営業に向いてない人の3つの特徴と女性が向いてないと言われる2つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

営業に向いてないかもしれないと悩んでいませんか?また、営業に向いてないと言われてしまった人もいるでしょう。こちらでは、営業に向いてない人の特徴を3つと、女性が営業に向いてないと言われてしまう2つの理由、そして営業に向いてない人の転職先の例をご紹介いたします。営業職に悩んでいるのなら、どうぞごらんください。

営業に向いてない…と悩んでいませんか?

「営業に向いてない」と言われたことはありませんか?そんなこと、人に言われなくてもわかってるよ、と思っている人も少なくないでしょう。営業は就職難の時代でも比較的求人が多い職種です。そのため自分では営業に向いてないと自覚のある新卒でも、とりあえずどこかで働きたいという思いから仕事を決めることもあるでしょう。

また、今現在就職活動中の新卒の方、転職活動中の中途採用の方が、営業職を選んでみようと思うけれど自分に務まるかな?と不安に思う事もあるでしょう。営業に向いてないから辞めたいという話はインターネット掲示板の2chでも、よく話題にのぼっています。

なんとなくしんどそう、なんとなくキツそうというイメージがある営業職。こちらでは、営業に向いてない人の3つの特徴と、女性が営業に向いてないと言われる2つの理由、営業に向いてない人の転職先例をご紹介いたします。今就職を迷っている方の参考になれば幸いです。どうぞごらんください。

営業に向いてない人の特徴3つ

こちらでは、営業に向いてない人の特徴や、営業に向いてない性格をご紹介いたします。営業に興味はないけれど、営業ならそこそこの条件で求人が出ているし…と迷っている方は、どうぞごらんください。

コミュニケーションを取ることが苦手

営業に向いてない人の一番の特徴は、コミュニケーションを取ることが苦手な人です。当然と言えば当然ですが、営業とは人と人が出会って、話をしてこちらの言い分を理解してもらい、納得した上で会社の利益になるように商品を買ってもらうという仕事です。

たとえ、会社対会社の付き合いであっても、突き詰めていけば人対人の話なのです。それなのに、人とコミュニケーションをとることが苦手だという人に、営業職は務まらないでしょう。会話の中で、自然と相手を立てることができる、相手の気分を良くすることができる、説明が上手にできる、ということも才能の一つなのです。

その才能を持っていない人が営業をすると、人一倍苦労しなければいけませんし、もともとそういった才能がある人と比べられるとどうしても損してしまいます。そういうひとは、やはり営業に向いてないのです。コミュニケーションを取ることが苦手なことが悪い事ではありませんが、適材適所という観点から言うと営業には向いてないのです。

ストレスを感じやすい・ストレス解消がヘタな人

営業に向いてない人の特徴として、ストレスを感じやすい人、ストレス解消がヘタな人ということも挙げられるでしょう。ストレスの原因となるストレッサーが同じものでも、受け手によってストレスの負荷が変わってきます。

例えばAさんという人から無視される、ぞんざいに扱われるという同じ事柄でも、受け取り手にとってはストレスレベルが80になることもあれば、45くらいになることもあるのです。営業とは気を使わなければいけない相手とかかわる仕事ですので、そうではない仕事に比べるとストレスを感じることも多いでしょう。

その分、ストレスを感じやすい人は、営業におけるダメージが大きく、営業には向いてないと言えるのです。反対に、同じことをされてもストレスに感じにくい人、もしくは“一晩眠れば忘れる”というタイプの人は、同じような営業のストレスを感じても、ダメージは少ないと言えます。

ストレスが積み重なると、体調にも影響します。ストレスは胃腸にダイレクトに影響を与えるので、営業先に行くと必ずお腹が痛くなるという人もいますし、年単位で慢性的な吐き気に悩まされたという人もいます。営業職を辞めると、それらの症状がすっかり治ってしまったという話もあるのです。

ストレスが体調にまで影響を与えてしまえば、精神論では続けられなくなるでしょう。ストレスを感じやすい人、ストレス解消がヘタな人は、営業に向いてないのです。

生真面目で融通が利かない

先ほどのストレスを感じやすい人という項目とも、少し重なる部分がありますが、生真面目で融通が利かない人も営業に向いてないと言えるでしょう。仕事を進める上では、誰も傷つかない、誰にも迷惑がかからないならウソをついた方がいい場合があるのです。

