新規事業における求人サイト開発の立ち上げ失敗事例7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人材業界の中でもとりわけ新規参入しやすいと考えられている求人ポータルサイト事業。人材派遣や人材紹介と違い資格や免許も不要で、個人事業主(フリーランス)でも始められるのがメリットです。

一方で、安易に参入してしまい失敗した企業の多くを見てきました。どんな企業がなぜ失敗してしまったのか、これから求人サイトを始める企業に知っておいてほしいポイントをまとめました。

失敗事例①損得勘定で新規参入

儲かるからという理由で新規参入した企業は、大体は1年で撤退していきました。

人材ビジネスは市場が大きく、ディップ株式会社やエン・ジャパン株式会社のように高い経常利益を誇る会社は株式市場からも注目されています。そうした求人サイト運営の特徴に着目し、参入を決める会社もいます。

そんな「儲かるから」「ウェブ領域は得意だから」という理由で始めた企業の多くが上手くいかないとスグに求人サイトを閉鎖して撤退していきました。上場企業でもこの点で失敗しています。企業としては赤字事業の早期撤退は健全な考え方ですが、求人サイト事業との相性が悪いです。

求人サイトは損益分岐点を超えるためには最低でも2~3年かかります。

採用担当者は聞いたこともない無名の求人サイトに広告出稿するほどバカではありません。商談では必ずと言っていいほど採用実績や応募実績を聞かれるため、実績のない新規サイトは弱い立場にあります。そうしたハードルを乗り越え、コツコツと地道に営業活動を続けたとしても知名度を獲得するのに3年ほどかかります。

関連記事:終了・閉鎖・売却した求人情報サイトまとめ

失敗事例②素人や初心者だけで始める

事業部に誰も求人広告の経験者がいない組織は失敗しています。経営者または事業責任者に求人広告出身者がいればいいですが、最低でも外部に経験豊富な専門家が必要不可欠です。サイト設計・メディア運営・広告制作は素人だけでは運営は難しいです。

飲食店なら飲食店コンサルタントに依頼してメニュー表作成、外観、広告戦略、営業戦略など決めますよね。求人サイトは簡単に始められるため素人だけで始めようとする企業が多いですが、初心者だけで始めても成功率は極めて低いと言えます。

コンサルタントも素人

課題を洗い出してアドバイスが役割のコンサルタントですが、外部アドバイザーも求人サイトをやったことがない素人と契約している企業もいます。往々にして「他分野で成功または他分野を得意としている人」であることが多いです。ヒアリングしてみると求人サイトの立ち上げ経験どころか人材業界出身でもないケースがあります。

なおコンサルタントの中には1の実績を10倍にして話す方もいるので企業側が騙されている場合もあります。ちなみに同じ人材業界とはいえ人材派遣や人材紹介の経験はビジネスモデルが全く違うため参考になりません。

失敗事例③広告宣伝・予算配分が下手

オウンドメディアを素人だけで運営

素人のアルバイトだけでオウンドメディアを始めた結果、150万円をかけて記事を量産してもアクセスはほぼゼロ。最初の段階ではアクセス数も計測しておらず、グーグルから低品質なコンテンツだとして認識されている状況でした。※当社が予算をもらい改修したところ、二ヶ月目には月間500アクセスまで成長しました。

広告宣伝カーを使い大失敗

サイトリリース直後なら本来はサイト改善とウェブ広告に集中投資すべきですが、広告宣伝カーを使ったプロモーションを大々的に展開。広告宣伝カーは様々な企業が活用している宣伝手法ですが、費用対効果は高くありません。

予算が余っているなら宣伝カーやイベント会社とのタイアップ企画も有効ですが、宣伝カーへの広告投資に固執する経営者によって本来の広告予算が無くなってしまいました。経営者は「やっている感が強い」アナログな宣伝手法を好む傾向にありますが、費用対効果ではウエブプロモーションが一番です。

求人サイト構築・開発・制作・運用について無料相談したい方はこちら

失敗事例④予算が無さ過ぎる

失敗する企業は予算の立て方が甘いです。事業予算が500万円以下の場合は低コストのASP(テンプレート型サービス)で頑張るか、アフィリエイトサイトにするか、諦めるかの三択です。少なくとも資産の無駄になるのでフルスクラッチ開発は諦めたほうがいいでしょう。3年間は赤字を想定した予算計画を立てて、資金調達(融資)する必要があります。

過去には中途半端な予算でワードプレスを使い求人サイトを開発した結果、ASP以下の機能しかない求人サイトになってしまった事例もあります。タウンワークやエン転職などメジャーサイトに対抗する求人サイトを目指すなら開発スタートからリリースまでに普通は1年以上はかかるので人件費や広告宣伝費を含めたら2000万円以上は費用がかかります。

