ランサーズの評判は?口コミの真偽と利用前に知るべき全注意点

本記事にはプロモーションが含まれています。

これから副業を始めてみたい、フリーランスとして働きたいと希望する方は、まず案件を受注しなければなりません。現在、オンライン上で案件を受発注できるクラウドソーシングサービスが多く展開されていますが、その中でも国内最大手といえるサービスが『ランサーズ』です。

今回は、ランサーズの口コミでの評判や注意点とともに、ランサーズの基本情報やメリット・デメリットなどを解説します。

ランサーズとは

ランサーズ

ランサーズとは、ランサーズ株式会社が運営する日本最大級のクラウドソーシングサービスです。仕事を受注したいフリーランスで働く人「ランサー」と、発注したい法人または個人「クライアント」をつなぎ、オンライン上でマッチングできるサービスを展開しています。

オンラインで仕事を受発注できるサービスとして、ランサーズは運営歴が最長です。他のクラウドソーシングサービスよりも豊富な実績を持つことから、マッチングのデータとノウハウが確立されており、ランサー1人あたりの受注額も他のマッチングサービスと比較すると約2.5倍も高いといわれるほどです。

競合他社のサービスにはクラウドワークス、サグーワークス、シノビライティング、シュフティ、ココナラといったサービスがあります。職種特化型のクラウドソーシングサービスもあるので、気になる方は検索してみてください。

ランサーズの特徴

ランサーズは案件の種類と方式など、以下に挙げる特徴によって初心者からプロまで幅広く働きやすいサービスとなっています。

豊富な案件数

最大手のクラウドソーシングサービスだけあり、ランサーズは取り扱う案件数が豊富です。

受注できる案件の種類はWeb制作やライティング、デザイン制作など約350種類にのぼるので、専門的な知識やスキルを持つ方はもちろん、クラウドソーシング未経験の方でもスキルに合った案件を探しやすいでしょう。

なお、ランサーズの案件は、以下の3種類に分けられています。

タスク方式

アンケートや簡単な記事作成など、1つの作業を複数名が行う方式です。

単純作業が多く難易度が最も低いので、ランサーズの利用やクラウドソーシング未経験者でも受注できる案件が揃っています。まずランサーズを利用してみたいのであれば、タスク方式から受注してみることをおすすめします。

コンペ方式

コンペ方式はクライアントが公開した依頼内容に対し、ランサーが提案をする方式です。

ロゴ制作やデザインなどで多く見られます。提出した提案の中からクライアントが採用者を選択し、採用となったランサーのみが報酬を得られます。

プロジェクト方式

プロジェクト方式は、クライアントの依頼に対してランサーが見積もりを出す方式です。

ランサーから出された見積もりをクライアントが選択し、報酬や納期などをあらかじめ設定した上で契約を交わすので、契約前に報酬と納期の交渉も可能です。

ランサーは、契約で定めた納期までに成果物を提出します。ライティングやWeb制作、システム開発など、作業期間が長めの案件に見られる方式です。

充実したサポート体制

オンラインのみで案件の受注から報酬受け取りができるランサーズですが、顔が見えない相手とのやり取りに不安を感じることもあるでしょう。

そこでランサーズでは、サポート体制を充実させています。不安な点や困ったことがあった場合は世界中のランサーズサポートチームに相談できるので、初めてクラウドソーシングサービスを利用する方でも不安なく働けます。

さらに、AIによる検出を使用して悪質な案件やクライアントを監視しているので、受注時のトラブルを防げるのもメリットです。

フリーランス向け生活サポートも用意

一般的な会社勤務をしていると、さまざまな福利厚生を受けられます。しかし、一個人として独立して働いているフリーランスの場合、そのようなサービスは一切ありません。

そこでランサーズでは、案件を受注するランサーに対してフリーランスの生活面をサポートする「フリーランストータルサポート」を用意しています。

フリーランストータルサポートでは、会計や法律、セーフティネットを税務のプロがトータルでサポートする税務サポート、映画やレジャー施設、宿泊施設やレストランなどを優待価格で利用できる法人会員制のサービス「Lancersクラブオフ」、セミナーや勉強会を受講できるスキルアップ教育を提供しています。

