外国人採用サービスBridgers(ブリッジャーズ)特徴の比較分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中小企業を中心に人材の確保が困難な状況が続く昨今、日本人だけでなく外国人の採用に目を向けている企業の担当者も多いかと思います。採用担当者なら媒体掲載、人材紹介、留学生向けの合同企業説明会など外国人採用の手法に関して一度は話を聞いた経験があると思います。

しかし、費用対効果や労力などの様々な課題から外国人採用に挑戦することを諦める企業は少なくありません。ある企業の採用担当者は「海外人材を現地で採用する」というサービスを紹介され、いままでになかったメリットや斬新なアイデアに驚いたそうです。今回は株式会社ネオキャリアが提供している外国人紹介サービス『Bridgers(ブリッジャーズ)』についてご紹介します。

特徴①海外在住の人材に直接会いに行く

これまでの新卒領域の外国人採用のほとんどが、現在日本国内に在住もしくは滞在している人材を採用することが目的とされていたように思います。しかし、このサービスの最大の特徴は直接海外へ採用担当者が赴き、選考や面接を実施する点です。従来のマーケットとはまったく別の市場から、優良な人材と接点を持つことができる可能性があります。

特徴②人材のスクリーニング⇒母集団形成が不要

とはいえ、すべての求職者が自社の採用基準に合う人材ではありません。たくさん求職者がいるとしても、誰でも応募ができる状態で、全員を選考していては滞在時間がいくらあっても足りません。

そこで、事前にこの案件を企画した企業側が、求職者にアンケートを実施。どのような企業に努めたいのか、どのような職に就きたいのか、何年程度は日本で働きたいのか、将来は母国へ帰りたいのかなど、求職者本人の意向を事前にヒアリングした上で、本人の向き不向きや適性などを加味し、事前に人材のスクリーニングを行ってくれているのです。

そのため、採用のために赴く企業としては自社の採用基準にマッチする可能性の高い母集団から選考を行うことができ、求職者自身の意向にもあった就職活動の場を実現させることができます。

特徴③面倒な手続きは企画側の企業がすべて手配

現地で選考や面接を実施すると往復のフライト手配、宿泊場所の確保、面接などの選考スケジュール設定から求職者への告知、面接場所の確保など様々な手間が生じてしまいます。たとえ優良な人材に出会えたとしても、その方が日本で活躍できるようにするためにも、ビザの手配をはじめとした日本で暮らす手続きなど、色々な作業が必要となり、このようなケースに慣れていない企業担当者の方は大変な思いをされるでしょう。

しかし、前述した手続きに関しては、この案件の企画側の企業が代行してくれるケースが多く、自社で対応しなければいけない内容および手続きも一括で伝えてくれます。有料サービスに該当する可能性もありますが、長い目で見た際には決して高い金額ではないと思いますので、手続きになれたプロに任せるという手段も有効だと考えています。

まとめ

このサービスの大きなポイントが、日本で働く人材を日本国内で採用しなければいけない決まりやルールはないという点に着目したことです。既成概念となっていることに疑問を持ち、新たなアイデアを実現させたこちらの企業は、韓国やネパールなどアジア圏を中心にサービスのエリアを拡大しているとのことでした。

採用の対象が「必ず日本人でなければいけない」という決まりのある企業は少ないはずです。自社の採用要件を見直し、募集する人材が海外国籍でも問題ない場合は、ぜひとも海外人材を現地で直接採用する方法にも目を向けてみてください。他企業よりも一手早く、行動することができるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

error: Content is protected !!