調剤薬局事務の基礎知識・仕事内容・資格試験・メリットまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

調剤薬局事務と言う名前は耳にしていても、実際にどんな仕事か分からない人も多いようです。調剤薬局事務管理士との違いや基本的な業務内容、資格の取り方や勉強方法をまとめました。

調剤薬局事務とは

調剤薬局事務とは、調剤報酬請求事務、つまりレセプト作成が中心の事務作業全般を行う人のことを指します。専門的な技能を必要とする手に職の仕事でありながら、資格取得までの難易度は比較的低く、取りやすいと言うこともあって人気が高いです。

高齢化社会に向けて、病院の重要性は高くなってきつつあります。そんな中で調剤薬局事務の需要もどんどん伸びてきています。

取り扱う分野も薬剤だけですから、資格を取る際にもこの分野だけに絞り込むことが出来るので、そう難易度も高くないとされています。現状に合った勉強が割と可能なので、これから資格を取りたいと思っている人でも気おくれすることなく勉強をスタート出来ます。

調剤薬局事務は資格の中でも就職に強いタイプの資格です。

働きの自由度から子育て中の主婦に人気が高いです。とても柔軟性の高い働き方ができるので、ライフスタイルに合わせて選ぶことが出来ます。フルタイムでもOKですし、パートタイムで午前中だけの勤務も可能です。

就職する際には、なぜ調剤薬局事務の仕事をしたいのか志望動機も必要です。自由に働けるからと言って、仕事が楽なわけではありません。どんな仕事にも人間関係が伴い、仕事も大変な部分もあります。それを乗り越えることが出来る程の、自分がなぜ調剤薬局事務になりたいのかの志望動機は大事な部分です。

調剤薬局事務の給与・平均年収

全国平均からすると、調剤薬局事務の年収は約300万円となっています。月に換算すると大体月収15~25万円と言ったところでしょう。実務経験の有無や病院の規模によっても異なってくるようです。アルバイト・パートでは地域格差が大きいですが、平均は時給850円~1,000円程度ですね。

思ったよりも一般事務とそう対して違わない給料ですが、実績を積むことでボーナスも多くもらえるようになりますし、自分の好きなように働くことが出来る点でも主婦を中心に人気が高いのです。

調剤薬局事務管理士との違い

調剤薬局事務と言うのは、調剤薬局事務として働く為のスキルを証明するいくつかの資格の総称です。その為、その一つが調剤薬局事務管理士と言うことになります。つまり、調剤薬局事務と言う資格はありません。

調剤薬局事務として働く為に取得するのが、知名度の高い調剤薬局事務管理士と言う資格なのです。この資格取得の主催をしているのは株式会社技能認定振興協会です。その他にも、調剤報酬請求事務専門士や調剤事務実務士、調剤薬局事務士等があります。

他にも医療保険調剤報酬事務士、調剤報酬請求事務技能認定と言った資格があり、どの試験に合格しても、調剤薬局事務資格所持となるのです。

調剤薬局事務の具体的な仕事内容について

受付の仕事

病院での事務としての仕事としては受付の仕事も含まれます。薬局には薬歴簿と言う、患者さんの薬に関する情報をまとめた記録があります。初めての患者さんにとってはこういった記録がありません。そこで薬歴簿を作成する必要があるのです。

初めて訪れた人には氏名・住所・生年月日・連絡先・現在服用している薬・副作用の有無・既往症等について患者さんに記入してもらいます。再来の患者さんに対しては、薬歴簿を元に、保険証の変更が無いか等のチェックを行います。

その他、レセプト作成の他に雑務(ゴミ出し、掃除、シュレッダー、レジ閉め等)も含まれるので、機転がきいて効率よく仕事をこなすことが大事です。

会計の仕事

調剤薬局事務には会計の仕事も含まれます。処方箋に基づいて薬剤師に調剤してもらった薬を計算して会計をおこないます。基本的には保険適用となって、自己負担が3割になるので、その計算をおこない会計となります。

薬剤師が忙しい時には、会計の際に患者さんに対して薬剤の内容や使用上の注意点等を説明することも行いますので、薬に対する知識もある程度必要になってくるでしょう。日々の実務によって身についていくものです。

もちろん薬の知識は薬剤師の任務ですから、詳しく知る必要はありませんが、ある程度の知識を持っておくと、薬剤師からの信用度も増して、より多くの仕事を任せてもらえますね。

