイトは単純作業であることが多いため、仕事内容は比較的覚えやすいです。得意不得意はありますが、3日ほど働けば仕事内容を覚えられる可能性もあるでしょう。

頭を使って仕事をするのが嫌いな方や、難しい仕事を覚えたくない方には、製造バイトは向いています。

コミュニケーション能力を必要とされない

製造バイトは1人で黙々と作業を進めるため、コミュニケーション能力は必要とされません。仕事場によっては、ミスを防ぐために「作業中の私語厳禁」としているところもあるくらいです。

接客業などでコミュニケーションを取るのに疲れてしまった方は、製造バイトがおすすめです。

職場で和気あいあいと楽しみながら仕事をしたい方よりも、必要最低限のコミュニケーションで黙々と作業を進めたい方の方が、製造バイトに向いています。

服装自由

製造バイトなどの倉庫内作業は、服装が自由です。自分の好きな服装で仕事をしたい方は、働きやすい仕事環境だと言えるでしょう。

また、バイト先によって会社からレンタルされた作業着で仕事をする場合もあります。スーツを着るのが嫌いな方や、身軽な服装で仕事をしたい方は、製造バイトにメリットを感じるでしょう。

未経験でも応募できる

製造バイトは、特別な資格や経験がなくても採用される仕事です。そのため、未経験でも気軽に応募できます。

仕事先によっては最低賃金よりも高い金額で製造バイトを募集しているので、少しでも多く稼ぎたい方は、未経験だとしても製造バイトに挑戦してみると良いでしょう。

製造バイトをするデメリット

次に、製造バイトをするデメリットを4つ紹介します。

同じ作業で飽きてしまう

製造バイトは、単純作業です。そのため、仕事内容に飽きてしまう可能性があります。

同じ作業内容を飽きずにコツコツできる方は、気にする必要はありません。しかし、1つの作業にすぐに飽きてしまう方や、仕事を通じてさまざまなことを体験したい方は、単調な仕事内容に飽きてしまい短期離職につながる可能性があります。

体力を使う仕事

製造バイトは、意外に体力を使う仕事です。なぜなら、基本的に立ちながら仕事をこなしていくからです。

ライン作業では、立ちながら流れてくる商品の検品や組み立てをし、ピッキング作業では、自分の足を動かして、店舗ごとに必要な商品を集めてまわります。そのため、慣れないうちは、仕事が終わると疲労感を感じるかもしれません。

仕事が遅いとライン作業が止まってしまう

製造バイトは、自分のペースで仕事ができない場合が多いです。

なぜなら、ライン作業など複数の作業員と共同で商品を検品したり、組み立てたりするからです。1人の作業スピードが遅いと、その担当者の工程で商品が詰まってしまいます。

したがって、前工程の作業員がテキパキと仕事をする方であれば、常に忙しい、と感じてしまうでしょう。

仕事内容や一緒に働く作業員、時期によって忙しさは変わりますが、自分のペースで仕事をしたいと考えている方は、事前に職場見学で確かめておきましょう。

事故に巻き込まれる可能性がある

製造バイトの作業場では、周りでフォークリフトを操縦しているケースが多いです。フォークリフトとは、商品が詰まれたパレットを動かすための運搬車両のことです。

操縦者はフォークリフトの免許を持っていますが、人によっては荒い運転をするため、気を付けなければ衝突事故が発生する可能性もあるでしょう。

製造バイトは重機を近くで扱っている仕事場であるため、重機との接触事故には十分に気を付ける必要があります。

製造バイトを取り扱っているおすすめ求人サイト

製造バイトを取り扱っているおすすめ求人サイトを3つ紹介します。製造バイトへ応募する際は、こちらで紹介する求人サイトをぜひ活用してください。

タウンワーク

タウンワークは、リクルートの子会社であるリクルートジョブズが毎週更新している求人情報サイトです。

そのため、常に最新の情報が掲載されています。2022年12月15日時点で、東京都の工場(製造)バイト求人は、148件です。参照:タウンワーク

また、タウンワークでは、他にもエリアや最寄り駅などからバイト先を検索できるため、あなたの近場にある製造バイトを見つけやすいでしょう。

バイトル

バイトルは、学生やフリーターを対象にバイト情報を取り扱っている求人サイトです。

掲載されているバイト情報の中に職場の雰囲気や、働いているスタッフの動画を確認できるサービスがあるため、職場の雰囲気を知ったうえで面接に参加できます。

2022年12月15日時点の東京都で募集している工場・製造バイト求人は、956件でした。参照:バイトル

バイトをメインで探している方に、おすすめの求人サイトです。

求人ボックス

求人ボックスは、価格ドットコムなどで有名なカカクコムが運営している求人サイトです。

求人ボックスは、求人情報以外にも掲載されている求人の平均月収や、平均時給なども併せて確認できます。そのため、未経験業種に応募する際、給料水準で悩む心配はありません。

また、全国各地のエリアや働き方から求人を検索できるため、理想の求人を見つけやすいです。

2022年12月15日時点で東京都の工場・製造バイト求人は、7,896件でした。参照:求人ボックス

求人ボックスは、他の求人サイトよりも製造バイトの求人数が圧倒的に多いです。

製造バイトの志望動機で気を付けるべき注意点

最後に、製造バイトの志望動機で気を付けるべき注意点を2つ紹介します。

ネガティブな志望動機は書かない

志望動機には、ネガティブ要素を入れてはいけません。

例えば、「コミュニケーションを取るのが苦手で製造業を選びました」や「製造業は誰でもできる簡単な仕事だと聞いたので応募しました」などは、採用担当に悪い印象を与えてしまうため、避けましょう。

製造バイトを選んだ理由がネガティブだとしても、表現を変えてポジティブな志望動機にしておくことが大切です。

単純作業が得意なことを伝える

製造業で優先して採用される人材の特徴は、単純作業を飽きずに黙々と続けられる人です。よって、志望動機で単純作業が得意であることをアピールしましょう。

例えば、このような志望動機がおすすめです。

「御社を志望した理由は、単純作業を飽きずに続けられるからです。小さいころから、1人で黙々とする作業が得意で、趣味でパズルをしたりパソコンで簡単な入力作業をしたりするのが好きでした。そのため、製造業での単純作業は、私が得意としている仕事内容だと感じます。」

このように、黙々と作業を進められることが好きなことと、その理由を併せて伝えることで、面接官に好印象を与えられます。

まとめ

今回は、製造バイトの仕事内容や、メリット・デメリットなどをまとめました。製造バイトは、単純作業で誰でもできる簡単な仕事です。しかし、人によっては単純作業に飽きてしまったり体力が持たなかったりで、早期退職してしまう可能性があります。

製造バイトの仕事内容やメリット・デメリットを参考に、あなたに合った仕事なのかを今一度考えてみましょう。また、製造バイトは多くの方が応募するため、選考倍率が高くなりがちです。今回紹介した志望動機のコツを参考に、面接官に好印象を与えられるようにしておきましょう。

SNSでもご購読できます。