アルバイトの求人募集で応募がない理由と改善策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有効求人倍率が大幅に上昇し、雇用側にとって採用難のいま「アルバイトの求人募集を出しているのに、まったく応募が来ない…」「タウンワークやマイナビバイトの効果が落ちた」と悩んでいる採用担当者も多いことだと思います。新卒採用や中途採用だけに限らずアルバイト・パート採用も難しくなってきました。

効果を上げる為には給与や待遇面の改善も大切ですが、なぜ応募がないのか分析することも大切です。特にアピールポイントが打ち出せていない。ズレている場合ケースが多々あります。今回は中小企業にありがちな失敗例と改善策をご紹介します。働いている姿が想像できる求人情報にするにはどうすればいいのか改善すべきかまとめてみました。

写真

「会社ロゴ」や「ブランドロゴ」。間違いなく失敗していると思う最大の写真の使い方です。特に「会社ロゴ」はNG。なぜなら会社ロゴを見て「働きやすそうだ!」と思ってくれる人はいないからです。ブランドロゴでも応募する際に重要である働くイメージをつかむことが難しいからです。※テレビCMも積極的に展開している超有名ブランドであれば別です。

二番目にフリー素材。特に明らかにフリー素材とわかる写真は失敗です。見た目は綺麗ですが、情報が全くなく、プラスの情報にはなりません。写真が手元にない担当者が間に合わせの写真として使用するケースが多いですが、結果的に応募がないケースがほとんどです。

まだマシだけど修正したほうがいいのが「(人が写っていない)店内写真」。全ての失敗例に対する改善策として共通しますが、必ず1枚はスタッフを入れた写真を撮影すること。写真を変更しただけで応募数が倍増したケースもあります。写真は文字だけではない伝わらないたくさんの情報がわかります。写真を掲載できるならできるだけスタッフ写真を活用しましょう!

仕事内容

「それ何のお仕事ですか?」って募集案件をたまに見ます。例えば「法人営業」とだけシンプルに書かれている募集は典型的な失敗例です。ひどい募集は何を売るのかが書かれていませんし、ブラック企業は「営業」とも書かないケースも…。

単に法人営業としていても、商品サービスの特徴、商品サービスの強み弱み、営業スタイル、初回アプローチ方法、契約後の対応、対応エリア基準など気になる点は数多くあります。

アルバイト・パートの場合においては居酒屋のホールスタッフだと、「接客業務」と一言にまとめてしまいがちですが、「レジ打ち業務」「ドリンク提供」「閉店後の清掃」なども仕事内容に含まれているなら文章を追加しましょう!

会社紹介

1行程度で簡単に会社を紹介しているところは失敗です。失敗例として「WEB制作者会社です。」というような文章だけの会社。もう少し詳しい情報を載せたいところですよね。難しいと感じる人は「創業年月日」「売上」「従業員数」「事業内容」並べて書くだけでも、それらしくなります。「2006年創業のHP制作やコンテンツ企画制作を中心としたWEB制作会社です。売上2億円で従業員10名の中小企業ですが、業績好調の為、新規スタッフを募集します。」

店舗型の場合はさらに店舗紹介が必要になります。店長や同じスタッフの紹介を会社紹介欄ですることをおススメします。どんな年齢や職業の人が働いているのか。学生が多いのか、主婦が多いのかを簡単に紹介してみるとイメージがつきやすいです。しっかり書いているところは店長の年齢やスタッフの平均年齢も書いています。

待遇・福利厚生

採用担当者の中には「弊社は書けるような待遇がなくて…」という方がいらっしゃいます。そんなことは絶対にありません!例えば、「社会保険あり」も立派な待遇です。他にも「私服OK」と「制服貸与」は対義語になっているのでどちらかは必ず書けるはずです。コンビニや居酒屋などの店舗であれば労働時間が柔軟に対応可能であること、更衣室やロッカー、休憩エリアが確保されていることもアピールできます。

「〇〇の待遇はありません」という一見マイナスな情報もしっかり書くことで、応募者にとっては安心する材料となります。逆に隠すと、「そんなこと聞いていない」と後々揉める原因になります。自分が働いている会社のことは気づきづらいかもしれませんが待遇はたくさんあります。当たり前ですが入社後の昇給や賞与についても書きましょう。

まとめ

今回のよくある失敗例を一言にまとめてしまうと『働くイメージができない会社は応募がない』『内容が薄い求人には応募がない』ということがわかります。タウンワークや一部の求人サイト以外では文字数が多く設定できるサイトが多いです。バイトルはかなり豊富ですね。空欄になっている項目があればできる限り埋めたほうがいいでしょう。文字数の多さをフル活用してください。

ブラック企業問題が叫ばれているなかでお仕事を探している人も慎重になってきています。しかもたくさんある求人募集の中で、あえて労働環境や待遇面が不透明な募集に応募する人はいなくなりました。

今回はアルバイト・パートのよくある失敗例と改善策ですが、正社員採用にも当てはまるケースが多いです。あなたの求人募集はどれかに当てはまっていませんか?魅力的な職場なのに、伝えきれていなかったらもったいないですよね。改善できる点はすぐに改善して採用にむすびつけてください!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加