処方箋のチェックの仕事

調剤薬局事務をしていると、かなりの処方箋の数にびっくりしてしまいます。処方箋は医師から薬剤師への薬の指示書になりますので、とても大事です。大病院ともなれば毎日かなり多くの患者が来ますので、医師も一人一人への対応がわずかな時間になります。

そうなるとどうしてもそこでミスが出やすくなるのです。その一つが処方箋の間違いであり、その間違いに調剤薬局で気づくことが多いようです。その薬の間違いについての処方箋のチェックを行うことも、調剤薬局事務の仕事なのです。

薬自体の飲む量等が異なっていないか、名前や生年月日等の間違いが無いのかしっかりとチェックしていきます。この時点で間違いがあるとレセプト時に正しい情報とならないので、健康保険からお金を支払ってもらえないこともあります。よく注意しながらチェックしていく必要があります。

薬手帳を発行する仕事

調剤薬局事務の仕事には、お薬手帳の発行・印刷も含まれています。まず患者さんに対して、お薬手帳を持っているのかどうかを確認します。もしも持っていなければ、お薬手帳を発行します。この手帳には病気をした時の処方された薬についての記載が全て記録されています。

その為、他の病院へ通った際にも、このお薬手帳を提示することで、前にどんな薬を飲んでいたか、また今現在どんな薬を飲んでいるのかが一目瞭然であり、薬との相性等によって薬を変えることも出来ます。とても大事な手帳です。

レセプト入力の仕事

調剤薬局事務の主な仕事の一つであるレセプト入力の仕事があります。日本ではほとんどの患者さんが、保険に加入しているので、診察料や薬代が一部負担となります。主に3割が自己負担となります。窓口にて、患者さんの一部負担金を徴収して、残りを保険者に請求することになります。

その保険者(国民健康保険や保険組合)に請求する業務をレセプト業務と呼んでいます。厚生労働省が定める調剤報酬点数表に基づいて点数を算出してレセプト作成をしていきます。毎月のレセプトは処方箋の受付日ごとに記載した調剤録を基に作成します。

作成したものは、国保連合会や支払い基金に提出します。ここで照合してチェックを行い、間違っている場合は送り返されます。これを返戻と言いますが、修正して再提出する業務も調剤薬局事務の仕事です。

患者の対応業務

患者さんへの直接的な対応も調剤薬局事務の仕事です。主に窓口での対応になりますが、中には電話での対応もあります。窓口での対応は、薬歴簿の作成についての指示やお薬手帳の発行についての情報等に対する対応です。

電話での問い合わせの場合は、薬に関する専門的な知識以外の応対になります。薬に対する専門的な知識は薬剤師が行うことになりますが、それ以外の対応は調剤薬局事務の仕事です。いわば職場の顔となりますから、ハキハキとした元気で明るい対応をする必要があります。

調剤薬局事務の資格試験・試験日程・試験内容

試験内容について

調剤薬局事務の試験は、単純に分けると実技試験と学科試験があります。実技試験は調剤報酬の明細作成です。一方、学科試験の場合は、医療保険制度や調剤報酬を請求する知識が求められます。専門用語もかなり多く、レセプトの点数算出や薬剤用語についての知識も出題されます。

その為、全く勉強せずに受験をしてしまうと、残念な結果になってしまうので、通信教育等でしっかりと勉強をした上で受験した方が、合格率もぐんと上がります。実技試験は、一般と老人と子供についてのレセプト記載で3症例分を記載します。

学科試験はマークシート部分は薬剤の基本的な知識、医療保険制度や調剤報酬請求の正しい知識等が出題されます。実際の仕事では受付業務もあるので、接遇についての問題も含まれてきます。しっかりと知識を得ておく必要がありますね。

いつ試験を行うのか?

調剤薬局事務の試験は年に6回あります。1月・3月・5月・7月・9月・11月です。技能認定振興協会主催の試験です。受験形態は、会場受験と在宅受験があり、多忙でなかなか会場に行けない場合は在宅での受験が可能ですから、受験しやすいと言えます。

特に実務経験が必要なくて、初めての人でも安心して受けることが出来るのが魅力の一つでしょう。2ヶ月に一度は受験をすることが出来るので、一回ダメでもスグに再チャレンジすることが出来ます。年1回の試験が多い中で、年に6回の回数は多忙な人には大変ありがたい資格受験と言えますね。

気になる合格率・合格基準は?

