求人広告・求人媒体

求人広告営業担当が店舗訪問を依頼する2つの理由

先日、サービス業の店舗(会社)から新規問い合わせをいただきました。打ち合わせ場所を「できれば店舗で」とお願いさせていただいたところ「店舗は避けてほしい」とのことでした。たまに募集店舗である現場での打ち合わせ以外を希望する方がいますが、出来る限り店舗や会社での打ち合わせをお願いしています。求人広告の営業担当は何故店舗での打ち合わせを依頼するのか知ってもらいたいと考え、記事にさせて頂きました。

続きを読む

求人広告と採用ホームページの関連性や重要度

最近は中小企業に求人広告の営業をする際に必ず「ホームページの採用情報も一緒に変更しませんか」と提案するようにしています。「HPのユーザーアカウントを共有してくれれば無料でやるから」とまで言っています。なぜここまでするかというとホームページの採用ページが重要だからです。求人広告とホームページの関連性や重要性が高い理由をまとめました。

続きを読む

最低賃金以下が掲載されている求人サイトは倫理観の問題

 2016年年末にYahoo!ニュースで大手の民間求人サイトに最低賃金以下の求人が掲載されていることが話題になりました。ブラック企業問題にも繋がる今回の問題ですが、何が問題なのか誤解する人もいたので本質的な問題点をまとめ、人材業界にいる当社の考え方を伝えます。

続きを読む

介護福祉系求人サイト「ユーキャリア」閉鎖から考えるサイト運営の難しさ

介護・福祉系求人情報サイト「ユーキャリア」が、2016年11月1日をもってサービスが終了しました。バイトル運営のディップ株式会社やエン転職を運営するエン・ジャパン株式会社が過去最高益を更新している中で、ひっそりとその歴史を終えたユーキャリア。人材不足が顕著なこの時代になぜ求人サイトが閉鎖してしまったのか考えてみました。

続きを読む