衛生管理・健康促進・メンタルヘルス系サービス5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月から50人以上の事業者に対して、年1回以上ストレスチェックが義務化されました。企業は精神的な疲労、ストレス、悩みの軽減に取り組むことが必須。衛生管理・健康促進・メンタルヘルス・ストレスチェック系サービス分野において評判の高いサービスの価格や特徴を比較してみました。

健診データ管理システム「Lite」

株式会社エヌ・エイ・シーが提供している健診データ管理システム「Lite」は圧倒的な低価格がメリットです。必要最低限の機能をベースにし、必要に応じてオプションを利用して機能拡張が可能で、低コストでスタートできるシステムになっています。オプション機能には面談記録機能・原本連携記録・過重労働管理があります。また健診データ変換システム「Unifier」のサブセット版を包含しており、多様なデータを効率よくハンドリングすることが可能です。

健診後の再検査、受診勧奨の記録を残したり、各種面談を実施した際の記録を残すことで、経過を認識した介入を可能とすると共に、健診事後措置の記録として、万が一の際の会社側対応記録が残ります。健診項目の追加等を簡単に行えることは勿論、ストレスチェックのデータを一元管理することも可能。画面上での検査項目の並び順やCSV出力時の検索項目の並び順を簡単に変更する事も可能です。

人材紹介会社が提供する産業医紹介サービス

株式会社エムステージが提供しているのが産業医紹介サービスです。従業員の健康管理は従来の「職場における怪我や病気の予防と健康の維持」から、より健康な状態を目指す方向にシフトしており、従業員の生産性アップに変化しています。そのためには労働者の健康を守る専門家「産業医」は必要不可欠ですが、エムステージでは少子高齢化社会の中で従業員を守り育てる企業を、産業医の紹介事業を通じて支援しています。

産業医は組織の中で健康管理の中心的な役割を果たす立場であることから、話しやすく従業員の健康管理に熱意をもって取り組む人柄であることが望まれます。エムステージでは、医師の転職支援で培ったノウハウから、先生の人柄を面談で十分に把握し、各企業に合わせた最高の相性の産業医を紹介することを得意としています。また国内11拠点という全国展開を武器に、マッチングが難しい地方や小規模事業所にも紹介できる数少ない企業です。

無料でできる臨床試験参加型の健康促進サービス

株式会社エル・スマイルが提供しているのが無料でできる臨床試験参加型の健康促進サービスです。社員の健康をトップダウン型で取り組んでも、社員自らが行動しない限り、本当に社員の健康的な経営は実現しません。同社は年間8000名以上の食品臨床試験を通じて、社員自らが健康となるきっかけづくりをサポートしています。

社内告知には無料の健康セミナーや測定会を実施。フィットネスクラブやレジャー施設でも開催実績豊富なスタッフが、会議室を借りて無料の健康セミナーを実施しています。普段受ける機会の少ない骨密度測定や血管年齢測定をスタッフ付きで無料提供しています。同社では食品(特定保健用食品を含む)やサプリメント、化粧品、医薬部外品等のヒト臨床試験の被験者を常時募集しているので興味のある方は公式ホームページを確認してみてはいかがでしょうか。

安全運転能力検定や安全運転教育システム

社用車や営業車の事故を未然に防ぎたい方にはサイバーユニバーシティ株式会社が提供している安全運転能力検定eラーニングがおススメです。従業員がどのような運転をしているのか管理者からはブラックボックスになっているのが課題ですが、同社が提供している検定を利用すれば同乗しなくても筆記試験だけで危険なドライバーを抽出することが可能です。また運転における具体的な課題を洗い出せるため、適切なアドバイスが可能です。

若者の運転離れが顕著になり、新入社員の事故が急増している背景をもとに開発されたのが安全運転能力検定eラーニングです。事故の9割が初犯というデータから、未然防止教育を充実させるのが必要不可欠だと同社は提言しています。いかに事故の可能性をつぶすかにスポットを当てられた講座作成、検定内容となっているのが特徴です。

筆記試験は全75問で構成されており、社員の安全運転能力を運転技能、交通法規、運転行動の三つの観点から評価し、客観的なスコアを算出する仕組みになっています。企業にとっても管理責任を問われる時代だからこそ、タクシー業界やトラックドライバー職を採用している企業におススメしたいサービスです。

医療・健康相談窓口サービス

株式会社ドクタートラストが提供しているのが医療・健康相談窓口サービス「アンリ」です。従業員の心身の不調や悩みに対して最終的に「病院に行ってください」とアドバイスする相談窓口はよくありますが、アンリはそういったサービスとは一線を画しています。医学的観点からのアドバイスは当然ながら、生活改善や働き方改善の提案もおこないます。安易に病人を増やさない、企業にも従業員にもメリットの多い相談窓口を目指しています。

「仕事で失敗が続き、マイナス思考に…」「残業続きで疲れている…」働く人であれば誰しもが抱える悩みから、セクハラ、パワハラ、マタハラ、パタハラ、ケアハラなどあらゆるハラスメントにも対応しています。一般的に社内相談窓口を設置しても敷居が高く、相談は非常に少ないのが現状ですが、外部相談窓口であれば気軽に専門家に相談できます。

アンリでは経験豊富な保健師、精神保健福祉士が、相談者の話を丁寧に聞き取り、企業に報告する仕組みになっています。平日であれば電話対応が10時~20時まで受け付けています。またハラスメント関連の書式の提供や、本サービスを周知するポスターの提供、健康上満載のメールマガジンの発行、健康セミナーの開催など様々なサービスもついてくるサポート体制も万全!

日本最大級のストレスチェックサービス

株式会社ドクタートラストはストレスチェック(SC)も提供しており、全国各地500を超す官公庁や企業から受託しています。同社は産業医契約企業数、登録産業医数ともに日本最大規模の信頼性から依頼する企業が増えているそうです。

ストレスチェックの受験結果は極めて重要な個人情報です。万が一、流出した場合は損害賠償額も莫大。億単位の見舞金を支払うリスクもあります。そのため同社ではあえてアナログ運用に徹しており、企業リスクを回避。万全の情報保全を謳っています。個人情報漏洩に最大限に配慮した運営体制や親身なサポートから、初年度利用企業の満足度が非常に高いそうです。スムーズに安全にストレスチェックをおこないたい企業におススメです。

まとめ

これからの企業に求められるのは何かが発生したあとに対応するのではなく、発生する前に予防することです。企業の繁栄には従業員の健康があってこそ成り立ちます。経営者や人事労務部には採用だけでなく衛生管理・健康促進・メンタルヘルス系にも注目してほしいと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加