調剤薬局事務の合格率は60%程度です。合格基準は、学科が100点満点中70点以上、実技が1問につき50%以上、全体で70%以上で合格となっています。在宅での受験も可能であり、試験はテキストを見ながら受けることが出来ます。

その為、難しい数字の丸暗記の必要がありません。本来、調剤薬局事務は資料を見ながらの仕事になるので、テキストを見ての受験が可能なのです。試験でもテキストを見ながら書類をしっかりと作成できれば合格することが出来ます。

必要な費用はどれくらい?

調剤薬局事務の受験費用は、5,700円(税込)です。これはあくまでも受験にかかる費用ですので、その為に勉強をする学費等は含まれません。各学校によって費用の方は異なってきます。

通信教育の場合、大体4~5万円前後と言ったところでしょう。一度で合格出来なければ、合格できるまで何度も受験しなければいけず、そのたびに受験料が必要になってきます。

調剤薬局事務の資格取得の取り方・勉強方法

独学で勉強する

調剤薬局事務になる為に独学で勉強する女性も結構多いようです。独学の場合、注意すべきことは勉強方法です。最近注目されはじめてきた資格だけに、過去問や参考書、テキストと言った数も限られてしまいます。

その為、しっかりと学校で学ぶのと違って、知識が抜けてしまう恐れもあります。独学で勉強するのであれば、通信講座を上手く活用しながら勉強していくのが最も早い合格へと導いてくれます。

わざわざ参考書を買う必要が無く、テキストだけで十分な要点が盛り込まれています。これならば、育児や仕事で忙しいと言う女性にとっても早い段階で資格取得を目指すことが出来ますね。

通信教育で勉強する

全くの独学で勉強するとなると、自身で教科書等を取り寄せなければいけません。どこに要点を置いたらいいのかも分からない人も多いでしょう。そこで通信教育で勉強をする女性が増えているのです。合格へ向けての要点がぎっしりと詰まっているテキストですから、それをしっかりと勉強することで合格への道が開けます。

添削指導もあるので、間違った所をチェックしてもらって、同じ間違いをしないように習得していけます。代表的なのがユーキャンやニチイですね。ユーキャンは、在宅受験が可能で、テキストを見ながら試験を受けることが出来ます。

また合格後に就活に向けたサービスも展開していますので、不安なことなどもスタッフに相談出来ます。調剤薬局事務を目指すのであれば、通教を選ぶのが良いと思います。

通学で勉強する

調剤薬局事務資格を目指すには、通学で勉強する方法もあります。このコースで学ぶとたった3日間、合計15時間の受講によって調剤薬局事務に必要な医療保険と薬についての知識やレセプト作成方法を習得できます。

使用する教材も高い専門性があって評判ですし、何よりも同じ志を持った同志たちが集まっている教室ですから、一人で勉強することによる孤独感、やる気が起きないと言ったこともありません。集中的に勉強することができます。

短期間で専門資格を取得することが出来て、調剤薬局の就職を希望される方にはまさに最適な勉強方法と言えるでしょう。

資格を取る7つのメリット

1.短期間で取得できる

調剤薬局事務は民間資格ですから、特に難しいことはありません。ある程度の基礎を知っておくことで、ある程度の人は合格圏内です。通学で勉強をすれば、たった3日程度で習得できるのですから、これは短期間で取ることが出来る資格ですね。

就職先は医療機関ですから将来性も抜群であり、就職率も確保されますので、是非ともとっておきたい資格と言えるでしょう。なかなか時間を取ることが出来ないと言う人でも通信教育で資格を取得できますが、この場合でも3、4ヶ月程度で取得可能です。

2.職探しが簡単になる

老若男女問わず、誰でも一度は病気になって病院のお世話になったことがあるでしょう。病院の需要性はとても高いです。こういった医療機関に勤めると言うことは、そう難しいことではありません。調剤薬局事務の求人は様々な媒体でよく見かけます。

身近に病院も必ず存在すると思うので、直接病院に当ってみると、意外と募集していたりするかも。職探しがラクに出来ると言う点が魅力的ですね。高齢化社会と言われる時代になり、今後も需要性は伸びてくるので、こういった資格は持っておくと便利だと思います。

3.雇用形態の自由度が高く、好きなスタイルで働ける

調剤薬局事務の魅力は何といっても、その雇用形態にあります。働く形態に自由度が高いのです。例えば午前中だけの勤務、午後だけの勤務、フルタイムで働きたい等、自分の好きなスタイルを選ぶことが出来るのがポイントです。

