経営者・社長の『人事』『採用』『教育』の名言集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

考えさせられる創業者や経営者の『人事』『採用』『教育』関連の名言をまとめました。成功者の考え方から学ぶ「仕事とはなにか?働くとは何か?採用の秘訣とは何か?」など採用に対するスタンスや考え方を学びとりたいと思います。

採用は、もの凄く優秀な人を大勢集めるよりも、一緒に働きたい人を大勢集めることのほうが大事であると再認識しました。

株式会社サイバーエージェント
藤田晋

IT業界では抜群に採用がうまいと評判のサイバーエージェント。代表取締役の藤田晋社長みずからブログで採用に関する話題にするケースも多いです。もともと人材サービス会社のインテリジェンス出身の藤田社長は採用に関する仕事をしていただけに、採用がどれだけ重要であるか認識していると感じています。
参照:http://ameblo.jp/shibuya/entry-11743056478.html

絶対仲間にしたい人は5年かけてでも追いかける

株式会社ディー・エヌ・エー
南場智子

優勝なメンバーが多いDeNA。南場さん曰く「人を追いかけることだけはずっと最優先でやっています。」とのことで、「内定を蹴られた新卒を半年に1回は飲みに誘う」という行動を起こしているから優秀なメンバーが揃うわけなんですね。社名だけでリクルートが上手くいっているわけではなく、凄く努力していることがわかります。
参照:http://hrnabi.com/2014/09/03/3341/

800社を預ける。世界を変える。俺の夢に乗れ

ソフトバンク株式会社
孫正義

ソフトバンク執行役員の青野史寛氏(当時リクルート)をヘッドハンティングした際の一言。青野氏は人事部長や社長室、ソフトバンクアカデミア事務局長などを歴任した人物です。私も一度講演を聞いたことがありますが、ソフトバンクアカデミア設立の趣旨や「新30年ビジョン」について熱く語っていました。採用難の今後、クロージング能力は経営者に必須の能力になると思います。
参照:http://president.jp/articles/-/17488

気に入った人間ばかり入れるな。理解できる人間ばかり入れるな。それでは、君たち人事担当者以上の人間は採用できない。

本田技研工業株式会社
本田宗一郎

知れたホンダ創業者本田宗一郎が人事担当者に対して言った発言。偏見や先入観にとらわれず採用をしようという意味で、イエスマン中心の(自分にとって)楽な人だけになりがちな現在の人材登用にも通じる言葉です。面接官であればハッとさせられる一言だと思います。

残りの人生も砂糖水を売ることに費やしたいか?それとも世界を変えるチャンスが欲しいか?

Apple Inc.(アップル)
スティーブ・ジョブズ

アップルコンピュータ創業者のスティーブ・ジョブズが米ペプシコーラ社のマーケティングプロモーションのトップであったジョン・スカリーをアップル社のCEOにヘッドハンティングしたときの言葉。

社員の長所を伸ばして活かすのも経営者の仕事。

株式会社ファーストリテイリング
柳井正

「ユニクロ」を経営する柳井正の名言。同社は大学1年生採用や世界同一賃金など採用や教育にも力を入れています。柳井氏は「部下の欠点ばかりを指摘する上司もいますが、欠点に目をつむって長所を活かすことのほうが大切。」など社員教育に対する名言が豊富です。

企業にとっていい人材というのは、世間で言われる、いい学校を卒業した人でも、一流の会社に勤めていた人でもありません。心の中に種火を持っていて、自分で自分のやる気に火をつけられる人がいい人材だ

日本電産株式会社
永守重信

日本電産株式会社創業期には、会社の規模も小さく、新入社員採用試験として「大声試験」「早飯試験」「マラソン試験」「試験会場先着順」「留年組専用試験」など型破りな新卒採用試験を実施。その中でも一番成功した採用が、1978年度に実施した「早飯採用」だそうです。この年に応募してきた卒業予定の160名の面接を行って、その中から70名に絞って、この人たちに用意した弁当を食べてもらい、早く食べ終わった順に33名を無条件に採用しました。

私は人を使う時には、知恵の多い人より、人情に厚い人を選んで採用している。

実業家
渋沢栄一

江戸時代末期から大正時代初期の激動期を生き、「日本資本主義の父」とも言われた渋沢栄一。第一国立銀行(現みずほ銀行)ほか、東京瓦斯(東京ガス)、東京海上火災保険、王子製紙(現王子製紙・日本製紙)、田園都市(現東京急行電鉄)、秩父セメント(現太平洋セメント)、帝国ホテル、秩父鉄道、京阪電気鉄道、東京証券取引所、キリンビール、サッポロビール、東洋紡績、大日本製糖、明治製糖など、多種多様の企業の設立に関わり、その数は500社以上と言われています。

世に材なきことを憂いず、その材を用いざるを患う。大識見、材気の人を待ちて、群材始めてこれが用をなす。

日本の武士(長州藩士)、思想家、教育者
吉田松陰

幕末の頃に私塾『松下村塾』を主宰した吉田松陰の教育に関する名言。「識見・才気のあふれる人がいて、初めて人材が活かされる」という意味の言葉を残しました。経営者が「有能な人材がいない」と嘆くのではなく、みずからの人材活用に問題がないか見直すべきだと教えてくれます。企業の成長のカギを握るのは、人の活きる組織を作り上げていく教育が大切です。幕末から明治の時代に活躍した高杉晋作・伊藤博文・前原一誠・山県有朋・品川弥二郎らを輩出した吉田松陰の言葉には重みがあります。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加