それで丸く収まるのなら、そういった手段を選ぶ方が、営業がスムースに行くこともあるのです。ただ、性格が生真面目で、いついかなる時でも嘘をつくことができない人だとどうなるでしょうか?ここで、話を合わせておけば契約が取れたのに、特に重要ではない事柄を馬鹿正直に言ったばかりに契約が取れなかったということになりかねません。

もちろん生真面目であることが非難されるようなことがあってはいけないのですが、あまりに融通が利かないというのは、営業職では考え物です。あちらも立てて、こちらも立てて、自分も利益を得るといったような“ちゃっかり”した性格が営業職には必用なのです。

もちろん、生真面目で融通が利かない人の方が向いている職業もあるでしょう。生真面目であることが悪いという事ではなく、向き不向きの観点から言うと、生真面目で融通が利かない人は営業に向いてないと言われてしまうのです。

女性が営業に向いてないといわれる理由

営業に向いてないと言われた女性も少なくないでしょう。一生懸命頑張って仕事をしているにも関わらず、同期の男性社員と比べると任せてもらえる仕事にも差があるように感じてしまう。どうして?こちらでは、女性が営業に向いてないと言われる理由をご紹介いたします。

長期的な仕事を任せられないから

女性が営業に向いてないと言われてしまう理由の一つに、長期的な仕事を任せられないからというものがあります。女性の場合、男性と比べると結婚や出産を理由に仕事を辞める可能性が高いためです。もちろん男性でも転職をしたり、家業を継いだりと仕事を辞める可能性はありますが、女性の方がその可能性は高いのです。

営業という仕事は、会社と会社の付き合いの窓口となる大切な仕事です。人生で一つ買えば十分とう品物を扱っていたとしても、まわりの人に紹介してもらうために顔つなぎは欠かせません。ましてや定期的な付き合いともなると、営業担当者の顔で仕事が繋がっている、信用を得ていると言っても過言ではありません。

もし、営業担当者がコロコロと変わるようなことがあれば、その会社の信用は低くなるでしょうし、対応されている会社側としても、軽く扱われていると感じることもあるでしょう。このような点から、十分に出世し、部下に営業担当を譲るまでのある程度の期間は、同じ人が同じ会社の営業担当をすることが望ましいのです。

女性の場合、長期的に仕事を任せられないと思われてしまいがちです。たとえ本人にどれだけやる気があったとしても、仕事を任せる上司からすると「結婚して急に仕事を辞めるかもしれない」と、二の足を踏んでしまうのです。女性でもバリバリと働いて、キャリアを重ねる人もいますが、まだまだ女性はすぐに仕事を辞めてしまうと思われていることが、営業に向いてないと言われてしまう理由なのです。

女性と男性の“違い”から仕事を任せにくい

女性が営業に向いてないと言われてしまう理由に、女性と男性の“違い”から仕事を任せにくいという声もあります。これは、上司も女性で部下も女性であれば問題ないのですが、営業職の上司は男性という場合も多いでしょう。男性と女性という異性であることが原因で、営業に向いてないと言われてしまう事もあるのです。

例えば、男性上司が女性の部下をきつくしかった場合、泣かれて困ったという事例があります。また、男性上司からするとちょっとしたことでも、パワハラだ、セクハラだと騒ぎ立てられるので、仕事を頼む場合にも会話をする場合にも、言葉尻をとらえられないように非常に気を遣うということもあるようです。

また、仕事上の話や、仕事を円滑に進めるためのコミュニケーションだとしても、部下が女性の場合は食事や飲み会に誘いにくいという事もあるようです。もし女性の方が抜きん出た営業の才能を持っていれば話は変わってきますが、男性の部下と女性の部下、能力が全く同じであれば、これらの理由から男性の部下に任せた方が気が楽だという上司の言い分も分からなくはありません。

こういった、上司と部下が異性であるという男女の違いから、女性は営業に向いてないと言われてしまうことがあるのです。

営業に向いてない人の転職先は?