女性の場合、結婚後は育児や家事に追われることになります。フルタイムで働けないと言う人もいるでしょう。そういった時に自分の好きな時間帯に働くことが出来る、融通が利くような雇用形態はとても魅力的なのです。自由に働けるからこそ、多くの女性に人気の資格なのです。

4.定時時間が早い

調剤薬局事務は雇用形態に自由度が効くため、定時で帰ることが比較的調整しやすい職種です。主婦の場合、仕事が終わって帰宅してからも家事に育児にとても大変です。主婦にとってはちょっとした時間でも、家事の為には必要な時間となってきます。

調剤薬局事務のように融通が利いて、その時間内に帰れると言うのはとてもありがたい存在です。レセプトは持ち帰って作成が出来る仕事でもあるので、家に持ち帰って仕事をしている人もいます。それだけ自由度が高いからこそ、人気が高いと言えるでしょう。

5.ブランクがあっても仕事復帰しやすい

女性の場合は、結婚後に妊娠・出産などがあり、なかなか社会復帰できない現実があります。そういった中で、調剤薬局事務はそういったブランクがあっても割と仕事復帰しやすいと言われています。調剤薬局事務の魅力は、雇用形態の自由度が高いからです。

医療機関の為、常に求人雇用が求められています。働いている女性が出産・育児で休業する場合、その間に働くことも出来ますので、仕事復帰はしやすいと言うのがメリットと言えますね。一生を通して、女性にとって働きやすい職場であるので、こういった資格は取っておいて損はありません。

6.処方箋が無くても病院の薬を買うことが出来る

なんと薬局やその他の医療機関で働いているスタッフは処方箋が無くても病院の薬を買うことが出来ます!一般的に病院で処方される薬は医師の処方なく薬を販売することが出来ません。ただし、薬剤師や病院におけるスタッフにおいては、一部販売してもOKなのです。

医師に診察するとなればそれだけ診察代がかかりますし、その分コストがかかってしまいます。そういったことをせずに処方薬を手にすることが出来れば、それは嬉しいですね。しかし、これはあくまでも軽い症状の場合であり、重くなった場合に処方される薬であれば、医師に受診した後で貰うようにしましょう。

7.登録販売者が取得しやすい

登録販売者は誰でもなれる資格です。取得しておくと、薬に対する仕組みが理解出来て、ドラッグストア等でも働けます。もちろん調剤薬局でもこの資格はとても大きな意味をもたらします。なぜなら、調剤薬局事務は受付等を行い、薬剤師から処方された薬を販売することになりますが、その際に薬に関する質問に答えやすくなるからです。

登録販売者の合格率は40.6%と割と難しいです。しかし、この資格を取ることで、より幅広い業務を任されることになり、より収入もアップしていくことでしょう。薬局側でも推奨されている資格なので、積極的に取得するのが理想ですね。

関連記事:登録販売者の採用・転職・仕事内容・資格試験・志望動機まとめ

気になる調剤薬局事務の疑問点

未経験者ですが仕事はあるの?

調剤薬局事務での仕事は未経験者でもOKです。調剤薬局事務での仕事は、雇用形態が自由なので、パートやアルバイトとしても働くことが出来ます。このような形態であれば、特にスキルを必要としなくても働ける範囲です。

もちろん調剤薬局事務の資格を持っていると採用されやすくなるので、試験を受けて合格しておくのが一番良いです。短期間でも資格習得は可能なので、ちょっとした時間を利用して勉強してみると良いでしょう。

資格が無くても働くことが出来る?

調剤薬局事務になりたいのであれば、調剤薬局事務の資格を受験するのが一般的ですが、こういった資格が無くても働くことは可能です。ちなみに医師や看護師・薬剤師は独占資格なので無資格では働くことが出来ません。

医療事務や調剤薬局事務は、医師・看護師・薬剤師といった資格と違い独占資格ではないので、資格が無くても仕事をすることが出来ます。求人情報にも「未経験でも募集可能」と書かれていて、特に資格についての記載もありません。

まとめ:将来性抜群の調剤薬局事務にチャレンジ!

調剤薬局事務の仕事は、将来性も高く、就職するには一番適した環境であると言えます。仕事内容は大変な部分もありますが、やりがいがあり、多くの人と接する中でコミュニケーションスキルも上がってくるでしょう。

病院は全国にどこでも存在し、それに伴って薬局も多く存在します。だからこそ求人数も多く、需要も高いのですから、今のうちから資格を取得しておいて、就職に役立てるようにしておくと、やりがいのある仕事が見つかると思います。将来性十分の調剤薬局事務として働いてみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。