関連記事:求人サイト構築・開発・制作・運用会社の比較まとめ

失敗事例⑤フルコミットできていない

片手間で成功させようとしていると考えているなら大間違いです。たとえ優秀な人材が揃っていてアイデアが素晴らしくても、メンバー全員が兼任しているとリソースが分散され、立ち上げスピードが遅くなり、いつまでたってもサイト改善が放置され、企業獲得が上手くいきません。少なくとも専任が3名必要です。

失敗事例⑥開発会社の選び方が失敗

ある会社はホームページ制作会社に求人サイトを発注したら、開発工程やテストもズサンでバグが発生しまくりのヒドイサイトが出来あがった事例があります。そもそも数ページ単位のコーポレートサイトまたは簡単なECサイトの開発しか経験がない企業に求人ポータルサイトの開発はできません。ホームページ制作会社に求人サイトを発注するのは、木造一軒家を得意とする建築会社にマンションビル設計をお願いするようなものです。

会社を選ぶ判断基準は求人ポータルサイトの開発経験、最低でも大規模ポータルサイトの開発・保守・運用を携わったことがあるかどうかが一つの指標です。従業員が5名以下の会社に発注するのは控えたほうが無難です。ただ発注するのではなく、ビジネスのフレームワークを説明して仲間として一緒に頑張ってくれる仲間にしましょう。

開発面ではデバッグの期間を全く考慮していない企業も。開発あるあるですが、ネット初心者からすると求人サイトもホームページの延長戦と考えている人がいます。何が問題かと言うとデバッグは起きない前提で考えており、起きても1日で修正できると考えている方がいます。

開発会社も発注元が素人だと知っているのに説明していない、もっと言えば開発会社も技術不足で炎上しまくりの事例もあります。仕様書もなく開発を進め、テストもおこなわずに本番リリースした結果、エラーが死ぬほど発生。大体が完成度80%を目指していると、50%にも満たないことが多いです。

失敗事例➆目標が大きすぎる

夢をもつことは大事ですが、1年目の売上目標や目標アクセス数が大きすぎるとモチベーションが保てずに挫折します。それが無茶な目標だと自覚していれば問題ありませんが、自覚なしの過大な目標設定だと本人だけでなく周囲のメンバーも心が折れます。

自社サービスを過大評価してしまい、初年度から高い契約率と更新率を設定し、売上達成の計画を立てても、達成できた企業は皆無と言えます。こうしたケースでは「現実的な目標ではない」と助言しても否定的な意見だとして聞き入れてもらえない場合があります。結果的に周囲がイエスマンで固められていることも。

また目標に対しての行動が伴っていないのも問題です。例えば売上1憶円を目指しているのに、営業が1名しか配属されていないことがあります。企業獲得には営業人員がある程度は必要ですが、簡単に企業獲得できるものだと考えている方が多いです。

成功している会社の定義

現在、アルバイトや転職サイト運営会社が軒並み過去最高益を更新するなど人材業界はバブルな状況です。人材不足から募集をくり返しても採用ができない企業が多く、運営サイト側からすると何度も広告出稿してくれるため高利益に繋がっています。外部の企業からは美味しい業界だとして魅力的に見えるそうです。

しかし、現在大手と呼ばれる求人サイトの多くが苦しい時期を乗り越えてきました。過去にはリーマンショックで人件費削減と募集停止の影響を受け、リクルートやマイナビなど大手求人サイト運営会社も苦しい時代がありました。そうした苦しい時代を生き抜いてきたからこそ現在の繁栄を謳歌していると言えます。

成功したいなら3年間は赤字でも続ける覚悟が必要です。

サイトリリースから1年で利益が出るほど甘くはありません。もっと言えば年間100万円の売上すらハードルが高いです。大手と呼ばれる会社は年間で何十億円もの広告費を払っている市場です。求人サイトを始めるなら赤字でも3年間は続ける覚悟はなければ絶対に成功しません。損得勘定での新規参入はおススメしません。

求人サイト構築・開発・制作・運用について無料相談したい方はこちら

まとめ

採用手法の常識を覆すサービスや、求職者側の課題を解決しようと高い理想を掲げても様々なポイントで躓きやすいです。今回の失敗事例を自社のチェックポイントとして活用してほしいと思います。

求人サイト成功の秘訣は気合と根性は当然のこと、専門家の知見ノウハウが重要です。特に立ち上げフェーズが指針や方向性を決める一番大事な時期です。求人サイトは毎月2~3件ほどがオープンしていますが、本当に簡単な部分が出来ていない企業が多く、非常に勿体ないと感じています。

機能一つとっても抜け漏れが多く、使い勝手の悪い求人サイトを作ってしまい、そもそも他社では当たり前の機能が存在していない求人サイトも見受けられます。高い志をもって求人サイトを始める企業様には、弊社はサポートを惜しみません。お気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。