新卒採用の音楽BGMに著作権は発生するのかJASRACに聞いてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

先日YAMAHA音楽学院や河合楽器がJASRAC管理楽曲を使っていることに対する著作権料の支払い問題が注目を集めました。新卒採用の説明会で音楽を流している企業も多いと思いますが、音楽BGMに著作権や使用料は発生するのか日本音楽著作権協会(JASRAC)に直接聞いてみました。

経緯

西東京支部の代表電話番号宛に電話をしたところ、イベントコンサート支部に連絡してほしいと言われました。イベントコンサート支部に連絡をさせていただき、新卒採用において音楽を流すことに対して確認をとらせていただきました。
http://www.jasrac.or.jp/

音楽BGM

結論から話すと「発生しない」とのことです。営利目的ではないとの理由から発生しないと回答いただきました。(ないとは思いますが)聴衆又は観衆から料金をもらってしまうと著作権が発生してしまいます。

注意点

ニコニコ動画を運営する株式会社ドワンゴが2015年度と2016年度新卒採用の入社試験において受験料制度を導入しました。当時はドワンゴが東京労働局より行政指導を受けるなど話題になりました。この場合の新卒採用でBGMを流すと、営利目的に該当しそうな気がしました。同じように受験料を徴収する企業は注意したほうがいいと思います。

映像

新卒採用向けに会社・社員紹介動画映像を流す企業も多いと思います。その際に映像に音楽をつけることもあるはずです。この場合どうなるのでしょうか。自分たちで撮影するか、採用映像の制作業者に依頼するかのどちらかだと思います。それぞれ確認しました。

自分たちで動画制作

発生するとのことです。利用予定作品がJASRACの管理作品かどうかを確認しましょう。なお目的別に金額は違うようなので、金額に関しては一度問い合わせをして確認したほうがいいと思います。

制作業者に依頼

発生しますが、対応は自分たちか業者どちらでもよいとのことです。万全を期すためにも制作業者に「音楽を使用する場合、許諾契約手続きも御社で対応してくれますか?」と聞くことをおススメします。「はい、もちろんです」か「対応していません」のどちらかだと思います。

まとめ

うっかり著作権を侵害していました、なんてことにならないように注意してください!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加