転職サイトとハローワークの違いやおススメ活用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

ハローワークと転職サイトの違いは?どっちのほうがおススメ?そんな疑問に回答します。転職サイトは星の数ほどありますが、今回の記事で比較対象としたのは転職サイトとしてメジャーなリクナビNEXT、マイナビ転職、DODAを想定してお話をさせていただきます。

転職サイトとハローワークの違い

掲載料金

転職サイトは基本的に有料で、ハローワークは無料(タダ)で掲載できます。ハローワークに関しては無料なので「とりあえず掲載しておくか」という企業も多く、カラ求人(サクラ求人)と呼ばれる問題も発生しています。無料なので少しいい加減な気持ちで掲載している企業もあるため、実際には募集が終わっている求人もあります。

転職サイトは高い掲載料金が発生しているため、企業も採用活動に本気です。転職サイトはプロのライターが求人広告を書いたり、写真を撮影したりしています。企業情報が豊富でわかりやすいというメリットがある反面、悪い点も隠されてしまうため、ブラック企業も魅力的な求人に見えてしまいます。

掲載企業の質や規模

転職サイトは上場企業など大手企業が中心です。失礼な意見かもしれませんが、転職サイトに掲載できない企業がハローワークを利用しています。事実、転職サイトに掲載している企業は大手企業ばかりです。中小・零細企業はほとんど掲載料を払えない(払いたくない)ため利用していません。

自分の立場上の意見(ポジショントーク)かもしれませんが、人材に投資できない会社・投資する気がない会社がハローワークを利用しています。ちゃんとした会社はお金を払って優秀な人材を獲得しようと転職サイトを利用します。就職先に大手企業を希望するのか、(HPもないような)中小企業を希望するかで判断してもらえればと思います。

求人情報の質

ハローワークは情報があまり多くありません。基本的な会社情報のみとなっており、写真を掲載する仕組みもなく、会社の雰囲気もわかりません。ネット上に会社の評判も見受けられないような中小企業や零細企業が多いので、ホワイト企業なのかブラック企業なのかは実際に働くまでわかりません。

転職サイトはお金がかかるだけあって、写真や文章で会社の雰囲気をしっかり伝えてくれます。会社のカルチャーも書かれているので、自分に合っているか判断しやすいです。

ハローワークの問題点

ハローワークは応募条件に年齢制限がある求人が多いです。本来は募集・採用の際に年齢制限をすることは法律上できません。ただ例外事由として長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、若年者等を期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用する場合は認められています(例外3号のイ)。

例外事由を書いておけば年齢制限をしても問題なしと考える経営者や採用担当者も多く、ハローワークの年齢制限のある求人数の多さに反映されていると思います。目安として35歳以下を明記する場合が多いです。※この例外事由において有期労働契約である場合(契約期間6ヶ月)や下限(20歳以上)の記載は認められていません。

掲載費無料の転職サイトについて

最近はIT/Web業界の求人・採用情報に強い転職サイトGreen(グリーン)やジョブセンスリンクなど掲載費無料の媒体も増えてきましたが、業種や業界特化型であったり、首都圏中心であることは否めません。

地方ではハローワークがおススメ

地方の場合は、ハローワークをおススメします。リクナビNEXTやマイナビ転職といった大手転職サイトは求人数が少なく魅力が低いからです。例えば2017年2月20日のリクナビNEXTでは東京都4265件に対し、鳥取県は296件と1/10以下です。

首都圏と違い、地方ではハローワークがいまだに求人募集の中心と言えます。そのためハローワークもしくは両方を利用することをおススメします。ハローワーク以外では無料求人誌や折込求人誌も根強い人気なので、紙媒体で探すのも有効な手段です。

ハローワークの掲載企業は中小・零細企業が中心ではありますが、上場している大手企業も掲載しています。これは転職サイトに掲載しても応募者が集まらない大手企業の採用担当者がダメもとで掲載しているパターンもありますが、地方の応募者が欲しいため掲載している企業もいます。

地方出店や地方展開に合わせてUターン・Iターン希望者を募っていることもあり、1部上場企業で働くチャンスもあります。地方の人はそういった求人情報を探してみてもいいかもしれません。

まとめ

ハローワークと転職サイトのメリットやデメリットをまとめました。ブラック企業問題にも触れていますが、求職者側が仕組みを理解し、騙されない知識も必要だと思います。知識を身につけて地域や年齢によって上手に活用してください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加