なお、Lancersクラブオフに加入するには条件が設定されており、過去3ヶ月連続でシステム手数料込み5000円以上の報酬を獲得したランサーが対象です。

ランサーズのメリット

国内最大級のクラウドソーシングサービスだけあり、ランサーズは他の同サービスと比較すると多くのメリットがあります。

初心者でも案件を獲得しやすい

ランサーズの最大のメリットは、副業やフリーランスとしての仕事が未経験の初心者でも受注しやすい案件が多いことです。

案件数そのものも多いので、自分のスキルに合った案件を見つけやすく、経験が少ない方でもタスク案件から徐々に作業に慣れていくこともできるため、利用開始までのハードルは低いといえるでしょう。

スカウトのチャンスがある

ランサーズで案件を受注して実績を積み上げていくと、クライアント側から非公開の高報酬・好条件の案件のスカウトを受けられることがあります。本格的にランサーの案件に取り組みたい方は、地道に実績を増やすことでより良い条件の案件を受注できる期待もできます。

安心して利用できる仕組みとサポート

前述の通り、ランサーズにはフリーランス向けのさまざまな生活サポートがありますが、もちろん仕事に関するサポートも充実しています。

クライアントが報酬を仮払いを行った後に案件をスタートできるので、万が一作業後にクライアントと音信不通になった場合でも未払いの心配がありません。

また、世界中のフリーランサーを起用しているので、ランサーは24時間365日サポートを受けられ、安心して受注できる点も大きなメリットです。

ランサーズのデメリット

多くのメリットがあるランサーズですが、単価の低さ、手数料の高さがデメリットです。案件によっては単価が低い上、ランサーは報酬から税込16.5%が手数料として差し引かれます。

ただでさえ低い単価からさらに手数料が引かれて手元に残る金額が少ないと感じる点、ランサーズより手数料が安いクラウドソーシングサービスも多い点が、デメリットにつながっています。

ランサーズの口コミ地評判

ランサーズで案件を受注してみようと検討している方の中には、どのような評判があるのかを気にする方も多いのではないでしょうか。そこで、実際にランサーズで案件を受注している人の口コミをまとめました。

ランサーズの良い口コミ

案件を獲得しやすい

ランサーズは案件を獲得しやすく、登録後すぐに稼げる点が良い口コミとして多数見られました。これはランサーズに掲載されている案件数が非常に多いこと、タスク方式を含めて未経験者でも取り組みやすい案件が見つかりやすいことが理由です。

特にタスク方式の案件は気軽に受注できる簡単な内容であることも多いので、ちょっとしたスキマ時間に働きたい方にもピッタリです。

未払いトラブルがなく安心

頻度はそう多くはないものの、個人で契約しているフリーランサーの場合、納品後にクライアントとの連絡が途絶えてしまい報酬を受け取れなかった、というトラブルが起こり得ます。

クラウドソーシングサービスでも、システムの使い方によっては未払いのトラブルが起こることも考えられます。その点、ランサーズはクライアントが報酬の仮払いをしない限り、案件がスタートしません。

たとえ納品後にクライアントと連絡が取れなくなったとしても、ランサーズ側から仮払いされた報酬を受け取れるので、安心度が高いサービスといえるでしょう。

サポートがしっかりしている

ランサーズでは、世界中のスタッフによる24時間365日サポート体制を敷いています。案件に取り組んでいるときの疑問、クライアント間でのトラブルなどが発生した場合は、いつでも相談できるサポート体制の手厚さが高評価でした。

ランサーズの悪い口コミ

単価が低い

初心者でも取り組みやすい案件が多数掲載されている一方で、単価が安すぎると感じる口コミが多く見られました。タスク方式に見られる単純作業や難易度の低いライティングは特に、単価が低い上に手数料を取られてしまうので、余計に単価が低いという点が評価を下げているとみられます。