営業に向いてない性格だと自覚して、「営業に向いてないから辞めたい」と思う方もいらっしゃるでしょう。では営業に向いてない人が転職する場合、次はどのような職業に就けばいいのでしょうか?こちらでご紹介いたします。

“営業”という仕事はそのままで仕事を変えてみる

営業に向いてないから転職をしたいと希望する人は、営業以外なら何でも良いと考えている人が多いようです。実際に次の仕事を決めずに、退職してしまうパターンもあるようです。でも、いざ仕事を辞めてしまうと何がしたいのかわからない。営業以外という事で、事務の仕事を探したけれど正社員での中途採用はほとんどない状態だったとう事もあるでしょう。

営業と一言で言っても、さまざまな仕事があります。特に、営業に向いてないと思う新卒採用の人などは、初めて勤めた会社しか知らないので、どこの会社でも営業とはこのようなものだと思い込んでいるかもしれませんが、実際はそうではありません。扱う商品が違うだけで、雰囲気も相手にする人も変わってくるのです。

顔なじみの会社に顔を出して、定期的にお仕事をいただく仕事も営業ですし、まったく見知らぬ街の住宅街を一軒一軒しらみつぶしに訪ねていくのも営業です。リストの中から、毎日毎日ひたすら電話をかけて注文を取るのも営業の仕事です。対個人なのか、対会社なのかという違いから、ルート営業なのか、飛び込み営業なのかという違いもあります。

“営業に向いてない”と思っても、どうして向いていないと思うのかという理由によっては、営業が向いていないわけではない場合もあるでしょう。毎日得意先を訪ね歩くような体力がないという場合は、テレアポなら営業できるかもしれませんし、特定の人との長期的な付き合いに気を遣うという人は、個人宅への飛び込み営業ならいけるかもしれません。

営業職は、中途採用でも比較的正社員の募集が多い職種です。もし、資格や特技、技能などが無く、他の職種への転職が難しいようであれば、営業の中でもできそうな仕事を選んでみるのも一つの手ではないでしょうか?

特技を生かす仕事か興味のある仕事に転職する

もし、営業職以外の何らかの資格を持っていたり、過去に勤務経験があるのならその業種に転職するのも良いでしょう。また、現時点では資格を持っていないけれど、将来的に目指す仕事や資格があるのなら、それを目指してみるのもいいかもしれません。

転職前に、営業職を続けながら時間を見つけて資格勉強をしてもいいですし、仕事をしながらそのような時間が取れない場合は、お金にゆとりがあれば退職後資格勉強をし、資格取得後に再就職しても良いでしょう。お金にゆとりがない場合は、パートやアルバイトで食いつないで、資格勉強をする人もいます。

特技であったり、自分で興味を持っている仕事ならば、多少条件がキツつくても頑張ることができますし、資格があれば採用に有利になることもあるでしょう。また、最初は正社員としての雇用形態でなくとも、契約社員やパートからスタートして、いずれ正社員にという道に繋がることもあり得ます。

折角仕事を辞めるという、人生の中で大きな決断をしたのですから、とりあえず食べていけるように…と興味のない仕事を選ぶよりも、思い切って希望の職種についてみてはいかがでしょうか?「営業に向いてないから営業以外なら何でもいい!」と興味のない仕事を選ぶと、営業を辞めた時と同じことが起こってしまうかもしれませんよ。

まとめ

営業に向いてない人の特徴や、女性が営業に向いてないと言われてしまう理由、営業に向いてない人の転職先の例をご紹介いたしました。ごらんになって、「やっぱり自分は営業に向いてない」と思った方もいらっしゃるでしょうし、「営業に向いてないといよりも、今の職場や働き方が向いていないだけだった」と気づいた方もいらっしゃるでしょう。

営業に向いてないと思ったら、まず一番に営業のどんなことろが向いていないのかを考えてみましょう。よくよく考えてみると、営業そのものが向いていないわけではないかもしれません。その点をしっかりと見つめなおすことによって、転職する場合も次の仕事選びの参考になるのではないでしょうか?営業に向いてないと思ったら、まずは何が嫌なのか、どの分野が苦手なのかを明確にすることをおすすめします。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加