サイトやアプリが使いにくい

ランサーズでは、すべての案件をサイトまたは専用スマホアプリで受注できます。しかし、肝心のサイトとアプリの使い勝手が悪いという点が低評価を受けていました。サイトは欲しい情報やマイページの設定などが探しにくく使いづらいという悪い口コミが見られます。

スマホアプリもプッシュ通知が機能しない、添付ファイルを開けないなどの使いづらさがあり、そもそもAndroidアプリが存在しない点も悪い評価につながっています。

ランサーズの口コミの真偽は?

ランサーズは利用者が多いサービスなので、良い口コミと悪い口コミどちらも非常に多いのが特徴です。受注できるスキルや利用方法によっても良し悪しが変わってくるので、真偽は判断できないといえます。

例えば、単価が低いという口コミがある一方で、単価が高い案件を受注できたという声もあります。そのため、ランサーズの評判をチェックしたいのであれば、一部の口コミだけを鵜呑みにせず、さまざまな視点の口コミをチェックしてみることをおすすめします。

ランサーズを利用する前に知っておきたい注意点

ランサーズは多くの初心者が利用しているサービスなので、自宅でフリーランスとして働きたい、または副業をしたい方へのハードルは低いといえます。

その分、利用するにあたって知っておくべき注意点もあります。以下では、ランサーズを利用する前に押さえておきたい注意点を解説します。

受注した案件は責任を持って対応する

どのようなクラウドソーシングサービスでも言えることですが、受注した案件は納品まできちんと対応するのが原則です。ランサーズでは、ランサーとクライアント双方の同意があれば、進行中の案件でもキャンセルが可能です。

しかし、やむを得ない事情がある場合以外は途中で案件を投げ出すことは避けたいものです。一度受注した責任を持って対応し、納品まで進めるよう心がけましょう。

悪質な案件・クライアントに注意する

悪質で怪しい案件やクライアントに注意して受注することも、ランサーズを利用する上で注意しておきたいところです。ランサーズは膨大な数の案件を取り扱っているため、案件やクライアントが紛れていることがあります。

運営側でも不審なユーザーや案件を監視し、警告や退会措置を行ってはいるものの、中にはその監視をすり抜けて掲載されている案件があることも事実で、報酬が支払われない、規約違反の内容や詐欺的な案件も含まれることがあるのです。

怪しい内容の案件は受注しない、受注した案件は必ずクライアントの仮払いを確認してから案件に取り掛かることが大事です。もし悪質なクライアントに遭った場合は取引をやめ、ランサーズのサポートチームやクラウドソーシング相談室へ相談・報告しましょう。

報酬が相場に見合っているかどうかチェック

ランサーズでは幅広いジャンルの案件が受注できますが報酬の幅も広く、中には相場以下の非常に安い報酬を提示していることもある点にも注意が必要です。

手数料が差し引かれることも考慮しながら、同内容の案件をチェックして報酬があまりにも安すぎないか、相場に見合っているかどうかを確認しましょう。

所得額によっては確定申告が必要になる場合も

ランサーズに限らず、1年間に一定以上の報酬を得た場合は確定申告が必要になります。

年収2000万円未満の給与所得者で副業として案件を受注している場合は年間20万円以上、給与所得者以外で年間の合計所得金額が38万円以上の場合は、確定申告を行わなければなりません。

ランサーズ以外でも副業や案件受注を行っている場合は、すべての合計所得で判断されるため、確定申告の有無にも注意しましょう。

まとめ

ランサーズは多くの種類の案件が揃っており、希望の職種の案件も見つけやすい大手のサービスです。

しかし、大手とはいえいくつかのデメリットが存在していることも確かです。利用する上で注意すべき点もあるので、今回ご紹介した情報を確認してから、ランサーズを利用してみましょう。

SNSでもご購読できます。